« 2位↑チームと3位↓チームの差 M6−7Bs | トップページ | ひさびさの「先発藤岡」勝利 F3−4M »

2013年9月23日 (月)

ホークスとの最終カードを勝ち越しで終える

ホークスとの最終カード3連戦はマリーンズが勝ち越しました。

全試合、1試合につき1記事を目標にやって来ましたが、すでに2試合更新しないままでしたのでこの記事で3試合に触れようかと思います。

◯9/21 M14−5H
ニッカン式スコア

久しぶりに観戦でした。
摂津からまさかの初回7点てさすがに想像してませんでしたねー。むしろ松永との投げ合いですし投手戦かと思っていたのですが。初回、先頭の根本が初球をガツン!と2塁打にしたのが勢いをもたらしたのかなーと思います。また、井口今江と凡退して雰囲気が悪くなったところで、サブローのタイムリー2塁打が出たのも大きかったですね。
松永はこれで連続して先発失敗ですね。試合日程がやや余裕が出て来ますし、そろそろ首脳陣としても先発起用を考えるところでしょうが、グラが離脱してしまいましたのでもう1回あるかも知れません。まあ、ゴンザレスに最後に働いてもらうって可能性もありますが。
2位争い最後の直接対決カードとなりましたが、マリーンズとしては摂津攻略で勝ったのは大きいですし、ホークスからすると摂津でいきなりつまづいたのが響きました。

上野の感極まったヒーローインタビューは「おいおいそういうとこ?」とやや呆気にとられたものの、これだけファンの声援をきちんと受け止めてくれているんだ、それに応えようと頑張ってくれているんだ、という思いが伝わって来て良かったですね。またファンを増やしましたねー(笑)
サブローの晋吾に対する思いも良かったですね。しみじみしちゃいました。

◯9/22 M1−0H
ニッカン式スコア

大量点を取った次の試合のお約束的な、しぶーい得点となりましたが、古谷始め投手陣がよく踏ん張りました。古谷はずっと試合を作ってくれていて、7連勝というのも大したものです。西野と並んで、古谷の活躍がなかったらと思うとぞっとします。里崎も言っていましたが、なんとかフタケタ勝利に行って欲しいですね。
内、ロサ、益田としっかりリレーして勝てたのも良かったですね。

◯9/23 M4−5H
私の「4年越しの恋人」東浜がとうとうマリンに登場です。今年の結果からすると東浜回避して松永を取ったマリーンズの判断は正しかったのですが、一方、東浜の調子が上がらないことにやきもきもしておりました。
東浜がフォームの参考にした唐川との投げ合いというところもやや運命じみたものを感じました。唐川は先輩の意地を見せられるかどうか・・・と思いましたが、案の定というか敗戦投手。点の取られ方が良くないですよねー。これで9勝11敗です。勝ちと同じように負ける、「マリーンズのエース」らしくなってきました(泣)
東浜は大学4年に調子を崩した状態からいまだ苦しんでいる印象。大学3年までの状態を100とすると今日の状態はわたし的には60くらいでしょうか。ストレートのキレ、コントロール、まだまだですね。それでもストレートは多少戻ってきた印象があります。でも、2シームのキレと精度含め、まだまだこんなものじゃないとちょっと歯がゆいです。本人が一番苦しんでいると思います。そんな中のこのプロ初勝利はとりあえずほっと出来たかも知れません。

マリーンズファンには怒られてしまうでしょうが、今日は東浜の好投とプロ初勝利を願っている私がいました。(このあたり、新垣渚に対する思いと近いです・・彼もプロ初勝利はマリンでのマリーンズ戦でした)
ほんとうは東浜が6回1失点くらいで好投するも勝ち負けつかず、マリーンズの勝利ってのが一番良かったのですがね〜。

なんだかんだでホークスとのカード、勝ち越し出来たのは良かったです。
これで今季の対ホークス戦は15勝9敗で終えました。当たり前の話ですが、この勝ち越しがホークスより上にいることの要因でもありますね。また、「得意チーム」を作れたのも大きいですね。

明日は北海道、調子を落としているファイターズ相手ですからここも取りこぼしは出来ません。イーグルスの優勝はもう目前ですが、マリーンズはマリーンズの野球を1試合1試合やって行きましょう。

21日は久しぶりに内野自由席のはじっこでまったり過ごしましたが、屋外球場は本当に気持ち良いです。野球は屋根が無いのが本来だよなあ、やっぱり・・・。
Img_3726_s

Img_3724_s

■2013/9/23 終了時のパ・リーグ順位
試 勝 敗 分 率 差
1 E 131 78 51 2 .605 M3
2 M 132 69 61 2 .531 9.5
3 H 134 69 63 2 .523 10.5
4 L 132 64 64 4 .500 13.5
5 Bs 130 58 68 4 .460 18.5
6 F 133 60 71 2 .458 19

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

|

« 2位↑チームと3位↓チームの差 M6−7Bs | トップページ | ひさびさの「先発藤岡」勝利 F3−4M »

コメント

打線は攝津投手およびリリーフ陣を打ちこんでくれたのですが、松永投手もぴりっとしませんでしたね。球に力がないように見えました。50試合以上登板した後での急造先発としては、かなりしんどくなってきているでしょう。
あと1、2か月早い時期だったり、既に順位が確定していたりするならば、「先発としてここを乗り越えてほしい」と思います。しかし、終盤戦やCSは小刻みに継投して、場合によってはセットアッパーであっても同点・僅差ビハインドに投入することもある程度はアリだと思うので、「4回3~4失点」くらいにまとめてくれそうな投手を下から先発として誰か上げてきて、松永投手はセットアッパーに戻した方が良いのではないかと考えます。

上野投手が3勝目ですね。先日の試合に対する雪辱の意気込み、ファンの声援への思いが現れていました。「気持ち」には2つあって、1つ目は然るべき場面で然るべきプレーをするための問題意識と準備意識。もう1つは「岩にかじりついても」的な文字通りの「気持ち」 意気込みを具体的な行動に落とし込んで実行できるかどうか、言葉や行動に滲ませられるかどうか。それができた時「気持ちが見える」のだろうと思います。

2戦目は里崎選手のたたき出した1点を守り切りました。益田投手の登板時は意識して他のことをしていましたが、こらえきれずチェックしてしまいました。無事に抑えてほっとしています。古谷投手は本当に頼もしいです。しかし、今の先発陣の中で大丈夫なのが彼しかいない(涙)

東浜投手については、BJさんほどではありませんが2008年の選抜の頃から気にはなっていました。当時居酒屋のテレビで選抜優勝のニュースを観た時は、立ち上がってガッツポーズをするのをこらえるのが大変でした。もがき苦しんだ分は先々プラスになると思います。

小野投手が引退を決意されました。ファン歴浅いなりにこのチームについて勉強していく過程で、「もしマリーンズの選手のうち誰か1人になれるとしたら、小野投手になりたい」と感じたことがあります。球速はさほどではなくても、制球力・キレ・変化球、クイック・牽制・フィールディングのいずれもハイレベルな、「ザ」のつく総合力。勝率もよく、与えられた場所でフル回転し頼りになり、チームメイトやファンに対する姿勢も素晴らしい。ゆくゆくは指導者になってほしいです。

投稿: ぷりな | 2013年9月24日 (火) 00時13分

>ぷりなさん
コメントありがとうございます。

やはり松永の先発に関してはいろいろとさっぴいて考えてあげなくてはいけませんよね。私は先発賛成、しかし最後まで先発ならという条件をつけましたが、今の状態だとおっしゃるように中継ぎに戻した方が良いのかなーと感じます。本人も先発での投球と自分の思いとの間に乖離が生じているのかも知れません。
上野の一昨日の投球はぷりなさん言うところの「2つの気持ち」が共に良い状態で発揮出来たのでしょう。ああいうインタビューってありそうで意外とないもので、なかなか嬉しいものでした。
東浜に関しては、高卒で即プロ入りしてくれてたらな〜との思いはいまだにあったりします。しかし一人の人間の人生ですし、もちろん判断を否定したり批判する気持ちは全くありません。斎藤佑樹もそうですが、あまりに力がありすぎる投手が大学に行ってしまうと早い内から必然的に中心選手の役割を背負わされてしまいます。どうもそれが、大学より先の野球、”プロ”を考えるとあまり良いこととは思えないですよね。とにかく東浜にはもっともっと本領発揮して欲しいです。
晋吾に関しては、私は多くのマリーンズファンよりもその投球が好きだと自負しています(笑・・・それにしてもぷりなさんのなれるとしたら晋吾って渋い、渋すぎる!)投手らしい投手ですよね。晋吾に関してはまた引退試合の時に(寂しい響きだ)触れたいと思います。良い指導者になるでしょうね!

投稿: BJ | 2013年9月24日 (火) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/53364848

この記事へのトラックバック一覧です: ホークスとの最終カードを勝ち越しで終える:

« 2位↑チームと3位↓チームの差 M6−7Bs | トップページ | ひさびさの「先発藤岡」勝利 F3−4M »