« 西野、益田が「スミ2」を守る F0−2M | トップページ | ビジター9試合でなんとか勝ち越せた F1−5M  »

2013年8月10日 (土)

このめぐり合わせが今季の唐川なのか F3−2M

1点差を守りきれずのサヨナラって結構ショックですわー。
ニッカン式スコア

武田勝からはそうそう点は取れず、かと言って唐川の今季の出来だと期待出来ないので打線の援護が必要と昨日書きましたが、一転唐川が好投しました。投球は全く観ていないし、内容的にも三凡が1イニングしかないのでなんとも評価しがたいのですが、それなりによく投げたことは間違いないでしょう。
しかし打線が相手エラー絡みの2点しか取れず、唐川に勝ちをつけることが出来ませんでした。好投したら好投したで援護がないってのも今季の乗り切れない唐川を象徴している感がありますね。

内、ロサ、松永で2失点してしまったのは仕方ないでしょう。藤岡の投球だけ録画でさらっと観ましたが、ボール自体は行っていましたよね。今浪にはストレートで押して欲しかったな〜、完全に力勝ちしていたので。半端にスライダー投げさすならボール球にすれば良かったのに・・・。最後、鶴岡への投球はほぼ里崎の要求通りだったのに完璧に打たれました。あそこまで打たれるのは完全に読まれていたと思います。それが鶴岡の捕手としての読みであれば良いのですが・・・少し気になりますね。
なので、藤岡のボールは良かったと思うので、悔しいけど仕方ありません。

明日は大谷と吉川ということで、荒れた試合になるかも・・・今日の浦学戦みたいになっても困りますが。今日は中継ぎ総動員に近かったですが、明日も同じく総動員となるでしょうね。後は、とにかく野手!野手が点を取ってくれないことにはお話になりません。今日の結果を悔しいと思うならば、明日ぶつけてくれ!マリーンズファイティン!

☆西野が抹消となってしまいました。右肩痛・・・恐らく慣れない先発ローテをこなす中での慢性疲労性のものだと思います・・・というか思いたいですが、絶対に無理はさせて欲しくはないですね。今季投手陣最大の功労者、戦力としては本当に痛いですけれど「今までに感じたことのない痛み」というのが気になります。ローテ1回飛ばしで帰ってきて欲しいけど、無理して帰って欲しくはない。ああ、つらい。
★浦和学院の小嶋投手、180球超の熱投。高校2年生にいきなりこんな投球をさせるのはどうなんだろうか。これが、野球は高校で最後と決めた3年生ならば何も言いません。足を攣った後、(本人の希望があったみたいですが)打者二人も投げさせず、監督には即降板させる勇気を持って欲しかったですし、それまでの投球数などを考えて、交代を見越してブルペン準備させておいて欲しかった。浦和学院の森監督は一定の評価がある熱心な監督ですが、浦学が夏に弱いのはこういう部分なのかな、と思ってみたり。当人達にしかわからない信頼関係もあるでしょうし、大人が無理を強いているとまでは言いませんが。大きなお世話なのは承知ですが、やはり疑問。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

|

« 西野、益田が「スミ2」を守る F0−2M | トップページ | ビジター9試合でなんとか勝ち越せた F1−5M  »

コメント

BJさん、お早うございます。荻野貴司選手は、昨日はスタメン落ちでしたね。現在の調子だと致し方ないと思います。早く調子を戻して欲しいです!イーグルスも負けて良かったですね。
昨日の甲子園は、仙台育英と浦和学院の試合は、視られました。自分は、基本的にはプロ野球の方が好きですが、対戦カードによっては、高校野球の迫力は、凄いと思います!
昨日は、本当に凄い試合でしたね。自分は、仙台育英高校を応援していたので、尚更、嬉しかったです!サヨナラの当たりになった長打の高めの捌き方、見事でしたね。
浦和学院の投手に関しては、監督が強制的に交替させない限り、どうにもならないと思います。あの場面で、自分から降板できませんよ。凄い投手ですね。甲子園で文字通り、どんどん熱闘を期待します!NPBも負けずに頑張って欲しいです!

投稿: エイトマンちから | 2013年8月11日 (日) 09時48分

甲子園大会真っ盛り、いくら夏休みとはいえ、この猛暑炎天下に全力プレーを強要する高野連の方針にどうも賛同できない私です。
木更津総合高校勝ちましたが、まるで地元マリーンズを見るかのごとき試合運び…
マリーンズファイティン!
昨日のマリーンズはサヨナラ負け(泣)延長に入ってハムさんを超苦手にしてる藤岡が登板したところで詰みでした(泣)まあビジターだし仕方ない。格落ちの烙印押されかけた唐川君がそこそこ投げたことは収穫。
負けたことより西野の故障がショックです。明日検査とききましたが、重症でないことを祈ります。
成瀬も故障が思ったより深刻だったらしく復帰が遅れてますし…

投手が悲鳴あげてるので野手には頑張ってほしいのですが、荻野、伊志嶺頑張ってくれ~!てゆーかここまで外野手困ってるのに清田はまだか!清田は右打ちもできるし守備の安定感もあります。二軍で連日気楽に打席にたたせてる余裕があるのかしらん。
西野の代わりは俊介さんですか…
ようやくベテランにチャンスが(爆)

今日の大谷には結果を求めたいです。


PS
これ言っちゃいけないのは分かってますが、藤岡を野手で見たくてたまりません。可能性はあると思う…

投稿: てんとう虫 | 2013年8月11日 (日) 11時26分

チームの柱になってもらいたい89年組が試合の行方を決めてしまいました。
唐川は頑張った方ではあると思いますがそもそも期待されているレベルが高い投手ですからあの内容ならもう1イニング(出来れば2イニング)投げなければいけないと思います。
高濱もチャンスをもらっているのですがやはり1軍の投手のレベルの高さが如実に出ています。恐らくそろそろ根元が戻って来そうなので頑張ってもらいたいです。
益田・・・三者三振は見事ですが、それに見合った投球内容ではなかったと思いますし、何よりまた投げました。しかも同点の場面でした。
大体同点の場合裏の攻撃のチームは点が入ればサヨナラ勝ちなのでクローザーから出すのが定石ですが、うちは表の攻撃ですからもし10回に点が入った場合2イニングいかせるつもりだったのでしょうか?
そもそも勝ちパターンの投手を使って逃げ切れないからこういう事になっているのですから、言い方は悪いですがもう諦めるべきです。それこそリードを取ったら使うべきだと思います。
そして藤岡ですが、益田を使って勝ちにいこうと考えたなら何故あそこで藤岡なのか?それに使うなら別に9回から藤岡でリードしてから益田でのいいと思うのですが?
それにしても首脳陣は一体藤岡をどうしたいのでしょうか?このまま潰れて終わってしまいそうです。
高校野球の投手の使い方は色々な考え方がありますから一概には言えませんが、自分もあれは投げ過ぎだと思っています。あれが最後の試合ならという考えでもダメだと思いますし、足の痙攣以前にもう代えてあげるべき投球数までいっていたと思います。西武の菊地も甲子園で脇を痛めて無理に投げてプロ入団から数年怪我の治療に時間を使わなければいけなくなってしまいました。
勘違いしてはいけないのは甲子園で200球近く投げる前に地方予選からすでに球数を投げているという事を忘れているような気がします。(しかも投球間隔が短いです。)
甲子園からスタートではなくそこにいくまでに戦いが始まっているのを軽視している感じがしています。
それでいうとこれから出て来る済美の2年生エース・安樂はおぞましいほどの投球数を高校入学から投げています。来年のドラフトでも注目の選手ですがいつか壊れてしまうような気がしています。

投稿: 通りすがりのマリーンズファン | 2013年8月11日 (日) 12時14分

西野投手が抹消ですか
でもよくここまで活躍してくれました。
ドラフト下位の選手には甘い僕ですので
西野投手に関しては
ここまでの活躍をありがとうと言いたいです。

やっぱりこれまでケガなくローテで投げ続けていた
成瀬投手って偉大だなと
西野投手や昨年までの唐川投手を見ると毎度ながら感じます。


浦和学院vs仙台育英の試合は見ました。

僕は別に森監督が悪いとも言えません
例えば自分が監督なら代えられたかと聞かれたら
交代出来たかは分かりませんし
あくまでも第三者が冷静にそう感じるだけで
これで監督さんに対して
夏に勝てないのはとか批判的に書くのも失礼かなと
前にも書いたように選手を守るなら
球数制限のルール化、これしかない気がしますし
監督さん判断だけでは難しいかな
今回のBJさんのご意見は
第三者だから言える意見な気がします。

もっとも球数制限をすると
私立高校がますます勝ちそうな気もしますが

ただ一人の野球ファンとして
浦和学院、仙台育英両チームの選手の戦いに
感動したのもまた事実なのですが

投稿: マットゥン | 2013年8月11日 (日) 12時58分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

荻野貴のスタメン落ちは恐らく休養も込みでのものかな、と思いました。なのであまり気にはしていませんでした。今日はスタメンでしたね!
高校野球とプロ野球はもう別物な感じがします。技術云々よりも選手たちの「気持ち」が凄い。それこそエイトマンさんが良くおっしゃる「真剣勝負」の面白さがあります。
浦学の投手交代、やはり監督が決断しないとですよね。そこを監督本人には冷静になって考えて欲しいです。目の前の勝負に熱くなることは結構ですが。

投稿: BJ | 2013年8月11日 (日) 17時12分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

「夏の甲子園」はもう動かせない部分はありますよね・・しかしここ最近の猛暑はまた状況が変わって来ていますし、試合時間を真昼は避けて期間延長するとか、何らかの対策を考えないといけないときに来ている気がします。元気な高校球児は元気なんですけれど、連戦となるとそうも言っていられない。
唐川がなんとか結果出したことは収穫ですよね。でも今年の唐川なんで、信頼出来ないってところが悲しい。
西野の故障は本当にショックです。とにかく大事に至らなければ良いのですが・・・今までやったことがない箇所・痛みっていうのが気になります。成瀬も遅れてますしね。でも二人共しっかり万全の状態にまで戻ってから復帰して欲しいです。
清田の昇格がまだないっていうことは、以前も書きましたが何か「課題」的なものがあって、そこをクリア出来ていないということなのでしょうかね。サブロー抹消で右打者が手薄ですし、昇格してもおかしくないところですが。この感じですとGGの方が早いかも。
藤岡の野手ですか!糸井パターンですね?でもバッティングどうなんでしょうね?足の速さとか・・・。藤岡野手、想像出来ません(笑)

投稿: BJ | 2013年8月11日 (日) 17時25分

>通りすがりのマリーンズファンさん
コメントありがとうございます。

唐川は期待値が大きいですからね・・それって回りが勝手に期待しているのですが、本人もそれは受け入れている筈(むしろ期待しない程度なら本人も納得しないでしょうね)。
高濱は自分でも1軍投手のレベルを痛感しているようですね。角中も最初はそうでしたし、必ず対応出来ると信じています。
同点での9回、益田の登板は私もおお?と思いました。おっしゃるとおりで先攻・後攻で同点の9回以降の投手起用セオリーは違いますから、先に藤岡でも良かった筈ですよね。今季の藤岡は中継ぎで便利に使う、それがチームの為でもあるけど本人の為ということなのだと理解しています。
昨日の浦学に関しては監督が「交代させなかった私のミス」と言っていて、朝日はその判断を「無理もない」と表現していました。私はこの風潮が嫌なんですよ。どうしても「疲労を耐えての力投」みたいなのが美談になってしまうのが悪いところなんだと。おっしゃるとおり、地区予選で既に球数を多く放っている投手が多いのが現状です。小島投手は予選で800球超投げています。安樂君の選抜での登板は私は認めることが出来ません。名将・上甲監督よ、お前もかと思いました。今は幸いにも復活していますが、長い目でみたらいつか壊れると思いますよ・・・。

投稿: BJ | 2013年8月11日 (日) 17時34分

>マットゥンさん
コメントありがとうございます。

西野、成瀬両投手には急がせず、じっくり万全な状態になってから戻って来て欲しいと考えています。チームは勝負の時期にさしかかりつつありますが、目先にこだわってこの先を潰してしまったら何にもなりませんし。
***
高校野球の登板に関しては論争賑やかですが、一つ大きくいいたいのは「第三者の意見」だからこそ大事なのでは、という事です。私も高校野球やって来ていますが、ある意味もう「宗教」なんですよ。狭い世界で、視野が非常に狭くなってしまう。それは高校生はある意味仕方ありませんが、だからこそ指導者が冷静に判断して欲しい。なので、むしろ第三者の意見こそ重要では。(私がこのブログで書いたって何にもならないことは承知ですが)
森監督は高校野球の世界では有名な熱心な監督で、指導方法もいろいろ工夫されていますし、記事中に書いたように非常に評価が高い監督です。
そんな森監督なのに、昨日のような采配をしてしまう訳です。「森監督よ、お前もか」という心境です。
・・・高校野球の監督って、経験者のいろいろな話を聞いても「全国優勝」には魔力があるそうです。とにかく一度は到達してみたいし、一度経験したらますますその魅力に抗えない。「夏に弱い」って書いたのは、森監督ご本人がそれを一番痛感しているという事実があるからです。これだけ”強豪・浦和学院”を長年率いながらも夏は弱い。その理由がどこにあるのか。昨日の選手起用、そして結局負けた事にそのヒントがあるのでは?という意味でそういう表現をしました。インタビューでは選抜優勝で「全国優勝の独特の良さがわかった」と言っていました。夏もその魔力に絡め取られていないか?優勝がチラついて、「絶対エース」に無理をさせなかったか?と私は言いたいのです。
高校野球の、監督と選手の関係っていうのは周りが見るよりももっともっと深いものがあります。だからこそ記事中でも「当人達にしかわからない信頼関係もあるでしょうし、大人が無理を強いているとまでは言いません」と書かせてもらいました。私の表現力がまだ足りなかったかも知れません。
最初に書いたように、狭い社会の中の話で終わらせてしまって良いのか、選手の「この先」の野球人生を考えてやらなくて良いのか、そこは指導者が冷静に判断するべきではないのか?と周りの人間が適切に助言しなくてはならないと私は思います。
ひとつの救いは監督が「交代させなかった私のミス」という言葉でしょうか。それが勝負の事なのか、小島投手の先を考えての発言なのかはわかりませんが、少なくとも監督として大きな経験をしたのだろう、とは思います。
前にもここで話題が出ましたが、これ以上無理な投球が続くようならば、「球数制限」を導入するしかないかもですね。野球にそういう制限はしっくりこないので、そうならないように自主的に無理させないような起用、日程などで対応して欲しいところです。そしてメディアには決して「美談」にしてほしくはない。
長くなりました、ごめんなさい。

投稿: BJ | 2013年8月11日 (日) 17時53分

BJさんの意見は理解しますし尊敬します。
第三者の意見の大事さも分かるのです。
だからこそ理想論を言うだけでなく
第三者(高野連)が選手を守るルール作りをするしかないと
僕は思うのです。

理想を言うだけでなく
行動を起こさなきゃいけないと思うのです。
もうそこまで来ていると思います。

それは森監督、上甲監督クラスの名将クラスでも
全国制覇の魔力に
ああいう判断になってしまう以上
それが全てだと思いますし

自分が高校野球の監督で
最初で最後の全国制覇のチャンスの監督の立場だったら
もっと無理させるかもしれないなどと
想像するとそういう結論になるのが事実なので

いくらBJさんのように第三者が正論を言っても
(適切な助言をしたとしても)
それこそ監督さんだって頭では理解していても
・・・になるから

だからこそ球数制限のルール化など
選手を守るには“それしかない”と書きましたし
BJさんの自主的に無理させない起用は
僕は球児達のことを考えて仰った
BJさんを人として尊敬する
理想論ではありますが
上記の理由から
もう自主的な判断で願うのは
現実的には無理だと僕は思いました。

大変申し訳ないのですけどね。

投稿: マットゥン | 2013年8月11日 (日) 21時02分

>マットゥンさん
コメントありがとうございます。
こういうやりとりは得るものがありますね。

自主的な部分で無理をさせないというのは理想論であるのは重々承知です。きっと、マットゥンさんのおっしゃるように、もう「規制」するべき時期に来ているのかも知れません。
ただ、最近の潮流を観ていると昔(例えば10年前)に較べると選手、特に投手の酷使に関する議論は格段に増えていると実感しますし(例えば松坂の甲子園での登板、批判する人はほとんどいなかった)、そこに気がついて取り組みをしている学校も増えてきたと思います。今年から準々と準決勝の間に休養日を設けるという試みも行われますし(その効果の程は別にしても)、確実に事態は好転していると思います。
確かに、私も人間ですしきっと情熱を持ちいろいろな事を犠牲にしながら監督をずっと続けていて、全国制覇が目前に見えて来たとしたら・・・高校生の「やります」という言葉をタテに無理をさせてしまうかも知れません。その状態に陥ることは充分理解出来ます。
ではあるけれど・・・「規制化」はもう少し待ちたい。話がとんでもなく大きくなりますけど、今の世の中ってなんでも規制になるじゃないですか。それはメーカーとか自治体とか、サービスを提供する側が自分を守るためという側面も大きいと思いますし、そもそも消費者側が何かあるとすぐ他人(提供する側)のせいにするという風潮があるからでもあります。「規制されているからやってはダメだ」という理論は、言い方を変えると「規制されていないからやっても良い」とすり替えられる危険性が非常に高いものです。
私はこのようなことがどうにも好きではありません。理想論と笑われるかも知れませんが、ルールが無くても、明文化されてなくても、「文化」としてそのような問題が起こらない社会であって欲しいと思います。・・・もうダメなんですかね。「日本人」の性根を考えるとまだ期待したいという気持ちは残っているのですが・・甘いのかな。

投稿: BJ | 2013年8月11日 (日) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/52828100

この記事へのトラックバック一覧です: このめぐり合わせが今季の唐川なのか F3−2M:

« 西野、益田が「スミ2」を守る F0−2M | トップページ | ビジター9試合でなんとか勝ち越せた F1−5M  »