« 晋吾、薮田、お疲れ様でした〜そして2位決定は最終戦へ | トップページ | 力尽きた。 L10−2M »

2013年10月 7日 (月)

泣いても笑っても後1試合! Bs1−0M

はぁ、なんとも言えない試合・・・。
ニッカン式スコア

明日、定時で仕事を終えて西武ドームに駆けつけるために頑張って残業やってました。もうシーズン終わるのに試合を全く観られないのは残念だけど、「え?今日試合あったっけ?」って言うくらい何も残らない試合だったような(最後の最後にこんなこと言わせないで欲しい〜)。

明日の”最終決戦”に向けて今江らを休養で欠いた打線はいつにもまして貧弱貧弱ゥゥゥー!でしたね。3安打じゃなあ・・・一番気に入らないのは、監督コメントにもありましたように同じ投手、同じ打者に同じようにやられる、ってところです。同じ失敗を繰り返すのは人として一番成長がないことですよ!来季はしっかりやりましょう。

正直、今日の勝敗は明日の勝ち負けにほとんど影響はないのですが、それでもひとつ気になったのが録画で確認した、試合後の選手たちの表情でした。なんだか、みょ〜に明るい。これが敗戦を「引きずらないぞ!」という前向きなものならば良いのですが、「Aクラス確保で安心した〜」って明るさならば、限りなく3位は確定と言って良いでしょう。勝っても負けてもCSはあるけれど、地元で開催する意義はとても大きいことだし(営業的にも大きいことだし)、なにより意地とかプライドの為に2位に入って欲しいんですよね。

なに、明日、勝てば良いんです!
病み上がりの成瀬にいきなり負担をかけてしまいますけれど、文字通り選手全員で勝って欲しい。泣いても笑っても最終戦。言っていることと矛盾するようですが、本心を言えば「マリーンズらしい野球」が観たいです。勝っても負けても「良い試合だった、良い野球だった!」と思えるような。
いよいよ144試合目です。CSのことは忘れ、明日、集中して野球をやってシーズンを全うして欲しい。マリーンズファイティン!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

|

« 晋吾、薮田、お疲れ様でした〜そして2位決定は最終戦へ | トップページ | 力尽きた。 L10−2M »

コメント

こんにちは
今日はすごくいい天気、帰京して選手たちが空を見て、ポジティブになってればいいなと思います。
昨日は捨てたというか負けも致し方ないスタンスだったんですね。
今日はすでにチケットもほぼ完売らしく、猫さんサイドも必死になってます。でもどっちもCS出場は決まってるし、土曜日からの試合も対戦相手同じって考えると、なんかややこしいです。

昨夜の試合のあとの松永のコメントに大ウケしました(笑)こういう性格の選手がもう少し多ければねえ…
あと唐川君位かなあ(爆)
藤岡は松永の爪の垢でも煎じて飲みたまえ。

今日の先発は成瀬、前回登板は皆さんご覧になったんでしょうか。とにかく今季最終登板なので悔い残さないように投げてほしい。案外にも初登板らしいですので、ネームバリューでなんとかごまかせればと思いますが、通用するかなあ…
継投がポイントですよね。
西野が待機するようですが…
この期に及んではじめてサトと組むのか!!
注目です。

とにかく早い回に先取点を!

投稿: てんとう虫 | 2013年10月 8日 (火) 12時36分

昨日の試合については、勝たなくてもいいけど、最終戦に向かって弾みをつけるために、そして最終戦が引き分けになった場合を考えると、できれば勝っておきたい試合でした。松永・藤岡両投手は頑張って試合を作ってくれましたが、わずか3安打では…。
結果論ですが、今江・井口両選手を温存するならば、移動の疲労を考慮して大阪まで連れて行かずに関東で待機させ、松永投手も球数の多少にかかわらず1、2回あたりで降板させて最終戦でブルペン待機させてもよかったのではないか、もしくはそれこそ藤岡投手先発でもよかったのではないかと思ってしまいます。勝つことが「望ましい」試合で松永投手を5回86球も投げさせたことによって、勝つことが「必須」の試合で彼を使えそうになくなりました。
チームの試合運びについて、シーズン序盤および中盤は、丁寧にやる必要のある部分と適当で良い部分とを区別するのがうまいと感じていましたが、終盤になってからは、中途半端感を感じることがあります。

松永投手の降板後のコメントにもありましたが、所属先の不祥事で練習ができていなかった影響で、1年間持つのだろうかと入団当初は私も思っていました。春先に初の対外試合で打ちこまれた後の、「半年もブランクがあって、1か月ちょっとでよくここまで来られたものだ」という彼のコメントを読んだときに、「私もそう思うし、他のマリーンズファンもチームの人たちもそう思っているだろう。でも、自分でそれを言っちゃあダメよ」と心配になりましたが、1年間で中継ぎ、抑え、先発を経験したことは今後の野球人生で大きなものにつながると思います。ポストシーズンも来季以降も頼みます。
彼は同期の中では年齢も指名順位もいちばん上で、代表して挨拶する機会が多いためか、コメントがしっかりしてるなあ。「役割によって求められる姿勢の違い」をわかっているとともに、自分の言動やプレーがチーム内外に与える印象に思いを馳せられる人物なのかもしれませんが、挨拶の機会が多いというのもあるのではないかと。

ともかく、泣いても笑ってもあと1試合。家に帰るまでが遠足、ゲームセットまでが試合です。束になってなりふり構わず勝ちに行ってほしいです。キレイな形の負けよりもかっこ悪くても勝つべし。本拠地開催できれば収入を補強費や既存の選手の給与アップに回せるだろうし、それは結果的に選手自身を助けることになる(というかなってほしい)。みなさま、頼むで~。

投稿: ぷりな | 2013年10月 8日 (火) 17時00分

あれだけみんなの前でいっちょまえに残り2つ勝つと言っておきながら何この消化試合オーダー・・・あれ?もしかしてこいつ西武の回し者なんじゃ・・・(去年までのおかわり・ナカジがいてなおかつ西なんとかさん時代にも負け越した事ないのに。)
まあ、西武ドームでの予行演習だと思って戦えばいいんじゃないでしょうか。なんか成瀬に始まり、成瀬で終わるみたいな事言っている方が色んなところでいますが、そもそも成瀬の出来分かっているのか?2軍での投球見ていないからそんな悠長な事言っていられるのだと思っています。

投稿: 通りすがりのマリーンズファン | 2013年10月 8日 (火) 19時22分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

今日は良い天気でしたが、マリーンズ的には関係無かったみたい(泣)昨日の試合はある意味捨てた試合でしたが、正直選手のモチベーションに少なからず影響したんでは、と思ってしまいました。
松永のコメント読んで、私も笑ってしまったのですが、同時に最後まで食えない奴やなーと(良い意味で)思いました。こういう選手がいても良いし、おっしゃるように藤岡に少しでも吸収して欲しいです。
成瀬、CSを見据えての調整の意味が強い先発でもあるのでしょうね。多くを期待するのは酷な状態ですが、やはり残念な結果になってしまいました。期せずして西野ー里崎バッテリー、実現しましたね。状況が状況だったのであまり関係無かったですが・・。

投稿: BJ | 2013年10月 8日 (火) 22時45分

>ぷりなさん
コメントありがとうございます。

てんとう虫さんへの返信でも書きましたが、大阪の試合を捨て試合的にしたのは選手の気合を削いでしまう結果になってしまったのではないかと思いました。今江らの休養は、スタメンにいない時点で「ああ、ベンチからも外して遠征帯同してないんだろな」と私も思って、ベンチメンバー見たらいたのでちょっと違和感がありました。ちょっと半端でしたよねー。まさに仰るとおりで、終盤は采配がやや首をかしげることが少なからずありました。
松永の相変わらずの人を喰ったコメントはなかなかおもしろいですよね。その正確だからこそある意味前、中、後ろ全て経験させられることになったのでしょうけれど、「使いで」のある投手だということをしっかり証明しました。これから先、欠かせない存在になりそうです。
本拠地開催の意義、巡り巡って選手自身のサラリーに影響するってことを選手はわかってるのかなあと思っていました(今日の記事に書くつもりでした)。それもモチベーションの一つにしても良いかと思ったのでしたが、あえなく撃沈でしたね(泣)

投稿: BJ | 2013年10月 8日 (火) 22時51分

>通りすがりのマリーンズファンさん
コメントありがとうございます。

監督の威勢の良い発言とウラハラな結果に終わってしまいました。けど、なんせ古巣相手のこの体たらくですから、おそらくいっちばん腸が煮えくり返ってるのは監督だと思われます(むしろ選手との温度差が心配なくらい)。ちょっと残念な結果でしたね。
成瀬は期待出来るような状態ではなかったですよね・・・。CSの登板もちょっと厳しいかな。でも責められませんね。

投稿: BJ | 2013年10月 8日 (火) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/53525864

この記事へのトラックバック一覧です: 泣いても笑っても後1試合! Bs1−0M:

« 晋吾、薮田、お疲れ様でした〜そして2位決定は最終戦へ | トップページ | 力尽きた。 L10−2M »