« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月31日 (土)

27番目の選手? M7−5F

カード勝ち越し!ああ、Kスタでの3連敗が無ければなあ・・・(まだ言ってる)
ニッカン式スコア

強風が吹き荒れたQVCマリン。マリンをホームとするマリーンズに風は味方に働きました。
強風の中の投球で、グラ、ケッペルの両先発ともに集中力を維持するのが難しい状況でした。3回にブラゼルのショートフライ・・・の筈が3塁線ファウルゾーンにぎりぎり落ちてファールとなった後、結局四球となり、その後に大地のタイムリー、里崎のつまったフライをファイターズ大谷が懸命に追うも取れずの3点タイムリーと飛び出しこの回に一挙5点。グラはこの援護も大きかったのか、なんとか辛抱して投げてくれました。むしろケッペルには不運としか言い様がなく気の毒なくらいでしたが、明暗がはっきりと出てしまいました。
まあ強いて言えばケッペルは四球が多かった事が明暗の「暗」に傾いてしまった原因でしょうか。もちろん強風で制球がままならなかったという理由があったでしょうけれど。

他にも7回には角中のファウルフライを西川が捕れず(しかし西川ファーストってのは何だろ・・もったいない気もしますね。レフトもやったりしてますが、彼はセカンドやショートの方が良いと思うけどな)、命拾いした角中がタイムリーを放ちました。効果的な追加点となりました。

とまあ風が今日はマリーンズに味方しましたか・・。条件は両チーム同じですし、あんまり「風のおかげ」っていう声や報道を聞くと風があったからマリーンズ勝ったんや、実力やないで〜みたいな感じであまり面白くないのですが、まあ今日は事実風のアシストもありましたね。マリンをホームにしているマリーンズが有利になるのは仕方がないことでもあります。ファンが26番目の選手ならば、風は27番目の選手と言うことでしょうか。

風は別にして、純粋に試合展開だけを考えれば先制された後にすぐ追いつき、大きな中押し、ダメ押しと効果的な得点でした。伊東監督の初回のチャンスでも強攻策が多い采配傾向を評価している私としては、この2試合、序盤で送りバントを使用しているのが興味深いところです。2番荻野ってこともあるのかな。今日は初回。3回の送りバントがともに効果的でした。これは認めないといけませんね。

投手では中郷がまずは連投テスト(?)に合格。病み上がりなだけに即酷使は絶対止めて欲しいですが、中郷がいてくれるとブルペンがより安定しますね。

明日は中4日の大谷です。明日も風が強いと大谷の様な制球で勝負するタイプは苦労するかも知れませんが、動くボールはより動くでしょうし、風を味方につけて欲しいです。明日は風がファイターズの27番目の選手にならないように、マリーンズは投手も野手もしっかりやりましょう。
地道に勝って行けば、まだまだイーグルスの背中は見えますよ!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

松永、なんだかんだ言いながらも初先発を飾る M8−2F

ビアスタジアムでいっぱいのお客さんを前に、快勝!
ニッカン式スコア

昨日は残業の上に激しい頭痛にも襲われ、記事更新出来ず。今は持ち直しましたが、朝から用事もあってあまり休めずなかなかしんどいです。マリンも風強くてしんどそうですね〜。

☆先発の松永はしっかり投げてくれました。「先発の松永」は見てみたいし楽しみだと前の記事に書きましたし、今先発させるならもう最後まで先発にして欲しかったのですがどうやら古谷の代役のようですね。本人のコメントで先発はいいや、中継ぎやります的なのがありましたが負けず嫌いの男ですし、代役ならやらんよ、という意思表示もあるのかなと思ったりしています。それでも5回1失点はさすがですね。しっかり役割をこなしてくれました。

☆GGが活躍。ライオンズ入団時から応援していた選手だったのですが、契約更新のあまりに強欲な要求っぷり(一年結果出しただけで要求が大きかった)に気持ちが離れてしまった選手なのですが、素直にマリーンズ愛してるみたいに言われるとやっぱり嬉しいもので(笑)。単純にヒーローインタビューは笑えました。こういうキャラの選手は貴重だよなあー。

☆中郷の復活が「中郷推し」の私には非常に嬉しいものでした。ファームで炎上したしもう少し先(一週間くらい)かと思っていましたが、まずは一安心です。ブルペン的にも中郷の存在はとても大きい。その代わりに黒沢が抹消になってしまったのは残念ですが、1軍の試合を経験出来て、かつ結果も出たことは非常に大きな大きな経験となったでしょうね。自分の勝負出来る所、弱い所もわかったと思いますし、今後の糧になったかと思います。

☆始球式の村田兆治の「135km」は凄いですね〜。(そんなに出たとは思えなかったけど・・演出もあるのかな?)始球式前の異例の投球練習も面白かったです。どうせならファイターズのOBに打席立って貰えば良かったのになあ。

☆伊東監督の「これだけは着たくなかった…。いつも勝てると思っていた。弱いイメージしかない」発言は笑いました。だって俺もそうですもん。松永は太った園川みたいでしたね。似合う選手似合わない選手がいるのは面白いですね。サブローが妙に似合ってた。岡田や荻野らの様にストッキングも出すオールドスタイルの方が断然カッコ良いですね。

☆ファイターズのストライプユニは懐かしかったですが、どうせなら年代を合わせてオレンジのユニにして欲しかったなー。ぱっと見、マリーンズに見えてしまいました。

☆ビアスタも含め、こういう企画はどんどんやって欲しいですね。今回はパ・リーグ合同企画ですし、もともとパ・リーグは横のつながりが強いですが、みんなで盛り上げていくという姿勢が良いですよね。

■2013/8/30終了時のパ・リーグ順位
    試  勝  敗 分 率  差
1 E 113 66 46 1 .589 M25
2 M 115 61 52 2 .540 5.5
3 H 114 58 55 1 .513 8.5
4 L 114 56 56 2 .500 10
5 F 113 54 57 2 .486 11.5
6 Bs 113 50 59 4 .459 14.5

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月29日 (木)

育成→ドラ1→育成リレー H5−1M

やはり3タテは難しい。(・・・そう考えるとイーグルスに大事なとこで2度も3タテ喰らっていることがあまりにも痛い)
ニッカン式スコア

今日も仕事で試合を全く観られず。試合内容もあまり見るべきところが無かったようなので、試合”周辺”の話を。

西野はボールが高かったようですね。フタケタを目前にずっと足踏みしていますが、これもある意味”壁”なのでしょうか。相手チームも研究は進んでいるでしょうし、しんどいとは思いますがここを乗り切って欲しいですね。フタケタに乗れば、またある程度流れる気がします。
西野の後を藤岡が継ぎました。こちらはシーズン通して足踏みしている感がありますが、とにかくもがいてもがいて、それでも踏ん張って欲しいです。今の経験は来年に活かされると思います。

そして、いよいよ黒沢のプロ初登板が来ましたよ!黒沢の投球だけ録画で観直しました。
育成の身分の時はきっと夢に見たであろう1軍のマウンド。最初のイニングこそ投球フォームがやや硬かった気がしましたが、0点に抑えたのは何よりです。2イニング目は落ち着いたのか、投球に「間」が出て来ましたね。ファームで私が観ている時の印象はストレートに球威があるなあ、というものだったのですが、今日はそのストレートの球威は無かったように感じたものの、118km前後のライズボールのような、するする〜っと行くボールは面白いですね。カーブの軌道がやや違う版なのかな?まだまだコントロール甘いですし、良い当たりも多かったですが、まずは結果が出ることが黒沢のような立場、特に初登板の投手には一番大事だと思います。少しでも甘く行くと1軍ではヒット打たれる事も身体で感じたでしょうし、収穫はかなりあったのではないでしょうか。
育成出身→ドラフト1位→育成出身となった今日のリレー。もちろんマウンドに立つ以上は育成だろうがドラ1だろうが関係ありません。3人で切磋琢磨して欲しいです。なんだかんだで実は今日の3人の中では一番年上の黒沢、これからどんどん1軍で投げて欲しいです。

さて、明日の先発は・・・松永が来ました!ここで先発か、と意外ではありましたが、私個人としては楽しみです。頂いたコメントの返信にも書いたことですが、貴重な安定している中継ぎが一枚抜けるのは不安もあるものの、ハットリくんは安定していますし、上野、レデズマが形になってきたことも判断の一つなのでしょう。古谷離脱が無かったら松永先発があったかは微妙なところですが、もともと松永を先発で観たいという思いもありましたし、私としては楽しみの方が大きいです。
ただ、明日の1試合のみではなく今季の残りは全て先発で行かせるくらいの覚悟で、首脳陣には松永をマウンドに送り出して欲しいですね。松永は『中継ぎのつもりで投げる。まずは3回を完封」と言っていたようですが、その意気込みやよし!細心かつフテブテしい投球を願います。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年8月28日 (水)

価値ある久しぶりの1点差勝利 H2−3M

久しぶりの1点差勝利の気がします。
ニッカン式スコア

今日は仕事にハマってしまい、試合は全然観ていませんので簡単に。
唐川”期待したいけど期待して裏切られてガッカリするのが怖いのであまり期待していなかった”侑己がしっかりと投げてくれました。シーズンも最後になってやっと安定してきたと捉えて良いのでしょうか?いまだ半信半疑な私ですが、あと残り僅か、やって貰わないと困ります。期待しちゃって良いのかな??

唐川降板後の継投が面白かったですね。ハットリくんがピシャと抑えたあと、ロサとつなぎ、ロサがランナーを出すと松永かとおもいきやなんとレデズマでした!ハラハラしましたよ、テキストでしか追えない身にもなってくれ・・。しかししっかりと仕事を果たしました。クローザーは益田で行って欲しいのだけど、これはひょっとすると9回は松永ということか、と色めき立ちましたがちゃんと益田が出てきたことで安心しました。松永は特にどこが悪いとかっていう気はしないので、単に柳田との相性を考えたのでしょうか。
益田は久しぶりの3凡でしっかり抑えてくれました、かなり嬉しいです。

野手は7安打と渋い感じでしたが、2死からタイムリーが出たりとそれなりには頑張った印象。1点差を投手陣が守ってくれたことが嬉しいです。1点差勝利は8月14日以来ですかね?こういう勝ち方も出来るようになってくるとまた盛り返して行けるのですが。

イーグルスにマジックは出ましたが、まだ数字は大きいですし気にすることなく、マリーンズはマリーンズの野球を焦らずやっていきましょう。まだまだ勝機はある!

明日は西野と大場ですね。西野で落とすわけには行きません。明日も勝つぞ〜!!

■2013/8/28終了時のパ・リーグ順位
試 勝 敗 分 率 差
1 E 111 64 46 1 .582 M28
2 M 113 60 51 2 .541 4.5
3 H 112 57 54 1 .514 7.5
4 L 112 56 54 2 .509 8
5 F 111 53 56 2 .486 10.5
6 Bs 111 49 58 4 .458 13.5

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年8月27日 (火)

悪夢を引きずらない勝利にホッ H0−6M 

仙台の悪夢を振り払うような勝利にホッとしました。
ニッカン式スコア

今日は快勝でしたね。先発の大谷は良く投げましたね!普通なら前回の投球でもうチャンスがないところ、古谷の離脱というタイミングを受けての先発で結果を出しました。プロ野球選手として、こういうチャンスを活かすっていうのも大事なこと。というか、プロの世界で生き残るには必須かも知れません。その意味でも、今日の大谷は素晴らしかったです。ダイジェストとFoxBaseballCenterでしか投球は観ていませんが、恐らくほとんどの球は動いていたと見え、大谷の真骨頂を発揮出来たのではないでしょうか。
逆に言うと、苦肉の策だったかも知れませんが大谷の先発を決めた首脳陣の判断に拍手ですね。
こんな投球をしてくれたんだから、前回の大炎上を目の前で観させられたことはもう水に流します。しかし、この次が大事です。今日の投球と気持ちを忘れずに頑張って欲しい!

打線はなんでしょうね、見事な連打でした。もっとも仙台でもそれなりには打っていたのですが・・・仙台の重圧に解放されたとか?(・・・だとしたらそれはそれで情けないですが・・だってそんな重圧感じてたらあかんでしょ)贅沢を言えば5回以降全て3人で終わってしまったのが微妙ですが、味方の投手陣も0に抑えましたし、こういう流れの時もありますからね。あまり気にしないことにしましょう。

あんな連敗をした後で、投手も野手も良く頑張ったと思います。

明日は唐川と武田ですか・・・うーん、今季の唐川は基本信頼しないことにしていますし、マリーンズは武田は苦手というイメージしかない・・・。しかし優勝を狙うにはひとつひとつ勝っていくしかありません。明日も勝ちましょう!

☆ほんとうは書くとまた気分が悪くなるので嫌なことなのだけど、書かないと知らない人もいるので。何度も書いているけど、細川のマスク投げは本当に許せません。唯一、はっきりと「嫌い」と言えるプロ野球選手です(ま、ゴンザレスもだけどもはやどーでもよい)。嫌いどころか、再起不能の怪我でもしてくれないかなとまで思います。自分がどれだけ危険な事をしているのか判ってほしい。もしマスクを踏みつけて怪我して、それが元で野球生命を絶たれるような事があったらどうするつもりだろう?自分がその立場にならないと判らないのかな?彼は引退した後、野球を人に教える立場になると思うけど、どう教えるのでしょうね。野球は何やっても良い、相手に怪我させりゃ勝ちのスポーツだ、とでも教えるのか。本当に顔も見たくないです。プロのユニフォーム来て、お金とってお客の前でプレーすることに虫酸が走ります。擁護する人もいるけど、私を納得させるものはひとつもないよ。あのプレーは故意以外の何物でもない。
え、なにそれ?という人は「細川 マスク投げ」で検索してみてください。ああ、嫌だ嫌だ。本当に不快だ。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年8月25日 (日)

諦めない野球をやっているのは、どっちだ E6−5M

この3連戦、信じられない結果に終わりました。
ニッカン式スコア

正直、私はこの3連戦期待していました。派手さはないものの、6カード連続勝ち越しを続けイーグルスとの差を2.5にまで縮めたマリーンズ。一方のイーグルスは勢いに翳りが見えました。この状態で迎えた3連戦、私としてはそれなりの手応えもありましたし、”鬼門”Kスタなんて関係ないぜ!と思っていたのですが、思っていたのは私だけだったみたいです。

連敗で迎えた今日、3タテを喰らうことだけは絶対にして欲しくなかった。今日は休日出勤だったので試合途中からテキスト速報を追っていたのですが、最初に4−0の数字を観た時は、意地を見せてくれた!と嬉しくなりました。なので、今日の負けもショックはかなり大きい・・・しかもミスが絡んでわざわざ相手に勝利をお膳立て。

・・・なんだかんだで、初戦マー君から勝てなかったのが大きいですね。さらに言うならば初回、ヨタヨタだったマー君から点を奪えなかった時点で、このカードの結果は決まっていたのかも知れません。逆に言うと、マー君の存在感を思い知りました。

今日のヒーローインタビューでは岡島、榎本が「魂で打ちました」と昨日の榎本のセリフを引用しての”ネタ”的な事を言っていましたが、冗談めかしてはいるものの、実際言葉通りの気持ちで打ったと思うのですよね。マリーンズ打線が頑張らなかったとは言わないけれど、勝負所での半端な見逃し三振や同じような球に手を出しての三振、凡打を観ていると、果たして「魂で打つ」というまでの気持ちがあったのかどうか。今日の9回の岡島の粘りなんて凄かったですよ。鬼気迫る、くらいの気持ちを感じました。他にもイーグルス打線は追い込まれても諦めないように見えるし、2アウトからだって諦めていないように見える。

マリーンズにも勝ちたいという気持ちは間違いなくあったと思いますが、「また勝てないのかなー俺たち」みたいな感情がなかったか・・・??少なくともこの3試合、試合中盤以降の打者陣にあまり気迫は感じられませんでした。昨日今日と打線は5点取ってますから、一見責任はない様に思えますが、投手だっていっぱいいっぱいの中でやっています。チャンスで打て無さ過ぎますよね。(もちろん手薄になった先発、1軍で投げるチャンスがあるのに活かせない浦和組も情けないですが)投手陣の疲労がたまるシーズン終盤、もっと投手を援護してやらないと。

あえて具体的な名前を出しますが、サブロー、福浦の元気の無さはいったいどうしたことでしょう?ベテランの経験こそが重要になってくるこの時期にあっさり「白旗」を上げるような打席内容ではあまりにも情けなさ過ぎます。もっとも、裏を返せばこの二人を起用せざるを得ないような、さらに言い方を変えればこの二人を出場させてしまっている他の野手達が情けないと言えるかも知れません。

この二人には悪者になってもらいましたが、もちろんこの二人に限らず野手陣全体の元気の無さが気になります。終わってみて判りましたが「気持ちの差」を思うと、この3連戦の結果は順当だったのかもしれません。

非常に苦しい、厳しい3連敗でしたが、ここからこのまま落ちていくのか、それとも最後まで追いすがって抵抗するのか。選手の強い気持ちと首脳陣の執念を観たいし、観させてくれ!と願っています。まさか、「Aクラス入れたら良いやあー」なんて思っていないよね?残り試合、力を振り絞ってのマリーンズ野球を観せて欲しい。マリーンズ、ファイティン!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。


| | コメント (11) | トラックバック (0)

2013年8月24日 (土)

諦めたら終わり! E7−5M

このカード負け越しは悔しい・・・と言うか気持ち的に厳しい。
ニッカン式スコア

初回、GGのマリーンズ移籍第一号の満塁弾(GGは満塁弾そのものがプロ初だそうですね。意外)で一気に流れを掴んだかと思われたのですが・・・そのすぐ裏に1点をまず返されたのが地味ではありますが大きかったのかな、と。前のイーグルスとのカードで里崎がサヨナラ弾を放った試合、あの時は逆の展開で初回にイーグルスに4点取られましたが、すぐ裏にマリーンズが1点を返した事が追いつく展開へ繋がったとその時の記事で書きましたが、今日は逆の形になった格好でした。

しかしながらこの1点、ジョーンズの打球への角中の判断が悪く、チャージが非常に遅かったです。もっと早く突っ込んでいればホームでアウト、もしくは3塁でランナーが留まったかも知れず。相手に”ミス”で与えてしまった格好になったことが悔やまれます。角中の守備は上手いとは言えないことは判っていますし攻撃力重視だから仕方ないのだけど、角中はこのプレーを反省点としてちゃんと意識しておいて欲しいし、コーチも指摘して欲しい。

古谷は昨日の西野と同じく、序盤は相手よりも良いピッチングでしたし、球も走っていたと思いますよ。それでも、イーグルス打線が上手く打ちますよね・・・3回は暴投もあり、浮足立ってしまった感があり勿体無かったです。それでも立ち直りそうだと思ったので、この回での降板は意外でした。プロの投手って難しい。

野手も初回にドカンと点を取った後は点を奪えず、その間に投手が踏ん張れずと投打のリズムも崩れてしまいました。ここへ来て、カード勝ち越しを続けて来た勢いが削がれ、連敗していたイーグルスの勢いが完全に復活した感があります。
私個人的にはここ最近の戦いぶりから、Kスタだからって関係ないぜ!と思っていたのですが、現場はそうでもないのでしょうか?でもプロなんですしそんなこと言っている場合ではありません。昨日今日と試合中盤でまるで諦めたかのような雰囲気を感じました。まだイーグルスと直接対決多くあるのですし、この後を考えても明日は意地を見せ、勝ちましょう!

明日の先発はグラと・・・レイ???ん、誰だ?
今季、1軍では
2試合 7回 被安打2 奪三振5 与四死球3 自責点0
ですか・・・なんとも掴めないですね。ファームでは
8試合 23回2/3 被安打26 奪三振23 与四死球12 自責点10 防御率3.80
うーん、球に力があるけど制球が今ひとつ、という典型的なレイ・・・例でしょうか。
初物なんで苦労するかもですが・・・ここはナメんなよ!とガツンと行って欲しいです。マリーンズファイティン!

☆くそう、枡田のヒーローインタビューが面白かった・・(うう、不覚)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年8月23日 (金)

悔しい・・・けどカード勝ち越しを! E5−0M

今日勝てる気がする、という私の根拠のない予測は単なる願望であったことが判明しました(泣)
ニッカン式スコア

復帰戦となった西野は良く投げました。序盤まではマー君より内容良かったですもんね。球数も圧倒的に少なかったし・・。しかし終わってみればマー君の連勝は続き、西野が敗戦投手となりました。このあたりはひとえにプロでの経験値の差だな・・。

スタメンサブローというところはみんなが目を疑ったと思うのですが、もちろん私もその一人。結果、情けない姿を見せられることとなってしまいました。どう考えてもブラゼルの方が一発がある分相手は嫌だったと思うのですが・・・ブラゼルはモロい部分もあるのでサブローってことなのかもですが・・・この判断はわからないですね。絶対に理由はある筈なので、それを知りたいです。納得したい。ブラゼルの死球の影響がまだ多少あるのかなあと無理矢理思ったりしてますが、死球後もスタメン張ってるしなー。

6回の二死2・3塁で荻野貴司に代打福浦は最初から期待出来ませんでした。福浦が速球打てないのはもう何年よ、と。しかもいきなり試合に出て行ってマー君打てるものではないし、ギアチェンジしてくることも判っている。・・・荻野の方がまだ何かやってくれそうな、何かが起こりそうな気がします。とは言え、福浦に対する投球は凄いもので(156kmて・・)福浦で無くても打てる可能性は低かった訳ですけれど。今季、ほとんど伊東采配にケチつけた記憶が無いのですが、今日のこの2つの起用は疑問ですね。

もっとも、マー君からチャンスを作りながらも工夫の出来なかったマリーンズ打線にも問題はありますね。象徴的だったのが3回、先頭の根元がエラーで出塁しながらも今江、角中が進塁打すら打てず、6回に先頭今江がヒットで出塁した後も角中サブローが・・・以下同文。
それに対し、5回に先頭で出塁した枡田が中飛で2塁にタッチアップ。この後に嶋のヒットで三進、中犠飛で生還したのは見事でした。枡田個人の好走塁ではありましたが、ランナーを一つでも先に進めるという事が出来たイーグルス打線とそれが出来なかったマリーンズ打線の差が勝敗に表れてしまいました。

・・・かなり悔しいですが、今日負けた事は仕方がありません。明日明後日と勝って、カード勝ち越ししましょう!地道に勝ち越しを続けていけばきっと上に行けるはず。(とは言え、3タテして一気に奪取、みたいな「勢い」ってペナントレースでは必要なんだよなあ・・・でも仕方がない)
今日、選手たちは中盤以降戦意喪失してしまったように見えましたが、諦めるのは早すぎますよ!序盤はマー君に球数投げさせることには成功したことですし。切り替えて、明日は良い試合を見せて欲しいです。マリーンズファイティン!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年8月22日 (木)

”大花火大会”を呼んだ”導火線” M18−1L

いやあ、お盆過ぎての幕張大花火大会でした。
ニッカン式スコア

昨日、「こんな試合もある」と書きましたが、今日は「こんな試合もあるんやなあ」でした。
まー、良く打ちましたね。少し明日に取っておいて〜!と思いましたが、点は取れるときに取っておくべきです。

大量点の前に霞みがちですが、私が一番気に入ったのは、シーズン最初の頃からしつこいくらいに言ってきた、「初回、先頭打者が出ても簡単にバントしない」という伊東采配でした。今日も根元にバントさせず強攻させ、これが功を奏しての初回4点、果ては大量点に繋がったと思っています。言ってみれば、花火大会を呼んだ「導火線」の役割を果たしたのではないかと。
今は1試合1試合、勝利が喉から手がでるほどに欲しい筈ですし、どうしても堅い作戦に走りそうなところ。良くない言い方をすれば、「守り」に入るところ(送りバントが全て守りとは言いませんが)です。そこでのこの選択は嬉しいものでした。これもいつも書いてますが、強攻の結果、ゲッツーなどになってしまっても私は文句言いませんよー。

井口の満塁弾は完璧でしたが、その前の2塁打がインコースをうまく捌いた井口らしいバッティングでした。一昨日も同じようにインコースを見事にヒットしていますし、この技術があれば、例年のように失速することは無さそうです。
大地の4安打も良かったですが、角中の猛打賞が嬉しいですね。この人に元気がないと攻撃力がガタ落ちです。復活ののろしとしたい!
また、地味〜ですが、伊志嶺が途中守備出場して最初の打席でヒットを放ちました。ベンチスタートが多い伊志嶺ですが、このところ少ないチャンスでしっかりと出塁しています。こういう脇役の存在は大きいです。場合によっては明日荻野とスタメン入れ替えもありうるかも知れず。

唐川に関しては全く観ていないので触れられませんが、6回94球は多すぎるかなあー。大量点援護もありましたし、今日の投球結果は参考程度に留めておきます。

さあ、明日からいよいよKスタでのイーグルス3連戦!田中マー君と復活の西野。今日勝ったから言う訳ではなくて、なんか明日はマリーンズが勝ちそうな気がここ数日ずっとしているのですよね。ま、あまり根拠がない願望なのですけど。マー君の記録は素直に凄い!と思いますけれど、明日は我がマリーンズに連勝を止めて欲しいですし、何よりも「あの悪夢」を拭い去って欲しいです。Kスタは鬼門などと思わず、ゲーム差を縮める、追い越す、千載一遇のチャンスだ!と思って選手たちには挑んで欲しいです。病み上がりの西野に多くを求めるのは酷ですが、好投を願っています。

☆前からずっと思っていて書く機会がなかったのだけど、今年のイーグルスは2005年のマリーンズを思い出して仕方がない。あの時のマリーンズは本当に強かった。・・・強かったけど、シーズン終盤で自力に勝るホークスに結局ひっくり返されました。
・・・という私の説が正しければ、この時のホークスに相当するのが今年の我がマリーンズなのだ!ということになりますね〜(笑)もっとも、あの頃のホークスは「王者」でしたから、そこがAクラスとBクラスを年ごとに行ったり来たりのマリーンズと違うところですが。
首位を簡単に奪えるなんては思っていません。が、トップを狙う資格充分!マリーンズファイティン!

■2013/8/22終了時のパ・リーグ順位表
     試 勝  敗 分 率  差
1 E 106 60 45 1 .571 -
2 M 108 58 48 2 .547 2.5
3 H 108 55 52 1 .514 6
4 L 108 54 52 2 .509 6.5
5 F 106 51 54 1 .486 9
6 Bs 106 48 55 3 .466 11

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年8月21日 (水)

きっちりやり返される M1−6L

昨日の試合がそのまんま逆に返ってきました。
ニッカン式スコア

帰宅した時は試合終盤でしたが、帰宅途中に聴いていたライオンズナイターももう途中で音楽に変えちゃいました。なんとも見どころのない試合・・・。
俊介が復帰2試合目ではやばやと昔の俊介に戻ってしまい、2回持たず降板。いくら打線が粘ろうと思っても相手が好投手ですから、やはりこんな試合結果になります。十亀はこのところ良くなかったのですが、見事な投球でした。実質、完封ですよ。

野手も4安打、失策2つと盛り上げる場面すらなく、ほぼ無抵抗で終わりました。「こういう試合もあるさ」で終わらせられれば良いですが、現地で観戦された方はそうもいかないでしょうね。

まあしかし、これでライオンズとの連戦は同じような試合が続いて、今のところイーブンです。明日が大事ですね。唐川と西口、うーん、この二人の組み合わせってどうなるのか想像もつかない・・。マリーンズは明後日からKスタに乗り込んでの首位決戦ですから、勢いを付けられるような試合を期待します。
今日はこれまで!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年8月20日 (火)

幸先良く大事な6連戦の初戦を取った M4−0L

ナイスゲーム!大事な6連戦の初戦を取りました。
ニッカン式スコア

グラと涌井のマッチアップ、安定感を考えるとグラ有利と思いましたが、思った以上に涌井が良くなかったですね。マリーンズが初回に先制、その後も追加点を奪い主導権を早々と握りました。涌井の自滅に助けられたのは事実ですが、先制はタイムリーでしたし、内野ゴロ、ワイルドピッチで加点した後の3回は2アウトになってからの里崎のタイムリーでしたから、野手がもぎ取ったとも言えます。特に里崎のタイムリーは大きかった。
ライオンズが2試合連続サヨナラ、特に日曜の死闘が凄かっただけにかなり苦労しそうな感覚はあったのですが、ライオンズ側からすると涌井があまりにもその流れを断ち切ってしまったというところでしょうか。

グライシンガーは6回82球と理想的な投球でした。中4日が(何ぶん観る方も慣れてないし)なんとなく心配ですけれど、なんとなく大丈夫な気もします。ただ、古谷にしろグラにしろ他の投手にしろ、首脳陣が選手の状態をちゃんと見極めて起用して欲しいです。

伊東監督のインタビューにありましたが、上野がとても良かったですね。一番大事な「腕を振る」ということがしっかり出来ていて、「生きている球」が行っていたと思います。先発中4日ローテでますます中継ぎ陣の負担が予想される中、上野が調子を上げて来ればかなり心強いですね。(ああ、これで中郷がいれば・・と思ってしまう)

今日から復帰の根元は2番に座り、2四球を選んでしっかりと仕事をしました。セカンドに早坂、塀内、高濱、(セカンドに大地が入ってショート)細谷と4人の選手が起用されていた訳ですが、結局根元の存在を超えることは出来そうにありませんでした。根元もダテに今シーズンレギュラー張ってんじゃないんだぜ!というところでしょう。

明日は俊介と十亀ですね。俊介は明日こそ復帰後の白星を飾らせてあげたいです。十亀は力がある投手ですが、この所調子を落としていますので、野手には是非攻略して俊介を援護して欲しいです。明日も勝って、6カード連続の勝ち越しを決めてしまいましょう!

☆ブラゼル、元気にスタメン復帰。大事に至らず、良かった・・。
☆ライオンズの「小石」登板を審判が間違って「大石」コールしたのには笑いました。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年8月18日 (日)

古谷が勝ち取った存在感 M3−1Bs 

5カード連続勝ち越し!
ニッカン式スコア

中4日の古谷が頑張りました。本人は「良くなくて辛かった」と言っていましたが、FoxBaseballCenterで新谷が「良い時は流れに乗ってしまえば良い」と言っていましたが、その通りで良い意味で調子に乗ってしまえば良いんですよ、もう。根拠のない自信とか、「図に乗る」とかは困りますけどね。試合後の伊東監督インタビューでとても印象的だったのは、「ウチで一番安定している投手。古谷で落とせない」との言葉でした。今や西野とともに欠かせない存在となった古谷、監督にここまで言わせる存在になったのは実力ですから自信持って良いですし、何より自らの勝ち取った言葉、立場です。好投でしたよー!

6回途中で古谷は降板、後を内が継ぎ犠飛こそ打たれましたが、内がしっかりと抑え流れを断ち切りました。今日一番のポイントはこの内の投球だったのではないでしょうか?その後を継いだロサ、松永、益田も良く投げました。登板数が増えていますが、みんなで勝ち取った勝利でした。

打線はバースデー大地の2安打2打点の活躍が眼を引きました。誕生日でこういう活躍ってなかなか出来ませんよね。このところ調子が落ちていた大地、今日も早出で特打をこなしたそうですよ。まだ若手ですし、こういう努力は地道に続けて欲しいです。

打線はディクソンのナックルカーブに苦しんでいましたが、円陣を組んで「風もあるし高めを狙え」との指示が出た回にディクソンを攻略。Bsバッテリーからするとマリーンズ打者の高め狙いに気がついて対処しなくてはいけない場面、野球の面白さ、奥深さがこういうさりげない所に息づいています。ああ、野球楽し。

何よりも昨日の敗戦を引きずらず今日勝利してくれたことが嬉しいです。昨日参戦した身としては今日の試合が羨ましいですけれど、勝ってくれればそんな思いも吹き飛びますね!

明後日から2試合連続でサヨナラと勢いづいて来たライオンズとこのタイミングで対戦です。イーグルスを追うチーム同士の潰し合いというのがまた皮肉ですが、カード勝ち越して6カード連続勝ち越しと行きましょう!

☆ブラゼルの死球、骨折じゃないか・・!と心配でしたが、打撲とのこと。不幸中の幸い、良かったです。ただ「引き腕」なので、数日は出られないかも・・。ブラゼルの回復力に期待。
★ライオンズーイーグルス戦にチャンネルを替えて最終回の攻防を観ましたが、いやあ、凄い凄い試合でした!3ラン2発で終盤に追いつき追い越したイーグルスも凄いですが、3点差を追う最終回のライオンズの粘りも凄かった。勝利の後に泣いているライオンズファンの方もいましたけど、気持ち分かるなあ〜。

■2013/8/18終了時のパ・リーグ順位
    試  勝  敗 分 率  差
1 E 103 60 42 1 .588 -
2 M 105 56 47 2 .544 4.5
3 H 105 54 50 1 .519 7
4 L 105 53 50 2 .515 7.5
5 F 103 48 54 1 .471 12
6 Bs 103 46 54 3 .460 13

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

四球とベースボールトラベラーを観にマリンまで行ってきた。 M1−7Bs

久しぶりの参戦で楽しみにしていたのに、なんですかこれは。
ニッカン式スコア

今日は試合観戦後、実家に寄っていたのでこんな時間の更新です。箇条書きスタイルで。

☆大谷はさすがにお話になりません。普通なら満塁弾打たれてランナーいなくなった時点で、改めてイニングイーターとして続投させると思うのですが、即交代というところに監督始め首脳陣の怒りを感じました。これでは次の先発は無いでしょう。中継ぎとしてはつかいでがありますから、たぶん中継ぎになるのでしょう。しかし今季の大谷は見るべき所がありません・・・苦しいなあ。

☆後を継いだ藤岡は結局7回121球の力投・・・しかし7四球・・・頑張ったよ、頑張ったけど、これでは・・・。ここまでのイニング投げさせるということは大谷に代わる先発のテストかなあ、とも思いましたが、あれ程先発では期待を裏切っていることや、先発だとしたら球数投げすぎているので、単に他の投手を使いたくないだけなのかと思いました。しかし・・・藤岡はなんでこうなってしまうのか。応援している選手なだけに、こっちも苦しいです。どうしたら良いのだろう。
バルディリスにタイムリー打たれたところはもういっぱいいっぱいだったので、上野に代えるものと思い込んでいました。続投して打たれて交代、これはベンチの判断ミスもあったと思います。味方がやっと1点取った後でのこの失点で敗戦はほぼ確定してしまいました。

☆レデズマは私は信頼していないと過去何度か書きましたが、このところ頑張ってくれていました。・・が、レデズマまで2四球。ま、荒れた流れを引き継いでしまったのでしょうし今日の失点は仕方ないですが、井口に至近距離からあの送球は無いよね。ああいうプレー一つでも観てしまうと、ああ、自分の事しか考えられない選手なのだな、と思ってしまう。私が去年から感じている信頼の無さの理由が見えてきた気がしました。

☆結局マリーンズ投手陣で計12四球。これで勝てるわけない。これでは野手だってなかなかモチベーション上がらないでしょうね。

☆前田は良い球を投げるなあとは思っていたけど制球に難があるし、正直打ち崩すのは難しくないと思っていました。が、4点の援護があったことできっと開き直って大胆に投げることが出来たのではないでしょうか?たらればですが、初回Bsが0点だったら、もっと不安定な投球だったと思います。

☆角中、やっと1点を返すタイムリー2塁打の後、3塁を狙って暴走、アウト。私は基本的に次の塁を狙い姿勢、ってのは大好きなのでアウトになっても別に気にならないのですが、ここはランナー貯めないといけないところの暴走なのでこれはいけません。9回だったかな?今江のグラブを弾くタイムリーが出た時に、後ろに転がった球を追った細谷が間に合わない本塁に謎のゆるーい送球。しかも方向はネクストバッターズサークルの方。完全にいらない半端な返球で、一歩間違えれば余計な進塁を許すところでした。暴走にしろこういう返球にしろ、細かいところをしっかりした野球をやらないと、長いシーズンの最後の方で大きな差が出てしまうと思います。

☆何年も前から細谷のバッティングは1軍では通用しない、と書いているんだけど今日も変わらず。だったらまだ翔太試した方が良いよ・・・。根元が1軍帯同しているようですし、明日緊急昇格があるかも知れません。

☆試合後の「3Dプロジェクションマッピングによるマリーンズベースボールトラベラー」、なかなかおもしろかったです。球場の雰囲気がまた幻想的で、敗戦ショックが和らぎました。このようなイベントは良いですね。球団の企画力に感謝です。もしこれから見るよ、という方がいらしたら、2階スタンドから観ることをおすすめします。1階からだと投影がいまいち良く見えませんでした。

☆そんな訳で今日は実質四球祭りとイベントだけを観に行ったようなものでした。良く思うのですが、「初めて野球観ます」って人が観たら・・・野球好きにはならないだろうなあ。こういう試合もあるのがプロ野球ではありますが。

☆明日は中4日で古谷ですね。決して悪いことではないと思います。好投してくれるのが一番ではありますが、日頃と違う調整や身体の調子で投げることで、古谷自身にプラスになる経験を得てくれれば良いなあとも思っています。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2013年8月17日 (土)

いろいろあったけど、カード初戦を取った M5−2Bs

大事なカード初戦を取りました!
ニッカン式スコア

今日は仕事の後出かけていましたので、試合はプロ野球ニュースとFoxBaseballCenterでの”観戦”。
テキスト速報を追う分には、唐川のいきなりの失点、味方が逆転してくれた後の失点、twitterで知った塀内のやらかし・・・と「何やってんねん〜!」と思わせる展開でした。

まあ、ダイジェストなど観る分には唐川が打たれた球は甘い訳でもなく、相手が上だったという感じでしたけど、宮崎のホームランは低めのストレートをあそこまで運ばれるのは球に力がないんだろうなあ、とも思え、なんとも言いにくい内容です。まあ、それでも結果だけ見れば良くない流れでしたし、5回降板は妥当でもあり、「もうちょっと頑張ってくれよう」というのが正直なところです。

またしても中継ぎが頑張る展開になってしまった訳ですが、まぁそれでも基本的には「ロサ、松永、内」組と「服部、上野、レデズマ」組、そして藤岡と益田頑張る、みたいにチーム分けされていて、なんとか負担軽減になっているのかな〜と思います。なんだかんだで工夫してやりくりしています。

塀内のプレーはゴロをフライと勘違いしたのか、ファールと思ったのか謎(後者だとしたら・・セルフジャッジは最悪)でした。昨日は試合を左右するエラーをしでかした後ですし、何やってんのさ・・・と思いましたが、Foxの仁志の「ずっとボールを観ているわけにはいかない場合もありますし、責めたくはない。今後に活かされる筈だし、今日は勝ったので」との言葉に私も救われました。このような「プレーヤーサイド」の言葉は貴重ですよね。また、仲の良い今江がタイムリーで塀内をフォローしましたね。
・・・とはいうものの、エンドランかかったなら打者が球を打つ瞬間はちゃんと見ていて欲しいし(リプレイで確認すると見てない)ランナーコーチの指示はどうなってたんよ、という思いも残ります。なにより、昨日も書きましたが高濱がファーム落ちして、塀内は生き残って「スタメンセカンド」で出場している訳です。塀内が残ったことを納得させるようなプレーをして欲しい!と思います。塀内、頼むぞーぅ。

ヒーローインタビューは今江、角中、ブラゼルだった訳ですが昨日打席でとても粘った二人が揃って結果を出した事は興味深いです。ああいう姿勢は次に繋がるという好例となりました。

さて、明日は久しぶりにマリン参戦して来ます!先発は大谷と前田。大谷は中5日となりますが、なんとか試合を作って欲しいです。前田は球に勢いがある投手ですが、コントロールは微妙ですし、落ち着いて攻略して欲しい。明日も勝ちましょう、マリーンズファイティン!

☆田中マー君がプロ野球新記録の21連勝!うーん、これは凄い。本当に凄い。ほぼ一年間全く負けていません。どんなに好投しても負けることがあるのが投手です。それで「負けない」というのは大したもの。次に土をつけるのは我がマリーンズだ!・・・だと良いな。

■2013/8/16終了時のパ・リーグ順位
    試  勝  敗 分 率  差
1 E 101 60 40 1 .600 -
2 M 103 55 46 2 .545 5.5
3 H 103 53 49 1 .520 8
4 L 103 51 50 2 .505 9.5
5 F 101 47 53 1 .470 13
6 Bs 101 45 53 3 .459 14

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年8月15日 (木)

俊介を勝たせたかった M1−3E

首位相手に3タテはやはり難しいのか。ああ、悔しい。
ニッカン式スコア

4ヶ月ぶりの1軍登板となった俊介、よく投げてくれました。勝たせたかったな〜。帰宅した時はもう降板していたので、俊介の投球だけさーっと観直しましたが、ストライク先攻でしたし、悪い時に良くある外の低めに流れていく「ボール球」も無かったですし、良い投球でした。目についたのはストレートが多かったことですね。ここ数年の俊介は変化球多投してストライク取れず苦しくなって痛打、というのがパターンでしたから、この配球は良かったと思います。大げさに言えばニュー俊介でした。ずーいぶーん昔に書いた覚えがあるのですが、里崎からの返球も早く次の投球の間も早くて、全体にテンポよく投げていました。こういう時の俊介は好投します。今日は残念でしたが、次も先発の機会がありそうで、次こそ勝って欲しいし俊介自身の為にもここでチャンスをものにして欲しいです。

打線は3安打ではさすがに厳しい・・・。則本は良い投手とは言え、もう少しなんとかして欲しかったですね。7回の無死1・3塁で今江が何も出来ず内野フライに倒れたところ、ここが非常に痛かったです。

それに、こういう試合で「エラー」はやはり痛いですね。しかもベテラン塀内でしたからね・・・誰もエラーしようとなんて思ってないから、仕方がないこと・・でもまたファームに落ちていった高濱らの為にも、「スタメンセカンド」としてミスはして欲しくなかったというのが本音です。俊介の足を引っ張ってしまいました。

まあ、それでもブラゼルの則本との14球勝負はとても見応えがありましたし、9回二死からの角中とラズナーの17球勝負も角中の”気”がとても伝わって来ました。負けた事は本当に悔しいですし、勝って欲しかったですけれど、このような粘り、気迫は観ていて伝わるものがあります。こういう戦いがこれから出来れば、まだまだ勝負出来る、と感じました。

明日からはバファローズ戦ですね。唐川と西ということであまり良い感じはしないのですけど・・・Bsには悪いけど下位球団相手ですし、最低でも2勝1敗で行きたいです。まずは唐川、明日もしっかりした投球をお願いしますよ!前回の好投再び。そして勝ちましょう。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2013年8月14日 (水)

「神様の試練」から逃げなかった里崎 M6−5E

4カード連続勝ち越しです!
ニッカン式スコア

初回、いきなり4失点という劣勢を跳ね返した勝利はとても価値がありました。
私の中での今日の試合のポイントは2つ、1つ目はいきなり4失点した後の1回裏にすぐ1点を返した事でした。それもホームランではなく、ちゃんとランナーが出てタイムリーで返した1点でしたので、「反発力」をこの後も保ったまま試合が出来たのだと思います。
2つ目はグラの後を受けた投手陣の踏ん張りです。投手6人で3安打1四球無失点に凌ぎました。このふんばりがサヨナラを呼んだことは言うまでもありません。見事でした。

打線では1番荻野貴が猛打賞、3・4・5番のクリーンアップで5安打3打点。バランスが良かったですね。もっとも、後半は再三チャンスを作るも最後のひと押しが出来なかったことは反省点かも知れませんが、勝って終わったから言えることではあるけどチャンスを何度も作ったということは打線が活発だったということで。

そしてサヨナラの里崎。犠飛はあったものの2度のチャンスで三振に倒れていましたから、11回裏は「もうホームランで決めてくれ!」と思っていました。しかし本当に打つとは・・・しかも外角のストレートを見事にライトスタンドへ。プロって凄いな、里崎の右打ちって見事だなあ〜と改めて思わされる打球でした。
ヒーローインタビューでは声が震え、眼を赤くしているように見えました。こういうインタビューは聴いている私までじーんと来ますね。試合後、FoxBaseballCenterのインタビューでは、「神様がこの年になっても試練を与えてくださっている、逃げるのは簡単だけど打ち克とうとファームでサポートをして貰いながら頑張った」と言っていました。開幕からファーム、復帰してからも骨折でまた抹消、という里崎の姿を見ながらどう思っているのだろう、どんな気持ちで過ごしているのだろう?と思っていたのですが、・・・やはり頑張っていたのですね。正直、野球に対しての情熱を失っていないかな、と心の隅で少し思っていたのですが、それは里崎に対してあまりにも浅いというか、失礼な想像でした。
・・それにしてもみんなが用意してくれたチャンスで決めず、ランナーがいない場面で自分一人で決めるんですから役者ですよね〜(笑)

さあ、明日は俊介です。内心期するものはあると思います。・・・が、あまり気負わず、みんなが既に勝ち越しを決めてくれたので、楽な状態で投げられる、と開き直って欲しいです。そして「渡辺俊介」といういちプロ野球選手の存在意義をまた知らしめる意味で、全身全霊を傾けて投球して欲しいです。その結果チームが勝てば最高ですし、勝てる!と私は期待しています。俊介ー里崎のベテラン同級生バッテリーに期待しましょう!マリーンズファイティン!

☆中継の中で、たった一瞬のカットを観てのことだからここで書くことは全くの私の想像なのでそのつもりで読んでいただきたいのだけど。
サヨナラ勝ちを決めてベンチに戻る選手たちの中で、青松の表情が沈んでいるように見えました。私の勝手な想像では、今日「自分の出番が無かった」中でのチームの勝利が心からは喜べなかったのではないかな、と。もしこの想像が正しかったとすると、・・・私はこういう選手とても好きです。究極はチームの勝利が第一かも知れないけど、1軍にいる以上は自分も「戦力」となりたい。その上で勝って喜びたい・・・そういう気持ちなのではないでしょうか。実際、今日は最初の右の代打はGGでしたし、10回裏の福浦の打席では代打青松かと思っていましたが出番はありませんでした。同じような思いを、同じく出番が無かった伊志嶺、金澤が持っていてくれたら嬉しいな、と個人的には思います。青松がんばれ!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2013年8月13日 (火)

井口不在で価値ある1勝 M3−0E

ナイスゲーム!ナイスピッチ!
ニッカン式スコア

選手もお客さんも気合が入った対イーグルス戦初戦、マリーンズが勝ちました!
先発の古谷は7回を無失点と文句なし。テキストで追う分では毎回ランナーを出す「どうなるの?」と思わせる苦しいピッチングでしたが、どうやら尻上がりに調子を上げたようで、私が帰宅した頃は素晴らしい投球でした。中5日でしたし、蒸し暑い夜でしたし7回での降板は順当でしょう。ナイスピッチでした!5回、二死2・3塁でのジョーンズのハーフライナーを捕りに行ったのは必死さがとても伝わってきましたよ。
あとを継いだ松永、ロサも頑張りました。8回がロサでなく松永だった時点で、9回はひょっとしてロサで行くのかな?とも思いましたが内でしたね。
監督コメントで「益田は疲れているから」とありましたが、実際そうでしょうし(なんせ5連投中でしたし!)イーグルス戦との相性とか、初戦はバタバタせずすっきり行きたいという思いもあったのでしょうね。益田がストッパーから外れるということではなく、「ひと休み」と捉えています。基本は益田で、合間合間を内がフォローしてくれる形はなかなか良いのでは。内は内であまり連投無理させられませんし。

打線は右肘痛で井口を欠いた中でなんとか頑張りました。今まで井口におんぶにだっこ的な部分が多かったですから、井口がいない中で全員でつないでの勝利は嬉しいです。強いて言えば、戸村ならもう少し点を取って欲しかったですけれど、欲を言うとキリがないですね。

さて、初戦は幸先の良いスタートとなりました。この勢いを明日に繋げたいですね。3タテ希望(理想)ではありますが、とにかく1戦1戦を丁寧かつ大胆に勝って欲しいです。
この3連戦、シーズン終盤の優勝争いの頃のような「緊迫感」を感じます。私は仕事形態から「夏休み」がありません。ああ、マリン行きたいな〜!夏休みだろうが仕事だろうが、参戦される方、応援お願いします。

試合前に大松が「10倍返しで行くぞ!」とハッパ掛けたようですが、マリーンズの「半沢直樹」化なるか!

☆高濱がスタメン起用でなんとか1本打ちましたね!弟は甲子園で活躍していますし、負けるな兄貴〜!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年8月12日 (月)

ビジター9試合でなんとか勝ち越せた F1−5M 

ビジター続きでしたが、勝ち越しを決めました。選手たち、お疲れ様です!
ニッカン式スコア

今日は簡単に。
大谷が5回1失点と好投。好投というにはイニングが短いですが、今は中4日ローテなのでノルマ的にはOKなのかな。・・とはいうものの、当たり前ですが中継ぎ陣が総動員状態、この先が心配ではあります。特に益田は4連投・・・4点差あっただけにハットリ君じゃダメ?とは思いますが、最後は益田というのはお約束ではありますよね。みんな、大丈夫かなあ。

ビジター遠征が続いた中、勝ち越しを決めました。内容的には苦しい試合もあり、攻撃陣よ先発陣よもうちょっと頑張って〜!的な内容もあり、全て自分より下位チーム相手でもあるので手放しで喜ぶわけにもいきませんが、落ちてきたチーム状態の中で良く頑張ったと思います。

明後日からはいよいよイーグルス戦ですね。屈辱の3タテを喰らったリベンジを是非晴らして欲しい。現実的にいうとカード勝ち越してくれれば良いけど、本音は3タテやり返したいところです。マリーンズ、ファイティン!

☆塀内が秘かに頑張ってますね。根元が復帰したら落ちてしまうのは高濱になるのか・・。けれど根元は最近ファームの試合に出ていませんね・・・まだ時間が掛かるのでしょうか。

■2013/8/11終了時のパ・リーグ順位
順位 チーム 試合 勝数 敗数 引分 勝率 勝差 得点 失点 本塁打 盗塁 打率 防御率
1 E 97 58 38 1 .604 -
2 M 99 52 45 2 .536 6.5
3 L 99 51 46 2 .526 7.5
4 H 100 50 49 1 .505 9.5
5 Bs 98 45 50 3 .474 12.5
6 F 99 45 53 1 .459 14

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年8月10日 (土)

このめぐり合わせが今季の唐川なのか F3−2M

1点差を守りきれずのサヨナラって結構ショックですわー。
ニッカン式スコア

武田勝からはそうそう点は取れず、かと言って唐川の今季の出来だと期待出来ないので打線の援護が必要と昨日書きましたが、一転唐川が好投しました。投球は全く観ていないし、内容的にも三凡が1イニングしかないのでなんとも評価しがたいのですが、それなりによく投げたことは間違いないでしょう。
しかし打線が相手エラー絡みの2点しか取れず、唐川に勝ちをつけることが出来ませんでした。好投したら好投したで援護がないってのも今季の乗り切れない唐川を象徴している感がありますね。

内、ロサ、松永で2失点してしまったのは仕方ないでしょう。藤岡の投球だけ録画でさらっと観ましたが、ボール自体は行っていましたよね。今浪にはストレートで押して欲しかったな〜、完全に力勝ちしていたので。半端にスライダー投げさすならボール球にすれば良かったのに・・・。最後、鶴岡への投球はほぼ里崎の要求通りだったのに完璧に打たれました。あそこまで打たれるのは完全に読まれていたと思います。それが鶴岡の捕手としての読みであれば良いのですが・・・少し気になりますね。
なので、藤岡のボールは良かったと思うので、悔しいけど仕方ありません。

明日は大谷と吉川ということで、荒れた試合になるかも・・・今日の浦学戦みたいになっても困りますが。今日は中継ぎ総動員に近かったですが、明日も同じく総動員となるでしょうね。後は、とにかく野手!野手が点を取ってくれないことにはお話になりません。今日の結果を悔しいと思うならば、明日ぶつけてくれ!マリーンズファイティン!

☆西野が抹消となってしまいました。右肩痛・・・恐らく慣れない先発ローテをこなす中での慢性疲労性のものだと思います・・・というか思いたいですが、絶対に無理はさせて欲しくはないですね。今季投手陣最大の功労者、戦力としては本当に痛いですけれど「今までに感じたことのない痛み」というのが気になります。ローテ1回飛ばしで帰ってきて欲しいけど、無理して帰って欲しくはない。ああ、つらい。
★浦和学院の小嶋投手、180球超の熱投。高校2年生にいきなりこんな投球をさせるのはどうなんだろうか。これが、野球は高校で最後と決めた3年生ならば何も言いません。足を攣った後、(本人の希望があったみたいですが)打者二人も投げさせず、監督には即降板させる勇気を持って欲しかったですし、それまでの投球数などを考えて、交代を見越してブルペン準備させておいて欲しかった。浦和学院の森監督は一定の評価がある熱心な監督ですが、浦学が夏に弱いのはこういう部分なのかな、と思ってみたり。当人達にしかわからない信頼関係もあるでしょうし、大人が無理を強いているとまでは言いませんが。大きなお世話なのは承知ですが、やはり疑問。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年8月 9日 (金)

西野、益田が「スミ2」を守る F0−2M

カード頭を取ったのって・・・オールスター明け最初の試合以来じゃないですか?
ニッカン式スコア

今日は西野が素晴らしい投球でしたね。・・・といいつつほとんど観られていないのですが・・・本当にさらっと観直しましたが、ストレート、フォーク、一つ一つの球の質が良かったと思いますし、高低よりも左右、コーナーへの制球がきっちりしていたと感じました。慣れない先発ローテの疲れにプラスして夏場の疲労もあったと思いますが、ドームでの登板というのも良かったのかも知れません。完封目前での交代は残念ですが、先発ローテ再編を進める現状では球数を見据えての降板は仕方ないので。
しかし西野の頑張りのお陰で中継ぎ陣も休め、その意味でもとても大きな好投でした。次の登板であっさりフタケタ勝利を達成したいところです。

昨日途中降板した益田もランナーは出したものの、しっかりと抑えました。皮肉なもので出来としては昨日の方が良かったと思うのですけれどねー。今の益田には結果が一番の栄養剤だと思います。

打線は初回にワンチャンスをモノにして2点を先制。もっと援護したかったところですが、最低限の仕事を攻撃陣はしたと言えるかも知れません。しかし明日は唐川と武田勝。今年の唐川の出来を考えると打線は結構頑張らないと厳しいでしょう。明日も打線の奮起を期待します!勝ってカード勝ち越しを決めましょう。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年8月 8日 (木)

9回ウラ、指揮官動く。 H4−5M

益田がとうとう途中降板してしまいました(泣)
ニッカン式スコア

先発のグラが踏ん張り、マリーンズが優位に試合を進めました。3回に2死ランナー無しから一挙5点を奪った攻撃は鮮やかでしたね!岡田のセーフティーが活きた形となりました。FoxBaseballCenterによると、伊東監督が試合途中に荻野貴、岡田を呼んで「もっと工夫しろ」と指示したとのこと。1・2番という役割と、スタメンで起用されているということを再認識させたということなのでしょう。結果、岡田のセーフティーが呼び水となりました。

一方の秋山監督はこの時のボール処理、ファーストのラヘアが突っ込みすぎてセーフにしてしまったことを試合のポイントとしていました。今まで何度も同じようなプレーがあったようで、前述のFoxでは試合後、グラウンド整備している中で秋山監督と鳥越コーチが守備体型についてずっと意識合わせしていましたね。そのうちに私服のラヘアも加わり(帰る気まんまんだったんかい!)守備のチェックをしていました。とても印象的でした・・・試合後に首脳陣や選手がしていることってファンにはまず見えません。その意味でもFoxの番組は画期的ですね。

さて、最終回に益田がピンチを迎えるととうとう松永にスイッチしました。伊東監督、決断しましたね。シーズン序盤ならまだしも、イーグルス戦での失敗がいまだにみんな脳裏に焼き付いていると思いますし、指揮官としては同じ失敗をする訳にはいかないという思いからなのでしょう。
いつも公言していますように私は益田擁護ですしストッパーも代えて欲しくない、代えるべきではないという立場ですが、今日の交代は納得しました。恐らく益田をストッパーから外すという意図ではないと思います。

その松永は”先輩”の仕事をしましたね。コメントによると「身体の準備は出来ていたけど気持ちの準備が出来ていなかった」とのことで、ホークスファンの大声援もあって「緊張した」とのことでしたが、柳田の投ゴロをバックホームしてアウトにした動きは素晴らしかったです。その後の田上を仕留めた投球も見事でした。ナイスピッチです。
益田はボールは良かったと思いますが・・・難しいですね。里崎の構えに投げられていませんし、その結果打たれてしまいました。次、期待します!

さて、明日は西野です。前回があっという間の降板でしたし、本人も期するものがあるでしょう。好投と、野手の援護を期待します!
それにしても九州から札幌に移動日試合ってめっちゃくちゃな日程ですよね・・・(呆)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年8月 7日 (水)

投守で勝った試合 H1−2M

いやー、しぶーい試合でした。
ニッカン式スコア

今日は古谷を始めとする投手陣、そして守りで勝った試合でした。なんといっても古谷、7回まで1失点で凌ぎに凌ぎましたね。野手は再三のチャンスを活かせず、頼む、古谷の為に点を取ってくれー!と思いましたが残念ながら古谷に勝ちをつけることが出来ませんでした。古谷本人はどうなんでしょう、好投してチームが勝ったから良いや、と思っていてくれると良いのですが。
また、最後を締めた益田は久しぶりにまとまった投球でした。コントロールも良かったですし、スライダーのキレも良かったですね。ストレートが少なく変化球頼りだったのが少し気になりますが、前も書きましたが今は少しずつ良くなってくれればそれで良いです。三凡に抑えたという結果も大事です。

守備陣も古谷を盛り立てましたね。記録に残らないエラーや、ワイルドピッチなどが出たホークスと対照的でした。

攻撃面は相変わらずバント失敗が目立ちますね・・・シーズン終盤にさしかかるこの時期こそ、しっかり決めるところは決めて欲しい。本来ならもう少し早く点が取れていたのではないかと思います。好機での見逃し三振も気になる所。試合展開や相手投手によっては球を絞る場合もありますし見逃し三振イコール悪、ではないですが、今日はもう少しなんとかして欲しかったですね。
高濱にやっと一本が出ました!でも、打席の中でもう少し積極性が欲しいかな。「チャンスは今しかない」というコメントもあり、本人も自覚はあるようです。明日スタメンであれば、とにかく思い切りやって欲しいです。

明日はグラと大場ですね。普通に考えればグラの方が安定感ははるかにあるはずですが、一歩間違えると荒れた試合になりそうです。とにかく早い段階で大場攻略と行きたいところです。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2013年8月 6日 (火)

先発のやりくりが・・・ H6−1M

大谷、またも5回持たず・・。
ニッカン式スコア

前回の投球で中継ぎに回るか抹消かと思っていた大谷が先発。帰宅時には降板していたので、終了後にさらさらっと大谷の投球をチェックしました。滑り出しは良いボールが行っていると思ったものの、みんなベルトより高い・・・。2・3回に低めにも行くようになって、なんでこれで5回持たなかったのだろう?と思いましたが・・・今宮に甘い球を打たれ、続く内川にはインハイを芸術的に打たれ、ここで頭に血が昇ってしまったのでしょうか。しかし内川のホームランも難しい球でしたが、結局里崎の要求よりもはるか高くに投げてしまっています。せっかく良いストレート、スライダーを持っているのに・・・半端なコントロールだとやはり厳しいですね。これからは中継ぎかなあ・・・。(中継ぎなら楽という訳ではなく、今の投球だと短いイニングしか通用しないという意味です)今日はファームは阿部ちゃんが先発でした。どうせなら阿部ちゃんを地元福岡でまたチャンス与えて欲しかったという思いもあります。

どうやら首脳陣はこれから先発を中4日で回すとのこと。これまでに無い試みで、長いイニング持たないなら球数少なく登板間隔を短く、という逆転の発想そのものは面白いですし、どうなるのか興味があります。ただひとつだけ心配なのが中継ぎ陣への負担ですね。上野がやはり中継ぎに回りましたが、これを見据えた中継ぎ陣強化という事なのでしょう。苦肉の策ではありますが、中4日ローテ、私は基本的に賛成、今は打開策がないのだから「まずはやってみよう」というスタンスです。しかし、ファームの投手陣はチャンスなのになあー。大嶺!!(泣)

打線は初回だけでしたね。後は淡々と進んでしまった感じです。ブラゼルと大松が並ぶのは、漁で言えば網の目が大きい感じ・・・すり抜ける魚が多そうです(涙)ファームでは加藤が先頭打者初球ホームランかましたようですし、やはり下においておくのは勿体無いよな〜でも昇格しても試合でないと意味ないしな。・・・レフト大松にするくらいなら加藤スタメンで良いじゃんかよお、とグチってみます。

今日の敗戦でまたしてもホークスと並んでしまいましたね。いつも言ってますが、ここでズルズルと行かないように踏ん張ってほしい・・。明日は古谷と武田です。古谷は試合を作ってくれると思います。野手は武田の術中にはまらないように、粘っこく行って欲しい!明日は勝利を期待しましょう!

☆高濱がようやくの昇格!即スタメンは嬉しかったです。しかし結果が出ず。甘いかも知れませんが3打席しか回りませんでしたし、明日もスタメンで起用して欲しいです。お願い。
☆今日は8月6日。マツダスタジアムのカープ戦では鳴り物自粛の応援でした。気がつけばいつもあっという間に8月6日が来ます。言い方をかえるとあっという間に歳月が流れるということ。純粋に野球が出来る、観られる、楽しむことが出来る幸せを時には噛みしめたい。

■2013/8/6終了時のパ・リーグ順位
    試  勝 敗 分  率 差
1 E 92 55 36 1 .604 -
2 L 94 48 44 2 .522 7.5
2 M 94 48 44 2 .522 7.5
4 H 95 49 45 1 .521 7.5
5 Bs 93 43 47 3 .478 11.5
6 F 94 43 50 1 .462 13

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年8月 5日 (月)

”ホークス市”創設?

ホークスが新たにファーム本拠地の用地を、地方自治体を対象に募集するとのこと。

ソフトバンクが“ホークス市”創設計画

 ソフトバンクが、地方自治体を対象にファーム本拠地の用地募集を行うことを発表した。

 新球場や施設等は球団が建設して運営管理する見込みで、2016年シーズンから使用予定。約4万~6万平方メートルの造成済みか、または粗造成済みの平坦な更地、交通手段の利便性が確保できることなどが募集条件になるという。

 現在は福岡市が所有する雁の巣球場と、選手寮と室内練習場のある西戸崎合宿所を利用しているが、2011年からの三軍制導入で大所帯になっている。環境改善のためにも「どのような応募があるかによるが、一体化させた施設を作りたいと考えている。構想の中ではグラウンド、サブ、室内練習場、選手寮。クラブハウスも考えている」(高田取締役)

 そんな中、理想のビジョンとして描かれているのが“ホークス市”の創設だ。球団関係者は「一番いいのはホークスを使って町おこしをするぞ、という自治体が出てきてくれること。お互いプラスになる関係が築けるのがベスト。極端な話(市名や町名を変更して)ホークス市にしますよ、というくらいのところが出てきてくれればね」と期待を込めた。

 想定されるのは本拠地・ヤフオクドームから1時間圏内の地域。九州におけるチームの人気は絶大なだけに、集客に対応した一大施設が完成すれば“鷹の町”として地域経済の発展にもつながる。球団としてもファン層の拡大やブランド力の向上はもちろん、ファームを営利化する選択肢も生まれてくる。大計画を実現するため、好条件の誘致先を首を長くして待つばかりだ。

東スポにしては真面目な記事(笑)ですが、募集は本当のこと。

ファーム球場用地を募集 プロ野球ソフトバンク(西日本新聞)

そして早速名乗りを上げた市が出て来ました。

ホークスファームの新拠点募集 大牟田市、まず名乗り(西日本新聞)

福岡市は複雑な思いのようではありますが、ホークスの「本気度」を感じますし、これから先九州で頑張ってくぞ〜!みたいな心意気も感じられ、ホークスのみならずプロ野球全体の在り方を考える上でも歓迎すべきプランでしょう。もちろん税金面ほか諸々の「優遇」を期待してのものもあるでしょうけれどね。スポーツビジネスも多様な形がどんどん出てくるべきでしょう。

そして想いはやはりマリーンズのファームに・・・。一時は成田とか茂原とか、千葉県に移転という話がありました。「マリーンズのファームは浦和」で定着していますし、一応海浜幕張まで一本だし、なんせ自宅からすぐ行けるので私としては浦和にいてくれた方が良いのですけれど、本当に地元密着を掲げるのならばファームも千葉にいるのが望ましいのでしょうね、やっぱり。選手の移動問題もありますしね。トレーニング施設は別として、球場の規模、設備としても浦和は少々寂しいものがあります。ましてやQVCマリンに一番近いのがファイターズのファーム施設というのも不思議なもので。(鎌ヶ谷の「おらが球団」的雰囲気はかなり好きですが、ファイターズとしても1軍とファームの距離は大きな問題の一つとして認識されていると思う・・・ファイターズタウン鎌ヶ谷のマリーンズ移転というウルトラCがあったりして)

現実問題浦和球場も二年連続で改装していますし、移転はないのでしょうけれど、プロ野球の有り様を考える上でもホークスの動きは興味深いものがありました。
・・・もし移転となったらそれまでに雁の巣に行かなきゃなー。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年8月 4日 (日)

ここへ来ての新戦力 Bs3−7M

やっとカード勝ち越し出来ました。
ニッカン式スコア

試合途中からの観戦でしたので西野の投球は観ていませんが、球が全般に高かったようですね。3回70球では降板も仕方がありません。プロ最短となってしまいましたが、こういうこともあるでしょう。ただ、なんでそうなってしまったのか、課題をちゃんと認識して欲しいとは思います。里崎とのバッテリーがどうなるか興味ありましたが、金澤とでしたね。西野を良く知っているという理由でしょうか。

2回までで3点を先制される苦しい展開でしたが、相手ミスも絡んだとは言えマリーンズ打線が良く跳ね返しました。荻野貴司は拙い守備の汚名返上の2ラン。回転だけであそこまで飛ばすんですから、パンチ力あります。自分の身体の力を最大限使っているのだろうなあ。他にも危うい守備もあったようですし、その辺りですかね〜。井口のダメ押しとなったホームランは外寄り高めの球を深いところに打ち込むのですから、まだまだパワーあります。今季の井口は本当に凄い・・・マリーンズ加入してから、練習に取り組む姿勢とか目に見えない部分の貢献は別にして、目に見える部分では今年が一番の活躍でしょう。岡田は連続の猛打賞で打率を.280まで上げました。この数字までくれば立派です。もともと守備枠でセンター固定して欲しい選手ですけれど、これなら文句あるまい!(笑)

投手は小刻みな継投で凌ぎました。ちょっと前の記事で今のマリーンズ中継ぎ陣では僅差を持ちこたえられない、と書きましたがその予想が外れています。ええぞええぞ、どんどん外して嘲笑ってくれえ!という心境。そして、レデズマに初勝利がつきましたね、おめでとう。私個人的にレデズマの投球に信頼が置けないのは変わりませんが、それでも勝利がつくことで本人も気持ち的に気分よくこれから投げてくれれば、と思います。

本来ならばこの頃からベテランが頼りになる筈ですが・・・サブローは抹消・・・俊介や晋吾はなにしてるー!・・・しかし、青松、レデズマと新戦力が出て来ました。これは下降気味のチームとして喜ばしい限り。早坂の怪我がどんなものか心配ですが(本当についてないというか・・・早坂はずっと怪我が一番の課題だよなあ・・・)もし代わりに高濱なり晃多なり翔太なりが昇格するのであれば期待したいです。

明後日からホークス戦ですね。貯金はマリーンズの5に対してホークスが3と、差はないも同然。ここで落とすようだとチーム全体も沈んでしまいそうです。毎日がそうですが、踏みとどまって欲しいですね。勝ち越しを期待しましょう!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年8月 3日 (土)

昨日から一転、全員野球で勝ちました Bs3−7M

昨日の試合から一転、今日は打線が頑張りました。
ニッカン式スコア

昨日は非常に消化不良でしたが、今日はマリーンズらしい繋ぎの打線。特にスタメン抜擢の青松が猛打賞、先発が左の井川ながらスタメンの岡田が同じく猛打賞。青松は地元関西の活躍ですし、本当に良かった。ヒーインでの「このチャンスを生かさないと次のチャンスがないぐらいの気持ちで一打席一打席に集中していました」というコメント、良いなあ〜!7年間1軍が無かった青松の「飢え」がどれほどのものであったか。伊東監督の特筆すべき点として西野、江村を始め、青松らの”抜擢”があります。新鮮な眼で選手を観てくれています。これは外から入ったからこそですよね。

岡田の盗塁⇛即荻野タイムリーなどもあり、「なんだこういう攻撃出来るんじゃんか・・・」と思わせる気持ちの良い攻撃でした。しかし「打てる岡田」は理想ですよね。基本がこれなら文句なしセンターレギュラーなのになあ・・。

早坂、大地がノーヒットでしたが(大地は犠飛あり)、チームみんなでもぎ取った7点でした。昨日が昨日だっただけに、本当にこのチームは良くわかりません(苦笑)

ただ、初回に角中のバント失敗がありました。今季のマリーンズはとにかく犠打の成功率が高かった筈(具体的な数字はないけど)で、これが後半戦になってから失敗が目立つようになったのが気になっていました。知らず知らずに焦りが出ているってことなのかな。しかし、今日のように全員で点を取れれば焦る必要は無いですよね。

外出していて上野の登板は観られなかったのですが、4回途中での降板が気になり帰宅後にさらさらっと上野の投球だけ観直しました。ちょっと球は抜けてましたね。T-岡田に逆転弾喰らうとムードが一変しますから、早めに手を打ったのでしょう。妥当だとは思います。まあ、中継ぎでやってきて、怪我抹消後のいきなりの先発ですし頑張ったと言って良いでしょう。さて、次の登板はどうなるのでしょうか?先発なのか、中継ぎに戻るのか。早めの降板は中継ぎ登板を想定してのものなのかも、とも思いますが、先発足りないしなあ。

益田が久しぶりに登板しました。悪くなかったと思いますが、失点してしまったのが残念でした。三人で終わればスッキリしたのですが・・。でも、四球や連打での失点ではなかったので良しとします。こんな感じで少しずつ戻ってきてくれれば。

明日は西野ですね。試合は作ってくれると思います。相手ディクソンは今のところ痛み分け。明日も全員攻撃で得点をもぎとり、西野を楽にしたいところです。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年8月 2日 (金)

絵に書いた様に噛み合わない Bs5−3M

最終回の攻撃、遅すぎるよ・・・
ニッカン式スコア

グラは序盤はソロ2発を浴びたのみと、四球絡みや連打で失点するよりはまあ良いかなーと思っていたのですが。
今日は6回オモテウラの攻防が全てでした。オモテはマリーンズが今江のヒットと相手のミスで1点を返し、なおも無死2・3塁。まー、マリーンズファンとしてはちょっと嫌な予感はしたのですがここから得点出来ず。正直、グラはがっくり来たでしょうね。
対するウラ、無死1塁からグラが「ピッチャーゴロ」を捕れずにセンター前ヒットとなり無死1・2塁とすると、バルディリスの2塁打で一点を取られなおも無死2・3塁と同じ状況。ここから犠飛で更に1点を失います。
オモテで追いつき追い越せなかったこと、ここがとても大きかったですね。グラがピーゴロを捕れないのはぶっちゃけ気落ちしていた事もあるのかもしれません。もちろん言い訳にはなりませんが。6回終了時で早くも負けムードに包まれました。
9回に平野から2点取ったのは明日以降に繋がるかも知れませんが、こういう言い方もなんだかコテコテで言ってて面白くありません。正直に言えば9回に半端に反撃するんならもっと早くに打ってくれえ、というのが本音です。

今日の試合は全く投打噛み合わず、流れも悪い方悪い方に行ってしまいましたね。

そうそう、レデズマが投げましたがやはり信頼の置けない投球。球に力はありますが制球がバラバラ、私が今までレデズマを一度も推さなかったのはここに理由があります。抑える時は抑えるかもだけど打たれる時は打たれるという典型例。力があるからファームでは通用するかもしれないけど、上では厳しいんじゃないのかな。

明日は上野ですね。本人からしたら大事な大事なチャンスです。気合が入り過ぎるくらいに入る男ですから、良い意味で力を抜いて、冷静に自分の投球をして欲しい。相手井川はもうなんというか、わかりません(爆)とにかく先発が試合を作ること、これを望みます。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年8月 1日 (木)

やっぱりーのがっかりーの。 M3−4F

予感はあったけど、やっぱり唐川ダメだった。
ニッカン式スコア

帰宅した時はちょうど代打青松の場面だったもんで、唐川の投球は観ていないのですが、結果だけで言えばがっかりでした。誰もが今日はとにかく唐川の投球にかかっている、と判っている中でのこの敗戦はなかなか重いです。もう今季も唐川はこんな感じのまま終わってしまうのかな・・・。期待が大きい分、失望も大きいですね。こういう時はブログ書くのもなかなかしんどいです。

1点ビハインドのまま継投合戦へと突入、今日はマリーンズの中継ぎ陣も頑張りましたが結局1点が届きませんでした。チャンスはあったし、最終回も見せ場は作ったのでこれが普段の中での1敗なら「惜しかった」で済みますが、今日は勝って欲しかったです。

そんな訳であまり楽しくは無い試合でしたが、皮肉にも私が応援している屋宜にプロ初勝利がついた(ほんとにマリーンズはプロ初勝利を伝統的に気前よくプレゼントしますね)のがせめてもの「救い」だったのかも(爆)

そんな中、代打の男・青松のタイムリーはしびれました!昨日もそうでしたが、落ち着いて打席で勝負出来ている感がありますね。9年目でのプロ初ヒット、本人の心境を思うと本当にこちらまで嬉しい気持ちになってきます。これからも存在感を存分に発揮して欲しいです。遅咲きの右の大砲というと伊東監督の現役時代と被りますがライオンズの犬伏を思い出します。犬伏は輝いた期間が短く終わってしまいましたが、青松はこれから花開いて欲しい。

明日からのビジター3連戦で対戦相手も変わりますし、切り替えて勝ち越しと行きたいところです。グラと西だとロースコアになるのでしょうか。今日の様に1点でもリードして試合が終われば勝ちは勝ち。打線は粘っこく相手より1点でも多く点を奪ってください!

☆アブレイユがライト前ヒットの後、2塁を狙った際にスパイクを高く上げてスライディング。こういうラフプレーは本当に嫌いです。絶対にして欲しくない。こういうプレーをされると、その選手を応援する気が失せてしまいます。野球もイエローやレッドカード出したいくらい。ラフプレー撲滅!
大地は良く避けました。タッチしていないと思うけど、審判もしっかりと”みなしアウト”取ってくれましたね。過去なんやかんやあった塁審西本ですが、ナイスジャッジでした。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »