« 力尽きた。 L10−2M | トップページ | 明日、全力でぶつかり合うだけ! L15−0M »

2013年10月13日 (日)

選手たちの切り替え力に驚愕 L1−11M

岸相手にこのスコアで勝利ですかぁー
ニッカン式スコア

シーズン終盤の負けっぷりと最終戦の悲しい記憶がまだ色濃く残る身としてはこのCS、2連敗で終わるんかなーと思っていましたが、なんなんでしょう、このチームは。完全に切り替えてるというか、もう別のチーム?

さて、試合です。岸は初回からあまりコントロール、ストレートのキレともに良くなく、立ち直る前にさっそくかました井口の先制パンチが重い雲をあっさり切り開いてくれました。今日はサブロー、里崎と言った顔ぶれが元気で、緊張感漂うポストシーズンゲームでやっと存在感を発揮してくれましたね!特に里崎は攻守に非常に充実している雰囲気がとても伝わって来ました。マスクを被るという意味でもこの人が元気だとチームに勢いというか安定感が生まれます。
レギュラーシーズン最後の登板であぶなかった古谷も安心感が違うのか、思い切り腕を振ってくれました。5回投げきることは出来ませんでしたが、短期決戦では試合をしっかり作る方が大事です。良くやってくれました。目についたのは内角を強気に突くことで、里崎のリードももちろんですが、監督自らのミーティングが効いたのではないかと思っています。だって、いつもの里崎よりも強気だった気がします。強く内角を意識させたことは明日の試合にかなり活きる筈。その意味でも明日のマリーンズ投手陣対ライオンズ打線に注目です。

今日のもう一つのポイントは古谷降板後の1死満塁を任された西野が最高の投球を見せたことですね。ここは本当に大きかった。ここをしのいだことで、「勝利」をかなり引き寄せた感があります。「手が震えるくらい緊張した」とのことですが、去年まで育成だった投手が、そんな状況で結果出すんだもんなあ〜。なんだかしみじみしてしまいます。ストレートも力強くて、安心の投球でした。最終戦の内容が悪かっただけに起用する方も勇気が必要だったと思いますが、首脳陣のファインプレーでもありましたね。西野本人にもとても大きな経験になったと思います。

打線も元気で、ブラゼルのここ最近の存在感の薄さだけが気になるものの、全員が活躍して奪った11点でした。加藤のCS初打席ホームランも見事でしたね。何かを持っているなあ、この人は。清田の激走も気持ちがこもっていて良かったです。伊志嶺の出番が無かったのだけが残念でした。
忘れちゃいけない、3回の1塁走者岡田のレフトフライでのタッチアップ、今江タイムリーで生還、というシーンは素敵でした。様々な形で11点が取れたことがまた嬉しい。

それにしても不思議と試合前の雰囲気なんかを見ていてもあまり悲壮感みたいなものはなかったですね。素晴らしい切り替え力、開き直り力です。つくづく不思議なチームだ・・。敬意すら覚えますよ。
ああ、シーズン中にこの切替を見せてくれればとも言いたくもなりますが、結構シーズン中もあったんですよね。ただ、切り替えた後が長続きしないという(苦笑)・・・なので明日も心配といえば心配ではあります。しかも明日は観戦に行きますので、今日こんな素晴らしい内容だとますます明日は嫌な予感がしたり。
それでも、明日が今シーズン最終戦と思っていましたから、最低でもさらにもう1試合観られることは間違いないこととなりました。1試合でも多くマリーンズの真剣勝負が観られるのは幸せですね。
明日も勝ちましょう、マリーンズファイティン!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

|

« 力尽きた。 L10−2M | トップページ | 明日、全力でぶつかり合うだけ! L15−0M »

コメント

おはようございます!昨日参戦してきました。
チケットは売り切れと聞いてたんですが、けっこうまとまった空席がありびっくり。今日は判りませんが、参戦希望でチケットない方も、もしかしてまだ間に合うかもです。

それにしても昨日は力技な試合になりました。

のっけの井口さんのホームランが効きました!あれで全ての選手がポジティヴになれましたよ。先攻めだし、とにかく早い回に先取点をと思ってたんですが、早々に1点とれたのは大きい。参戦する私達も、勇気が出ました。
ライオンズサイドは前半はちょこちょこチャンスつくってましたが、浅村選手の走塁ミスが流れ切りましたよね。あの後浅村選手のところで流れが悪い方へ悪い方へ変わる感じがしました。先発岸選手もいまいちで、いつつなぐかなと思ったんですが、案外引っ張って穴が大きくなってましたね。
中村選手のホームランは痛かったですが(点以上に、敵さん達が「行ける!」ってなっちゃうので)そのあとのアンラッキーなピンチをリリーフに出た西野投手が本当によく頑張って防ぎました。
西野選手は小谷コーチの一言でよみがえったらしい。手が震えたって言ってましたが、なかなかどうしてすばらしい投球でした。この経験は財産ですから、この先が楽しみです。あのピンチに継投を選択し、成功に導いた伊東監督の勝負勘も脱帽。
前監督の西村さんも短期決戦は上手いと言われましたが(今出てるNUMBER誌に興味深い記事載せてますが、ご覧になりましたか)、伊東監督は短期決戦の鬼と言われた森さんの愛弟子だった人。選手は信じてついてってほしいですね。

あとはもう一方的にマリーンズペースでした。
レギュラーシーズンでもこんな楽な展開ないくらいだったので、楽しく見てたつもりでしたが、ところが試合が終わっても私自身はまだ緊張がとれない感じで、ビッグゲームだったんだなと痛感。
点差がどれだけあろうが、こういう試合は胃が痛いですね(泣笑)勝ててよかった!

大差がついたお蔭で控えの選手たちも少しずつ試合に出れてよかったです。田村選手には本当に貴重な経験となった筈。それに加藤ショーへ―!持ってるわあ~!ちなみに今年打った2本のホームランを両方とも現地で見た私もラッキーです(爆)
最後は藤岡選手が登板、益田選手も準備してたので、点差があろうと勝ちパターンでということだったのでしょうが、10点差は想定外(笑)
藤岡選手は急きょ投球練習はじめてたので、予定変更があったんでしょうね。

あとは選手たちには楽しく試合してほしい。
それこそクライマックスシリーズはボーナスステージ、日本一へのチャレンジ、そのものを楽しんでほしいなと思います。
さすがに今日はライオンズも必死になると思うので、好試合を期待します。私は今日はいけませんが、BJさん参戦ですか?応援よろしくお願いします!

投稿: てんとう虫 | 2013年10月13日 (日) 11時18分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

初戦、参戦お疲れ様でした!見事に私と明暗(号泣)。
井口のホームランは完全に勢いを持ってきましたよね。先取点の効果を感じました(それは今日も言えた)。昨日は浅村が走攻でキーマンでしたね。逆に言うと古谷の牽制、見事でした。こういう投球以外の技術って大事です。結局は自分を助けますよね。
西野は登板機会、内容、ともに素晴らしかったなあー。試合はともかく、西野本人にはとても大きい経験だったと思います。
試合は楽勝の流れでしたが、やはりポストシーズンゲーム独特の緊張感は最後までありましたよね。てんとう虫さんも相当の気持ちで望んでいたのですね〜。
加藤は持ってるなあ・・・こういう選手はやはり使わないテはありませんよ。来季は開幕からスタメンに食い込むくらいの存在感を発揮して欲しいです。
さあ、後1試合です。全力でぶつかって欲しいです!
そうそう、Number、日本シリーズ特集のやつですよね。残業がひどくて、結局まだ買えていないのですよー。

投稿: BJ | 2013年10月13日 (日) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/53581366

この記事へのトラックバック一覧です: 選手たちの切り替え力に驚愕 L1−11M:

« 力尽きた。 L10−2M | トップページ | 明日、全力でぶつかり合うだけ! L15−0M »