« ここからはCSを見据えた采配に・・監督の手腕に期待 M6−0E | トップページ | 荻野貴の激走でシーズン勝ち越しをもぎ取る M1−0F »

2013年9月29日 (日)

勝っていたら面白い展開だったのに L6−5M

9回、絶体絶命から追いついたのだけどなあ。
ニッカン式スコア

今日は終日出かけており、試合は全く観ていません。あ、FoxBaseballCenterも観てないや・・・一日が24時間じゃ足りない〜!

9回2アウトランナー無しから追いついた劇的な展開だったのに残念でした。リードしてリードされて、追い上げて追いついて・・・と試合としてはかなり面白い展開だっただけに勝っていればまた違ったのでしょうね。どうやら球審の判定やら犠打失敗やら記録に表れていない部分で守備をきっちり出来なかったなど、勝負のアヤもあったようです。しかし敗戦という結果は変わらず。

古谷は安定した投球をずっとしてくれていましたし、こういう試合もあるでしょう。仕方ないです。最後は益田が打たれてしまいましたが、古谷の後を継いだ投手は頑張ってくれたと言って良いのではないでしょうか?レデズマの栗山への危険球退場はいただけませんが・・・栗山はこれでハウザーに続き、一週間で二度頭部死球ですよね?大丈夫か〜。なんせ「頭」は洒落になりませんから、投手には本当に気をつけてもらいたいところです。今日は大丈夫だったようなのでそれだけは良かったですね。

打線は1番に大地を持って来ました。井口・角中を欠く中でやりくりが大変になっての結果だとは思いますが、これもひとつのテストケースでしょう。個人的には「3番・ファースト・福浦」は単純に嬉しかったです。猛打賞というのも良かったなあ。清田は今日も続けて結果出せれば良かったのになあー。捕手のやりくりも含め、シーズン最後まで首脳陣はオーダーに頭を悩ませることになりそうですね。

3位ホークスが1ゲーム差とまた迫って来ました。後7試合ですか・・・なんとか2位は死守して欲しい!マリーンズ、ファイティン!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

|

« ここからはCSを見据えた采配に・・監督の手腕に期待 M6−0E | トップページ | 荻野貴の激走でシーズン勝ち越しをもぎ取る M1−0F »

コメント

ううん、今年は対西武が苦戦しますね、というか、調子が悪くなると西武、な感じがする…
そしてあと2試合もあるのか…
とネガになりますが…
といってもこの時期のゲーム差3ってかなり余裕もてるはずなんですけどね。

成瀬選手が投げたファームの試合の録画しといたんで、見てました。球速出ないのが気になりますが、本人楽しそうだったのでそれでいいのかなあ。斎藤コーチが見てて、その上で「次は一軍」って言ってたわけで、それなら、と思うことにします。成瀬選手本番というか大きい試合けっこうギア入る方だし…
チームがある程度順位とか決まって、シーズンの行方もだいたい決まって、とかならいいんですけど…
次の登板がおそらく今週末、となれば次はポストシーズンの大きい試合での登板になります。試合に出る以上は体調のことは言えませんし、気持ちだけは負けないでほしいですね。
成瀬選手背中を後押しするためにも、2位確保は必至、マリンでクライマックスシリーズができますように。

投稿: てんとう虫 | 2013年9月30日 (月) 10時50分

BJさん、今晩は。昨日の荻野貴司選手の盗塁は、「日刊スポーツ」の記事に、“好盗塁”と表記されてました。自分もそう思いました。自分が最も好きな機動力野球のシーンでした!本当に「駆け抜けろホームまで!」ですね。
平成元年、東京ドームのジャイアンツ戦で屋舗要さんもセカンド盗塁で送球が逸れて、長躯ホームインしたシーンがありました。この場面も自分は、鮮明に憶えていて大好きです!あの時と同様、“ザ・荻野貴司選手”のプレーが視られて本当に嬉しかったです!
「ネオスポ」、「Going」、そして「S・1」でもこの荻野貴司選手のシーンは、それぞれ違うバージョンで取り上げられていて良かったです。
マリーンズは、クライマックス・シリーズに2位通過して欲しいです。レバタラの話ですが、宮城であの時、将大投手に黒星を付けられれば、レギュラー・シーズンの結果は、分からなかったと思います。
マリーンズが、クライマックス・シリーズで名勝負を残し、日本シリーズに進出して欲しいです!

投稿: エイトマンちから | 2013年9月30日 (月) 18時00分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

あはは、確かに調子悪くなるとライオンズと当たる気がしますね。対戦成績よりも「やられてる感」も何故かあります。普通に考えると残り7試合で3.5差って追うチームからしたら絶望的な筈なのに、マリーンズファンを長年続けているせいか、消せぬ不安感・・(苦笑)
成瀬は本人も「後は呼ばれるだけ」と言っていましたし、球速は気になるところですが本人・首脳陣ともに「行ける」と判断しているのならば、大丈夫でしょう。ポストシーズンで投げる前にレギュラーシーズンで一度お試し出来るのは良かったですね。
今日の勝ちは大きかったです、是が非でも2位でCSを迎えましょう。

投稿: BJ | 2013年9月30日 (月) 23時37分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

そうですか、「好盗塁」ですか〜!嬉しくなりますね。ビハインドの9回二死ランナー塁から盗塁を仕掛けるような野球は堪らないですね。采配、荻野貴司の勇気、ともに拍手です。
屋鋪で同じプレーありましたか?野球って面白いなあ・・・珍しいプレーでも過去にあるものなんですね。どちらも快速ランナーであってこそのプレーですよね。なので勝って欲しかったなあー。
宮城でのマー君に黒星を付けられなかった試合・・・あれはやはり分岐点でした。CSで対決できれば、マー君から勝利を奪って欲しいです!

投稿: BJ | 2013年9月30日 (月) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/53435288

この記事へのトラックバック一覧です: 勝っていたら面白い展開だったのに L6−5M:

« ここからはCSを見据えた采配に・・監督の手腕に期待 M6−0E | トップページ | 荻野貴の激走でシーズン勝ち越しをもぎ取る M1−0F »