« ひさびさの「先発藤岡」勝利 F3−4M | トップページ | マリーンズ、実力で目前の胴上げを阻止する F6−5M »

2013年9月25日 (水)

リベンジ組のリベンジ失敗 F10−7M

無残な敗戦。
ニッカン式スコア

もう先発は無いと言っていたばかりの大谷先発にかなりの不安を覚えるも、あまりにも不甲斐ない投球にがっかりです。先発でひどい惨状を露呈してから、雪辱の中継ぎ好投があったことで、伊東監督もおそらく最後のチャンスを与えたのだと思いますが、見事に裏切る投球となってしまいました。伊東監督の「今季もう見ることはないでしょう」とのコメントに失望と怒りの大きさが伺えます。まあ、言い訳出来ない内容だったことは確かなのですが、なんでしょうね・・・好投出来る時もあることを考えると、技術的に一定以上の力を持っていることは確かだと思うのですよね。ただ、安定してその力が出せないと意味がありません。本人からするとまたもチャンスを貰ったことで「失敗出来ない」という思いが強すぎたのか・・・・うーん、投手って難しいし、プロって厳しい世界だよなあと本当に思います。

後を継いだ上野はちょっと良いヒーローインタビューがあって、気持ちの強さを再認識させてくれた訳ですが、皮肉にもそれ以降内容がよくありません。上野の場合は気持ちばっかりあっても技術が伴わないとダメという例なのかも知れません。私個人の感想ですが、技術があっても気持ちをコントロール出来ない大谷、気持ちがあっても技術をコントロール出来ない上野、と非常に対照的でした。どちらもリベンジするべき立場の選手でしたが、リベンジ出来ませんでしたね・・・なんかもの悲しい。

打たれようと思って投げる投手はいません。この二人には、今の経験を今後にどう活かすか、そこを真剣に考えて欲しいですし、糧にしてもらいたいです。プロの投手として成長した二人を来季観たいです。

打線の反撃はいかにも遅すぎました。・・・が、2点返して1点差にした後に内容が悪い4失点ではさすがに野手も厳しいです。むしろ、よく8回に5点取ったなあーと。今日はとにかく投手に尽きる試合でした。

明日は西野の復帰ですね。ファームでは結果は良くなかったようですが、ちゃんと腕が振れるようになっていればあまり関係ないでしょう。とにかく、西野本来の投球をすることに集中して欲しい。
井口は死球、今江はふくらはぎ違和感、角中はかなり腰の状態が悪いようで明日抹消の可能性もあるとか・・。ここへ来てクリーンナップ3人が抜けるとかダメージも大きいなんてもんではないですけれど、明日はファイターズの大谷からプロの意地を見せ、勝利してカード勝ち越しを決めて欲しいです。
マリーンズ、ファイティン!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

|

« ひさびさの「先発藤岡」勝利 F3−4M | トップページ | マリーンズ、実力で目前の胴上げを阻止する F6−5M »

コメント

大谷投手については、昨年奮闘してくれただけに心情的にはあまり責めたくはないのですが、それでもこの現状では抹消も仕方ないと思います。現状では先発は無理だと判断しておきながら、再び先発させる方もさせる方ですが。なんだか昨年の香月良太投手に対する岡田監督の仕打ちに似たものを感じます。昨年も急造先発としてフレキシブルに好投したので、技量はあるはずなんですけどね~(彼を旧統一球投手と呼ぶ人もいますが、球の恩恵だけで好投を続けられるわけではないと思いますし)。

上野投手もせっかく地道に株を上げてきたのに~(涙)
>技術があっても気持ちをコントロール出来ない大谷、気持ちがあっても技術をコントロール出来ない上野
いっそのこと2人を融合すれば技術とメンタルを兼ね備えた好投手ができるはず(願望)。しかしそんな魔法は存在しないので、1つの穴を1人で埋められなければ複数名で埋めなければなりません。「4回3~4失点」くらいにまとめてくれそうな投手を下から先発として上げてきて、小刻み継投で勝利をものにできればと。それこそ小野投手の最後の一働きでも大いにアリだと思います。

前々記事のコメントについて、アマチュアですごい実績を残したもののプロではパッとしない選手は、アマチュアの段階でエネルギーを消耗しているのは事実でしょうね。また、プロ入りするような選手はアマチュアでは飛び抜けた存在であり、相手は名門といえども玉石混交であるから、ギアの入れどころもわかりやすいし心理的に優位に立ってプレーできるでしょう。エネルギーを消耗した状態で、ピンキリとはいえ玉ぞろいのプロに入ったら、パッとしなくなるのも無理はない。一人の人間としての選択を否定する気持ちは全くありませんが、こと選手生命という観点で考えると、ずば抜けた選手は高卒即プロ、そこまでに至っていない選手には玉の割合が高校に比べて多い大学・社会人で修行するのが望ましいのかなと思います。ともかく、そういう選択をしてしまったものはしょうがないので、じっくり立て直して本領発揮してほしいです。

投稿: ぷりな | 2013年9月26日 (木) 16時49分

>ぷりなさん
コメントありがとうございます。

大谷はあまりにも内容が悪すぎました。もっとも、前の監督発言を考えるとまた先発させたことに「?」でしたが・・・他にいないということなのでしょう。下でくすぶっている投手にはチャンスなのに情けないです。ぷりなさんがおっしゃるように、それなりに投げてくれる投手を先発として上げてきて、みんなで手厚くフォローするしかないのでしょうか(泣)少なくともいっきなり大量点取られたりするよりは良いでしょうね。
アマチュアで実績を残した選手のプロ入り判断は難しいところですよね・・・なんせ本人の人生、好きにしてもらうのが基本ですし。周りの期待を押し付けるのも酷だと思う時もあります。
しかしながら、先にプロを見据えているのであれば、その世代世代で抜きん出た実力を持ち、かつ結果も残した選手はやはりすぐプロ入りして欲しいですね。人間、「光どころ」を逃してはいけない・・・福浦はプロ入り後光って来ましたが・・・おっと。
ちょっと意地の悪い言い方をすると、野球で大学行ったところで、引退後の学歴にはあまり関係ないですし、プロを夢見るのならば即プロの世界に飛び込んで欲しいと思うのは本音です。

投稿: BJ | 2013年9月26日 (木) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/53387310

この記事へのトラックバック一覧です: リベンジ組のリベンジ失敗 F10−7M:

« ひさびさの「先発藤岡」勝利 F3−4M | トップページ | マリーンズ、実力で目前の胴上げを阻止する F6−5M »