« 諦めたら終わり! E7−5M | トップページ | 悪夢を引きずらない勝利にホッ H0−6M  »

2013年8月25日 (日)

諦めない野球をやっているのは、どっちだ E6−5M

この3連戦、信じられない結果に終わりました。
ニッカン式スコア

正直、私はこの3連戦期待していました。派手さはないものの、6カード連続勝ち越しを続けイーグルスとの差を2.5にまで縮めたマリーンズ。一方のイーグルスは勢いに翳りが見えました。この状態で迎えた3連戦、私としてはそれなりの手応えもありましたし、”鬼門”Kスタなんて関係ないぜ!と思っていたのですが、思っていたのは私だけだったみたいです。

連敗で迎えた今日、3タテを喰らうことだけは絶対にして欲しくなかった。今日は休日出勤だったので試合途中からテキスト速報を追っていたのですが、最初に4−0の数字を観た時は、意地を見せてくれた!と嬉しくなりました。なので、今日の負けもショックはかなり大きい・・・しかもミスが絡んでわざわざ相手に勝利をお膳立て。

・・・なんだかんだで、初戦マー君から勝てなかったのが大きいですね。さらに言うならば初回、ヨタヨタだったマー君から点を奪えなかった時点で、このカードの結果は決まっていたのかも知れません。逆に言うと、マー君の存在感を思い知りました。

今日のヒーローインタビューでは岡島、榎本が「魂で打ちました」と昨日の榎本のセリフを引用しての”ネタ”的な事を言っていましたが、冗談めかしてはいるものの、実際言葉通りの気持ちで打ったと思うのですよね。マリーンズ打線が頑張らなかったとは言わないけれど、勝負所での半端な見逃し三振や同じような球に手を出しての三振、凡打を観ていると、果たして「魂で打つ」というまでの気持ちがあったのかどうか。今日の9回の岡島の粘りなんて凄かったですよ。鬼気迫る、くらいの気持ちを感じました。他にもイーグルス打線は追い込まれても諦めないように見えるし、2アウトからだって諦めていないように見える。

マリーンズにも勝ちたいという気持ちは間違いなくあったと思いますが、「また勝てないのかなー俺たち」みたいな感情がなかったか・・・??少なくともこの3試合、試合中盤以降の打者陣にあまり気迫は感じられませんでした。昨日今日と打線は5点取ってますから、一見責任はない様に思えますが、投手だっていっぱいいっぱいの中でやっています。チャンスで打て無さ過ぎますよね。(もちろん手薄になった先発、1軍で投げるチャンスがあるのに活かせない浦和組も情けないですが)投手陣の疲労がたまるシーズン終盤、もっと投手を援護してやらないと。

あえて具体的な名前を出しますが、サブロー、福浦の元気の無さはいったいどうしたことでしょう?ベテランの経験こそが重要になってくるこの時期にあっさり「白旗」を上げるような打席内容ではあまりにも情けなさ過ぎます。もっとも、裏を返せばこの二人を起用せざるを得ないような、さらに言い方を変えればこの二人を出場させてしまっている他の野手達が情けないと言えるかも知れません。

この二人には悪者になってもらいましたが、もちろんこの二人に限らず野手陣全体の元気の無さが気になります。終わってみて判りましたが「気持ちの差」を思うと、この3連戦の結果は順当だったのかもしれません。

非常に苦しい、厳しい3連敗でしたが、ここからこのまま落ちていくのか、それとも最後まで追いすがって抵抗するのか。選手の強い気持ちと首脳陣の執念を観たいし、観させてくれ!と願っています。まさか、「Aクラス入れたら良いやあー」なんて思っていないよね?残り試合、力を振り絞ってのマリーンズ野球を観せて欲しい。マリーンズ、ファイティン!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。


|

« 諦めたら終わり! E7−5M | トップページ | 悪夢を引きずらない勝利にホッ H0−6M  »

コメント

管理人さん返信有り難うございます。久し振りのコメントですみません。監督さん勝つ気有りますか?采配選手起用に工夫が感じられず悲しいです!恥ずかしいです!もっと頭を使って行かないと勝てるものも勝てませんよ!気迫すらだんだん薄れて相手は益田君でラッキーと思ってるし松永君の出番なのに何でわざわざ相性のかなり悪い益田君を出すのか説明して欲しい!荻野貴司君の意地の1本は素晴らしく日曜のヒーインまで潰してまで益田君を出す意味が無い!松永君出して負けたら理解しますよ!松永君ですよ誰が考えても!逃げたくなかったからとかそんなの甘い選手起用采配ですよ!イーグルス戦だけは松永君で抑え行かないと勝てる試合もことごとく落としてしまいますよ!ファンを悲しませないで下さい!いいかげんこれ以上自ら負けに行かないで采配は辞めて下さい監督さん!せっかくファイターズがホームで3立て食らい、やられたらやり返すで仙台で3連勝し意地をみせやり返したのにっしかも4番抜きでやり返した!素晴らしい!有り難いですよ。なのにうちの首脳陣&野手は情けない!打たないと負けますから!選手起用采配ちゃんとして欲しい!もう明日マジック点きますよ!(涙)ちょっと言い過ぎましたすみません!(涙)。追伸:監督さん青松さんとホワイトセル2軍で干してる余裕うちには全くないぞ!と前から言ってるのに!!益田君で約10試合も試合壊してる内5試合落としてますからね!イーグルス戦とホークス戦だけは抑え真剣に考えないと益田君弱気だから強気じゃないから(涙)

投稿: 九州マリン | 2013年8月26日 (月) 07時50分

なかなか厳しいですね。BJさんは認めないでしょうが、仙台方角が悪いです。こんなに負けが込むと、野球以外の要因を疑っちゃいますよ。サイン盗みとかしてんじゃないの、とか。ウチの投手があんなにあっさり逆転喰らうわけない。みたいな?マリンではちゃんと勝てるわけだし。まあ暴論ですが。勝負はフェアだと信じますが。
伊志嶺はいよいよ正念場だなあ。明らかに実戦が不足してます。結果出せない本人もいけませんが、ドラ1で入団させて、どういう選手にしていきたいのか方針が見えない。マリーンズの外野手のなかではいちばんスマートでバランスいい選手ですよね。こうなった以上少し二軍で頭冷やす時間あげてほしいです。個人的に伊志嶺って選手が大好きなのは別に、起こるべくして、起きた事態な気もして、気の毒な気もします。
3連敗は、厳しい結果になりましたが、これも結果と受け止めて私達はマリーンズを応援しなくては。岡田選手のブログ見ました?出た結果がネガティブで、それについて批判するのは、しょうがないんだけど、建設的じゃないと思います。明日からも戦って行くために、みんなでできることをしましょう。


古谷選手もいったん休み…うーん、代わりの先発どうしたものか。大谷が先のりしてるようなんで明日はそういうことなのかなー。まさか黒澤いきなりってのはあるまい 。
吉見は昨日浦和で登板してたし…行けるのは阿部か大嶺?


横レスすみません
九州マリン様

青松ちょっと調子落としてますね…
右打者の昇格は次こそ清田だと思う。加藤は左打席限定で期待してください。細谷、大松…厳しいなあ。

投稿: てんとう虫 | 2013年8月26日 (月) 09時37分

管理人さんすみませんこの場をお借りして失礼致しますm(__)m。てんとう虫様へ。初のコメント下さり有り難うございます。感謝申し上げます。青松さん不振ですかっ!?残念ですね。自分は青松さんを捕手を辞めさせて迄打撃に専念させた監督さんの責任が大きいと思います。で有れば、きちんと責任を持って1軍で育ててもらいたいんです。近い将来のマリーンズの為に。大げさかもしれませんがそれ位特に捕手と投手からのコンバートってそうだと思います。福浦さんがそしてチームは違いますが糸井さんが育ててもらった様に。コンバートさせた事は正解ですが、ちょっとほったらかし過ぎでは?と。三郎さんと大松は代打以外では使えません。スタメンならトレードで構いません。2軍で頑張ってるのに今だ上に上げてもらえずにいる選手の為にもかわいそうですから。厳しいコメントですみません!ちょっと言い過ぎましたね!少し反省しますm(__)m

投稿: 九州マリン | 2013年8月26日 (月) 13時20分

BJさん、今晩は。昨日は、荻野貴司選手のホームランが、最高でした!得意なイン・コースを絶妙に腰を回転させて叩きましたね。あの打球も、自分が待ち望んでいた威力です。これを機に、調子を取り戻して欲しいです。
このイーグルスとの三連戦は、自分は、ベンチ・ワークのミスだと思います。将大投手にブラゼル選手を起用して欲しかったです!サブロー選手は、故障上がりです!初回のツー・アウト満塁での高めのスローなスプリット・フィンガーの見送り三振にはがっかりでした。
クローザーも決め球が、相変わらず甘いですね。中4日、5日ローテーションも裏目にでましたね。自分の考えも甘かったと思います。3連戦で両チーム、盗塁ゼロも物足りなかったです!
唯、まだ分かりませんね。5・5ゲーム差なら。イーグルスも故障者が多く、大型連敗する可能性もあります。マリーンズの優勝とバレンティン選手の“56”号を視たいです!
明日も荻野貴司選手の活躍とマリーンズの勝利を期待します!

投稿: エイトマンちから | 2013年8月26日 (月) 18時35分

すいません・・・自分は最初から優勝はおろかCS争いも難しいと思っていたのでここまでの結果に満足していますし、去年の大失速を免れる事が出来ればそれでいいと思っています。少しでも去年より成長出来ていればいいかと。
サブロー・福浦は春先からずっと言っていますが今シーズンは調子が一向に上がらないのに一度も下に落とさず(ちなみにサブローは怪我で落ちましたね。)そのまま地蔵のように置きっぱなし・・・これでじゃあシーズン終盤だから働けっていうのはTVゲームではないので都合が良すぎます。
この間も落とすのは大松ではなく福浦だと思っていましたし、上に上げるのはサブローではなく清田だと思っていました。
浦和組についても確かに選手達にも問題がありますが、やはり目先の1勝にこだわり若手を育てていないです。2軍にいるだけで成長するならとっくに世代交代出来ています。しかも明日大谷ですか・・・先発失格って言っていたような?そんな選手に賭けている時点でどうかと思いますが。
それこそ楽天は野村監督時代マー君をどうするか?となった時本当は2軍でスタートさせたかったのですが、岩隈以外いないので使わざるを得ない状況だったと。今の楽天も銀次・枡田・岡島・島内と去年から使い続けた結果ここまで戦力になっているのですからうちもそろそろシフトを変えた方がいいと思っています。
何も今年で野球が終わるわけでもないでしょう。諦めない気持ちも大事ですが、ここまでと割り切らないといけない決断力も大事です。
セリーグのように2チームの争いなら最後まで抗い続けなければいけませんがすぐそこに来てますよ?追い上げて来ているチームが。(しかも1チームではない。)それこそ今年もCS逃したら目も当てられないです。

投稿: 通りすがりのマリーンズファン | 2013年8月26日 (月) 20時31分

>九州マリンさん
コメントありがとうございます。

監督も首脳陣も勝つ気はもちろんあるかと思いますが・・・悩んでいるのか、試行錯誤なのか。最後に益田を託したのは、私は納得出来ます。不調や登板過多が続いていたならまだしも、れっきとしたマリーンズの抑えですし、ここは益田以外ないかと。ノーアウト3塁で無失点に抑えるのは難しいです。ただ、前に松永をクローザーに送るということをしていますので、確かに選択肢としてはアリですよね。
青松に象徴されるように、ファームではなく上に上げて欲しい選手は結構います。そのあたりの起用法にやや不満はあるものの、私は伊東監督の采配をいまだ信じていますので・・。
しかし、厳しいゲーム差にしてしまったのは事実です。ここからの監督の手腕に期待する私がまだいます(汗)

投稿: BJ | 2013年8月26日 (月) 23時09分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

仙台でのツキの無さはちょっとおかしいですよね。以前もてんとう虫さんさらっと書いてらっしゃいましたが、私もなんかおかしい、特にバッテリーの配球をまるで知っているかのようだ・・・とよろしくない考えが頭をよぎってしまったりします。フェアだと信じたいですが・・・負けたチームがこれ言うのも恥ずかしいですし、まさに暴論だと思いますけれど。
今年の伊志嶺の立ち位置はなんとも微妙ですよね。前政権を認めない私ですが、去年は不振にも関わらずオープン戦でずっと起用していました。少なくともそこに育成方針はあったと思います。首脳陣としてもいまいち使いでが掴めないのかなー。本人のアピールも必要かもです。伊志嶺本人も自分がこの先プロでやっていくにはどこを伸ばしたら良いか、真剣に考えないと。引退するスワローズ宮本もノムさんの言葉で自分の道を見定めたようですしね。私も伊志嶺は荻野貴司と並んでチーム双璧で好きな選手なだけに、寂しい・・。
岡田のブログは読みましたよ〜。ブログ書いてからですが・・・。選手の声が聞きたくて。岡田も書きづらさはかなりあったと思いますが、良く書いてくれました。ファンとしては救われます。
どうあっても私がマリーンズを最後まで応援することは変わりないので・・。選手もファンも頑張って行きましょう。

投稿: BJ | 2013年8月26日 (月) 23時15分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

荻野貴司のホームラン、良かったですよねー。あの流れならばこの一発で普通試合は決まるものですが・・。技術的にも見事なホームランでした。
三連戦、初戦にサブロースタメンで起用したのがやはり判断ミスだったということなのでしょう。結果論なのですが、結果が一番大事なので。あの見送り三振には私も本当にがっかりしました。いくら後でボール、って言ってもねえ・・。
益田はやはり球の勢いが去年ほどではないと思います。あんなに簡単に当てられる筈がない。一年目で年間最多登板記録を更新するのはやはりおかしいですよね。
まだ希望が持てる限り、私は優勝は諦めていません!

投稿: BJ | 2013年8月26日 (月) 23時19分

>通りすがりのマリーンズファンさん
コメントありがとうございます。

いやあー、確かにその考えも普通にアリなんですよね。わたしも今年はAクラス厳しいかな、と思っていたので。ただ心の何処かで新首脳陣と選手たちの意地に期待する気持ちもありました。
Aクラス入りを主眼に来季を見据えた方針転換するのは長い目で見れば良いことなのでしょうけど・・・まだ絶望的な数字ではないので(かなり厳しいけど)私はまだまだ優勝を諦めず応援します。折りにふれ、過去書いてきたのですが、私が一番望むものはマリーンズの「1位」なんですよね。CS出場して日本シリーズ出たって、そんなに嬉しくない。Aクラスはいわば単なる名誉とかプライドの問題です。白か黒か、デッドオアアライブなんですよねー、私の中では・・。やっぱりわがマリーンズにはパ・リーグで1位を取って欲しいです。なので、可能性がある限りは諦めたくありません!!
さて、サブローと福浦は代打の切り札で良いと思うのですけれどね。ファームの育成方針は私は間違ってはいないと感じています。高濱ら若手野手はもっと1軍に引き上げてほしいと思いますけれど、投手陣はオープン戦から観るとチャンス与えてますし・・・。清田を上げないのはなにか理由があるはず。かならずしも目先の勝利にはこだわっていないと思います。

・・・そんな訳で、私は諦め悪くまだマリーンズの優勝争い、応援しますよ〜!

投稿: BJ | 2013年8月26日 (月) 23時25分

Kスタ3連戦は悪夢でしたね。
ヤフオク!ドームだと打線繋がるというか
いいところに飛んでくれるのに
そして対戦成績では相性がいいため?
ホークスさんの打球はやたら
正面を突く(汗)

僕は素人なので選手の心理とか気持ちは
正直、分からないのですが
(気持ちは基本、結果論で
論じられるものだと思っているので)

例えば今日のヤフオク!ドームのホークス戦だって
前のKスタのイーグルス戦だって気持ちなんて同じだと思うので

伝わらなかったのは僕は単純に技術の差、力の差なのかなと
あとはちょっとした運?
ただあのイーグルスさんの9回の岡島選手の
あの粘りは敵ながら凄いと思いましたし
そして力の差も感じました。

これだけイーグルスさんに力の差を見せつけられ
もう優勝は無理だから
若手に切り替えろの意見もあって
それに理解はしつつも

やっぱりここまで来ると諦めたくないですよ
BJさんと同じで“パリーグ優勝”
見たいのはパリーグ1位になるマリーンズですし
欲しいのはそれだけといったら言い過ぎですが
でも1番優先見たいのはパリーグ優勝なんですよね。

個人的に一軍は消化試合を除いて育てる場所ではなく
勝ちにいく場所、二軍は選手を育てる場所というのが持論なので
そもそも若手を一軍で使えば成長するという
TVゲーム的発想は僕には分からないので
二軍じゃ育たないなら二軍なんて
存在価値が無いも同然だと思うので
あとは主力選手のリハビリの場ぐらいですかね。

でも最近、捕手だけは二軍の育成だけでは
どうにもならない部分を感じるというか
一軍経験からの育成もあるのかなと感じます。
投手とかだとざっくり言えば西野投手みたいに
二軍育成から一軍ではすぐ戦力となるのですが

個人的には今年はマリーンズ6位予想で
厳しい現実かなと思っていて(汗)
しかも成瀬投手はケガ
グライシンガー投手や里崎選手は前半戦ケガでいなかったり
そこで上手く若手の抜擢も含め
やりくりしてくれましたし

投手陣は西野投手の抜擢、古谷投手の先発適性を
見抜いた投手コーチ
(明雄さん、解説時代の熱心な取材が良かった?のか)

ここまでやってきてくれた
新首脳陣には僕は感謝しているので
この首脳陣をもう少し信じたいかなと思います。

投稿: マットゥン | 2013年8月27日 (火) 21時10分

>マットゥンさん
コメントありがとうございます。

Kスタはなんなんでしょうね?悪夢以外の何物でもないです。
さて・・・私も素人ですし実際のところはわかりませんが、選手がイーグルス戦とホークス戦で気持ちが同じってことは無いと思います。人間である以上、そして基本的に競争のスポーツである以上、全ての試合を同じようにフラットな気持ちで戦うことは出来ないでしょう。それが出来るとしたら余程の境地に達した超々一流選手くらいではないでしょうか。我々凡人だって毎日を同じ心持ちで過ごすことは難しい。ましてやプロは勝負の世界ですからなおさらです。
ただ、気持ちがあまり感じられなかったというのは私の主観ですし、そこは間違っているのかも知れません。私の感受性の問題かも知れないし。ただ、私はそう感じてしまったということですし、そう思わせる何かがあったということだと個人的には思っています。

一軍と二軍のマットゥンさんの割りきった考え方は非常に興味深いです。でも私の考えは違っていて、1軍でしか経験出来ないこと、成長できないことってあると思うのですよね。ただそれは選手みんなに言えることではなくて、選手の特徴とか性格によって差異はあるでしょうね。例えば、古い話ですがライオンズの松井稼頭央や中島裕之なんかは明らかに足りない部分があっても首脳陣は1軍で半ば強制的に起用しました。タイガース鳥谷なんかもそうですね。こういうパターンでなくても、選手によっては面白いもので、ファームではダメでも上だといきなり結果残す選手もいますし。
マットゥンさんの考えは基本的に正しいと思いますけど、選手によってはそれだけじゃない人もいると、そう思っています。
まあ、でも総じてマットゥンさんのおっしゃるように投手は二軍で育成して即1軍で戦力っていうパターンが多いのも事実かなとは思いますね。

さて、首脳陣に関しては私もまだ信頼しています同じくパ・リーグ優勝を観たいです、やっぱり。まだまだ首脳陣も選手にも悪あがきしてもらいたい!

投稿: BJ | 2013年8月27日 (火) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/53032419

この記事へのトラックバック一覧です: 諦めない野球をやっているのは、どっちだ E6−5M:

« 諦めたら終わり! E7−5M | トップページ | 悪夢を引きずらない勝利にホッ H0−6M  »