« まだまだ諦めない! E5−4M | トップページ | 先発好投、クリーンアップ活躍のスッキリ勝利 M6−1F »

2013年7月30日 (火)

投手力の差を痛感・・・つまらん試合だった M5−9F

情けない試合でした・・・。
ニッカン式スコア

マリーンズ、ファイターズの両大谷が先発となった試合。急いで帰宅したので、4回裏から中継を観ることが出来ました。今日は千葉県民デーだったそうで、27,000人と沢山のお客さんが詰めかけた・・・・のですが、非常に情けない試合を見せてしまいました。

両大谷ともに5回もたず5失点という内容。F大谷は4回、カーブも決まり見事な投球を見せていたのですが、突如崩れました。こういう脆さはまだ高卒一年目らしいともいえ、ありうるといえばありえます。一方のM大谷は4回まで2失点とまずまず頑張っていたのですが、味方に逆転してもらった直後に3連打を浴び、降板しました。こっちの大谷の方が年齢もキャリアも段違いなのになあ。劇的な逆転劇の直後だっただけにまず先頭バッターをしっかり抑えてくれ!と思いながら観ていたのですが最悪の結果。後を継いだ藤岡も打たれ、あっという間に再逆転・・・なんですか、これは。これではさすがに野手も相当がっくり来たんではないでしょうか。

まあ、M大谷自体ファームですら最近は投げていなかった筈。でいきなりの先発ですからねえ・・・ある意味可哀想とも思え、ここは首脳陣の選択ミスと言った方が良いかも。じゃあ、かと言って他にいるかというとそこが情けない話で、名乗りを挙げそうな投手がいない。それでも阿部ちゃんあたりくるのかなあ、とも思っていただけに、寂しい結果になってしまいました。

この試合を通じて痛感したのは中継ぎの投手の質で、ファイターズの石井、増井、宮西ととにかく制球が素晴らしいです。特に増井と井口の攻防は見応えがありました。井口の初球に投じた外角いっぱいいっぱいのスライダーには思わず「ナイスボール!」と声を出してしまいました。初球にここに決めたことで、井口の目付けが完全に外いっぱいとなり、途中力のあるストレートも混ぜられ、最後は初球と同じスライダーであっさりと仕留められました。宮西も初球の入り方が外ぎりぎりのボールから。みんな「怪我をしない配球」が出来ている。というか、基本通りの投球がしっかり出来ている。転じてマリーンズはというと、一言で言うと「アバウト」です。実質中継ぎの大谷から始まり、藤岡、内、ロサ、松永となんせ制球が甘い。アバウトな投球スタイルが許されるのはロサくらいではなかろうか?藤岡も制球で勝負する投手ではありませんが、今日のボールの質では打たれます。中継ぎではそこそこの投球をしてくれていたのに、ランナー背負ってだとダメなのかな・・・(泣)

結果、9点取られたのも当然といえば当然です。この分だと、この先の試合が思いやられます。今の投手力だと相当リードしないと中盤以降持ちこたえられない・・・。カラ元気、強がりも含め「私はまだ諦めていない!去年と違うんだ」と私はこのところ書いてましたが、先行きは暗い。

野手は逆転された直後の5回に先頭が出た後、今江がさっそくゲッツーかましたり、角中が送りバント出来なかったりとチャンスを逃すシーンが多かったですが、一挙5点取った直後のアレはかなり気力が落ちたと思います。”今日に限っては”野手が5回以降点を取れなかったのも仕方ないと思います。

しかし、7回二死満塁でブラゼルに代えてサブローを起用したのは結果はどうあれ勝負を賭けた気迫も見えましたし、江村に代えて緊急出場的に里崎を起用したり(本来はスタメンで出るにはまだ早かったのでは)と勝負を仕掛けている様子は伺えました。監督が消極的にならず、積極的に勝負を挑む以上はきっと好転してくると信じたい・・・いや信じます!

明日は古谷と初登板となるトーマス。トーマスはファームで2試合投げて7回5失点ですか。四球3三振9とパワーピッチャー系統?初物に弱い、パワーピッチャーに弱いとマイナス材料ばかり思い浮かびますが、古谷がしっかり試合を作ってくれれば勝機はあるはず!
気がつけば、首位イーグルスとのゲーム差・6よりも最下位ファイターズとのゲーム差・4.5の方
が少ないという状態になってしまいました。今日の敗戦、5連敗は正直、私の気持ち的にも相当なダメージですが、それでも明日は勝とう、いや勝つぞ!と気力を振り絞り、応援したいと思います。

■2013/7/30終了時のパ・リーグ順位
    試  勝 敗 分 率  差
1 E 88 52 36 0 .591 -
2 L 89 47 41 1 .534 5
3 M 88 45 41 2 .523 6
4 H 89 44 44 1 .500 8
5 Bs 88 42 43 3 .494 8.5
6 F 88 41 46 1 .471 10.5


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

|

« まだまだ諦めない! E5−4M | トップページ | 先発好投、クリーンアップ活躍のスッキリ勝利 M6−1F »

コメント

今日は昼間に黒澤の支配下登録のニュースが流れ
私それだけで満足してたので
個人的なダメージはあまりないのですが
負けは負け。

リリーフ干上がってるし即刻黒澤に投げさせれば。
と開き直る私です。

角中どうしちゃったのかな~
清田を二軍に落としてまでライト守らす理由があるのかどうか。
たぶん伊東監督(と清水コーチ)は打てる選手に守備もうまくなってほしいと望んでるんでしょうが…。
里崎と細谷入れ替えてましたがいよいよ内野手のバックアップが足らなくなってきました。


大谷は今季よく見る「良くない大谷」でしたが、先発のチャンスもそうないんじゃなかろうか。いずれ火曜日のカード頭に成瀬が戻ってくるんだろうなと予測。しかしもう悠長に調整してる場合じゃないかも。うかうかしてる間にマリーンズの今季終了しちゃいます。
後半はベテランを頑張らすって言うなら、10日でいいからサブローや福浦を降格し、調整する時間をあげたい。
このままではみんながへばっちゃいます。ラストスパートどころじゃないですよ。

調子悪い時こそ休養です。松永とか。


ファンは今が頑張る時。明日は仕事終わったらマリン行ってきます!

投稿: てんとう虫 | 2013年7月31日 (水) 01時23分

投手大谷はやはり二刀流の影響がもろに出ています。投手大谷を贔屓しているので甘く見てしまいますが、まだ高卒ですから場数を踏ませてあげる事が大切だと思います。
今年に関しては日ハムのリリーフ陣はそこまでよくありませんので今日はたまたま良かったのだと思います。(増井の防御率自体はよくありませんから。)
でもうちのリリーフ陣が酷いのは変えがたい事実です。特に問題は藤岡ですね・・・これはどうしたものか?
代打サブローのところは賛否両論出てそうですが、あれは結果が出なかったので正解ではないのでしょうが勝負にいってのものなので間違いでもないと思います。
楽天戦の初戦の負け方で総て決まったと思っているので負けても何とも思わなくなっています。
黒澤が支配下登録されました。(てんとう虫さん、やりましたね!)こういう事で流れを変えたいのでしょう。じゃあ次は2軍にいる中から1軍に上げることではないでしょうか。


投稿: 通りすがりのマリーンズファン | 2013年7月31日 (水) 02時43分

試合と直接関係ない話で、申し訳ないですが。

成瀬って、本当に調整中で戻れないんですか?
前に、走り始めてすぐに内転筋を痛めたって、エイトマンちからさんがコメントして下さいましたが、その足の状態はどうなってるんでしょう?

ファームでも投げていないし、思いのほか重症だったのかと心配です。
浦和に様子を見に行きたい心境です。


投稿: TOMOKO | 2013年7月31日 (水) 10時20分

BJさん、今晩は。昨日は、荻野貴司選手が猛打賞、そして1盗塁。ここは文句無しに、自分にとっては最高でした!
特に盗塁は、今季最高のスタートだったと思います。素晴らしかったです!
4回裏の角中選手の右翼線の長打で、1塁から長躯ホームインした走塁のスピードも流石、荻野貴司選手です!ホームインした瞬間、凄い勢いだったので、肩を脱臼しないか心配でした。無事で良かったです!3割に復帰もしましたしね。この4回裏のレフト前の2点タイムリーも翔平投手の150キロのストレートを見事に弾き返しましたね。荻野貴司選手は、あの高さは強いですからね。ファー・ボールが続く中、初球から行った思いっ切りも良かったと思います!
4回裏のマリーンズの攻撃は、迫力がありました。5回表は、投手がファー・ボールではなく、打たれたので自分は、致し方ないと思いました。勿論、確り押さえて欲しいですけど。
サブロー選手の代打も悪くなかったですけど、自分はブラゼル選手に打たせて欲しかったです!角中選手も送りバントを確りやって欲しかったです。
6ゲーム差。まだまだです!荻野貴司選手の大活躍とマリーンズの逆襲を期待します!

投稿: エイトマンちから | 2013年7月31日 (水) 18時03分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

そうそう!黒澤の支配下、良かったですね〜!本人もホッとしているでしょう。これからが本当の勝負です!青松の昇格もありましたし、てんとう虫さんの嗅覚に脱帽。黒澤即お試しはアリですよ。他球団では支配下登録即昇格も珍しくないですしね。
角中、ヒットは良かったもののどうにも精彩を欠きますね。特に守備・・竹原だって(それなりに)上手くなったんだから(爆)、角中だってもっともっとうまくなれる筈。
大谷、ダメでしたねえ・・・今後は中継ぎに回る可能性もありますが、下からの先発候補が上がらないと。成瀬はどうしちゃってるんでしょう。
今日参戦されたのですね、ナイスゲームで何よりです!

投稿: BJ | 2013年7月31日 (水) 22時06分

>通りすがりのマリーンズファンさん
コメントありがとうございます。

今のところ投手F大谷はポテンシャルを感じさせるだけの内容ですね。駆け引き、クイック、まだまだかな〜という感じですね。
ファイターズの中継ぎ、仰るように今年は去年までほどの安定感はありませんが、それでも「投げ方を知っている」と感じました。我がマリーンズの中継ぎ陣はその域まで達していませんね。
イーグルス戦の初戦の負け方、この影響は大きすぎますよね・・・だからこそ、益田の為にも早く連敗から抜けだして欲しかった。
黒澤の支配下登録ということは1軍の戦力として使える可能性を見出したということ。すぐ上で試してみても面白い。今はファームからもどんどん上げて欲しいです。

投稿: BJ | 2013年7月31日 (水) 22時11分

>TOMOKOさん
コメントありがとうございます。

成瀬の情報、私全く知らないのですよ・・・どうなっているのでしょう?ファームで投げていない理由が気になりますよね。怪我が原因なのか、とことん身体作りに専念しているということなのか。後者なら良いのですが・・・。浦和での目撃情報はtwitterでチラ見したのですけれど。元気でいて欲しいですね!

投稿: BJ | 2013年7月31日 (水) 22時13分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

昨日の荻野貴司の活躍は私も嬉しかったです!試合が試合だったので触れずじまいでしたが・・・。
猛打賞、内容も良かったですし、盗塁は仰るように最高のスタートでした。角中のヒットで長駆ホームイン、スライディングも見事でしたね。これで勝っていれば「荻野デー」だったのですが・・。
ブラゼルとサブローのところは難しいですね。ただ、ブラゼルと宮西だと正直打てるイメージはありませんでした。
マリーンズの逆襲、期待しましょう!

投稿: BJ | 2013年7月31日 (水) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/52674047

この記事へのトラックバック一覧です: 投手力の差を痛感・・・つまらん試合だった M5−9F:

« まだまだ諦めない! E5−4M | トップページ | 先発好投、クリーンアップ活躍のスッキリ勝利 M6−1F »