« 荻野貴の激走でシーズン勝ち越しをもぎ取る M1−0F | トップページ | Kスタで一矢報い、CS進出はほぼ当確 E6−7M »

2013年10月 1日 (火)

今、こんな試合をやっている場合ではない M2−4L

無残な敗戦でした。
ニッカン式スコア

今日は久しぶりに仕事が早く終わって帰宅したので3回くらいから観ることが出来たのですが、途中で観る気が失せてしまうような試合でした。

なんといっても初回、相手のエラー絡みでプレゼントされた無死2・3塁でクリーンナップで無得点というのがあまりにも無残でした。その直後、内野安打で先制され、追いついたと思ったら秋山のスーパープレー、直後に追加点、と見事なまでの悪循環でした。
野手は再三のチャンスで全く点が取れず、藤岡もあっさり失点をする。今日は野手も野手だし、投手も投手でした。

しかし、全くマリーンズが2位のチームという気がしません。ライオンズは自力で勝利を手繰り寄せた感がありますね。どちらが上位なんだか・・。数字上はマリーンズがまだCS進出の可能性は高いですが、こうなってくると数字はあまり関係ない・・・最悪のBクラス転落まで見えて来てしまいました。
試合後、緊急ミーティングを行ったようです。伊東監督はあの手この手で選手を鼓舞しようとしている姿勢がシーズンを通して伝わって来ていますね。「笛吹けど選手踊らず」状態にだけはなって欲しくないのですが・・・。

今日を含めて残り6試合でこんな無様な試合をする、観させられるとは思ってもみませんでした。優勝も逃した今、プレッシャーなんて感じている場合ではありません!選手たちは必要以上に抱え込んでしまっているのかも知れませんね。いつも書いてますが、プレッシャーとか何とかよりも、自分たちに出来ることをしっかりこなす、ということにまず主眼を置いて欲しいです。

泣いても笑っても後5試合、悔いが残るような試合だけはやって欲しくないし観たくありません。去年の屈辱を思い出せ!マリーンズファイティン!

☆荻野貴司抹消・・・右太腿の完全な肉離れとのこと。昨日9回に1塁から3塁に進んだ時に痛めてしまったようですね。無理してのホーム突入、荻野ならではのプレーでしたが、代償は大きかったのかもしれません・・・でも荻野貴司の性格的に無理してしまったのでしょう。そういう性格の選手は好きなのですが、この時期の抹消は残念ですし、寂しいです。CSの出場は難しいでしょうね。できるだけ早い回復を祈ります。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

|

« 荻野貴の激走でシーズン勝ち越しをもぎ取る M1−0F | トップページ | Kスタで一矢報い、CS進出はほぼ当確 E6−7M »

コメント

勝負ごとは敗けは仕方ないと、私常々言ってます。ただ、負けるなら納得して負けろと、それだけは思います。今日は投手は打たれても打たれてもよく踏ん張ったと思うので、打者たちに奮起してほしかったなー。またもや故障者、荻野君肉離れって大怪我やん!全治3週間じゃCSだめじゃないの。でも今ムリしないでいつムリするんだー!何とかCSまでに身体動かせるようにして絶対出てほしい。今年つつがなくCSに出られたらそれは荻野選手の活躍も大きく貢献してる訳で、ケガなんかでせっかくのビッグゲームに出られなかったら、ルーキーイヤーと同じ後悔をすることになります。チームメートは今こそ頑張って荻野選手にリベンジの機会を与えてほしい。
今日負けてもマリーンズのAクラス確保&CS本拠地開催は他のチームより断然優位はかわりなく何をがんじがらめになってんのかなと思うんです。でも今年ものすごく頑張ったからさすがにもう身体が動かないのか、と、危惧してもいます。この苦しさを毎年味わって、常勝チームになれるんですよね。そうやってハッパかける選手が誰かいないのか~
角中、荻野と、離脱はいたいです。でもそれをチャンスと置き換えないでどうするんだ、加藤に清田!このチャンスをものにするために二軍で炎天下練習してたんじゃないの!?週末成瀬が戻れそうなので、それは盛り上がりそうですが、先発ピッチャーはたかだか1試合ですから、本当に歯がゆい。
私たち何か彼らのために何か出来ないでしょうか?絶対2位を獲れると、強く信じて祈るしかないかと思います。私たちファンは、一生懸命やった結果が最悪の結果になってもちゃんと受け入れる覚悟はできてます。でも開幕前に立てた目標、翔破出来るよう、悔いなく戦ってほしいです。

投稿: てんとう虫 | 2013年10月 2日 (水) 01時04分

ブログの更新お疲れ様です。今日はやっぱり負けましたね。藤岡君と上野君が、昨日の唐川君の様に、意地の無失点投げを魅了すれば勝ててたのに情けないです。技術で投げれないのですから、責めて闘志むき出しで意地の投球してもらわないと困るのに、簡単に失点では、そりゃ外野手も疲れますよ。いやみ言ってすみません!あえて言ってみました!ご免なさいm(__)m。藤岡君が頭で出るだけで負けるとか、上野君が投げれば失点当たり前、の雰囲気が、ぶっちゃけ言うと、ファン、外野、内野陣、全てに在るからその時点で、負の連鎖になるのでしょうかっ!?(・・?)。けど、そーさせているのは彼ら二人で有って。今日の試合の守りに関して言えば。今日の打線は、前半に後2点、そして中盤に1点は取って、5点取って勝ててたのに、初回、井口さん、今江さんの1億円プレイヤーがそろって駄目駄目では話になりません。三郎さんも1億円プレイヤーなのに見逃し三振では、何の為にバッターBOX迄バット持って立っているのか全く解りませんし、打つために、億円プレイヤーなのに、あれでは2千万円分の働きしかしていませんし。彼ら3選手丸々数億円を、メジャーからそのお金で、二塁の上手い選手を取って来てと強く願います。特に井口さんと三郎さんは。きつい事言ってすみません。今日の収穫は、鈴木大地君と岡さんの好守備。追伸:管理人さんにお尋ねしたい事が有るのですが、昨日のファイターズ戦、福浦さんがスタメンで凄く嬉しかったのですが、昨日一塁守らせてもらえてましたでしょうか?凄く気になったのでもしよろしければお教え戴けないでしょうかお願いしますm(__)m。体調が悪く視れなかったので、すみません。

投稿: 九州マリン | 2013年10月 2日 (水) 01時12分

BJさん、今晩は。荻野貴司選手の肉離れでの離脱、非常に残念です。
自分も、個人的なトレーニング中に生まれて初めて、今年の春、軽い肉離れを経験しました。全治、約1ヶ月でした。肉離れは、自分とは無縁なものと思ってましたがなる時はなりますね。普通に歩けましたが、階段の上り下りや正座する時の足の曲げ伸ばしの激痛は、大変でした。全力疾走は、当然、出来ませんでした。
野球の場合、野手は、捕手を除いて瞬発力の競技なので、一瞬に力を集中するので肉離れの危険性は大きいですよね。増して、人口芝のような硬いグランド、そして連戦の疲労が溜まると大変ですよね。
荻野貴司選手の場合、今回は靱帯損傷等でなく、まだ肉離れで良かったと思います。早く回復して、クライマックス・シリーズに間に合わせて欲しいです!ジャイアンツのあの外野のレギュラーの選手は、自分は個人的には抵抗があります。唯、こう見ると、大きな怪我が無く、あの巨大戦力のレギュラーを4年間張り続けているのは凄い事だと今回の荻野貴司選手の怪我で感じました。
マリーンズのクライマックス・シリーズ進出を願ってます!

投稿: エイトマンちから | 2013年10月 2日 (水) 17時56分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

そうなんですよね、勝ち負けは仕方ないけれど・・・負け方ってものもあるだろう、と。私は昨日の投手陣は踏ん張ったとは思えませんが(リズム乗れないし)、選手たちには奮起して欲しかったですね。
荻野貴司のこの時期の離脱は残念です。せっかく今まで頑張って来たのですし。でもCSは難しいでしょうね。
選手たちにはたかがAクラス確保くらいで何を固くなってんじゃ!と愛のムチを叩きたい。こんなんじゃ優勝争いなんて無理だぞ〜と。
清田、加藤は結果出して欲しいですね。今シーズンももう終わり、最後のアピールチャンスですよ。しがみついてでも、泥臭くてでももう落とされないぞ!というところを見せて欲しいです。とにかく、後5試合、選手は野球をやるだけですし、私達は応援するだけですね。

投稿: BJ | 2013年10月 2日 (水) 22時55分

>九州マリンさん
コメントありがとうございます。

藤岡に上野、ちょっと情けなかったですね。野手、投手、ともに盛り上げあって欲しいのに双方とも盛り下げる方向盛り下げる方向に走ってしまいました。仰るとおりに負の連鎖でした。
打線も最初に点を取れるときに取っておけば投手も楽になったでしょうし、野手は投手を助けて欲しいし、投手も野手を助けて欲しいですね。
クリーンナップの揃って凡退はさすがに情けない・・・なんとかして欲しかったです。
大地はバント失敗があったものの、しっかり取り返しましたね。こういう姿勢が頼もしいです。
福浦はもちろん1塁守ってましたよ。このところ、根元や細谷のやらかし送球をしっかり救ってくれています。

投稿: BJ | 2013年10月 2日 (水) 22時59分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

荻野貴司の離脱は本当に残念ですね。エイトマンさん、肉離れしてしまいましたか〜、しっかり直さないとクセになりますからくれぐれもご注意を!ストレッチは入念にです(大きなお世話ですね)。
選手の怪我に関しては、おっしゃるように人工芝の影響がかなり大きいと思います。たまに試合後のグラウンドに入れますが、なんせ固いですもん。(昔、マリンで草野球したことありますが、あまりの固さに驚きました)
選手を評価する中で、実は「怪我をしない」ことって最大級に評価しても良いのではと思っています。解説者なりなんなりが昔から言っているのを聞いたことがないのですが、私はイチローの一番凄いのは休みなく試合に出続けていること、そして結果を残していることだと思います(年齢を重ねるにつれ、最近やっと言及する人が出てきました)ジャイアンツのあの選手も大したものだと思いますよ。私も当初抵抗がありましたが、実力で認めさせられました。
荻野貴司の一日でも早い復帰を祈っています。

投稿: BJ | 2013年10月 2日 (水) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/53459258

この記事へのトラックバック一覧です: 今、こんな試合をやっている場合ではない M2−4L:

« 荻野貴の激走でシーズン勝ち越しをもぎ取る M1−0F | トップページ | Kスタで一矢報い、CS進出はほぼ当確 E6−7M »