« ドラフト雑感〜風はイーグルスに吹いたか | トップページ | 2014.2.16オープン戦@石垣島レポ 〜日本最南端のオープン戦 〜 »

2013年11月 4日 (月)

地獄の”伊東キャンプ”再現なるか 〜11/3鴨川キャンプレポ

11月3日に鴨川キャンプに行って来ました。
後半であれば紅白戦なんかもあるのですが、行ける時に行っておかないと。いつもなら画像中心にレポするのですが、最近はあまり写真を撮らなくなっていまして・・・一番の理由は撮る方に気が取られるとなんだか集中して観られないってことですが、カメラの調子そのものが悪いってこともあります。今回はiPhoneでスナップ的に少しだけ撮って来ました。テキスト中心のプチレポです。

ブルペンでは大谷、阿部ちゃん、藤谷、黒澤の投球を見物。大谷は一番手前で投げていたので間近に球を観ることが出来ましたが、毎回毎回思うんですがいやあ本当にプロの球って凄いですよね。とんでもない球投げています。今季、炎上を何度も見ましたがこんな球投げてても打たれるんだよなぁー、プロって凄い世界だよなあーと再認識しました。この日の大谷はなんと210球!の投球。最後まで良い球投げてましたが、最後グラウンド歩いている時なんかは身体がヒョロヒョロしてました。
黒澤はシンカーやカーブなど変化球中心の投球?藤谷とともに小谷コーチから腕の振りについて指導を受けていました。藤谷は今季1軍がありえるかなーと思っていたのに果たせず、黒澤に先を越された格好。ふたりとも1軍でバシバシ投げる姿が観たい!もちろん阿部ちゃんもね。

メイングラウンドでは加藤や青松、岡田らの打撃練習を。岡田はとても良い打球を飛ばす・・・ライナーの気持ち良い打球ばかり。本人も打撃は自信無いみたいですけど、センスはあると思うんですよねー。なにかきっかけとかあれば率も残しそうなのですが。そして加藤、やはり良いなあ!左でも右でも低いライナーを飛ばします。そのままスタンド超えもありますし、打球が強い感じ。大地の打球と似ているけど大地はこの日は引っ張り専門でした(もともとプルヒッターですし)。私は「俊足巧打」タイプがとても好きなので、加藤には期待しちゃいます。青松は飛ばすよりもどちらかというとコンタクトに重きを置いた感じ?本人の中でテーマ決めているんでしょうね。
そしてやはり観客を沸かせたのは大松の打球でした。場外弾あり、外野後方のネット上段直撃ありとさすがの長打力です。あー、大松が覚醒してくれれば左の大砲に悩まなくて済むのになぁー。ひとつだけ気になったのは、ケージ2ヶ所あってひとつは打撃投手、ひとつはマシンだったんですが打撃投手よりマシンの方が明らかに快打連発。相性もあるでしょうけど・・・気になる。

いろんな選手のバッティング練習観ていて面白かったのが、伊東監督の目線絶対気にしてるよなあ、ということ。そりゃそうですよね、指揮官が見てる見てないは大きいよなあ。翔太なんかもチラチラ気にして(いるように見えた)て、なんだか可笑しかった。良い打球飛ばした時に限って監督見てなかったりね(笑)

さて、全体練習が終わった後は個々の強化メニューになるのですが、この日はサブグラウンドで翔太晃多コンビ、伊志嶺の特守。翔大はサトケンとずっと組んでスローイングの練習。捕ってから投げるまでの一連の動作を淡々と繰り返します。「お前は顔がブサイクなんだからプレーでカッコ良くしろ!」って酷い激(苦笑)。翔太良い顔つきだと思うんだけどー。その後はサード定位置で個人ノックの嵐。晃多はセカンドからのバックトスの練習。もうひたすらバックトスの練習。

サトケンと翔太 サトケンは今は1軍だから久々に翔大しごいてます
Img_3824s

面白かったのが伊志嶺の練習で、地面になにか投げつけている様子が遠くから見えているのでなんだろう、と思っていたら五寸クギでした。下に叩きつけるようにクギを投げて、垂直に立てばOK。腕の振りの練習なのでしょうね。3回投げつけたら清水コーチの転がすボールを受けて、スローイングの練習。「クギ投げる時と同じように投げろよ!」との声が飛ぶ中、これも黙々と練習。・・・いや、正確には黙々とではなくてコーチと賑やかに声だしながらでしたが。「お前クギ曲がってんだろが!」「まっすぐですよ、ほら!」とか「スローイング曲がってんなー、性格と一緒やなー」とか。辛い練習も明るくやれてると頑張れますよね。

こういう地道な努力を繰り返しての結晶が1軍でのプレーにつながる・・。ほんとみんな頑張ってますし、みんなマリンで躍動して欲しい。

最後、翔太と晃多が交互にノック。ノーエラー続けば終了というもの。ノッカーも受ける方もだんだん
緊迫感溢れてくるというか鬼気迫る感じになってきます。「もうここでエラーしたら終わりだ!」ってとこでふたりとも素晴らしいプレーが出たりして、終わった時の感じは変な例えですがオーケストラがどんどん盛り上がる曲調の演奏をして、最後に凄い大団円で終わる!という感じ。例えるなら「ボレロ」とかそんな。
翔太が最後は三塁線のライナーを横っ飛びで捕って終わったのですが、これがまた凄い反射神経!前から翔太の守備は打球の反応が凄いと思ってましたが、改めてプロって凄えーと思ってしまいました。このちょっと前には、どうしてもエラーしたくない翔太、前に来たゴロの半端なバウンドをなんと前にダイブして捕ったのですが、これには松山コーチはじめコーチ陣みんな大ウケ!というか私も笑ってしまいました。ノック後も「後ろの小フライとかならあるけど、前のゴロにダイブする奴は初めて観たよ!」とコーチ陣の笑いが止まらず。今思い出しても私も笑ってしまいます。そのくらい必死だったということで、こういう気持ちでノックでもボール捕ることが試合の「ここぞ」で活きるんですよね。
それにしても、特守始まって実に1時間半・・・最後まであの運動量をこなすっていうのは本当に凄いと思う。

翔太も晃多も今季あると思っていた1軍がありませんでした。来季、来季こそ観たいぞ!

ふたりともお疲れ
Img_3828s

翔太の脇では金澤と川本がマシンで投げられるショートバウンドを捕る練習を繰り返してましたが、金澤ってこういうタイプだったっけ?というくらい大きな声を出していました。こういう面を試合でももっともっと出してくれたら良いのになあー。(余談ですが、練習後も丁寧にファンにサインしたり一緒に写真に収まったりしていましたよ。とても感じ良かった〜)

さて、今回のキャンプは「地獄のキャンプになる宣言」が出されていたようですが、それの象徴が最後の最後にありました。立花コーチが至近距離で「ほいっ」と投げる(というか落とす?)ボールを6回連続で休みなくスイングするというもの。普通のティーよりボールが空中にある時間が短いので、すぐ反応しないといけなく、結構難しいと思います。さらに後ろ側から投げたりもしますので。すでに加藤や田村が終わり、もうフラフラ状態・・・・で最後に江村の登場。
面白いのが、コーチやスタッフ全員が江村の後ろに輪をつくってみーんな見ていること。なんか怖い。

Img_3834s

立花コーチが激を飛ばす中、江村が打つ、打つ、打つ!1回1回振るんじゃなくて「連続」なので、これめちゃくちゃキツイな〜。ボールが入っている箱が8箱分!おおまかに数えていたのですが1箱に6回×20=120球くらい、これが8箱なので実に900球前後です。うわー。途中で右足フトモモがつってグラウンドで悶絶する江村、しかし容赦なくティーバッティングは続けられました。にしても江村のキャラというか・・・寝ながら抱えられて水を飲む姿は悲壮感よりも面白さ満載・・・なんでこの選手はこう、面白いというかいじられやすいんでしょね。

足が、足がアァァァッ!
Img_3839s

途中で日も沈み、用具車がグラウンドに入って江村を照らします。まるでマンガ。監督の「今里崎はホテルで休んでるぞ!今のうちだぞ!」と声を掛けられながらも必死に続ける江村。最後までやり切った時はスタッフ、見守るファンみんなから盛大な拍手が送られました。ファンも結構な人数が残っていて、なんかこういうの良いな〜と思いました。私もその一人なんでアレですけども。
江村は打撃練習前も監督から付ききりで指導受けていましたし、期待が大きいのでしょうね。シーズン最後、1軍にいたのは田村でしたし、新人で捕手が入ってきます。江村も必死だろうなあ・・・。今季はでも本人には最高の経験を積んだでしょうし、モチベーションは最高ではないでしょうか。頑張って欲しい!

最後まで江村をコーチや監督、スタッフが見守っていた姿はちょっと感動的ですらありました。今まで他の球団含めてキャンプを結構観ていますけど、全員が一人の選手の練習を見届けるっていうのは観たことがありません。こんなところに「チーム一丸」が現れている気がします。来季のマリーンズがとても楽しみです。

その昔、ジャイアンツの長嶋政権時代に「地獄の伊東キャンプ」がありました。中畑や篠塚らが育った伝説のキャンプ。その再現なるか!(ジャイアンツの「伊東」は地名だけどね)
選手たちみんな、個人もチームも含め来季の栄光へ向けて頑張っています。怪我だけは気をつけてください!

☆怪我で参加出来ていない選手は痛いよなあ・・・みんなほんと頑張ってますもんね。特に小池・・!遅れを取ってしまっているぞ〜!
☆面白かったのが、投手、野手ともに練習の締めに逆の動作をしていること。右投手なら左投げを繰り返し、右打者なら左でスイングしてから終わっています。バランスを取っているんでしょうね。今まで気が付かなかっただけかも知れませんけれど、これもこのキャンプからの気がします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

|

« ドラフト雑感〜風はイーグルスに吹いたか | トップページ | 2014.2.16オープン戦@石垣島レポ 〜日本最南端のオープン戦 〜 »

コメント

キャンプ視察いいですねぇ


キャンプは試合とは違った楽しみがありますし 期待の選手の練習もじっくり観れますから俺も好きです


さてご存知かもしれませんが レッドソックスが8日にBC 四国リーグ選手をエコスタでトライアウトするそうです


かなり注目ですが非公開とのこと


寺田投手を始め各球団選手どの程度参加するのかな?


またこの結果によって野球を諦め退団する選手も出てくるでしょうね

新潟は現在5人が新潟を去ることに

その中には主砲福岡良州選手も含まれています(引退申し入れ)


下位で走行守をしっかりやってくれた池田選手も引退


今の新潟打線は今年3年目の選手による活躍があってこそだと思ってるので来年はあと3人残ってますが打撃低下が心配


来季からは打撃コーチが代わるのでコーチ人事は楽しみですしそのコーチの指導によりBC新潟初NPB野手が誕生してくれることを祈ります


投稿: 佐藤 | 2013年11月 5日 (火) 09時56分

BJさん、今晩は。ミスターが、昭和54年の秋に敢行した「地獄の伊東キャンプ」、自分も物凄く思い入れがあります!今年、読んだ書籍、「地獄の伊東キャンプ」も非常に面白かったです。
ミスターの第一次政権での若手育成能力は、本当に凄かったと思います。伊東キャンプには参加しませんでしたが、能力からするといま一つに思えた康友さん以外は、ミスターが目を付けた若手選手は、皆さん素晴らしい選手になりましたからね。
一茂さんが、「親父の天才的なフィーリングを理解できたのは松井秀喜だけだった。」と仰ってましたが、伊東のメンバーを見れば、ミスターの育成手腕が分かりますよね。篠塚さんも絶賛してましたしね。正に、素晴らしい伝説です!
日本シリーズ、凄かったですね。自分としては、各試合でもっと盗塁を視たかったですが、それでも本当に良い闘いだったと思います!
特に、第2戦の絶対エースの投球をテレビで今年初めて、全球視る事ができました。やはり、24勝無敗は凄いですね。対して第6戦は、2回表から各打者の初球で、いいコースでストライクが取れていなかったので、自分は「危ないなあ。」と思っていた所、あの結果でしたね。
160球を投げた翌日、9回表の登板は、自分は、闘将、仙さんの人間的な暖かみを感じました。あの疲労度からすると、リスクを伴ったマウンドだったと思います。仙さんも自身の初の日本一も懸ってた訳ですから。勝利を優先するなら、なかなか踏み切れなかったと思います。例えば、8回表までパーフェクトをしている投手を代えられる監督とは、この場面では対照的だと思いました。代えられる決断をできる監督も、勿論、凄いです。
将大投手とロペス選手の対決も、興味深かったです!自分は、ガッツ・ポーズで雄叫びを上げるのは、個人的には大好きです!ある意味、相手選手が、それだけ素晴らしい選手だからだと思います。仮にですが、明らかに“格下”だと思われる選手なら、あのような雄叫びを上げる気には自分なら、ならないです。まあ、色々と何処の世界にも、不文律がありますからね。
ゴールデンイーグルスは、強かったですね。あの名将、原辰徳監督率いる、巨大戦力のジィアンツを倒す訳ですからね。則本投手、美馬投手にも感動しました。
来季は、このチームで松井裕樹投手を視られそうなのは、非常に楽しみです!
マリーンズも荻野貴司選手が、大活躍して、ゴールデンイーグルスと名勝負を視たいです。

投稿: エイトマンちから | 2013年11月 5日 (火) 18時09分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

そうなんですよねえ、キャンプはある意味試合よりも楽しかったりします。
レッドソックスのトライアウトは知らなかったです。要は独立リーグの選手対象ってことですよね。NPBが目を向けなかった選手を発掘して活躍できたら夢があるなあー。正直、メジャーで成功まで考えるとめちゃくちゃ厳しい世界だとは思いますが、チャンスを掴めるだけ良いかも。
新潟は5人ですか・・・山口は大丈夫だったのですね?でも来年が最後のチャンスかもなあ、悔いなくやってほしいですし結果出して欲しいです。
コーチといえば、こないだギャオスを追った番組見ましたが、新潟はギャオス監督のほかは選手兼コーチの人が1名だったのですね。環境としては厳しいですね。選手獲るのも大事だけど、良い指導者を用意するのも大事。経営も大変だとは思いますが、なんとか良い落とし所を見つけて欲しいです。

投稿: BJ | 2013年11月 5日 (火) 22時39分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

地獄の伊東キャンプ、伝説ですよねえ・・・。呼び名だけでなく、実際にこれで選手が育ったというのが凄いです。ミスターからすると伊東キャンプで若手を育て上げ、さあこれから!という時の解雇は悔しかったでしょう。この後のジャイアンツ黄金期を支えたのは”長嶋チルドレン”でしたから。
さて、日本シリーズは面白かったですね。ただ、両チームともに走塁ミス、牽制死、守備の判断ミス、単純なエラーと正直レベルは低かった部分もあったのが残念でした。あまり少年の参考にはならんというか。面白かったのに個人的に物足りなさが実は残ったのですが、たぶんこういうところが原因かなと。
それでも勝負のアヤを十分感じましたし、もはやイーグルスで決まりだろうと思われた第6戦でまさかのマー君敗戦など、見どころも多かったです。
マー君の登板に関しては、エイトマンさんとちょっと考え方が違ってまして。いくら本人が「行く」と言っても監督は止めて欲しかったです。せめて、7戦の最後を締めるのは仕方なかったとしてもならば第6戦は途中で降板させて欲しかったですね。「今日はもう降りろ、そのかわり明日頼むぞ!」の一言で済んだ訳ですから・・・。6戦にしろ7戦にしろ「本人が行きたいと言うんだよ」っていうのは監督の言い訳にしかならんと私は考えてしまいます。星野監督がどれだけ過去投手を潰してきたのか、私は忘れません。日本シリーズが控えているのにCS最後の試合でわざわざマー君投げさせたのも理解出来ませんでした。
それはさておき、マー君の活躍だけを言えば素晴らしかったですね。則本も美馬も見事でした。マー君が抜ける可能性が高いとはいえ、来年更にチームとしてパワーアップしそうですね!松井投手も楽しみですね。

投稿: BJ | 2013年11月 5日 (火) 22時48分

ギャオスさん特集 新潟ではやってないという(^_^;)観たいんだけどなぁ


山口とロバートはクビだと思いましたが一応残りました


仰る通り新潟はギャオス監督が投手コーチ兼任で青木っていう選手がコーチ兼任してまして今年145打席186の打率だったし三振併殺打共にチームワースト2位だったので選手契約はしないと思ってたのですが本人が選手一本で来年やらせろと言い出してそれが認められ新打撃コーチを探すことになりました


コーチとしても5年で一人もNPBへ送り込んでないので交代の時期だと思ってたのにまさかの選手契約一本とは(^_^;)


来年のセ・リーグ日程発表されましたね

エコスタは8月の横浜対巨人平日1試合のみ


んー…主催してくれるのはありがたいが毎年同じカードでは ただでさえ新球場効果が終わったのにカードのマンネリ化で更に観客減になりそうな


新球場効果無くなりましたから両球団ファンしか観戦に行かないでしょうね


これが例えば横浜対ヤクルトとか広島なら 違う組み合わせってことで両球団ファン以外も足を運ぶ可能性が少しはありまマンネリ化防止にもなると思いますが


まぁ横浜側も金儲け優先は当然ですし新潟は巨人戦しか客が入らないと見てるのでしょう


個人的にはやはりヤクルトが主催しないのが…燕市と提携してても全く関係ないようですね


逆に一昨年主催するまで9年間主催してなかった草薙がヤクルトの定番に入りましたね


ヤクルトが新潟で主催しないのは客が入らないの問題以前にスポンサーが集まらないからなのかなと

以前話したかと思いますが前回主催したとき一番高収入で一番広告が目につくバックネット広告が全くなかったくらいですからね 新潟に限らずNPB試合でそんな光景初めて見ましたから(^_^;)


そして日曜日の巨人戦なのにガラガラだったと…ヤクルト球団は新潟はトラウマになったかも(笑)

あとエコスタ試合に暗雲が…地元紙新潟日報がプロ野球主催から手を引いたらしいです これはかなり今後影響でると思います

投稿: 佐藤 | 2013年11月 5日 (火) 23時15分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

ギャオスの番組、バースデイだったと思いますが全国波かと思いましたが・・・野球に対する情熱、特に解説者を続けながらも「このままで良いのか」という気持ちが強くあったと・・・指導者になりたかったということを強く言っていました。また、今になって”野村ノート”を読み返して、やっと理解して今も役立てていると。解説者の方が収入は安定していたでしょうに、こういう姿を見ると頑張れ!と思います。
さて、エコスタまたも横浜対巨人なのですね・・・続けてだと微妙ですね。頑なにスワローズやらんですなぁー、燕市との友好が新潟市には逆効果になってたり(汗)
それにしても、新潟日報がプロ野球主催から手を引いたのですか〜、こういうのは残念ですね。対費用効果を考えたのでしょうが、新聞社には文化という側面から野球を支援して欲しいです。

投稿: BJ | 2013年11月 7日 (木) 22時13分

日本文理の全国制覇またもあと一歩及ばずでした

継投する投手が居ない訳ではないんですが監督はエース飯塚に期待しすぎなんだよなぁ

8対0からの終盤2イニングで9点取られての敗戦だけに継投してたら…

狭い神宮とはいえ決勝で5本塁打した打線は本物かもしれませんね

3試合で7 12 15安打してますし

エース飯塚は3試合3本塁打…野手としてドラフト注目されるかもですね

冬を越して投打にどう成長するか楽しみな文理かなと

間違いなくセンバツでは注目されますし それに恥じない成長を期待です

投稿: 佐藤 | 2013年11月20日 (水) 13時34分

アルビ 寺田投手 ロバート投手が自主退団しました(>__<)

来年は投打に柱が抜けるので補強やギャオスさんの采配が鍵を握ることになりますね

それからアルビから育成で巨人に入り今年クビになった渡辺貴洋投手は予想通りアルビに戻ってきました

投稿: 佐藤 | 2013年11月27日 (水) 16時23分

BJさん、お早うございます。先日の「スポルト」の“100分の1、走塁編”を視ました。荻野貴司選手が第3位にランク・インしてましたね。
自分は、荻野貴司選手にこの部門で来季こそナンバー1になって欲しいです!
今季、1位に輝いたジャイアンツの尚広選手も他のランキングの選手で、荻野貴司選手を一番評価してましたね。
荻野貴司選手は、契約更改の時に、「来季、全試合出場できれば、“45”盗塁位はできると思います。」というような事を言ってましたが、自分は寂しかったです!
荻野貴司選手には、“スピード・スター”として頂点を極めて欲しいです!“107”盗塁に挑戦して欲しいです。
クイックの技術等上昇しているので、嘗てと比較して難しいとは思います。そこを乗り越えられるのがスーパー・ランナー、荻野貴司選手だと思います。来季の、荻野貴司選手の活躍に期待です!

投稿: エイトマンちから | 2013年12月 8日 (日) 08時42分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。お返事がメチャクチャ遅くなってしまいました、申し訳ありません!

文理、決勝では残念でした。沖縄びいきの私としては大興奮でしたが^^;
飯塚選手はかなりの注目度ですねー!しっかりみたいところですがセンバツはいつもちゃんと観られないからなー。でも全国制覇が再び手に届くところまで来ましたね!

さて、寺田投手退団ですか…身の振り方が決まっているのかな?主力だっただけに事情があると思いたいし、野球は続けて欲しいですね。
ラミレスの群馬加入で独立リーグにもっと注目が集まると良いですね!

投稿: BJ | 2014年2月15日 (土) 19時41分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。お返事が相当遅くなってしまい、申し訳ありません。地獄の伊東キャンプどころか春季キャンプ真っ最中になりました。

すぽるとの1/100面白いですよね。週刊ベースボールも同じような企画ありますが、選手の投票は説得力がありますし、意外なランクだったりするとまた楽しい。
荻野貴司ですが、本人の言葉を信じるならば今年は一年目の状態に戻ったとのこと!これは何より嬉しい事した。あのパフォーマンスが発揮されるならば相当楽しいことになりそうです。後は厳しい外野競争を勝ち抜いてレギュラーとらないも数字も残せません。勝ち取って欲しいです!

投稿: BJ | 2014年2月15日 (土) 19時51分

寺田は四国リーグ香川にロバートは徳島にそれぞれ行きました 寺田に関しては正直複雑ですね

ラミレスの群馬入りは驚きましたね エコスタで対群馬は2~3試合ある思うので出来るだけ観戦したいなと

新潟の新戦力は去年まで楽天に居た高須洋介が兼任コーチで入ってきました

高校を石川で過ごした関係で石川からもオファーあったとのことですが新潟の誠意が上回ったとか

選手としてもかなり期待できますがコーチとして新潟初の野手NPBを送り出すことできるか注目です

投稿: 佐藤 | 2014年2月16日 (日) 19時35分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

寺田、四国ILですか~。うーん、なんででしょうね?今はNPBに近いとかあんま関係なさそうですけれど。人脈とかいろいろあるのかな?四国の地で活躍して欲しいですね。
仕事人高須はまだまだ他球団でも出来る気がしていたのですけれどね。なんせ勝負強いし。コーチとしても有能な気がします。高須の姿が観られるのはうれしいですね~!

投稿: BJ | 2014年2月21日 (金) 19時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/53828957

この記事へのトラックバック一覧です: 地獄の”伊東キャンプ”再現なるか 〜11/3鴨川キャンプレポ:

« ドラフト雑感〜風はイーグルスに吹いたか | トップページ | 2014.2.16オープン戦@石垣島レポ 〜日本最南端のオープン戦 〜 »