« 井口不在で価値ある1勝 M3−0E | トップページ | 俊介を勝たせたかった M1−3E »

2013年8月14日 (水)

「神様の試練」から逃げなかった里崎 M6−5E

4カード連続勝ち越しです!
ニッカン式スコア

初回、いきなり4失点という劣勢を跳ね返した勝利はとても価値がありました。
私の中での今日の試合のポイントは2つ、1つ目はいきなり4失点した後の1回裏にすぐ1点を返した事でした。それもホームランではなく、ちゃんとランナーが出てタイムリーで返した1点でしたので、「反発力」をこの後も保ったまま試合が出来たのだと思います。
2つ目はグラの後を受けた投手陣の踏ん張りです。投手6人で3安打1四球無失点に凌ぎました。このふんばりがサヨナラを呼んだことは言うまでもありません。見事でした。

打線では1番荻野貴が猛打賞、3・4・5番のクリーンアップで5安打3打点。バランスが良かったですね。もっとも、後半は再三チャンスを作るも最後のひと押しが出来なかったことは反省点かも知れませんが、勝って終わったから言えることではあるけどチャンスを何度も作ったということは打線が活発だったということで。

そしてサヨナラの里崎。犠飛はあったものの2度のチャンスで三振に倒れていましたから、11回裏は「もうホームランで決めてくれ!」と思っていました。しかし本当に打つとは・・・しかも外角のストレートを見事にライトスタンドへ。プロって凄いな、里崎の右打ちって見事だなあ〜と改めて思わされる打球でした。
ヒーローインタビューでは声が震え、眼を赤くしているように見えました。こういうインタビューは聴いている私までじーんと来ますね。試合後、FoxBaseballCenterのインタビューでは、「神様がこの年になっても試練を与えてくださっている、逃げるのは簡単だけど打ち克とうとファームでサポートをして貰いながら頑張った」と言っていました。開幕からファーム、復帰してからも骨折でまた抹消、という里崎の姿を見ながらどう思っているのだろう、どんな気持ちで過ごしているのだろう?と思っていたのですが、・・・やはり頑張っていたのですね。正直、野球に対しての情熱を失っていないかな、と心の隅で少し思っていたのですが、それは里崎に対してあまりにも浅いというか、失礼な想像でした。
・・それにしてもみんなが用意してくれたチャンスで決めず、ランナーがいない場面で自分一人で決めるんですから役者ですよね〜(笑)

さあ、明日は俊介です。内心期するものはあると思います。・・・が、あまり気負わず、みんなが既に勝ち越しを決めてくれたので、楽な状態で投げられる、と開き直って欲しいです。そして「渡辺俊介」といういちプロ野球選手の存在意義をまた知らしめる意味で、全身全霊を傾けて投球して欲しいです。その結果チームが勝てば最高ですし、勝てる!と私は期待しています。俊介ー里崎のベテラン同級生バッテリーに期待しましょう!マリーンズファイティン!

☆中継の中で、たった一瞬のカットを観てのことだからここで書くことは全くの私の想像なのでそのつもりで読んでいただきたいのだけど。
サヨナラ勝ちを決めてベンチに戻る選手たちの中で、青松の表情が沈んでいるように見えました。私の勝手な想像では、今日「自分の出番が無かった」中でのチームの勝利が心からは喜べなかったのではないかな、と。もしこの想像が正しかったとすると、・・・私はこういう選手とても好きです。究極はチームの勝利が第一かも知れないけど、1軍にいる以上は自分も「戦力」となりたい。その上で勝って喜びたい・・・そういう気持ちなのではないでしょうか。実際、今日は最初の右の代打はGGでしたし、10回裏の福浦の打席では代打青松かと思っていましたが出番はありませんでした。同じような思いを、同じく出番が無かった伊志嶺、金澤が持っていてくれたら嬉しいな、と個人的には思います。青松がんばれ!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

|

« 井口不在で価値ある1勝 M3−0E | トップページ | 俊介を勝たせたかった M1−3E »

コメント

はい、参戦しました~
お盆期間で首位2位の対決ってこともあったか、すごくたくさんお客さん入ってました。選手たちももちろん頑張りましたが、球場のマリーンズファンも精一杯後押しした自負あるんじゃないかな。マリンのファンは本当に26番目の選手だなと思います。
総力戦で厳しい戦いで、正直体力持つのかと懸念されますが、たぶん伊東監督はこうやって過去優勝を勝ち取ってきたんだろうなあと思いました。これを無理というか頑張りというかは解釈の差だと思う。昨年マリーンズが首位にいながらずるずる負け越したのはこういう頑張りができなかったから。故障者の不在を嘆いていてもはじまらない。いる人たちで頑張って勝ってくしかないんです。
首位楽天相手に2つ先勝したところで明日、またあさって以降勝たないと意味がない。
歯を食いしばってこの先も勝って、初めてめざせ優勝を語れるんだなと、感じました。
里崎のホームランは感激でした。それまでことごとく嶋にウラをかかれてたのに、最後にきてドンピシャ。
今日の試合、投手も頑張りましたが、それを引き出したのも里崎でしょう。
明日は俊介さん、勝算は十分あると首脳陣は考えてると思います。私たちは信じて応援しましょう!

投稿: てんとう虫 | 2013年8月15日 (木) 02時25分

パ・リーグはまだまだわかりませんね

楽天の優勝を観てみたい気もするがロッテにもまだまだ逆転の道はありますしパ・リーグは最後までわかりませんね

ヤクルトもまだまだわかりません(笑)中日がヤクルトに相性悪いせいか最近ヤクルトに白星が多くつくようになりました

こうなるとミレッジ離脱は痛いですね


さてBC新潟ですが日ハムと対戦し 寺田‐ハンカチの先発で始まりました

寺田は2回を3安打2奪三振の無失点

日曜日に7回途中でノックアウト食らって2敗目を喫してるだけに正直な所 寺田は投げて欲しくなかったです

その前の登板で勝ちは付きましたが内容は悪かったですし 夏の疲れがピークだと思うんですよね

ハンカチは5回途中10安打7失点でした

右肩痛から復帰を目指してますが 去年今年のアルビ打線は例えNPB支配下でも調子悪い投手は簡単に攻略しますのでなんとなく結果は想像してましたがちょっと残念でしたね

ヤクルトにも肩故障から来年復帰を目指してる由規が居ますが由規もこんな感じに球団問わずに打ち込まれるシーンが多くなるのかなぁと心配

さて結果は4点リードの最終回 新人田村(日本文理)が捕まり3ランを打たれ1点差に詰め寄られ尚も2アウトソーシング1・2塁で山口投手にスイッチ

この時点でサヨナラ負けを予想(笑)

ヒットを打たれ満塁にし絶体絶命で次打者を内野ゴロに仕留め なんとか8対7で新潟勝利

山口で逃げ切れたのは奇跡です(笑)

投手陣は今回に限らず最近の内容から夏疲労多発かぁと


さてBC群馬にロッテ阪神に居た小林宏之の入団が決まりました

BC石川にはナックル姫の吉田えりが契約合意に至ったようです

後期中盤に入ろうかと言うとこですが各球団補強の手は緩めませんね

新潟は野手あと1人補強しなきゃと思うんだけどなぁ

怪我の野呂を待ってるだけみたいです(苦笑

投稿: 佐藤 | 2013年8月15日 (木) 09時15分

BJさん、お早うございます。荻野貴司選手の猛打賞は、良かったです!唯、2度も貴重な盗塁を決められるシーンがあったのに、視られなかったのは残念です。
グリーン・ライトだとしたら、本当に慎重ですね。自分は、寧ろ、交流戦で菅野投手相手に見せた、ギャンブル・スタートを視たいです!
対して、岡田選手の盗塁アウト。あれは、仕様が無いと思います。スタートが良く、投球がスライダーだったので、完全にセーフだと思いました。連日の嶋捕手のどんぴしゃのスローイングは凄いです!盗塁のシーンの迫力を改めて感じました。やはり、自分は、野球のプレーで盗塁のシーンが1番好きです!
昼の甲子園も凄かったですね。安楽投手の155キロ。それを打ち返す金属バットの迫力。そして、大阪桐蔭を苦しめた相手投手の見事なコントロールと変化球。野球の奥深さを改めてこちらも感じました。
唯、夜のマリーンズの試合の迫力も凄かったです!プロは、生存競争です!まず、自分の活躍です。自分がやって来たレベルの野球でもまず、自分の活躍がありきでした!自分が出れない試合でチームが勝っても喜べません。そのような色々な思いが結集して勝利に結び付けば良いと思います。
本日も荻野貴司選手の活躍、マリーンズの20倍返しを期待します!

投稿: エイトマンちから | 2013年8月15日 (木) 09時53分

初回の4失点で終わったと思いましたが、まさか勝つとは・・・
今日は里崎よりもリリーフ陣の踏ん張りが大きかったと思います。
正直藤岡が出て来たときはここまでか・・・と思っていましたが、現状の力で良く抑えたのではないでしょうか?
うーん。外すのは高濱・青松か・・・しかも上がって来たのが細谷というのが?です。
里崎は、野球の神様がしっかり見ててくれたから今日の結果が出たのだと思っています。おめでとう。

投稿: 通りすがりのマリーンズファン | 2013年8月15日 (木) 22時08分

>てんとう虫さん
参戦、お疲れ様です!良い試合を観られましたね。お客さんの入りも良かったし、中継越しでも一体感がとても感じられました。
いやあ、仰るとおりで伊東監督は厳しい戦いをくぐり抜けて優勝を掴みとって来たのでしょう。ライオンズ黄金時代と言っても近鉄らと激しい戦いを繰り広げてきた訳ですし、簡単に優勝は出来ないってことでしょうね。ほんとうに正念場なのかもしれません。
里崎のホームランは良かったですね!俊ちゃんに勝ちをつけたい、というインタビューも印象的でした。

投稿: BJ | 2013年8月15日 (木) 22時17分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

イーグルスはマリーンズの次に応援しているチームですし、初の優勝を観てみたいですが、それより先にまずマリーンズが優勝して欲しいんです。星野監督があまり好きではないというのも素直に応援出来ない理由のひとつですが(爆)
スワローズは故障者も戻ってきて、少しずつ状態は上がっていますよね。まだまだ巻き返せますよ!
アルビとファイターズ、斎藤佑樹は散々だったみたいです。ちょっと悲しいものがある・・言っても仕方ないですが、大学に行かず高卒即プロに行ってればな〜と本当に思います。高校時の投球を観て、高卒入団で1年目から活躍出来るな、と思っていたので。由規が一向に戻って来ないのも残念ですね。
コバヒロの群馬入団はこの時期なので驚きでした。吉田えりは石川ですか、この時期の補強って面白いですよね。新潟は・・・予算とかいろいろあるのかな。ちょっとマリーンズぽいですね(泣)

投稿: BJ | 2013年8月15日 (木) 22時21分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

荻野貴司猛打賞は嬉しかったです!盗塁のサインがどうなっているのかは本当に気になるところ。シーズンが終わったら明かされる時が来るのかな?思い切った盗塁が観たいですね。
嶋のスローイングは見事ですね。岡田のアウトは仕方ないですが、それでも岡田は全体として成功率がかなり低いので、スタートなどをもっともっと頑張って研究して欲しい。もちろんしているのでしょうけれど・・・俊足がもったいないです。
高校野球も連日の熱戦、どんどん凄い選手、特に2年生投手がみんな凄い素材ばかりです。本当に日本野球の底上げは著しいと思います。
マリーンズも負けじと気迫を全面に出して欲しいですし、監督には気持ちを持った選手を積極的に起用して欲しいです。

投稿: BJ | 2013年8月15日 (木) 22時25分

>通りすがりのマリーンズファンさん
コメントありがとうございます。

初回の4点は「げ!」となりましたけど、前日の試合の気迫が凄かったですから、1点ずつ返して行けば中盤以降で逆転も出来る!と信じていました。リリーフ陣よく頑張りました。
高濱、青松の抹消、細谷昇格は私もうーん・・と思いました。細谷は右打ち、そして遊・三・一が守れるというのが理由でしょうね。高濱なら塀内抹消に、って個人的に思いますがプレーを観ていると塀内が地味に頑張っていたので、抹消なら高濱かな、と思っていました。残念だけど、また這い上がって来て欲しいです。
里崎は野球の神様の粋なはからいでしょうね。腐らずに頑張った甲斐があったと思います!

投稿: BJ | 2013年8月15日 (木) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/52884844

この記事へのトラックバック一覧です: 「神様の試練」から逃げなかった里崎 M6−5E:

» <NPB>マリーンズは大逆転で首位楽天に連勝 [つらつら日暮らし]
里崎のサヨナラ弾が炸裂しました。 [続きを読む]

受信: 2013年8月15日 (木) 05時45分

« 井口不在で価値ある1勝 M3−0E | トップページ | 俊介を勝たせたかった M1−3E »