カテゴリー「鴨川キャンプ」の2件の記事

2013年11月 4日 (月)

地獄の”伊東キャンプ”再現なるか 〜11/3鴨川キャンプレポ

11月3日に鴨川キャンプに行って来ました。
後半であれば紅白戦なんかもあるのですが、行ける時に行っておかないと。いつもなら画像中心にレポするのですが、最近はあまり写真を撮らなくなっていまして・・・一番の理由は撮る方に気が取られるとなんだか集中して観られないってことですが、カメラの調子そのものが悪いってこともあります。今回はiPhoneでスナップ的に少しだけ撮って来ました。テキスト中心のプチレポです。

ブルペンでは大谷、阿部ちゃん、藤谷、黒澤の投球を見物。大谷は一番手前で投げていたので間近に球を観ることが出来ましたが、毎回毎回思うんですがいやあ本当にプロの球って凄いですよね。とんでもない球投げています。今季、炎上を何度も見ましたがこんな球投げてても打たれるんだよなぁー、プロって凄い世界だよなあーと再認識しました。この日の大谷はなんと210球!の投球。最後まで良い球投げてましたが、最後グラウンド歩いている時なんかは身体がヒョロヒョロしてました。
黒澤はシンカーやカーブなど変化球中心の投球?藤谷とともに小谷コーチから腕の振りについて指導を受けていました。藤谷は今季1軍がありえるかなーと思っていたのに果たせず、黒澤に先を越された格好。ふたりとも1軍でバシバシ投げる姿が観たい!もちろん阿部ちゃんもね。

メイングラウンドでは加藤や青松、岡田らの打撃練習を。岡田はとても良い打球を飛ばす・・・ライナーの気持ち良い打球ばかり。本人も打撃は自信無いみたいですけど、センスはあると思うんですよねー。なにかきっかけとかあれば率も残しそうなのですが。そして加藤、やはり良いなあ!左でも右でも低いライナーを飛ばします。そのままスタンド超えもありますし、打球が強い感じ。大地の打球と似ているけど大地はこの日は引っ張り専門でした(もともとプルヒッターですし)。私は「俊足巧打」タイプがとても好きなので、加藤には期待しちゃいます。青松は飛ばすよりもどちらかというとコンタクトに重きを置いた感じ?本人の中でテーマ決めているんでしょうね。
そしてやはり観客を沸かせたのは大松の打球でした。場外弾あり、外野後方のネット上段直撃ありとさすがの長打力です。あー、大松が覚醒してくれれば左の大砲に悩まなくて済むのになぁー。ひとつだけ気になったのは、ケージ2ヶ所あってひとつは打撃投手、ひとつはマシンだったんですが打撃投手よりマシンの方が明らかに快打連発。相性もあるでしょうけど・・・気になる。

いろんな選手のバッティング練習観ていて面白かったのが、伊東監督の目線絶対気にしてるよなあ、ということ。そりゃそうですよね、指揮官が見てる見てないは大きいよなあ。翔太なんかもチラチラ気にして(いるように見えた)て、なんだか可笑しかった。良い打球飛ばした時に限って監督見てなかったりね(笑)

さて、全体練習が終わった後は個々の強化メニューになるのですが、この日はサブグラウンドで翔太晃多コンビ、伊志嶺の特守。翔大はサトケンとずっと組んでスローイングの練習。捕ってから投げるまでの一連の動作を淡々と繰り返します。「お前は顔がブサイクなんだからプレーでカッコ良くしろ!」って酷い激(苦笑)。翔太良い顔つきだと思うんだけどー。その後はサード定位置で個人ノックの嵐。晃多はセカンドからのバックトスの練習。もうひたすらバックトスの練習。

サトケンと翔太 サトケンは今は1軍だから久々に翔大しごいてます
Img_3824s

面白かったのが伊志嶺の練習で、地面になにか投げつけている様子が遠くから見えているのでなんだろう、と思っていたら五寸クギでした。下に叩きつけるようにクギを投げて、垂直に立てばOK。腕の振りの練習なのでしょうね。3回投げつけたら清水コーチの転がすボールを受けて、スローイングの練習。「クギ投げる時と同じように投げろよ!」との声が飛ぶ中、これも黙々と練習。・・・いや、正確には黙々とではなくてコーチと賑やかに声だしながらでしたが。「お前クギ曲がってんだろが!」「まっすぐですよ、ほら!」とか「スローイング曲がってんなー、性格と一緒やなー」とか。辛い練習も明るくやれてると頑張れますよね。

こういう地道な努力を繰り返しての結晶が1軍でのプレーにつながる・・。ほんとみんな頑張ってますし、みんなマリンで躍動して欲しい。

最後、翔太と晃多が交互にノック。ノーエラー続けば終了というもの。ノッカーも受ける方もだんだん
緊迫感溢れてくるというか鬼気迫る感じになってきます。「もうここでエラーしたら終わりだ!」ってとこでふたりとも素晴らしいプレーが出たりして、終わった時の感じは変な例えですがオーケストラがどんどん盛り上がる曲調の演奏をして、最後に凄い大団円で終わる!という感じ。例えるなら「ボレロ」とかそんな。
翔太が最後は三塁線のライナーを横っ飛びで捕って終わったのですが、これがまた凄い反射神経!前から翔太の守備は打球の反応が凄いと思ってましたが、改めてプロって凄えーと思ってしまいました。このちょっと前には、どうしてもエラーしたくない翔太、前に来たゴロの半端なバウンドをなんと前にダイブして捕ったのですが、これには松山コーチはじめコーチ陣みんな大ウケ!というか私も笑ってしまいました。ノック後も「後ろの小フライとかならあるけど、前のゴロにダイブする奴は初めて観たよ!」とコーチ陣の笑いが止まらず。今思い出しても私も笑ってしまいます。そのくらい必死だったということで、こういう気持ちでノックでもボール捕ることが試合の「ここぞ」で活きるんですよね。
それにしても、特守始まって実に1時間半・・・最後まであの運動量をこなすっていうのは本当に凄いと思う。

翔太も晃多も今季あると思っていた1軍がありませんでした。来季、来季こそ観たいぞ!

ふたりともお疲れ
Img_3828s

翔太の脇では金澤と川本がマシンで投げられるショートバウンドを捕る練習を繰り返してましたが、金澤ってこういうタイプだったっけ?というくらい大きな声を出していました。こういう面を試合でももっともっと出してくれたら良いのになあー。(余談ですが、練習後も丁寧にファンにサインしたり一緒に写真に収まったりしていましたよ。とても感じ良かった〜)

さて、今回のキャンプは「地獄のキャンプになる宣言」が出されていたようですが、それの象徴が最後の最後にありました。立花コーチが至近距離で「ほいっ」と投げる(というか落とす?)ボールを6回連続で休みなくスイングするというもの。普通のティーよりボールが空中にある時間が短いので、すぐ反応しないといけなく、結構難しいと思います。さらに後ろ側から投げたりもしますので。すでに加藤や田村が終わり、もうフラフラ状態・・・・で最後に江村の登場。
面白いのが、コーチやスタッフ全員が江村の後ろに輪をつくってみーんな見ていること。なんか怖い。

Img_3834s

立花コーチが激を飛ばす中、江村が打つ、打つ、打つ!1回1回振るんじゃなくて「連続」なので、これめちゃくちゃキツイな〜。ボールが入っている箱が8箱分!おおまかに数えていたのですが1箱に6回×20=120球くらい、これが8箱なので実に900球前後です。うわー。途中で右足フトモモがつってグラウンドで悶絶する江村、しかし容赦なくティーバッティングは続けられました。にしても江村のキャラというか・・・寝ながら抱えられて水を飲む姿は悲壮感よりも面白さ満載・・・なんでこの選手はこう、面白いというかいじられやすいんでしょね。

足が、足がアァァァッ!
Img_3839s

途中で日も沈み、用具車がグラウンドに入って江村を照らします。まるでマンガ。監督の「今里崎はホテルで休んでるぞ!今のうちだぞ!」と声を掛けられながらも必死に続ける江村。最後までやり切った時はスタッフ、見守るファンみんなから盛大な拍手が送られました。ファンも結構な人数が残っていて、なんかこういうの良いな〜と思いました。私もその一人なんでアレですけども。
江村は打撃練習前も監督から付ききりで指導受けていましたし、期待が大きいのでしょうね。シーズン最後、1軍にいたのは田村でしたし、新人で捕手が入ってきます。江村も必死だろうなあ・・・。今季はでも本人には最高の経験を積んだでしょうし、モチベーションは最高ではないでしょうか。頑張って欲しい!

最後まで江村をコーチや監督、スタッフが見守っていた姿はちょっと感動的ですらありました。今まで他の球団含めてキャンプを結構観ていますけど、全員が一人の選手の練習を見届けるっていうのは観たことがありません。こんなところに「チーム一丸」が現れている気がします。来季のマリーンズがとても楽しみです。

その昔、ジャイアンツの長嶋政権時代に「地獄の伊東キャンプ」がありました。中畑や篠塚らが育った伝説のキャンプ。その再現なるか!(ジャイアンツの「伊東」は地名だけどね)
選手たちみんな、個人もチームも含め来季の栄光へ向けて頑張っています。怪我だけは気をつけてください!

☆怪我で参加出来ていない選手は痛いよなあ・・・みんなほんと頑張ってますもんね。特に小池・・!遅れを取ってしまっているぞ〜!
☆面白かったのが、投手、野手ともに練習の締めに逆の動作をしていること。右投手なら左投げを繰り返し、右打者なら左でスイングしてから終わっています。バランスを取っているんでしょうね。今まで気が付かなかっただけかも知れませんけれど、これもこのキャンプからの気がします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2012年11月13日 (火)

楽しみな投手陣!〜鴨川キャンプレポ 紅白戦編・イニング結果付き〜

鴨川キャンプ練習編に続き、紅白戦編です。
この日の練習メニューはこちら

紅白戦はあまり点数とかは関係ありませんが、一応、スコアです。

Dscf3212

投手(数字はイニング数)
白組:植松(3)上野(2)藤谷(2)木村(1)荻野忠(1)
赤組:西野(3)阿部(2)大嶺(2)山室(1)服部(1)

ネット裏観客席はもちろん、1・3塁側内野スペースにも結構な人。なかなかの賑わいでした。
朝寝坊の為ブルペンと江村の特守、中郷らのトレしか見ておらず、野手の個々の練習は観ていないのが残念。紅白戦も楽しいけど、練習も観たかった・・・まぁしょうがないさ〜。

ではレポです。

センター三人衆 レフトは角中・伊志嶺、ライトは神戸・清田というのがやはり基本線になりそう
Dscf3002

今季晃多の1軍はあるか!
Dscf3005

FAせず残留を決めた今江は元気にやってましたよ
Dscf3019

雅彦、金澤をどんどん突き上げて欲しい二人
Dscf3020

まずは植松です。課題だった制球難はシーズン終盤から陰を潜めた感があります。今日は3回打者10人に対して安0、振1、四0、点0。来年は1軍キャンプ切符を掴め!

大松の笑顔が妙に気になる
Dscf3033

赤組先発の西野は支配下をついに勝ち取りました。この日はまだ背番号131でしたが、これが見納めかな?でも前から検討していたのだし、早く新背番号ユニ新調してあげなよ。3回打12、安2、振0、四0、点1責0。

支配下おめでとう!これからが本当の勝負
Dscf3072

荻野貴司が三塁内野安打の後、すかさず盗塁を決めました。やっぱり速い速い!スライディングも良かったと思います。来季は開幕から100%で行って欲しい!

荻野貴が出塁すると例え紅白戦でもワクワクしますね
Dscf3039

西野の牽制をかいくぐり盗塁を決めました
S0013041

ちなみに後ろに写っている手嶌が1塁塁審を勤めましたが、際どいハーフスイングの判定などで両軍ベンチが湧くことが何度か(笑)

西野の失点はヒットで出塁の今江が大松の投ゴロ失策(あやうくゲッツーになるとこだった)などで3進し、雅彦の犠飛で生還したもの。この前に神戸の中飛で2塁から「ボぉりゃぁぁぁぁ!」と雄叫びを上げながらタッチアップする今江はなかなか頼もしかったですよ。

西野は硬くなってたかなあ・・・球は速かったですが上ずってましたし。支配下直後の投球で緊張していたのでしょう。私が西野の登板見る時は少しメンタルの弱さを感じることがあります。これからは1軍で勝負するのだから自信もって行きましょう!

植松の後は上野が2回打6安2振1四1点1責1。それなりに良い当たりはされてましたが・・・チェンジアップを試していたような感がありますし、なんせ真横からだと球の質はなかなかわからんので。来季は開幕からローテに食い込みたいところ。

西野の次は阿部ちゃん。2回打8安1振1四1点0責0。3塁側ブルペン後方、捕手よりで観戦していたのですが、ブルペンのボール見てたってやっぱり凄いボール投げますね。ストレートだって速いほうじゃないのに(ルーキーの時は速かったのに)速いし、スライダー、シュートもキレる。プロってすげえ!と改めて思います。

阿部ちゃんも来季は先発ローテに殴りこみをかけて欲しい 同期唐川に負けるな!
Dscf3084

上野のあとは一躍注目の人、藤谷(ふじや)が登場。しかし、なーんと場内アナウンスが「ピッチャー、フジタニ」。遠目からも明らかに顔を真赤にして苦笑いする藤谷。まー、身内が読み方間違っちゃねー。少しして言い直ししましたが、ネタとしては面白いけどね(笑)
藤谷はちょっと硬かった?2回打者10安4四1点1責1。球は速かった!今日一番速かった感覚。しかし、縦カーブでなかなかストライクが取れません。良い課題になったのではないでしょうか?

「フジタニ」に苦笑の藤谷、顔真っ赤 誰も名前間違えないくらい活躍しちゃえ
Dscf3093

岡田が盗塁成功したのですが、タイミングはアウト。岡田も足速いのに、成功率は低いですよね・・スタートなのか?清田がレフト前に綺麗なヒットを運んだのですが、「金森打法」健在な感じでした。清田にも来季はフルで活躍して貰わないと〜!

阿部ちゃんの次は「俺の大嶺」、登場!今日は私的には大嶺が収穫でした。2回打6安0振1四0点0責0。何が収穫だったかって、投球フォームと球の質です。キャッチボールを観ておお?と思ったのですが、振り上げた左足を身体右側まで捻り上げて、そこから身体の「戻り」でしっかりかつスムーズに投球しているように見えました。

この振り上げた左足が今までここまで入って来ていなかった
S0043107

今までは力感なく足をすっと上げて、(さらに二年前なんかは3段モーションにして)すっとおしりを下ろしてす〜っと投げるという感じで、それはわざとだったのでしょうけれど(良い例がジャイアンツの杉内です)大嶺の場合身体を活かし切っていないように見えました。それがこのキャンプでは右足にしっかり体重が乗り、スムーズに体重移動しているようでした。推測ですが、シーズン終盤とフェニックスで中継ぎをこなしたことでがむしゃらに投球して力強さを「思い出した」のではないでしょうか?フェニックスリーグ最後の登板では先発でしたし、来季どういうポジションなのか不明ですが、今のフォームがここ何年かでは観たことがなかったと言っても良いくらいの綺麗なフォームでしたね〜!
今日は打者に合わせられていました。後はもう少し、踏み出した前の足に体重が乗り切れればとんでもないボールが行きそうな気がします。力で圧倒して欲しい。来春までの2ヶ月で今の感覚を忘れさえしなければ、来季はやってくれそう!

・・・以上、大嶺ヒイキなだけに私個人の期待もかなり混ざった大嶺評でした。いやあ、でも本当にここ数年では一番良いですよ、うん。

また、この時にセンター工藤が前に落ちようかという打球をスライディングキャッチして場内を沸かせました。

得意げに戻ってくる工藤
S0063120

藤谷の次は木村、1回打3安0四1点0責0。ちなみに塀内が一塁ライナー併殺に倒れたのですが、前の打席でも良い当たりのライナーが1塁の正面を突きました。なんか塀内らしい・・・。

大嶺の次は山室。1回打4安0振0四1点0責0。山室も植松や大嶺と同じく制球が課題。今日も1イニングなのに1四球を出してしまいました。球は速いだけに、なにか切っ掛けがあれば良いのかな〜。そしてこの山室、ほとんどサイドスローでしたが、こんなにヒジ低かったっけなあ・・・?コントロール重視でフォームチェンジでしょうか?

こんなにヒジ低くなかった気がするのだが
S0083153

木村の次は荻野忠。1回打5安2振0四0点1責0。2安打を許し1点を失いましたが、荻野忠に関しては結果は関係ないでしょう。万全で投げてくれれば結果を出す投手ですしね。

相変わらずの重心の低い”馬力”フォーム
S0093163

最後は服部が無難に締め、1回打3安0四0点0責0。松本幸大が抜け、左腕の重要性は高まっています。来季は勝負の年!

3塁側、赤組ベンチに近い所にいたのですが、選手たちの盛り上がりが尋常じゃ無かったです。これは・・・勝敗に何か懸かってるなと思いましたよ〜(笑)何かのオゴりなのか、それとも練習メニューの削減か何かか。
まぁ理由はともかくも、選手全員が楽しそうに野球をやっていましたね!一番良かったのは、攻守交替の時に選手達がきびきびと守備位置まで・守備位置から走っていた事。伊東監督やサトケンらの「ハリアップハリアップ!」の掛け声もあり、テキパキと野球やってました。ダラダラ感は全然無かったです。これが伊東新体制の、目指すものの一つなのだとしたら、とても嬉しいこと。ぜひ公式戦でもこんな感じでやって欲しいですね。

その伊東監督は選手とも積極的にコミュニケーションを取っている感じでしたし、寄せ集めと陰口も叩かれるコーチ陣ですが、みなさん精力的に頑張ってましたよ!どちらかと言うとネガティブな記事の多い新体制ですが、まあメディアの言うことですし、私は気にせず新体制を応援しますし、期待もします。なかなか楽しいキャンプ見物でした。

Dscf3077

それでは他の画像と、最後にイニングごとの結果メモを参考に記しておきます。

大地の打席での雰囲気は変わらず好きだなあ〜 後ろには幸一が 幸一の復帰も嬉しい
Dscf3068

イニングのちょっとした合間にもサトケンからアドバイス
Dscf3157

来季は年間通して上にいてくれよ!
Dscf3085

なんか楽しそうやなあ
Dscf3169

伊東監督と笑いがはしばしに
Dscf3128

小谷コーチの力量にも期待
Dscf3147

編成組の松本統括、幸彦も来てました 諸積もいたなあ
Dscf3088

ブルペンで球を受けている人の背中に「KOMAKI」の文字。・・あれ?元ファイターズの小牧雄一ではないか!あまり1軍経験のないまま現役生活を終えた選手だったのですが、私何故か好きで。イースタンリーグに小牧を観に行ったりしていました。知らなかったのですが、去年伊東と共に韓国・斗山にコーチで行っていたのですね。ああ、こんなとこで再会出来るとは!ぜひお話したかったのですが、チャンスが無かった、残念。捕手ながらセカンドや外野もこなし、イースタンでは成績も残していたのに何故かなかなか上に呼ばれない。歯噛みしながら当時は観ていましたよ。

ファイターズの中で一番好きな選手だったと言っても良かったかも知れない
Dscf3024

試合を終えて・赤組Dscf3182

試合を終えて・白組
Dscf3179

試合後のアップ
Dscf3197

荻野貴のスパイクは11本歯!がっちり走れるけど膝に負担かかりそう・・・履いてるってことは大丈夫なんだよね
Dscf3189

しかしこの二人の髪型はどうかと
Dscf3195

いつも思うんだけどマリーンズのキャッチャー同士って仲良いよねえ
Dscf3207

この二人も結構一緒
Dscf3206

さて、この日から佐伯とGGの二人がテスト参加。正直、この二人のテストって「ええっ」って感じで疑問なのですが・・・頑張ってプレーしてる二人の姿みたらやっぱり頑張って欲しいと思ってしまう自分がいます。

福浦と被る上に一年のブランクのある42歳佐伯の獲得というのがちょっと判らないのではあるけれど
Dscf3055

イタリアンなユニに身を包むGG
Dscf3080

こういう時、いつも思ってしまうのですが例えば南竜介とか生山とかの姿がもうないということに寂しさを感じてしまいます・・・戦力外か、ユニを着られるか。この違いって本当に大きい。今野球が出来る選手達には今を精一杯やって欲しいな。

それと、今のキャンプお休みしている翔太はどうした〜!怪我かとは思いますが、フェニックスでどこか痛めたのかな?どなたか知っている方いましたら、情報お願いいたします。中後もずっと行方不明ですよねえ・・・。

この人の笑顔が来年も観られるのはやっぱり嬉しい
Dscf3200

紅白戦、イニングメモです。あくまでもメモなので見にくいですがご容赦。

1オモテ
投手:植松
岡田 三ゴ
伊志嶺 中飛
GG 三振
白0-0赤

1ウラ
投手:西野
荻野 三安
根元
荻野盗塁
根元 左飛
佐伯 二ゴ
角中 遊ゴ
0-0

2オモテ
清田 三振
高濱 一ゴ
細谷 投ライナー
0-0

2ウラ
今江 中安
大松 投エラー
神戸 中飛
雅彦 右邪飛
今江タッチアップ、大松2塁向かうもアウト
1-0

3オモテ
塀内 二ゴ
大地 四球
金澤 右飛
早坂 三振
1-0

3ウラ
青松 遊ゴ
晃多 右二
青野 一飛
江村 中飛
1-0

4オモテ
投手:上野
工藤 投ゴ
小池 遊ゴ
岡田 三ゴ
1-0

4ウラ
投手:阿部
荻野 三振
根元 四球
佐伯 左飛
角中 左飛
1-0

5オモテ
伊志嶺 三振ハーフスイング
GG 二ハーフライナー
清田 四球
高濱 左安
細谷 中安 タイムリー1
1-1
塀内 一ライナー

5ウラ
今江 中飛
大松 中安
神戸 三邪飛
雅彦 捕邪飛
1-1

6オモテ
投手:藤谷
大地 中安
金澤 左飛
早坂 右飛
工藤 左安
小池 左飛
1-1

6ウラ
投手:大嶺
青松 三振
晃多 右飛
青野 中飛
1-1

7オモテ
岡田 四球
伊志嶺
岡田 盗塁
伊志嶺 二ゴ
GG 左安 タイムリー1
1-2
清田 左安 金森打法
高濱 投併
1-2

7ウラ
江村 遊ゴ
荻野 捕邪飛
根元 中飛
1-2

8オモテ
投手:木村
細谷 四球
塀内 一ライナー併殺
大地 一ゴ

8ウラ
投手:山室
佐伯 二ゴ
角中 投ゴ
今江 四球
大松 三振

9オモテ
投手:荻野忠
金澤 左二
早坂 二ゴ
工藤 投ゴ
小池 左二 タイムリー1
1-3
岡田 三ゴ

9ウラ
投手:服部
神戸 右飛
雅彦 左安
青松 (!!なんだっけ!!青松すまぬ)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています


| | コメント (2) | トラックバック (0)