« 絵に書いた様に噛み合わない Bs5−3M | トップページ | ここへ来ての新戦力 Bs3−7M »

2013年8月 3日 (土)

昨日から一転、全員野球で勝ちました Bs3−7M

昨日の試合から一転、今日は打線が頑張りました。
ニッカン式スコア

昨日は非常に消化不良でしたが、今日はマリーンズらしい繋ぎの打線。特にスタメン抜擢の青松が猛打賞、先発が左の井川ながらスタメンの岡田が同じく猛打賞。青松は地元関西の活躍ですし、本当に良かった。ヒーインでの「このチャンスを生かさないと次のチャンスがないぐらいの気持ちで一打席一打席に集中していました」というコメント、良いなあ〜!7年間1軍が無かった青松の「飢え」がどれほどのものであったか。伊東監督の特筆すべき点として西野、江村を始め、青松らの”抜擢”があります。新鮮な眼で選手を観てくれています。これは外から入ったからこそですよね。

岡田の盗塁⇛即荻野タイムリーなどもあり、「なんだこういう攻撃出来るんじゃんか・・・」と思わせる気持ちの良い攻撃でした。しかし「打てる岡田」は理想ですよね。基本がこれなら文句なしセンターレギュラーなのになあ・・。

早坂、大地がノーヒットでしたが(大地は犠飛あり)、チームみんなでもぎ取った7点でした。昨日が昨日だっただけに、本当にこのチームは良くわかりません(苦笑)

ただ、初回に角中のバント失敗がありました。今季のマリーンズはとにかく犠打の成功率が高かった筈(具体的な数字はないけど)で、これが後半戦になってから失敗が目立つようになったのが気になっていました。知らず知らずに焦りが出ているってことなのかな。しかし、今日のように全員で点を取れれば焦る必要は無いですよね。

外出していて上野の登板は観られなかったのですが、4回途中での降板が気になり帰宅後にさらさらっと上野の投球だけ観直しました。ちょっと球は抜けてましたね。T-岡田に逆転弾喰らうとムードが一変しますから、早めに手を打ったのでしょう。妥当だとは思います。まあ、中継ぎでやってきて、怪我抹消後のいきなりの先発ですし頑張ったと言って良いでしょう。さて、次の登板はどうなるのでしょうか?先発なのか、中継ぎに戻るのか。早めの降板は中継ぎ登板を想定してのものなのかも、とも思いますが、先発足りないしなあ。

益田が久しぶりに登板しました。悪くなかったと思いますが、失点してしまったのが残念でした。三人で終わればスッキリしたのですが・・。でも、四球や連打での失点ではなかったので良しとします。こんな感じで少しずつ戻ってきてくれれば。

明日は西野ですね。試合は作ってくれると思います。相手ディクソンは今のところ痛み分け。明日も全員攻撃で得点をもぎとり、西野を楽にしたいところです。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

|

« 絵に書いた様に噛み合わない Bs5−3M | トップページ | ここへ来ての新戦力 Bs3−7M »

コメント

犠打の確率を上げてたのはネモちゃんのおかげでしょう(泣)
でもどうやら今日の浦和´sの試合に出たようですので、まもなく復帰するんでは。
いえ~い!青松初スタメン猛打賞~!
すばらしいです!
きっとベンチでも大きな声出してナインを鼓舞してるに違いない。
昨年も連敗中とかのどんよりを解決するために「青松ベンチに入れとけ」って言ったことありますが。
DHもいいけど内野守らせて、ピンチ作った投手を叱り飛ばすいつものアレをぜひ(笑)
今日の勝ちは藤岡につきました。私の中ではだんだん藤岡がブルペン要員でハマってきてます。体力も技術も必要だしなのになかなか評価されない大変なポジションですが、実は並大抵な投手ではできないんですよね。
そのうち「藤岡がいるから」でみんなが勇気持つようになるといいな。

明日は西野ですが、初めて里崎と組むなあ。西野を見いだした人物その1みたいな立場にいる里崎がどう投球を組み立てるのか楽しみです!

投稿: てんとう虫 | 2013年8月 4日 (日) 02時35分

BJさん、お早うございます。昨日は、荻野貴司選手がマルチヒット、3割に復活ですね。良かったです!盗塁失敗は、仕様がないと思います。盗塁機会を増やして欲しいです!
野球は、時には150キロを超えるあの物凄い硬さの硬球を打ち返す競技です。部分部分では、格闘技以上の物が本来あると思います。
自分は、何度も書きましたが、塁上で相手チームの選手と笑い合っているようなシーンは、物凄く嫌いです!闘争心がある選手が大好きです。その闘争心を本来のプレーに反映させて欲しいです。
原監督が現役時代、ジャイアンツの4番を張っていた昭和59年、デット・ボールが多く、調子を崩していた時、“ジャイアンツの4番の先輩”、ミスターは解説席で言いました。「ジャイアンツの4番は、例え頭や何処を狙われようとそれに負けず、絶対打ち勝って行かなければならない!それがジャイアンツの4番の宿命です!」、自分は感動しました!
明らかなラフ・プレーは、絶対許される物ではありません。唯、あらゆる事に対処する気構えを求められるのも、プロフェッショナル競技の凄みだと思います!視ているこちらが、汗をかくような“真剣なプレー”を視たいものです。

投稿: エイトマンちから | 2013年8月 4日 (日) 09時24分

上野投手に関しては復帰してから
時間が足りなかったので仕方ないですが
厳しかったですね。

逆に言えばあの状態の上野投手を
とりあえず投げてくれと一軍に上げなきゃ
ダメなのが辛いといえば辛いですね。

木村投手あたりがいければいいのですが

ただ木村投手もこの間G+で見た時も全体的に高めで
グッとくるものが無かったのは事実ですが
これで一軍に推薦とは
僕が二軍のコーチだったら出来ないので
(1試合テレビで見ただけの判断ですのであの試合だけ
よくなかっただけだとは思いますが)

青松選手が見事にスタメンで結果を出しましたね。
勝手ながら個人的に雰囲気が全盛期のG.G.佐藤選手と
重ねて見ているので
捕手からの転向、伊東監督の抜擢と
共通点も多い(ちょっと強引)?
青松選手もブレイクといってほしいところです。

伊東監督になってから
外から監督だけあって変な先入観がないから
いろんな選手を使ってくれて
本当にありがたいですね。

この試合では内投手を代えて
服部投手を出してT-岡田選手に代打を使わせる
あれは上手かったなと
結果論かもしれませんが
カルロス・ロサ投手がピンチ招いて
一発で同点の場面で本来ならT-岡田選手でしたが
代打からDHで高橋信選手でしたので
高橋信選手もホームランはありますが
T-岡田選手に比べると確率は少ないですからね。

伊東監督になっても
ベテラン野手の扱いなど
采配批判はあるにはあるのですが
100人が100人納得する采配など無いと
思っている僕としては
今年の伊東監督には良い采配をして頂いている感謝の念があります。

二軍からもいろんな選手を使ってくれる
それは言い方を変えれば
伊東監督になってから一軍抜擢されない
二軍の選手って結構、現実問題として厳しいのかなって
そうも感じてしまうのですが(汗)

内投手は今回も人のランナーを返さない
ダブルプレーに打ち取りましたね。
だからどうしてもクローザー内投手ってより
セットアッパー内投手って思ってしまう
僕がいますが

投稿: マットゥン | 2013年8月 4日 (日) 09時43分

チームカラーとまで言うと大袈裟かも知れませんが、やはりうちは足を使った攻撃が合っているなと思いました。(もちろん、ホームランが沢山出る事を望んでもいますが)
岡田の場合楽天・藤田同様打てなくても使わなければいけない選手だと思っているので、使い続けてほしいです。
確かにこのところバントの失敗が多いようですが、角中の場合自身の状態が良くないのもあるのではないでしょうか。そこに早速バントのサインが来てそれこそ焦りが出て固くなっていたのかも知れません。
益田の失点は少しアウトコースに真っ直ぐを投げすぎたような気がしています。相手を舐めた訳ではないと思いますが、あれで抑えられると思っていたところでの一発だったのではないかと。
後前日の平野もそうですがやはりセーブシチュエーションでの登板とそうでない登板とではモチベーションがやや下がってしまうのではないでしょうか?4点以上クローザーが取られるのはなかなか考えにくいので気持ちにゆとりが出来てしまうのだと思います。

投稿: 通りすがりのマリーンズファン | 2013年8月 4日 (日) 12時33分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

根元に限らず、みーんなきっちり犠打決めてたんですけどねえー雑になっというより硬くなってんのかなと。根元、浦和は指名打者ですね~後一週間くらいでしょうか。
青松、結果もさることながらベンチでムードメーカー役もやっててくれると良いですね。
藤岡はとにかくやはり今は投げることなんですかね~。藤岡がブルペン待機になってから、何気に重要な役をこなしていると思います。これからどうなるんだろう。
西野-里崎コンビは気になるところです。里崎がどのように西野を観ているのか興味あるところ。でも観戦出来ません・・(泣)

投稿: BJ | 2013年8月 4日 (日) 12時44分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

荻野貴、なんだかんだで打撃好調ですね。凡退の内容も良い当たり多いですしね。盗塁失敗は仕方ないですね、積極的に行って欲しいですね。
長島さんのジャイアンツ4番論、ずっと張ってきた人ならではの凄みがありますね。それくらいの覚悟はいるでしょうし、それだけのモノを持っていないと勤まらないのでしょう。
闘争心がある選手は私ももちろん好きですよ!というか無い選手はなんのためにプロでやってるんだろうとも思います。手に汗握る試合を観たいですね。

投稿: BJ | 2013年8月 4日 (日) 12時48分

>マットゥンさん
コメントありがとうございます。

中継ぎで投げていて、怪我で抹消して昇格即先発というところが苦しさを物語っていますね。大谷先発もそうでした。ファームの投手達はせっかくのチャンスなのになぁー。これはここ数年そういう状態なのですけれどね。出てきたのが西野だけなのは寂しいです。
青松とGGと重なるところはありますね(犬伏と重ねた私はちょっと古いな・・・汗)一時的な活躍ではなく、ずっと継続して結果出して欲しいです。
私は伊東監督の采配で批判したい部分は今のところまだないんですよねー一年目だし、「明らかにおかしい」って言うのでなければ「監督のカラー」としてまだ観ています。

>伊東監督になってから一軍抜擢されない
二軍の選手って結構、現実問題として厳しいのかな

・・ここは私も密かに思っているところで(泣)高濱らの昇格がないのはそういうことなのかもって・・・だとしても理由は知りたいですけどね。もちろん外部に言う訳ありませんが・・。

投稿: BJ | 2013年8月 4日 (日) 12時54分

>通りすがりのマリーンズファンさん
コメントありがとうございます。

マリーンズは足が速いタレントもそろってますし、やはり足を使った攻撃が似合いますし、使わないともったいないです。昔からそういわれ続けてきて、一時はコーチに過去盗塁王が二人もいたのに結局走らなかったですからね。積極的に仕掛けて欲しいです。
角中、益田と心理的な部分のコメント、面白いです。焦りとか余裕とかと無縁にプレーできれば一番良いのでしょうけれど、そこが一番難しいのかも。益田の場合は点差があって楽だったはずなのですが、まだ余裕がないのかなーと感じました。チーム全体が前向きに行ければみんな乗っかって行けるのかな。

投稿: BJ | 2013年8月 4日 (日) 12時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/52729593

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日から一転、全員野球で勝ちました Bs3−7M:

« 絵に書いた様に噛み合わない Bs5−3M | トップページ | ここへ来ての新戦力 Bs3−7M »