« お話にならない。 M4−10Bs | トップページ | ホークスとの最終カードを勝ち越しで終える »

2013年9月18日 (水)

2位↑チームと3位↓チームの差 M6−7Bs

ここへ来て3連敗かぁ。
ニッカン式スコア

初回に満塁弾が出ながらも、勝てない。久々の先発となった藤岡が踏ん張るも、球数も多く5回で降板、中継ぎが持ちこたえられずその間に打線は静まり返り、逆転を許す・・・ああ、悪い方悪い方に流れが行っていますね。

8回裏くらいに帰宅して観始めたのですが、E−H戦の方が面白くてそっちがメインな感じで最後まで観ました。なんでしょうね、マリーンズは勢いなく3位転落、ホークスはアゲアゲな感じで2位に浮上。試合も0−5まで行き、2−5とした直後に2−8とされるという普通ならとっくにメゲちゃってもおかしくない試合だったのですが、脅威の粘りで11−10で勝ちました。イーグルスも最終回に3点差から2点取ってなおも一打逆転まで行くという両チームとも見事な粘り。我がマリーンズの試合と較べて、野球としての面白さは段違いでしたね。

このあたり、首位を走っていながら徐々に下降していったチームと、Bクラス近辺をうろうろしながらも終盤に一気に上昇してきたチームの違いが出て、ある意味皮肉です。今日の(も)マリーンズは逆転された途端に勢いが失くなって、淡々と攻撃しているように感じました。再逆転出来る感じは受けませんでしたね。

なんかこういうのを見ていると、シーズン中盤まで首位走るよりも、2番手3番手につけておいて、そこから上昇して行った方がやっぱり良いんかな、なんて考えてしまいますね。そう簡単にいかないのが野球ではありますが、だんだん順位が下がっていくのはなんだかやはり悔しいです。

もちろん2位とは0.5差ですし、8月にも経験している順位ですし悲観する場面ではありません。というかそんな場合でもありません。週末にホークス3連戦が控えていますし、まだまだわかりません。個人的にはなんとしても2位は死守して欲しい。
今、選手たちはモチベーションや集中力を保つのが難しくもなっているとは思いますが、後わずか15試合です。最後、もうひと踏ん張りして欲しいです。監督も「自分たちを信じて、今までやってきたことに自信を持って戦おう」と言ったようですが、本当にその通りだと思います。後少し頑張ろう〜!

☆藤岡は球数は多くなったものの、良い球が行っていたようですね。次、また先発があれば期待しましょう。中郷には辛い登板となってしまいました。こういう時もある、中郷も次に期待します!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

|

« お話にならない。 M4−10Bs | トップページ | ホークスとの最終カードを勝ち越しで終える »

コメント

管理人さんブログの更新お疲れ様です。返信頂き有り難うございますっ。皆さん心配してた通り、マリン戦士達が予想通り3位転落しました!ホームで落ちて行ったから余計惨めです!応援してるファンとして恥ずかしいです!敵地で転落ならまだ解るんですけど、本拠地で落ちるって情けないと思います!自分はイヤとか怒るとかもう通り越して呆れます!泣きたい気持ちも、悔しい想いも、全部その先の呆れるにたどり着き。ため息ばかりで・・・。マリン戦士達に意地はないのかい!?昔で言う、ど根性はプロの選手としてないのかい!?必死さも見えず、今江君の本塁打と角さんの一発、それと鈴木大地君の意地のタイムリーヒットは良かったですがっ。荻野貴司君の嬉しい二塁打の後も、盗塁させない指揮官の采配に?ですし、次打者根元の情けない見逃し三振にもプロとしてあそこで三振は駄目です。いつも言ってますが、レフトフライでも良いからバットにあてなきゃ!あてないと話になりません!荻野貴司君の盗塁は駄目でもチャレンジして欲しかった!一か八かでも良いんです!流れが向こうに行きかけていたのを食い止める為でも在るんですから!ギャンブル盗塁はよくないですが、それでも流れをよりこっちへ持って行く為に必要だったと。陽さんみたいに積極的に走らせないと相手に行きかけてる流れはより向こうへ行くわけですから。失速中のTEAMですからより失敗を恐れずにGOSign出して貰わないと、観に来てるファンの方もつまらないでしょっ、ある意味これもファンサービスです。三塁盗塁への意見が反対の方も中にはいると思いたくないですが、TEAMで荻野貴司君と伊志嶺翔太君は、出来る盗塁技術だと思っていますので。岡さんは足が速いので良いのですが、盗塁技術では、2人の選手よりは下かなって感じますので。だからこそ、難しい三塁でも積極的にやってもらわないと。失速中でしたら余計ファンサービスしないとっ。見どころ一杯の中で帰ってもらった方が帰宅中のストレスも少しはましになると思いますので。管理人さん長々とすみません。(>_<)

投稿: 九州マリン | 2013年9月19日 (木) 17時55分

BJさん、今晩は。昨日は、初回に荻野貴司選手の盗塁を視たかったです。唯、根元選手との間のラン・エンド・ヒットになった時の、荻野貴司選手のスピードは、流石でしたね。
それから、荻野貴司選手の裏の“十八番”であるキャッチャー・フライもありましたね。キャッチャー・フライのシーズン最多記録は、何本でしょうか?これはこれで面白いですけど、視ていてキャッチャー・フライは、個人的には一番、つまらないです。荻野貴司選手には強いライナー性の当たりを数多く打って欲しいです!
今江選手の満塁ホームランは、打球が綺麗でしたね。
また、バレンティン選手の58号、凄いですね。ここ数日間、自分もバレンティン選手のホームランに全勢力を注入していたようで、非常に疲れました。いい意味でです。バレンティン選手には、どんどんホームランを打って欲しいです!
マリーンズには2位を期待します。荻野貴司選手の活躍もです。

投稿: エイトマンちから | 2013年9月19日 (木) 17時56分

>九州マリンさん
コメントありがとうございます。

3位転落してしまいましたね〜。(今日2位に戻りましたけど)私も悔しい思いは当然ありますが、九州マリンさん落ち着いて〜。選手たちだって意地はあるかと思います。・・・が、試合展開が試合展開ですし、意地があっても気力は湧いてこなかったのだと思いますよ。
盗塁などの采配面に関しては、私はほとんど試合を観ていないのでわかりませんが、点差がついてしまうと采配もふるいにくいですしね。
まあ、それでも何かしら、どこかしらに見どころを一つでも作ってくれればまだ違うのでしょうけれど。
ファンとしては、とにかく応援するしかありません。残り試合、ファンももうひと踏ん張りです。

投稿: BJ | 2013年9月19日 (木) 23時23分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

初回、荻野貴の盗塁はありませんでしたが、エンドランは見事でしたね。その流れで初回満塁弾という最高の立ち上がりになった・・・ハズだったのですが。
荻野貴司の場合、前にも書きましたがミートポイントが”点”のタイプで、その瞬間にすべての力をぶつけるタイプですので、少しでもズレたら打球が上行ったり下行ったりしてしまいます。パンチ力は出ますが、精度に問題がありますね。紙一重なんですけどねー。ただ、今年くらいポップフライが多いとやはり考えないといけないと思います。
バレンティンには60本前半くらいまで記録を伸ばして欲しいです!

投稿: BJ | 2013年9月19日 (木) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/53308398

この記事へのトラックバック一覧です: 2位↑チームと3位↓チームの差 M6−7Bs:

« お話にならない。 M4−10Bs | トップページ | ホークスとの最終カードを勝ち越しで終える »