« 勝っていたら面白い展開だったのに L6−5M | トップページ | 今、こんな試合をやっている場合ではない M2−4L »

2013年9月30日 (月)

荻野貴の激走でシーズン勝ち越しをもぎ取る M1−0F

しぶーい試合でしたね。
ニッカン式スコア

スコアだけを見れば好試合ですが、両チームランナーを出しても決定打が出ないというやややきもき系の試合でした。
今日も唐川、多田野両投手のピッチングは観ていませんが、唐川は結果で言えば好投してくれましたね。今季の先発陣は7回を投げられる投手が皆無でしたから、7回零封は見事です。今季はこういう投球したと思ったら不甲斐ない投球披露したりとムラっ気激しいのでなかなか信頼は置けないのですが、もうシーズンも終わります。ポストシーズンゲームも含めて、あとわずかな登板機会、しっかり投げて欲しいな。

しかしマリーンズは多田野を打てませんね〜。もはや伝統ですね。しかし今日多田野の変則投球に慣れておけば、明日の十亀がかえってやりやすかったりして・・・。

小谷野を圧巻のストレート攻めで打ちとった南は見事でしたし、後の投手みんな頑張りました。昨日失敗した益田がしっかり投げてくれたのが嬉しいです。

野手にはもう少し頑張って欲しいけど・・・もうシーズンもわずかですし、いまさら技術論もないでしょうから、とにかく淡白なバッティングだけはせずに、泥臭く食らいついて行って欲しいです。

なんだかんだで、昨日は粘って最後に負け。今日は嫌な雰囲気でもありましたが最後の最後に勝利出来たのは大きいです。最後の荻野貴司の走塁、やはり速かったですね。これでシーズン勝ち越しを決めました。ここは素直に喜びたいです。

まーしかし、伊東監督に「余計な重圧がかかっている。普段通りの野球ができていない。」と言わせるようではまだまだですね。そんな弱いメンタルでは優勝争いを持ちこたえられなかったのも無理はありません。優勝を逃した以上、CS確保はむしろ開き直って出来そうなものだけど。
もっとも、そう簡単ではないでしょうし、監督発言にはチームを鼓舞する狙いももちろんあるのでしょう。もう残り6試合、「自分たちのプレー」に集中して欲しい。マリーンズファイティン!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

|

« 勝っていたら面白い展開だったのに L6−5M | トップページ | 今、こんな試合をやっている場合ではない M2−4L »

コメント

BJさん、今晩は。本文で仰っている通り、荻野貴司選手の快速、流石です!浅いレフト・フライで、クロス・プレーになりましたが、自分は、荻野貴司選手であれば、あの位の距離なら大丈夫だと思いました。
今季は、荻野貴司選手は、盗塁の成功率に拘ったようですね。自分からすると、1年目のペースで盗塁して欲しかったです。唯、荻野貴司選手の考えも分かります。クライマックス・シリーズ、そして日本シリーズに進出できたら、どんどん盗塁して欲しいです!
昨日のスワローズとベイスターズの試合は、バレンティン選手とブランコ選手のタイトル争いが、見応えありましたね。両チーム、敬遠合戦等無く、非常に良かったと思います。自分は、バレンティン選手に三冠王を取って欲しいです!
スワローズは、小川監督が続投ですね。自分は、早く大輔監督を視たいです!唯、流れが変わって来ているので、将来が心配です。監督就任は、大変な事ですね。

投稿: エイトマンちから | 2013年10月 1日 (火) 18時26分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

荻野貴司抹消というショッキングなニュースが飛び込んで来ましたね。昨日の激走、その前に1塁から3塁に向かった時にハムストリングスをやってしまったようですね。荻野だからこそのホームインでしたが、あそこで無理をしなかったら大事にならなかったかもしれません・・・荻野の性格的に黙って頑張ってしまうタイプだと思うのですが、来ての抹消は残念です。CS出場も難しいでしょう。なるべく早くの回復を願っています。
バレンティンとブランコのタイトル争い、面白いですね!私もどうせならばバレンティンに三冠王を獲って欲しいです。

投稿: BJ | 2013年10月 1日 (火) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/53448125

この記事へのトラックバック一覧です: 荻野貴の激走でシーズン勝ち越しをもぎ取る M1−0F:

« 勝っていたら面白い展開だったのに L6−5M | トップページ | 今、こんな試合をやっている場合ではない M2−4L »