« イーグルス優勝おめでとう!そしてマリーンズだけがパで取り残された | トップページ | 勝っていたら面白い展開だったのに L6−5M »

2013年9月29日 (日)

ここからはCSを見据えた采配に・・監督の手腕に期待 M6−0E

主力を欠くイーグルスに意地の勝利。
ニッカン式スコア

仕事の後、参戦してきました。実家寄ったりなんだりで今の更新です。
なんせ、マリーンズの過去を振り返ると優勝後で主力がいないチームにも平気で負けたりしてたもんで、一抹の不安はありましたがさすがに勝ってくれました。

先発の松永はここ2試合よくありませんでしたが、この試合は精神的優位に立てたのか危なげないピッチングでした。自己最長となる6回は先頭打者を根元のやらかしで出塁を許しましたが、よくその後を抑えました。CSの1stステージでの登板はどうなんだろう。古谷、唐川につぐ3本目の矢となるのかどうか。どちらにしろ、2ndステージも見据えると先発のコマとしてのメドはつきましたか。

8回益田登板には驚きましたが、きっと9回内というパターンのテストもあるのだろう、と思いました。後に記事で見ましたが、イーグルス戦限定での並び順のようでもありますね。益田とイーグルスの相性を考えると妥当ですが、どうなんだろ、1stステージからその流れで固めてしまったほうが選手としてはやりやすい気もします。
記録に残らないものも含め、守備で2度やらかした根元を下げましたが、この辺りは厳しさを出しています。もちろん根元への厳しい姿勢というだけではなく、セカンド大地ショート細谷というパターン(前にもありましたけれど)や、センター伊志嶺にライト清田など、投手リレーも含めいろいろなパターンを試しておくことはすべてCSを見据えた起用だと言って良いでしょう。このあたりは「勝負師伊東監督」に期待したい。もちろんAクラス入りは絶対条件ですので、試合を落とさずに上手くお試しすることが必要ですけれど、そこは上手くやってくれるでしょうね。

さて、角中、里崎と抹消となってしまいました。角中はCSには間に合うでしょうが、里崎が心配です。特にポストシーズンゲームとなると里崎の経験と存在感は必要です。成瀬が間に合いそうなことは、CSを別にしても単純に嬉しいですね。けが人の復帰はやはり嬉しいものです。
清田はうっぷんを思い切りぶつけた感じでしたね。センターフライの落球で3塁まで到達したシーン、打った時から一所懸命激走していました。来季以降の為にも、この意気で存在感を発揮して欲しい!

ファームは全日程を消化しました。フェニックスリーグも始まるものの、ここからは1軍のAクラス入りに向けてチーム全体でフォローしていきたいところです。個人的にはこれほど浦和マリーンズを観に行けなかったことは初めてで、そこが寂しいです。

明日は西武ドーム、寂しいことにこれまた用事があって行けません。CSを考えてもしっかりした野球をして勝ちたいところです。期待しましょう!

    試  勝  敗 分 率  差
1 E 135 79 54 2 .594 -
2 M 136 71 63 2 .530 8.5
3 H 138 70 66 2 .515 10.5
4 L 136 66 66 4 .500 12.5
5 Bs 134 62 68 4 .477 15.5
6 F 137 62 73 2 .459 18

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

|

« イーグルス優勝おめでとう!そしてマリーンズだけがパで取り残された | トップページ | 勝っていたら面白い展開だったのに L6−5M »

コメント

まずは優勝されたイーグルスさん、おめでとうございます。エースと主軸がすごいだけでなく、9年かけてチーム全体で地道に成長してきた成果だと思います。

この試合は絶対勝たなくてはならなかった試合でした。松永投手はここ2試合精彩を欠いていて、セットアッパーに戻した方が良いのではないかと思っていましたが、立て直してきましたね。相手が控え主体でありつつも主力も混じっていて、しかもその中にはリーグトップを狙える項目のある選手もいるという状況は、CSを見据えた予行演習を兼ねるにはうってつけだったのかもしれません。

清田選手が早速活躍しましたね。6回の激走がその後の追加点につながったのが大きかったです。うちの母が使う言葉に「まいまい」という言葉があります。方言(近畿地方出身)なのか本人オリジナルかはわかりませんが、
・うろちょろする
・器用であるにもかかわらず無駄な動きが少なくないため、「バタバタ」に映る。
・繊細なお調子者(だが、パッと見堪えてないように見える)
といった性質を持った人物や状態・行動を指します。我がチームにも何人かいますが、清田選手はその中でも「まいまいの若棟梁」的なところがあり、そのためになかなか再昇格されにくかった面はあるかもしれません。しかし、まいまいは良くも悪くも力を発揮するときは大きいのです!ルーキーイヤーのポストシーズンのような活躍をこれから見せてほしいです。

イーグルスはCSに向けてアピールしなければならない立場の選手たちが精彩を欠きました。ええのかそれで。まあそのおかげもあって勝てましたが。今回に限らず、優勝チームが優勝決定の翌日の試合に控え主体のスタメンで臨むことについて、「対戦相手に失礼」という声も散見されますが、私としては、2位死守のために本気で勝ちに来ている相手と対戦させることは、選手の見極めやCSに向けて頼りになる選手を増やす、主力の休養というメリットがあると思うので、優勝翌日の控え主体のオーダーはアリだと考えています。

投稿: ぷりな | 2013年9月29日 (日) 02時24分

おはようございます。多忙の中更新お疲れさまです!
優勝は楽天となりましたが、まだまだ続く熾烈な2位争い!!ただ、残り試合もひと桁になり、ゲーム差より勝率の問題になってきたので、いくら二日酔いの(?)楽天相手とは言え確実に勝ちたいところ。昨日は3位対決でギリギリホークスが勝ちライオンズが敗れ、およそAクラス確保のめどがたったかなと思います。あとは的確に2位マジックを減らしてってほしいですね。
BJさんは不満でしょうが、優勝出来なかったにしろ今のマリーンズにはある程度結果を出すのは大きいかなと思います。今季は監督が変わり新戦力が台頭、一方で今までマリーンズを牽引してきたベテランが脇にまわり、つまり過渡期なんだなと思います。独断ですが、伊東監督はじめ現首脳陣はかなり選手にたいして求心力あると思うんです。はた目には無茶としか言いようがない起用にも、選手は答えてきました。まだまだ選手にたいして要求はあるようですが、それは今後の課題としましょう。
伊東監督はどうやら3年契約だったようで、ある程度の時間をかけられるなら、フロントがカンフル剤を打つかの如く補強だトレードだと動く必要はないかなと思います。資金の話は切実ですし…星野監督は阪神時代持ち前の政治力を発揮してフロントを動かし、大きな戦力の入れ換えを実施し優勝しました。でもその結果今の阪神です。楽天もそうなっちゃうならガッカリだしマリーンズは将来そうなってほしくないです。
ちなみにクライマックスシリーズ3試合開催で4億円程度の利潤が出るそうで、まあファイナル出たかったら3試合かけてる場合じゃないと思いますが、フロントは補強についてはそのお金を当てにしてると思います。
ファイターズがはじめたBOSってシステムは、追随するチームがあり、マリーンズもその一つと聞いています。マリーンズはまずドラフト、でいいと思います。いいスカウトもいますしね。
昨日は二軍最終戦に成瀬選手登板、私まだ映像見てないんですが、斎藤コーチがジャイアンツ球場でガン見してたようなので、今後に注目です。万全ならという前提ですが、いるといないとではポストシーズンは大違いなので、間に合って良かった。
清田選手もさっそく活躍、どうやら打撃フォームを安定さすために浦和にいたようで、間に合って良かったです。マリーンズ外野陣としてはオールラウンドに計算出来る選手です。得意の秋、頑張ってほしいです。

投稿: てんとう虫 | 2013年9月29日 (日) 11時45分

BJさんのコメントを受けてまたBCリーグのことをコメントしますが 新潟球団は去年も今年もシーズン中の大補強というか入れ替えはリーグの中で一番おとなしかったですね ロバートが移籍(のちに出戻り)投手1人解雇 デニング獲得だけでした 俺の印象としては1年間は選手の面倒をみるって感じですね だからシーズン中に出す(解雇移籍)は少ないのかと

ただ今シーズンに関してはレギュラー野手に怪我人が多く獲得枠が1つ空いてたのにデニング以外補強しなかったのには不満

補欠が力をほとんど発揮できなく選手兼任コーチも打率186と全く役に立たなかった為に下位2~3人が自動アウト状態だっただけになおさら枠を埋めなかったのには不満です

石川球団は一昨年は記憶にないですが去年今年と入れ替えが激しかったですね

個人的には石川は選手を育てる気ないのかなと…成績が悪い選手はさっさとクビを切り新たな選手を獲得の繰り返し

他球団に移籍した選手も2人ほど居たかな

そんなことの繰り返しが去年今年前期優勝してるのに去年今年と後期は最下位になるという結果になったのかなと

挙げ句の果てに木田画伯に続く宣伝塔にナックル姫を獲得

先発を3か4試合してますが勝てずにいますし戦力とは正直言い難い成績


話し変わりますが新潟の社会人バイタルネットがが昨年と同じ日の今日戸田軍と練習試合です

バイタルネットは全日本選手権2年連続出場をこの秋に決めてますし 練習試合をするに値する力があるとヤクルト側に認められたかな?

今年の戸田軍は優勝しましたし胸をかりるには申し分ないですね

去年ヤクルトのエコスタ主催試合でバイタルネットがボールボーイをした縁で去年は練習試合が出来たんだろうけどその縁が良いほうに出てきてるかな?


投稿: 佐藤 | 2013年9月29日 (日) 12時53分

>ぷりなさん
コメントありがとうございます。

松永の好投は良い材料でしたね。マリーンズがCS出場出来たとして、2ndステージではイーグルス相手に先発する可能性が高いですが、お互いにメリットデメリットはあるでしょう。ここはイーグルス相手に好投したという自信を得たという部分でメリットとしたいです。
「まいまい」ですか?初めて聞きました・・・お母様のオリジナルだったらなんだか楽しいですね(笑)「まいまい」と聞いて私がパッと思うのは「かたつむり」なんで意味的には正反対なイメージです。ってそんな話はどうでも良いですね。
「まいまい」の「主力」は今江だと思いますが、着実に後継者としての地位を清田は築きつつあります。良いのか悪いのかわかりませんが、ここぞの集中力は人よりも強いでしょうから、「ポストシーズン男」として活躍して欲しいですね。もちろん、それだけで終わってはいけないのですが。
イーグルスのアピールすべき立場の選手たちがボロボロやったことは私も人様の球団ながら「ええんかい」と思いました(記事で触れ忘れました)。優勝翌日の「格下オーダー」は確かに賛否ありますけれど、私はいつもと違う雰囲気が感じられて好きだったりします。それこそアピールしないといけない立場の選手たちは必死にやりますから試合は締まったりしますし、ファン目線としてはいくら頑張っててもそれでもレギュラー組との力の差を再確認出来たりもするので、いろいろな意味で面白い部分は多いです。

投稿: BJ | 2013年9月29日 (日) 23時04分

>てんとう虫さん
コメントとねぎらいのお言葉、ありがとうございます。

CS、3試合開催で4億の利潤ですかあ!それはマリーンズみたいな球団からするとレギュラーシーズンではいくら頑張っても何試合も必要な数字でしょうね。球団の利益は選手たちの給料にも直結しますし、たまにはそういう現実的なこともモチベーションのひとつとして選手は戦っても良いんじゃないか、とプロである以上は思います。しかし、ということはますます2位確保が大事になってきますね。
おっしゃるように、今季はまさに「過渡期」なんでしょうね。選手たちの意識も(前任監督には申し訳ないけど)常勝軍団のノウハウと経験を持った監督の下でどんどん変わっているところでしょう。今季は瞬発的な部分で力を発揮しての今の位置だと思いますが、来季からは定常的な力として発揮してもらいたい。監督の3年契約報道にはホッとしました。腰据えて望めますからね・・・記事では監督とフロントの連携も触れてましたしね。
マリーンズが導入した(する?)選手評価システムはどんなんだろうな・・・かなり気になりますね。MLBに比べると、そんなことがニュースになる時点で日本は立ち遅れていますよね。こういうシステムの導入は良いことばかりではないかと思いますが、今までにない角度から選手を評価したり出来たら選手・球団双方にとっても良いことです。
清田はバッティングでテイクバック、振り出しの位置を工夫したそうですね。ここから今までの分を取り返す程の活躍を期待します!

投稿: BJ | 2013年9月29日 (日) 23時14分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

新潟、補強は一番おとなしかったですか。いくら資金面で苦労が多い独立リーグとはいえ、最低一年は面倒見て欲しいですよね・・・石川の姿勢はちょっと残念です。ナックル姫、選手としては頑張って欲しいけど宣伝狙っての獲得だったら残念です。NPBに比べて知名度も圧倒的に低いですから、なおのこと独立リーグにとってはそういう側面も大事なのはわかりますが。今までならば野球を諦めなくてはならなかった選手の受け皿としての存在意義も大きいので、そのあたりを意識して欲しいですね。私も言うだけでなく、せめて入場料払って試合くらい観にいかないと、です。
バイタルネットとスワローズのつながり、面白いですね。スワローズには出身選手いないのに。もっともっとNPBと他組織で交流を広げて欲しいです。マリーンズももっとやらんと!

投稿: BJ | 2013年9月29日 (日) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イーグルス優勝おめでとう!そしてマリーンズだけがパで取り残された | トップページ | 勝っていたら面白い展開だったのに L6−5M »