« ホークスとの最終カードを勝ち越しで終える | トップページ | リベンジ組のリベンジ失敗 F10−7M »

2013年9月24日 (火)

ひさびさの「先発藤岡」勝利 F3−4M

カード頭を取りました。
ニッカン式スコア
先発の藤岡が6回途中1失点の好投。・・・好投ではあるものの、85球での降板ということもあってもう少し投げて欲しいな〜と思う気持ちもあり、なんとも複雑ですが、それでも先発に戻ってからの勝利は5月2日以来とのことで、投手に取ってみれば勝ち星が一番の良薬とも思えますから藤岡の為には良かったのだ、と思ってはいます。今日の投球は観ることが出来ませんでしたから内容はよくわかりませんが、結果だけを見れば少しずつではあるものの投球内容は良くなってきています。今季だけでなく来季以降を考えても歓迎すべきことかなーとも思います。

打線は4点のみではあったものの逆転、追加点、(ちょっと弱いけど)ダメ押し、と効果的に点を取りました。武田勝が相手ということを考えても頑張ったのかな、と評価します。
ひとつ印象に残ったのは、代打でタイムリーを放ったサブローの「岡(岡田)ちゃんのためにも何とか打ちたかった」という言葉で、代打があっさり見逃し三振やら気のない内容で帰ってくるたんびに「代打を送られた選手の気持ち考えてんのか〜!」って思うことも多かったですから、この言葉は嬉しかったです。こういう気持ちって大事だと思いますので。

イーグルスの胴上げ間近ですが、それは関係なくとにかくマリーンズには1試合1試合を自分たちの野球を全うして戦って欲しいと願います。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

|

« ホークスとの最終カードを勝ち越しで終える | トップページ | リベンジ組のリベンジ失敗 F10−7M »

コメント

おはようございます。今季最後の札幌ですねー
藤岡選手よく粘れるようになったんじゃないでしょうか。いじめみたいな起用されてるうちに何か悟ったのかも。ポストシーズンに向けて、リリーフもできるようになった藤岡選手は大きな戦力になりそうですよ。
角中選手が腰痛だそうですが…
清田選手いい加減に一軍に戻そう!!

ファームは惜しくも優勝のがし、残念ですが、最後まで優勝争いに食い込んだので一応の結果は出たと思いたい。一般にはファームで3年連続優勝すると将来薔薇色って言いますが…
今年はそれなりに浦和から新戦力も送り込めたし、一軍の結果も出てますから、良かったんじゃないかな~
燕さんちは極端だなぁ。昨年のウチもヘンテコでしたが。

小野選手に続き薮田選手も引退なんですね…
いつかはくることなんですが、中心選手の退き時って特別な感慨があります。
ブルペン陣だけでなく、唐川選手が薮田さんには感服しまくってたくらい、影響力のある選手でした。
メジャーの経験もあるし、来年からは自分の経験を後輩に伝える仕事してほしいです。
お疲れさまでした。

益田選手には薮田選手の気持ちの分もこめて、ぜったいタイトルとるように!!

投稿: てんとう虫 | 2013年9月25日 (水) 08時13分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

藤岡は、何度か書いて来ましたがやはり「とにかく投げる」ことで少しずつ何かを得ている気がします。確かに、ポストシーズン考えると先発も中継ぎもロングリリーフも出来る藤岡は貴重な存在になりそうです。
角中の腰はかなり良くないらしいですね。清田の処遇はいったい何なのでしょうね。最初は私達にはわからない「課題」があるのかなーなんて思ってましたが、ここへ来ていまだ声がかからないのは一体何があるのか・・・。
ファーム、惜しかったですけど頑張ってくれました。まあ、負け惜しみではないですけど優勝が目的ではないですからねー。(ここ最近のイースタンの成績、特にマリーンズの成績を考えるとファームで上位にいることと1軍の順位には相関関係は無いと考えるのが妥当かと・・・泣)順位よりも、西野や古谷、江村らを送り込めたのは評価したいです。
薮田の引退は予想されたことですが、やはり寂しいです。メジャーから復帰したときはこんなに頼れる存在になるとは思っていませんでした。晋吾ともども、良き指導者になって欲しいですね。うん、益田は薮田のことを考えても絶対タイトル取ろう!

投稿: BJ | 2013年9月25日 (水) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/53376476

この記事へのトラックバック一覧です: ひさびさの「先発藤岡」勝利 F3−4M:

« ホークスとの最終カードを勝ち越しで終える | トップページ | リベンジ組のリベンジ失敗 F10−7M »