« 四球とベースボールトラベラーを観にマリンまで行ってきた。 M1−7Bs | トップページ | 幸先良く大事な6連戦の初戦を取った M4−0L »

2013年8月18日 (日)

古谷が勝ち取った存在感 M3−1Bs 

5カード連続勝ち越し!
ニッカン式スコア

中4日の古谷が頑張りました。本人は「良くなくて辛かった」と言っていましたが、FoxBaseballCenterで新谷が「良い時は流れに乗ってしまえば良い」と言っていましたが、その通りで良い意味で調子に乗ってしまえば良いんですよ、もう。根拠のない自信とか、「図に乗る」とかは困りますけどね。試合後の伊東監督インタビューでとても印象的だったのは、「ウチで一番安定している投手。古谷で落とせない」との言葉でした。今や西野とともに欠かせない存在となった古谷、監督にここまで言わせる存在になったのは実力ですから自信持って良いですし、何より自らの勝ち取った言葉、立場です。好投でしたよー!

6回途中で古谷は降板、後を内が継ぎ犠飛こそ打たれましたが、内がしっかりと抑え流れを断ち切りました。今日一番のポイントはこの内の投球だったのではないでしょうか?その後を継いだロサ、松永、益田も良く投げました。登板数が増えていますが、みんなで勝ち取った勝利でした。

打線はバースデー大地の2安打2打点の活躍が眼を引きました。誕生日でこういう活躍ってなかなか出来ませんよね。このところ調子が落ちていた大地、今日も早出で特打をこなしたそうですよ。まだ若手ですし、こういう努力は地道に続けて欲しいです。

打線はディクソンのナックルカーブに苦しんでいましたが、円陣を組んで「風もあるし高めを狙え」との指示が出た回にディクソンを攻略。Bsバッテリーからするとマリーンズ打者の高め狙いに気がついて対処しなくてはいけない場面、野球の面白さ、奥深さがこういうさりげない所に息づいています。ああ、野球楽し。

何よりも昨日の敗戦を引きずらず今日勝利してくれたことが嬉しいです。昨日参戦した身としては今日の試合が羨ましいですけれど、勝ってくれればそんな思いも吹き飛びますね!

明後日から2試合連続でサヨナラと勢いづいて来たライオンズとこのタイミングで対戦です。イーグルスを追うチーム同士の潰し合いというのがまた皮肉ですが、カード勝ち越して6カード連続勝ち越しと行きましょう!

☆ブラゼルの死球、骨折じゃないか・・!と心配でしたが、打撲とのこと。不幸中の幸い、良かったです。ただ「引き腕」なので、数日は出られないかも・・。ブラゼルの回復力に期待。
★ライオンズーイーグルス戦にチャンネルを替えて最終回の攻防を観ましたが、いやあ、凄い凄い試合でした!3ラン2発で終盤に追いつき追い越したイーグルスも凄いですが、3点差を追う最終回のライオンズの粘りも凄かった。勝利の後に泣いているライオンズファンの方もいましたけど、気持ち分かるなあ〜。

■2013/8/18終了時のパ・リーグ順位
    試  勝  敗 分 率  差
1 E 103 60 42 1 .588 -
2 M 105 56 47 2 .544 4.5
3 H 105 54 50 1 .519 7
4 L 105 53 50 2 .515 7.5
5 F 103 48 54 1 .471 12
6 Bs 103 46 54 3 .460 13

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

|

« 四球とベースボールトラベラーを観にマリンまで行ってきた。 M1−7Bs | トップページ | 幸先良く大事な6連戦の初戦を取った M4−0L »

コメント

暑い中ブログの更新お疲れ様です。古谷さんに勝ちが付いて内君有り難うございます!古谷さんも内君もホント最高にカッコ良過ぎです!こう言う場面が視れてとても嬉しく幸せです(涙)外野フライで1点は仕方ないです!タイムリーヒットじゃないから全々合格です!。後半はすみませんヘイ内にイライラして応援してましたけど苛立ちが消えず(怒)。1アウト2・3塁→3塁は足の遅くない速さは普通だけどいつも一生懸命な鈴木大地君!最低外野フライで確実に1点!2塁の里さんもライトフライで有れば進塁打で3塁へ行ける!最悪内野ゴロの間に1点!2塁里さんも3塁へ進める!→よしっ!これで行くんだヘイ内!今日こそ取り返すんだ!頼んだゾッ!打つんだっ打点だ!→真面目に応援しました→結果→溜め息!信じられない!タイムリーヒットなんてキレイなヒットなんて打たなくて良いのにっ内野安打なんて期待してないのに!誰もそんな事望んでませんよ!ただ最低限、最悪、アウト1つ捕られても良いから打点を上げれば1%でも1軍に生き残る可能性は有るのだからっ0じゃないから!→結果駄目で打てないんじゃあファンの方には大変悪いですが辞めるのがイヤならトレードで!私は希望します!もー良いです!ご免なさい!最低限・最悪のチームバッティングが出来ない様じやあ、守備でも足を引っ張り渡辺俊介さんに負けを付けたり・・・じやあいつ取り返すんだ!?今でしょっ!・・・(涙)

投稿: 九州マリン | 2013年8月19日 (月) 00時50分

おはよーございます。マリーンズ苦手なはずの8月に加速しましたね。5カード連続勝ち越しで貯金がまたふえてきた!5月の快進撃は勢いだけでしたが、ケガ人だらけなのに今はきちんと勝ちきってます。
昨日の試合もずいぶん淡々と勝ったなあと…大地くん誕生日おめ!3塁打9本てすごい瞬足みたいだ(爆)彼は野球楽しそうでいいですね。ちなみにその前の角中のヒットがまんがみたいな打ち方でしたね(笑)
さてウチはきっちり勝ったので気になる楽天…所沢で壮絶な打ち合いして敗れてました(爆)
9回裏だけ見ましたが…
うん、楽天強いけど、リリーフの質量はウチの方が上だ。
と思った。

まだシーズン分からないですね~


高校野球も暑そうなんですが…
ドラフトの打ち合わせとかもしてるようですが
伊東監督の希望は右打ちの内野手だとか
内野専任の選手もいいですが、ホークスの今宮やカープの堂林みたく投手→野手のパターンもありですね。誰かいないかな。


根元はそろそろ戻れるのかな?
2試合くらいだったら荻野が内野守れないのかなとか、あの手この手と考えちゃいます。

投稿: てんとう虫 | 2013年8月19日 (月) 08時15分

BJさん、今晩は。昨日は、マリーンズが勝って良かったです。
荻野貴司選手が、3回裏にフォアボールで出塁した時、盗塁を視たかったです!その後、岡田選手が、初球にチャージを駆けたので尚更です。
荻野貴司選手は、大怪我を怖がってるんですかね。2度も盗塁で負傷した訳ですし。それが理由なら、仕様が無いと思います。現在は、3割打ってますし、これで無難にシーズンを乗り切れば、年俸もアップするでしょうし。
本当に選手生命を掛けろというのは簡単ですが、職を失う怖さはどの業種でも同じだと思います。危険がない程度で荻野貴司選手には、期待したいと思います!
それにしても、ライオンズが良くイーグルスに勝ってくれたと思います!ヘルマン選手のチャージも凄かったですね。明日から、ライオンズとの好ゲームを期待します!荻野貴司選手の活躍も、勿論です!

投稿: エイトマンちから | 2013年8月19日 (月) 18時50分

>九州マリンさん
コメントありがとうございます。

古谷、内、共によく投げました。内が”火消し”でしたね〜、犠牲フライは仕方ないですね。塀内は・・・なんというか・・・しっかり頼むよ、とその言葉だけです。チャンスで2度回るも両方三振では。おっしゃるように、最悪内野ゴロでもなんとかなる場面でしたからね。もっと必死さが欲しい・・というか、必死なのかも知れませんけれどプレーに出ませんからね。根元昇格までにアピールしないといけない立場でしたが、不発・・・根元昇格で当然塀内抹消かと思いましたが抹消になったのは細谷でした。うーん・・。

投稿: BJ | 2013年8月19日 (月) 21時01分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

8月に持ち直したのは去年の繰り返しはしたくないという選手たちの強い気持ちと、首脳陣の采配、舵取りですよね。ほんと頑張っています。急降下始めた時は悲観的な意見が多かったですが、私、今年は違うと信じていると書いてきましたし、ほらみろ!という気持ちです(笑)
大地の3塁打リーグトップ9本は面白い。真面目に言うと右中間を抜く打球が多いということなのでしょう。基本プルヒッターですよね。
リリーフはイーグルス、ライオンズよりもマリーンズが上だと思います!その意味ではこれからの連戦、勝機はある!
右打ちの内野手希望ですか。やはり大きいのを打てるタイプなのですかね?最近は高校生ドラフト候補は疎いですが、常総の内田は凄い打球飛ばしますね〜。聖光学院の園部はちゃんと観たかったなあー。習高の松山は・・内野手向きではないかなあ。
根元は満を持して明日登録でしょうね。さて、打順がまたどうなるのか気になります。1番荻野、2番岡田が結構良いので。

投稿: BJ | 2013年8月19日 (月) 21時08分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

荻野貴司の盗塁・・・どうなんでしょうねえ、「怖い」って気持ちがあるのかないのか。無いって言ったらウソになるのかも知れませんが、私個人としてはグラウンドに出れば怖さは忘れているんじゃないかと思います。盗塁企図がそんなに多くないのはサインなのかどうなのか。本人が怪我というよりも成功するか失敗するかでかなり慎重になっているのかも知れません。
怖さは無いのでは、という思いはそう願っているので、そう思いたいという面もありますが。
ライオンズとのこの3連戦、面白い戦いになりそうです。マリーンズが勝ち越すのはもちろんですが、それ以上に3試合とも「好試合」が観たいです!

投稿: BJ | 2013年8月19日 (月) 21時11分

FOXでの相変わらずの新谷節は
面白かったですが
(BJさんの好きな吉井さんと新谷さんのコンビでしたね。)

でも僕は古谷投手はこれはこれで
いいのかなと思います。
こういう悔しさを持って次に繋げる
これはこれで大事だとも思いますし

ここら辺は性格の違いでしょうね。
(どっちがいいとかではなくて)

大地選手には最高の誕生日となりました。
まず彼の場合、率は落ちてはしまいましたが
2年目でケガせず試合出続けるのが素晴らしいです。
とにかく僕はケガしない選手は無条件に評価しますので

塀内選手に関しては
むしろ塀内選手より二遊間だと上の選手がいない事を
悲しむべきかもしれませんね。
(もちろん大地選手、根元選手、井口選手は除く)

ケガしてチャンスを失った早坂選手
塀内選手とほぼ平等に出場機会を与えられたが
その争いに負けた高濱選手
この2人よりチャンスはもっとあったがダメだった細谷選手
それより更に下で一軍に上がってこれない他の野手達

根元選手がケガというチームはピンチ
でも他の選手はチャンス
ただ誰も逃してしまった。

一番良かったのがホークス戦で9回に
勝ち越しのきっかけの二塁打を打ったり
ファイターズ戦で増井投手から
タイムリー二塁打を打った
塀内選手だったという事じゃないですか。

彼らが塀内選手より下という現実に
(少なくとも首脳陣はそう見て判断している)
悲しむべきなのかもしれません。

やっぱりドラフトで期待するしかないかな(苦笑)

投稿: マットゥン | 2013年8月19日 (月) 21時50分

古谷はどうやらまた中4日らしいですよ。これはどうなんですかね・・・
西野も中4日で投げた試合当日は良かったのですが、その後に異変が起きましたから。それでいうとFOXの番組で自分が気になったのは新谷さんのほうではなく、吉井さんのほうですね。自身が中5・中4・中3で投げて肩をおかしくしたというやつ。古谷もちょうど中5・中4そして中4ですからそろそろ何か起きても・・・
細谷を何故上げたのでしょうか?意味が分かりません。恐らく根元が戻れば1番荻野貴・2番根元で9番岡田になると思います。

投稿: 通りすがりのマリーンズファン | 2013年8月20日 (火) 01時08分

>マットゥンさん
コメントありがとうございます。

いやあ、古谷の姿勢を否定して、新谷の考えを押し付けるつもりはないですよ・・勝利に浮かれず反省すべきところを反省する、そういう選手は調子に乗るような選手よりもむしろ好きです。ただ、好投したにもかかわらず反省ばかりだと、それにがんじがらめになってしまって負のスパイラルにはまる可能性があります。要は真面目に思い詰めすぎても良くないなあと思っているだけです。ある程度解放してやらないと。
塀内に関しては最近コメントなどでいろいろ取りざたされているからかと思いますが、私はそんなに塀内を否定していません・・むしろ擁護しているかと。前の記事でも地味に活躍していると書きましたし、このままだと落ちるのは高濱だとも書いています。
まあ、高濱より早坂や塀内が先に昇格したことに「??」とはどうしても思ってしまいますけれど、首脳陣がそう判断しているのならば、前にマットゥンさんがおっしゃったようにそれだけの理由があるのでしょうね。早く高濱や翔太、晃多らが1軍で起用されるだけの実力を備えて欲しいですし、西野や江村のように思い切って抜擢して欲しいとも思っています。

投稿: BJ | 2013年8月20日 (火) 21時01分

>通りすがりのマリーンズファンさん
コメントありがとうございます。

中4日はいろいろ論議されるところですし、やはりファンとしても慣れていないので心配なのですが、球数をちゃんと制限してきっちりとスケジュールを組んでやる分にはやってみる価値はあるかと思っています。吉井の場合はどうなんでしょうね・・計画的では無かったのかも知れません。メジャーが中4日でまわしていることを考えても、とにかく現状打破の意味を考えてもやれることをやってみるのはアリかなーと。ただ、おっしゃるように西野離脱のタイミングはまさに中4日でしたし、選手の状態には最大限の配慮をして欲しいですよね。
細谷はいきなりあがってあっという間に抹消でしたね・・・サブロー抹消で不足した右打者の手当てという意味が強かったのでしょう。
予測どおり、根元2番岡田9番でしたね。この並びも私は好きです。岡田と荻野貴が並ぶのが好きなのかな。

投稿: BJ | 2013年8月20日 (火) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/52933213

この記事へのトラックバック一覧です: 古谷が勝ち取った存在感 M3−1Bs :

« 四球とベースボールトラベラーを観にマリンまで行ってきた。 M1−7Bs | トップページ | 幸先良く大事な6連戦の初戦を取った M4−0L »