カテゴリー「ファーム」の45件の記事

2013年7月18日 (木)

加藤翔平、一流選手への登竜門をくぐる 〜フレッシュオールスター

秋田こまちスタジアムで行われたフレッシュオールスターゲーム、加藤翔平がMVP獲得です!
ニッカン式スコア

最近は1軍のオールスターにどうにも関心が沸かなくて、元々その傾向はあったのですが今や完全にフレッシュオールスターの方に興味が行ってしまっています(その割合は0.5対9.5くらい)。
今年も今後が楽しみな若手が目白押しの楽しい球宴でした。

まずはなんと行っても我らが加藤翔平ですね!全イのトップバッターとして登場。見事、先制の2ランにヒット2本の猛打賞でMVP獲得!うーん、素晴らしい。こう、何か持っているというか、観ている人を「気にさせる」選手ですよねー。ホームランも初打席を思い出させる素晴らしい当たりでした。プロ野球ファン全体へも充分なアピール!言わずとしれたフレッシュオールスターのMVPはイチロー始め、後に1軍で輝かしい成績を収めた選手ばかり。マリーンズの先輩でも里崎や今江がいます。まずは一流選手へのルートを歩むキップを手にしたと言っても良いでしょう。

スタメンマスクで出場した田村は2打席ノーヒットでしたが(第一打席の見逃し三振はボールくさくて可哀想でした)、足自慢のバファローズのルーキー西川の盗塁を素晴らしい送球でアウトにしました。捕球から送球までの流れが速かったですね!高卒一年目で大したものです。

ちなみにこの西川、育成選手で背も小さい(171cm)ガッツマンタイプの選手で、こういう選手私好きなのですよね。足は相当速そうなので、課題はバッティングでしょうか?小坂を少し思わせる感じの選手でした(童顔の小坂に比べて、顔はかなりおっさん臭いけど・・・失礼!)。支配下をいつか勝ち取って欲しいですね。

ご当地登板の木村が8・9回を締め、優秀選手に。こういうのを切っ掛けにこんどこそ1軍で勝負出来る投手になって欲しいですね。

他にも気になる選手がたくさん。高校時代に甲子園を沸かせた東大阪柏原高出身、ファイターズの石川とカープのルーキ、龍谷大平安出身の高橋の記憶はまだまだ新しいです。石川は持ち味の長打力を発揮!MVP候補として加藤を猛追しました。ついでに言うと追われた立場の加藤、最終回2死でネクストバッター。イーグルスの下妻がヒットで繋いでくれたお陰で打席に立つことが出来、ここでMVPを確実とするヒット。ここで回って来てしっかり結果を出すところが素晴らしいです。

智辯和歌山で甲子園史上初の1イニングで2発を記録した坂口も東海大卒後、ルーキーとして頑張ってますね。カープの樟南出身の戸田とか、他にも高校時代に名を売った選手がたくさんたくさん・・・。

また、眼を引いたのは腰痛で登板回避したイーグルス森に代わって(森も観たかったな〜)急遽先発した専大松戸出身の上沢の投球が素晴らしかったですね!千葉出身ですしもちろん名前は知っていたものの恥ずかしながら投球を観たのは初めてで、投球フォームがあまりにも「唐川」なのにニヤリとしてしまいました。スレートの質がとても良かったですし、フォークも良いですね。楽しみな投手です。

同じ時代に千葉で戦ったホークス山下との対決でいきなり初球フォーク?投げて豪快に空振りした山下の「おい!」という表情と、「えへへ・・」という上沢の表情がなんとも面白かったです。捕手は田村だったのですが、サインはどちらが出したのだろう。さらに同い年、ファイターズの横浜高校出身の近藤も千葉出身ですから、千葉出身の同時代の若手選手が双方で出場していたのはなかなか誇らしいものがありました。

ジャイアンツの公文や1軍でも実績のあるライオンズ金子、イーグルス三好、カープの期待株鈴木誠、ライオンズのドラ1ルーキー増田などの動きも目立ちました。

とても楽しみだったのは、高校時代は本当に普通の高校でしかも野手の控え、大学で見出されてプロへの夢を掴んだバファローズの戸田です。こちらも投球は初めて観るのですが、小さいテークバックから「ぴゅっ」と投げるボールが噂通り速い速い。150km前後を計測。こういうシンデレラ・ボーイには是非活躍して欲しいです。加藤に被弾したのはこの戸田だったのですが、独特の投手でなかなか面白いです。

最後に、沖縄尚学時代から私が「恋している」東浜に触れないわけには行きません。亜細亜大3年で肘を故障してから完全に精彩を欠き、マリーンズも指名を回避したのですが、最近は下でみっちり体づくりからやり直し、球速が戻って来たとの話を聞いていました。久しぶりに観る東浜はかなり良くはなっていたものの、投球フォームも柔軟さが無いし、なによりストレートはキレはそれなりにあったものの普通の投手っぽく、まだまだと感じました。高校時も大学時も他の投手とは別次元の球を投げていた投手です。完全復活を心の底から願っています。斎藤佑樹もそうですが、大学に入っても抜きん出た実力を持っている投手は一年時から主力として投げますから、それによる弊害っていうのをやはり考えてしまいました。

ちなみに、東浜は高校時代に唐川の投球フォームを参考にしているんですよ。ここにも唐川の名前です。ああ、「本家」はそろそろエースの座を掴んで欲しいな〜。

なんだかダラダラと書いてしまいましたが、楽しい試合でした。一人でも多くの選手が1軍で活躍することを願っています!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年6月18日 (火)

茨城の空にカモメ舞えず 浦和マリーンズ@ひたちなか市民球場

6月16日、茨城はひたちなか市で行われたイースタン・リーグ、川崎ジャイアンツ対浦和マリーンズの試合に行って来ました。
前に書きましたが天候やら体調やら民宿お休みやら(笑)で前日の福島行きは断念、茨城だけとなりましたがやはり地方球場は楽しいですね。

試合前までは小雨まじりの天気でした。
Dscf4016

ここひたちなか市民球場は両翼100m、中堅122mの立派なサイズです。
Dscf4045

スタンド部分はそんなに大きいわけではないのですが(普通の地方球場なみ)、ちゃーんと2階席があるのですよー。
Dscf4039

そのためか、失礼だけど意外にも25,000人も収容できます。だけど、Kスタ(23,451人)よりも多く入るとは思えない・・見た目のマジックでしょうか?

2階席から望む球場
Dscf4047

スタンド席はやや古くなっている印象。ひとつだけ残念だったのは、1階席で観ていたのですが傾斜が緩いので前に人が座ると普通にグラウンドが見えなくなる(泣)天候のせいもあってか、お客さんは1779人とそんなに多くはなかったので、前に人が座ってしまった後は少し移動しました。

***
さて、試合の方はマリーンズがジャイアンツの小山ーアコスタの前に点を奪えず、零封負け。茨城の空にカモメは舞う事ができませんでした。試合開始までは小雨まじりでしたし、翼が重くなってしまったかな。(開始後は降らなかった)
試合内容は簡単に。

M|000|000|000|0
G|100|000|00X|1
勝)小山
負)渡辺

俊介は4回を安打5,三振4,四死球1,失点1、自責点1とまずまず。俊介の素人目判断は難しいのでなんとも言えませんが・・・タイミングを外すところは外していましたし、制球がそんなに乱れた訳ではなかったです。でもヒットを打たれる時は簡単に合わせられているところが気になりました。

Dscf4022

俊介の後は大谷、晋吾のリレー。大谷は1イニングのみなので評価保留。晋吾は投げている姿が観られたというだけで嬉しかったです。貴重な存在ですから、早く1軍で力になって欲しいですね。投球内容は(良い意味で)このレベルの投手ならこれくらいは投げますよ、という感じ。貫禄ですね。晋吾クラスだと実戦の投球の中でで細かいチェックして行く感じなのでしょうね。

Dscf4053

高濱が2安打しましたが、いつも思うのですが高濱の打球には夢があります・・・打球がなんと言っても速い。バットにあたってからボールが飛び出していく、そのスピードが凄い。ほんと、1軍でもっと観たい選手です(いまだに去年の処遇を恨んでいる)。

Dscf4052

1軍で観たいと言えば、何度も何度も書いていますが翔太!今年はとにかく一度1軍を経験して欲しいです。

Dscf4023

そうそう、ジャイアンツの小山は去年1軍で先発したり、結果を残しているだけあって良い投手でした。ストレートのキレが観ていて楽しいです。小山から8回で零点も仕方なしか。

S0014027

ジャイアンツでもう一人目を引いたのは(橋本やら藤村やらセンスがあるのは判っている選手は別にして)ショートを守った辻という菰野高校出身のルーキーでした。181cm83kgの大型ながら、守備がうまい!細かい部分はまだまだなのでしょうけれど、グラブ捌きにセンスを感じるのですよ。最近はチェックが甘く、全く知らなかった選手なのですがひと目で気に入りました。選手名鑑によるとどちらかというと打撃がウリのようで、由伸バリのフォームで打席に立っていましたが、今日は残念ながらノーヒット。しかし守備がとても目につきました。日本では大型ショートはなかなか育たないので、コンバートなしでこのままショートで育てて欲しいです。坂本という大きな存在がすでにいますが・・。

Dscf4040

GGも元気にしていましたよ。
Dscf4046

小池はすっかり江村に越されてしまいました。私は小池を買っているのですが、このままだとファームでも出場機会がどんどん無くなるぞ〜!

Dscf4038

里崎は19日には1軍練習合流とのこと。この日はDHでしたが、元気に動いていましたよ。
ヒットで出塁の里崎。この後、神戸の打球に当たる(笑)

Dscf4037

今回は体調もしんどくてあまり画像を撮りませんでしたので、このへんで。地方球場はやっぱり楽しい!

最後にカワイイ加藤で終わりにします。

Dscf4043

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年5月21日 (火)

浦和マリーンズの投手事情はどうなっている?

浦和マリーンズの投手について書こうと思っていた矢先、グライシンガーが右肩の張りということでいきなりの抹消です。急遽、阿部ちゃんが先発となりました。
グライシンガーは少し心配ですね・・・登板予定の前日に抹消ということは、ギリギリまで様子をみていたのでしょう。もちろん無理させることはないのですが、長引かないかが心配です。
阿部ちゃんはプロ初勝利を挙げながらもチーム事情で抹消となっていました。明日はチャンスですよ、この機会を逃すな!

さて、浦和マリーンズではこの所先発として大谷、俊介、晋吾らが投げていますね。俊介は久々の登板で5回5失点。雨中?の投球で、一気に崩れたようです。雨とは言え与四死球4というところが気になり、この分では一軍はまだ先でしょうね。
晋吾は中継ぎで3回1失点の後、先発で5回3失点。しかし被安打4、与四死球1ですし、内容は良かったのかも知れません。晋吾くらいになると内容が大事なので失点はあんまり関係ないですし。
大谷は直近の試合で5回を1失点。奪三振6が光ります。

先発は他にも古谷、木村、植松、ゴンザレスあたりがこなしています。
現状、1軍での先発の顔ぶれは成瀬、大嶺、西野、唐川の4枚しかいません。交流戦はもう1枚必要です。まずは明日の阿部ちゃんがどれだけの投球を残せるか。内容が悪ければ、晋吾、大谷にもチャンスがあるでしょう。交流戦が終わればさらにもう1枚必要ですし、この2人のうちどちらかはチャンスもらえる筈。どちらにしろこの2人は中継ぎもいけますし、ブルペンにいれば何かと心強いですね。

中継ぎでは藤谷、ハシケン、香月、最近抹消の伊藤ちゃん、黒沢にレデズマ、吉見・・・忘れちゃいけない中後あたりが頑張っています。みんな同じよーな内容、どんぐりーずな面々となってしまっていますね。誰か抜けだして来ると楽しいのですが。

注目は藤岡で、このところ中継ぎで1イニングずつ連投しています。きっと、1イニング腕を思い切り振ることですとか、がむしゃらに投げてもらうことで「自分のピッチング」を思い出して欲しいという狙いがあるのかも知れません。名伯楽小谷コーチの元で再生してくれることを願っています。

個人的には先発で植松、中継ぎで藤谷の1軍が今年中には観たいですね。薮田、荻野忠寛はどうしたのだろう?内はまだか??山室はフューチャーズに行ってる場合じゃないぞ!同じくフューチャーズ組の川満はじっくり育てるのでしょう。実は一番楽しみなのはこの川満だったりします。
コバアツはまだ投げられないのかな?ブルペンには入っているのでしょうか。
そして、ヤマテツは何してる〜〜!待ってるぞ〜〜!

☆iPhoneで公式サイトの試合戦評が読めないことにほとほと困っています。携帯サイトの有料会員になっている目的の9割はファームの戦評読む事なのに・・(残りの1割はコラム)。問い合わせた結果、「現在調整中です」とのこと。でも、技術的に何が難しいのかわからん。iPhoneユーザかなりいると思うのにこの状態はどうなんでしょう。これは怠慢だよ・・・・早く何とかして!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月 5日 (日)

ここへ来てエースの完投が飛び出す!(オマケ・浦和画像少々) H1−3M

成瀬、ナイスピッチング。
ニッカン式スコア

3連勝と5連勝の上り調子同士の対決。今日勝った方が乗っていけそう!と思っていたのですが、マリーンズ、見事な勝利です。

成瀬は序盤制球が甘くやや高かったので心配ではあったのですが、本人のコメントにもありましたが、膝に打球を受けてからまとまって来ました。文字通り怪我の功名というか、たまにこういう事があるのが野球の面白いところです。今回は技術的な部分よりも、「投げてやる!」っていう気持ちが入って投球に変化が出たということかも知れません。打球が当たった時は「無理だ・・・開幕の時よりヤバいかも」と覚悟し、来週5連戦終われば交流戦で日程ゆるくなるから1回飛ばしで大丈夫かな〜とまで考えてしまったのですが、成瀬の気持ちがそれを許さなかったですね。明日以降腫れが出たりしなければよいのですが。
このところ松永や益田、中継ぎ陣の登板機会が増え気味でしたので、成瀬が連戦の真ん中のここで完投してくれたのは大きいです。伊東監督のコメントで「これぞエースという投球をしてくれました。先発投手は頑張ってますけど、柱は成瀬ですから。ホント、気持ちで投げてくれた。あれだけの投球ができた背景には、他の先発投手が頑張っている中での、エースの自覚が大きい」とありましたが、(成瀬よりも歳下の)若手先発陣の踏ん張りが成瀬を後押しするという、相乗効果が出ていますね。
味方が勝ち越した直後の7回先頭の松田に投じたクロスファイヤ、素晴らしい球でした。ベストピッチ!あの三振でホークスの反撃意欲を削いだと思います。

大場といえばスライダーですが、今日はフォーク、チェンジアップが多く今までとは違うイメージでした。右打者にシュート系の球投げてましたね・・・これ結構嫌かも。打線も「ニュー大場」の前に手を焼いていましたが、ワンチャンスの7回によくひっくり返しました。岡田のタイムリーも角中のタイムリーも見事。先頭の今江が出塁したチャンスを無駄にしなかったですね。このところこういう得点が出来ていて、なかなか頼もしいです。

明日は大嶺と武田対決再び、です。先週は大嶺に負けがついてしまいました。明日こそ、勝をつけましょう!大嶺の投球にも期待です。

☆成瀬に打球当てたペーニャの膝にこんどは成瀬が当てる。両選手には申し訳ないけど、笑ってしまった。どっちのプレーもワザとじゃないし、痛いけど微笑ましい感じ?
☆井口がファーストゴロを結構ベース後ろで捕ったのに、成瀬にベースカバーをさせまい!という感じで猛ダッシュ。井口ってあんまり気持ちが伝わってこない選手(と私には感じる)なんですが、このプレーは良かったです、うん。
☆その一方で・・・観たくもないプレー。細川がまたマスク投げました。今江のホームインの時と川本の時、両方で・・・。なんども言いますが、あのタイミングでマスクを投げる必要は全くないし、投げる方向も走者の進路上、果ては走者に当たるように投げる必要は全くない。完全に走者の妨害を意図しているとしか思えず。細川のマスク投げは今に始まったことじゃないしいつものことかもしれないけど、本当に嫌だ。基本的にプロ野球選手で嫌いな選手っていないのですが、細川だけは好きになれない。他球団の選手はどう思っているのか知りたい。・・・でも岡田が自主トレ一緒にやったりしてんですよね。内部の事はわからんな・・・。

******
さて、今日はやっとやっと今季初の浦和マリーンズに行くどー!と思ったのですが、出発が遅くなり、浦和に着いた時には3塁側も1塁側も既に満席立ち見。GWの浦和の混雑を完全に忘れていましたOrz。ま、我が家から浦和はかなり近いので別の日に出直そうと思い、試合開始くらいで浦和を離れました。でもあまりに人が多いのでGW中は行かないかも・・・今年は今まででファーム観ていない期間が最長です。
少しだけ画像撮ってきましたのでオマケで載せておきますね。

今日の先発は古谷
Dscf3752

捕手難からとうとう青松が捕手復帰 あるんじゃないかと予想はしてたけど、青松は覚悟決めた筈だしあんまりこういうのは・・・ 昔は捕手余ってたのにね でもチャンス増えるから青松にはいいのかな
Dscf3750

ゴエさんのつぶらな眼がかわいい 古谷は好投したようですね
Dscf3759

中学生の部活みたいやぁー
Dscf3754

ピクニックみたいやぁー
Dscf3741

しばし瞑想・・・
Dscf3742

悩みは・・・
Dscf3743

深い・・・
Dscf3745

話、聞きますよ!
Dscf3762

ありがとう!
Dscf3765_2

ホンマ楽になったわあ!
Dscf3764_2

・・・荻野貴司、1軍で観たいですね。今、入る場所が無いんだよなあ(悲)

若者はエエのう・・・
Dscf3746

何か?
Dscf3756

今日のスタメン
Dscf3767

今日も勝ったようですね!
Dscf3735

■2013/5/4時点でのパ・リーグ順位
順位 チーム 試合 勝数 敗数 引分 勝率 勝差 得点 失点 本塁打 盗塁 打率 防御率
1 L 31 19 12 0 .613 -
2 M 30 17 13 0 .567 1.5
3 H 31 16 15 0 .516 3
4 F 30 14 16 0 .467 4.5
5 E 29 13 16 0 .448 5
6 Bs 29 11 18 0 .379 7

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年10月13日 (土)

浦和マリーンズ、2年振りの優勝!ファーム選手権@松山・画像レポその2 〜試合編〜

浦和マリーンズ・ファーム日本選手権@松山、試合編です。

試合の詳細はこちら(NPB公式)

マリーンズは植松の好投、地元塀内の活躍などもあり4−0と完勝、2年ぶりのファーム日本選手権優勝を果たしました。

・・・しかし翌日、戦力外通告が行われました(涙)。もちろんその選手たちもこの場にいましたが、寂しく切なくなるので、あえて!このレポではそのことには触れません。これに関しては、また後日改めて触れようかと思います。

では、試合編の画像レポです。

**********

打撃投手を務めるゴエさん。

Dscf2365

この日はDHの金澤

Dscf2371

生山 姿形が野球選手らしくなったよなあ、と思った

Dscf2372

JSportsでの解説で訪れた斉藤明夫と青山2軍監督 横浜大洋時代の朋友ですね。

Dscf2374

投手陣のアップと、シート打撃を利用して守備練習を兼ねる工藤

Dscf2375

後ろになんかいる・・・

Dscf2379

光原はフェンスに向かって投球動作のチェックに余念が無い

Dscf2382

木本と青松

Dscf2421

松本と袴田コーチ

Dscf2423

翔太と興南高校出身の新崎 沖縄では後輩の翔太がちょこちょこと駆け寄っていく仕草が可愛かったです

Dscf2432

晃多と生山

Dscf2451

この二遊間が1軍で観たい!

Dscf2452

試合前、ホークスの円陣

Dscf2457

地元・愛媛出身の塀内には一際大きな拍手が

Dscf2466

その塀内は見事先制タイムリーを放つ

Dscf2503

スタメン

Dscf2472

先発の植松 なんと無四球の好投!来季、1軍で観たいな〜

S0012481

ウェスタンでは11勝無敗という脅威の成績を残した二保

S0022495

高濱のユニフォームヒザ下が破れ、アピールするが誰もベンチから来ず

Dscf2502

八重山商工卒・翔太と八重山農林卒・嘉弥真の石垣島対決が松山で実現!

S0042523

生山に代わっての代打・南竜介はタイムリーを放ち優秀選手に

Dscf2531

4−0で迎えた9回表、マウンドには荻野忠寛が向かう

Dscf2543

最後を三振で締め、マリーンズ優勝!!

Dscf2560

S0092564

Dscf2568

Dscf2574

Dscf2572

Dscf2569

Dscf2581

Dscf2582

ヒーローインタビューを終えた塀内

Dscf2590

最優秀選手は塀内、優秀選手は南竜介・高濱・植松・安田

Dscf2603

チャンピオンフラッグは再びマリーンズの手に

Dscf2607

Dscf2617_2

Dscf2608

Dscf2609

Dscf2610

**********

今はもう選手たちはフェニックス・リーグで頑張っています。既に、新たなる戦いは始まっています。
いつも書くことではありますが、一人でも多くの選手が1軍で輝けると良いな〜と心から思います。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

| | コメント (8) | トラックバック (0)

浦和マリーンズ、2年振りの優勝!ファーム選手権@松山・画像レポその1 〜坊っちゃんスタジアム編〜

一週間が経過してしまいましたが、遅ればせながら松山・坊ちゃんスタジアムで行われたファーム日本選手権の画像レポです。

最初は1つの記事でまとめようと思っていたのですが、多くなりすぎたので2つに分けることに。

まずは坊ちゃんスタジアム編です。
(試合編はこちら

**********

今回の試合が行われた球場は坊ちゃんスタジアム。前から行ってみたかった球場でしたので、念願叶っての訪問。

最寄り駅は、松山駅から一駅の「市坪駅」。正岡子規と「野球」にちなんで、「野球(の・ボール)」という愛称がついています。

Dscf2339

ちなみに、乗った電車は1両のワンマンカーだったのですが、これがかなり飛ばす飛ばす。爆進して3分程で市坪駅に到着。

Dscf2644

駅の目の前が即、坊っちゃんスタジアム。タップダンスマリーンズさんのレポを拝見して大きい、というのは知っていましたが、本当に大きかった。

Dscf2346

Dscf2349

私のブログではお約束の(?)マリーンズ道具車。日本全国津々浦々、この子は健気に走り回ります。いつもは1軍で活躍だけど、今日は松山に。

Dscf2356

球場外周、2階コンコース

Dscf2357

球場内コンコース。コンクリ打ちっばなしの無機質な感じはちょっと札幌ドームを思い起こさせますね。

Dscf2361

球場内の柱には今までの甲子園大会、選抜・夏の決勝と四国のチームの新聞紙面が。
これは報徳学園の選抜優勝紙面。「大谷」という名前とともに、歓喜の選手たちの中に見慣れた顔が・・・・

Dscf2411

スタンドへの通路はマリンを思い出しますね。

Dscf2412

綺麗な球場ですね!

Dscf2394

Dscf2395

Dscf2388

スタンド最上段からは外野越しに風情ある鉄道橋が見えます。

Dscf2402

球場外側には、愛媛県出身のプロ野球選手の手形が飾られていました。

Dscf2624

これは、川之江高校ーファイターズの鎌倉投手。好きな投手だったんですよ〜。
肩かヒジ痛めそうなフォームだなと心配はしていたのですが、やはりというか怪我に泣きプロ一年目から1軍登板を果たすものの4年という短いプロ生活に終わりました。

Dscf2626

坊っちゃんスタジアムには「野球資料館 の・ボールミュージアム」という施設が併設されていて、愛媛にまつわる野球資料を主に展示しています。

Dscf2631

オールスターゲームで四国に凱旋を果たした角中の姿も

Dscf2633

愛媛・松山商業出身の我がマリーンズ・西本聖コーチのグッズも飾られていました。

Dscf2638

「草茂り ベースボールの 道白し」正岡子規の俳句碑とマドンナスタジアム

Dscf2350

**********

松山の野球熱の高さは良く知られたところですが、噂に違わずとの印象でした。坊っちゃんスタジアム、マドンナスタジアムと立派な球場を2つ併設してあるところからもそれは伺えました。
普通の観光として道後温泉や松山城、そして路面電車に乗りまくったりと楽しい時間を過ごしました。
松山、ありがとう!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月 6日 (土)

浦和マリーンズ日本一!植松は無四球投球、塀内凱旋MVP

坊ちゃんスタジアムで行われたファーム日本選手権は、マリーンズがホークスを4-0で下し、2年振りのファーム日本一を決めました!

1349532676642.jpg

詳細は後日アップしようかと思いますので、今日はさらっと。
何と言っても先発の植松。球速こそ140km前後ですが、無四球は立派です。なんせ制球難が代名詞ですからね〜大一番で最高の結果を出しましたね。この投球を続くフェニックスリーグでも続けて、来春キャンプは1軍キップを手にして欲しいです。(そう言えばフェニックスリーグ参加選手発表てまだないですよね?)
地元凱旋の塀内に先制タイムリーが出るあたり、出来過ぎたシナリオみたいでしたが、今日放ったヒット二本とも塀内らしいヒットでした。ファームの試合で凱旋は本人は複雑だったかも知れませんが、本人コメント通り元気な所はご両親はじめアピール出来たし
良かったです。
他は意外と言ってはなんですが、守備力で掴んだ勝利だったとも言えるでしょう。高濱と晃多の華麗なグラブトスによる併殺もプロのプレーでしたし(二人の成長を
まざまざと実感)、何より翔太のセンスが光りました。強い打球の処理、難しいバウンドのキャッチ、やはり翔太にはセンスを感じます。守備がまだまだ課題と言うのが不思議なくらいです。個人的に今年は翔太に少しだけでも良いから一軍の空気を経験して欲しかったのだけど、上の監督は先を見据えて若手起用とか出来ない人だからなぁ。
今季の浦和マリーンズは強かったのに、上のチームに全く活かす事が出来なかった事がとても不思議です。今日の若手の活躍を観ながら、いくら頑張っても上にロクに上がれないんじゃモチベーション低下しないかなぁとそれが心配になりました。

すぐ、フェニックスリーグが始まります。ファームの選手達はまだまだ、野球を頑張らないといけません。とにかく上で活躍するには練習するしかないと思います。来季は一人でも多くの選手に一軍で活躍して欲しい!

坊ちゃんスタジアムは立派でしたし、適度にお客さんも少なくて(笑)のんびり楽しめました。
しかし、九州の方が千葉より遥かに近いのに、マリーンズファンの方が多いってのは相変わらずすごいよなぁー。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

| | コメント (4) | トラックバック (0)

明日の先発は植松!私は一足先に道後温泉堪能中

明日のファーム日本選手権に向け、一足先に松山入りしました。
東京から7時間半かかるのですが、鉄道で松山入り。瀬戸大橋を渡ると四国に来たぜ!て感じで良いですね。
折角なので道後温泉に宿泊、いやーすっかり堪能しています。温泉入って、美味い飯食べて、温泉街散策して、少し夜寝して^^;また温泉入って…
いやー気持ち良い。

いつも事前に情報収集したり行動予定を立てたりしないのが私の旅スタイルなのですが、ちょうど坊ちゃん列車というのに乗れたり、お祭りに遭遇したりと楽しい一日でした。

1349454163035.jpg

さて、明日の先発は植松と発表になりました。今年は中盤から事あるごとに先発を任されています。期待の大きさの現れでもあると思いますし、今季の締めとしても、そして来季への飛躍の為にも好投を期待したいですね。植松と言えば何と言っても制球が課題ですが、それこそ吉川の様に結果を恐れず思い切り腕を振って欲しいです。
塀内がスタメン、地元凱旋ですね。キャリアを考えるとファームの選手としての里帰りは複雑でしょうけれど、滅多にない機会です、せっかくなので活躍して欲しいな。
一軍の西武ドーム→QVCマリ3連戦も非常に魅力的ですが、こちら松山も楽しみです!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

イースタン全日程終了。さらば森夫・・・

イースタンリーグは全日程を終了しました。
ファームは勝敗はあまり関係ないとはいえ、浦和マリーンズは66勝38敗3分勝率.635と堂々の優勝。
チーム打率、防御率共にリーグ2位ながら優勝というのはチーム全体としてのバランスが良かったのでしょう。印象としては打が強かったかな。
面白いのはイーグルスが両部門リーグトップなのですよね。来期以降の1軍が楽しみということでしょうか。

タイトル獲得者は、伊志嶺が出塁率.415、盗塁数38で、荻野忠寛が16セーブでリーグトップでした。
なのにこの二人は殆ど上での活躍の機会が与えられませんでした。伊志嶺は前半があまりに酷かったので仕方ない面もありますが、昇格は遅すぎたと思いますし、復活の荻野忠寛も半端に使われて終わってしまったなー。しかしこの二人には来季1軍で暴れまわってもらいましょう。

マリーンズ投手陣で規定投球回数に達した選手は0人という一方、野手陣で規定打席到達は高濱、伊志嶺、細谷、翔太、晃多、神戸と6名に達しました。投手は頭数がやたら多く、野手は入れ替えが頻繁ではなかったという裏返しだったかも知れません。

高濱、伊志嶺、細谷はもっと1軍にいないといけない選手ですが、翔太、晃多の規定到達は経験を積むという意味ではとても嬉しいです。ただ、神戸は・・・とうとう今季1軍出場機会無しとなってしまいました。同じ左の大砲・大松の今季成績から言ったら脅かす存在にならないといけないのですが・・・出だしの怪我が響いたとは言え、大学出でもう6年目のシーズンが終わってしまいました。ちょっとヤバいよ・・・。

投手は、先発がもっともっと出てきて欲しかったですねえー。野手では小池にもっとマスクを被って欲しかった。とはいえ、今季は(も)とにかく上と下の入れ替えが活発ではなかったですね。この点は非常に気になります。というか怒ってます、私。

戦力外の季節がやってきましたが・・・・今日、マリーンズは蔡森夫と来季契約を結ばない事を発表しました。今季の成績は14試合打率.174、0本、1打点。この数字だけなら結果を残していないと言えますが、去年は32試合打率.225、1本、5打点。他にフューチャーズや練習試合、交流試合の出場が在るとはいえ、結局出場機会が少なすぎるよ〜。
異国に来て、ホームシックだとかひょっとしたらそういう部分もあったのかも。

S0018010

育成選手の起用法に関してはかなりの不満があります。しかし森夫といい、呉偲佑といい台湾選手の扱いもなんだか半端だよなー。残念です。荘勝雄さんがいればまた違ったのかも知れませんが・・。

まあ、そのへんはまたの機会にするとして、ファーム日本選手権行って来ます!台風がまた2つ発生したみたいだけど天気大丈夫かなあ〜。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2012年8月27日 (月)

夢の外野トリオ実現、「大嶺育宏」も登場 浦和マリーンズ@荘銀日新スタ8.21観戦レポ

去る8月21日、浦和マリーンズvs利府イーグルスの試合を観に山形・荘銀日新スタに行って来ました。
もう一週間が経ちますので試合の詳細はマリーンズ公式に譲るとしまして、球場紹介などを。

イーグルスのファーム本拠地は利府・山形・天童がメイン。天童(と鶴岡)は以前に行ったことがあり(その時のレポはこちらこちら)今回は山形の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた(山形県野球場)へ。

この球場の最寄り駅はJR左沢(「あてらざわ」と読みます)線、山形駅から20分程にある羽前長崎駅。いやまあ、想像よりもはるかにのんびりしたところ・・・なんと無人駅でした。駅前は一応ロータリーになっているのですが、タクシーも何もなく、売店すらありません。自販機のみ。球場まで歩くのがきつい人は先にタクシーを呼んで待って貰っていた方が良いかも知れませんね。

Dscf1500

なーんもないところにぽつん、と・・・
Dscf1502

駅前に簡単な町の案内図はありますし、スマホの地図アプリもありますがよく見ると遠くに照明灯が見えるのでそれを頼りに歩く事にしました。

こんなかんじで見える照明灯を頼りに・・・
Dscf1504

のんびりした田んぼの中をてくてく歩きます
Dscf1503

こういう時に怖いのは目指した照明が違う球場だったりテニスコートの照明だったり、ってオチなのですが・・・・無事到着しました。徒歩10分くらい。
Dscf1509

外野通路のスキマから見えるスタンド こういう瞬間が大好き
Dscf1512
 
結構スタンド部分は大きい 収容人数25,000人だって!
Dscf1514

昭和の感じあふれる
Dscf1517

正面も大きい!
Dscf1518

コンコース 売店は出ていますが飲食充実というわけではなく、お弁当よりはおつまみ系が多かったです
Dscf1523
Dscf1524

メインスタンド
Dscf1568

全景 両翼100m 中堅120m
Dscf1575

最上段から球場外側を眺める
Dscf1571

スタンドも大きいし、緑に囲まれていて気持ちが良い球場でした、ほんと。

さて、少しは野球に触れましょう。

今日の結果はこんなでした。

M|380 220 000|15
E|010 111 000|4

M:◯上野 、レデズマ 、香月 、秋親 、松本 - 小池 、江村
E:●川井 、上園 、高堀 、塩見 - 小山桂 、小関 、伊志嶺

M
(中) 荻野貴
(左) 伊志嶺
(右) 清田
走右 木本
(遊) 細谷
打一 塀内
一 蔡森夫
(一)遊 高濱
遊 生山
(指) 渡辺正
打指 工藤
打指 青松
(捕) 小池
捕 江村
(二) 角
(三) 翔太

E
(中) 島内
打 川口
(二) 阿部
遊 三好
(遊)二 西田
(三) 岩村
三 中川
(指) 高須
打指 ガルシア
(一) 小斉
(左) テレーロ
左 北川
打 勧野
(右) 横川
打 山本
(捕) 小山桂
捕 小関
捕 伊志嶺
打 定岡

いやはや、なんともはやな試合。
そしてマリーンズのオーダ、1番荻野貴司2番伊志嶺3番清田ってなんですかこの夢のオーダー!

Dscf1578


初回はこの3人の3連打で先制。荻野は猛打賞、清田は4の4で3人併せて8安打でした。清田に至っては3回でもう猛打賞。うーん、しかーし!ファームでこれ観て喜んでいる場合ではなーい!1軍でこそ、ですよね。それでももちろん楽しい並びだったのですけれど。
先発の上野は腕が振れていました。ファームではやはり安定感があります。1軍のレベルにはちょうど合間を漂っている感じですよね・・・何か切っ掛けが欲しい。新球でも良いし、気持ちの変化でも良い。また、この日は注目のレデズマが初登板。別の記事でも書きましたが、一言で言うと「左のロサ」でした。投球フォーム、ストレートの質と速さ。この日はMAX151kmかな。
イーグルスはボブ川井が散々な目に合いましたが、これはレフトテレーロの守備が酷かったのも要因です。フライは追えずヒットにするし、バウンドした普通の人を後ろに逸らすし・・・気の毒でもありました。この日1番に座った島内は4の0,目立った活躍も無かったので翌日Kスタで昇格スタメン、即ヒーローは驚きました。

ファームは試合結果は私は全く気にならないのですが、それでも20安打15点の攻撃は見事でしたね。みんな打率を稼いだ感じです。小池猛打賞、マルチは高濱、正人、晃多に翔太が記録。まあ、たまにはこういう試合も良いかな〜。

試合終了後、のーんびり夜道を駅まで歩いて帰りました。地元の人達は基本的に車で来るようで、駅には6,7人しかいませんでした。駅までの帰り道は真っ暗なので、女性は一人で帰るのは避けた方が良いかも知れません。もちろん治安が悪いという意味ではありませんよ〜。ちなみに鉄道は1時間に1本です。

しかし地方球場は楽しいなーあ。後は利府に行って観たいのですよね。来年以降だなあ・・・。

それでは他の画像です。

選手同士のちょっとした談笑を観るのが好き
Dscf1528

今季初1軍で初ヒットも記録した定坊
Dscf1530

荻野貴司はグラブが変わっています
Dscf1537

荻野のキャッチボールの相手は当然仲の良い清田・・・・だと思ったのですが、
あれ、大嶺?

Dscf1539

なんか体型が・・・・と思ったら

清田あ?

Dscf1556

どうやらユニフォーム忘れ?で清田は大嶺のユニフォームを着るとのアナウンスが。
しかも古谷は背番号43、「光原」のユニ。

やったら日本人離れの体型をした「菊池」

Dscf1644

・・・てガルシアじゃん!もうめっちゃくちゃ(笑)

的場も元気
Dscf1543

背番号が軽くなってからの晃多を観るのは初めて 良かったな〜、これからが本当の勝負だぞ!
Dscf1546

小坂〜!
Dscf1562

ひときわ声の大きい選手・・・それは中川!大好きな選手です 右膝靭帯損傷の大怪我で育成契約となりましたが、戻ってきました!お帰り〜!
Dscf1566

マリーンズベンチから「行け〜大嶺!!」の声が
Dscf1582

その大嶺は光原、石田とスコア・ビデオ係
Dscf1600

荻野貴・伊志嶺・清田の連打で先制
Dscf1586

好投の上野 投球前、いつもの儀式
Dscf1590

レデズマは制球に苦しむ
Dscf1652

塩見もここにいる投手じゃないぞ〜、上がってこーい!
Dscf1657

生山のショートを初めて観る 画像ブレた・・・
Dscf1666

試合終了
Dscf1677

試合後のミーティング ランナー1・3塁の時の3塁走者の走塁を話していました(この日まずい走塁があった)
Dscf1681

どこにメットを挟んでいるのだ
Dscf1682

戦いすんで・・・
Dscf1689

気持ちのよい球場でした
Dscf1572

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧