« 古谷の脱力 M7−3H | トップページ | 若い世代中心のオールスター 〜AS1・2戦の雑感〜 »

2013年7月18日 (木)

加藤翔平、一流選手への登竜門をくぐる 〜フレッシュオールスター

秋田こまちスタジアムで行われたフレッシュオールスターゲーム、加藤翔平がMVP獲得です!
ニッカン式スコア

最近は1軍のオールスターにどうにも関心が沸かなくて、元々その傾向はあったのですが今や完全にフレッシュオールスターの方に興味が行ってしまっています(その割合は0.5対9.5くらい)。
今年も今後が楽しみな若手が目白押しの楽しい球宴でした。

まずはなんと行っても我らが加藤翔平ですね!全イのトップバッターとして登場。見事、先制の2ランにヒット2本の猛打賞でMVP獲得!うーん、素晴らしい。こう、何か持っているというか、観ている人を「気にさせる」選手ですよねー。ホームランも初打席を思い出させる素晴らしい当たりでした。プロ野球ファン全体へも充分なアピール!言わずとしれたフレッシュオールスターのMVPはイチロー始め、後に1軍で輝かしい成績を収めた選手ばかり。マリーンズの先輩でも里崎や今江がいます。まずは一流選手へのルートを歩むキップを手にしたと言っても良いでしょう。

スタメンマスクで出場した田村は2打席ノーヒットでしたが(第一打席の見逃し三振はボールくさくて可哀想でした)、足自慢のバファローズのルーキー西川の盗塁を素晴らしい送球でアウトにしました。捕球から送球までの流れが速かったですね!高卒一年目で大したものです。

ちなみにこの西川、育成選手で背も小さい(171cm)ガッツマンタイプの選手で、こういう選手私好きなのですよね。足は相当速そうなので、課題はバッティングでしょうか?小坂を少し思わせる感じの選手でした(童顔の小坂に比べて、顔はかなりおっさん臭いけど・・・失礼!)。支配下をいつか勝ち取って欲しいですね。

ご当地登板の木村が8・9回を締め、優秀選手に。こういうのを切っ掛けにこんどこそ1軍で勝負出来る投手になって欲しいですね。

他にも気になる選手がたくさん。高校時代に甲子園を沸かせた東大阪柏原高出身、ファイターズの石川とカープのルーキ、龍谷大平安出身の高橋の記憶はまだまだ新しいです。石川は持ち味の長打力を発揮!MVP候補として加藤を猛追しました。ついでに言うと追われた立場の加藤、最終回2死でネクストバッター。イーグルスの下妻がヒットで繋いでくれたお陰で打席に立つことが出来、ここでMVPを確実とするヒット。ここで回って来てしっかり結果を出すところが素晴らしいです。

智辯和歌山で甲子園史上初の1イニングで2発を記録した坂口も東海大卒後、ルーキーとして頑張ってますね。カープの樟南出身の戸田とか、他にも高校時代に名を売った選手がたくさんたくさん・・・。

また、眼を引いたのは腰痛で登板回避したイーグルス森に代わって(森も観たかったな〜)急遽先発した専大松戸出身の上沢の投球が素晴らしかったですね!千葉出身ですしもちろん名前は知っていたものの恥ずかしながら投球を観たのは初めてで、投球フォームがあまりにも「唐川」なのにニヤリとしてしまいました。スレートの質がとても良かったですし、フォークも良いですね。楽しみな投手です。

同じ時代に千葉で戦ったホークス山下との対決でいきなり初球フォーク?投げて豪快に空振りした山下の「おい!」という表情と、「えへへ・・」という上沢の表情がなんとも面白かったです。捕手は田村だったのですが、サインはどちらが出したのだろう。さらに同い年、ファイターズの横浜高校出身の近藤も千葉出身ですから、千葉出身の同時代の若手選手が双方で出場していたのはなかなか誇らしいものがありました。

ジャイアンツの公文や1軍でも実績のあるライオンズ金子、イーグルス三好、カープの期待株鈴木誠、ライオンズのドラ1ルーキー増田などの動きも目立ちました。

とても楽しみだったのは、高校時代は本当に普通の高校でしかも野手の控え、大学で見出されてプロへの夢を掴んだバファローズの戸田です。こちらも投球は初めて観るのですが、小さいテークバックから「ぴゅっ」と投げるボールが噂通り速い速い。150km前後を計測。こういうシンデレラ・ボーイには是非活躍して欲しいです。加藤に被弾したのはこの戸田だったのですが、独特の投手でなかなか面白いです。

最後に、沖縄尚学時代から私が「恋している」東浜に触れないわけには行きません。亜細亜大3年で肘を故障してから完全に精彩を欠き、マリーンズも指名を回避したのですが、最近は下でみっちり体づくりからやり直し、球速が戻って来たとの話を聞いていました。久しぶりに観る東浜はかなり良くはなっていたものの、投球フォームも柔軟さが無いし、なによりストレートはキレはそれなりにあったものの普通の投手っぽく、まだまだと感じました。高校時も大学時も他の投手とは別次元の球を投げていた投手です。完全復活を心の底から願っています。斎藤佑樹もそうですが、大学に入っても抜きん出た実力を持っている投手は一年時から主力として投げますから、それによる弊害っていうのをやはり考えてしまいました。

ちなみに、東浜は高校時代に唐川の投球フォームを参考にしているんですよ。ここにも唐川の名前です。ああ、「本家」はそろそろエースの座を掴んで欲しいな〜。

なんだかダラダラと書いてしまいましたが、楽しい試合でした。一人でも多くの選手が1軍で活躍することを願っています!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

|

« 古谷の脱力 M7−3H | トップページ | 若い世代中心のオールスター 〜AS1・2戦の雑感〜 »

コメント

加藤翔平やはり持ってます。でも2軍相手では無双状態でも1軍ではなかなか結果が出ません。しかも彼も外野手・・・チャンスを与えたくてもなかなか与えてあげられないです。(当分はレフト荻野貴・センター岡田・ライト角中でしょうから)これはどうしたものか?恐らくMVP獲得したので今までよりチャンスは来るでしょうが、そこで今日のように結果を出せるか見物です。本人も目指す選手に糸井の名前を出していましたが、ところどころ似ています。パワーよりスピードに特化した糸井って感じでしょうか?
そうですか、東浜に恋しているのですね。確かにいい投手でした。でしたという言い方はもう終わったような言い方になってしまいますが、彼の場合いやもう一人斎藤佑樹もそうですが、やはり大学に行かないほうが良かったのではないか?と今でも思っています。おっしゃる通り高校・大学とその世代では一番の投球だったとは思いますが彼ら自身でみたらプロより大学、大学より高校時代の方が良かったと思います。
高校からプロに来ても成功したかどうかは分かりませんが、そもそも大学に行く選手は大体高校時代にドラフトに掛からない選手が行って4年間鍛えてプロに行く為の場所だと思っているので、(藤岡も大地も益田もそういう選手です。伊志嶺もか)彼らの場合その必要はなかったのではないかと。東浜というより沖縄の選手は精神面がまだ幼いところがある選手が多いのでそれでもいいかも知れませんが斎藤佑樹は無駄だったのではないかとずっと思っています。
しかし皮肉なもので、もしあの時斎藤佑樹がプロに行くと言っていたら間違いなくうちは獲りにいっていたでしょう。そうすると大嶺は獲れなかったでしょうし、くじも当たっていたか分からないので自分としてはこれで良かったと思っています。というよりそう思わせてくれ!大嶺!

投稿: 通りすがりのマリーンズファン | 2013年7月19日 (金) 01時25分

夏になり、あちこちドラフト関連記事が目立ってきて、ちらちら読んでますが、マリーンズの編成方針がマイナーチェンジしてるようです(基本隠密行動なんでよくわからんですが)。とくに大学生投手については慎重に考える方向になったらしい。東浜や斎藤らの現状がそうさせた?今年も視察情報は高校生主体に聞こえてきますね。
加藤は持ってますね!ホームランでMVPですか!目指せ糸井もいいですが、攻撃のタイプとしてはスイッチだし西岡いやあの松永浩美さんを目指してほしい。マリーンズの外野手は激戦区ですが、岡田荻野清田らは若くないので、世代的には問題ないと思います。今季は一軍でベンチの地蔵さんにしとくならあえて二軍でどんどん打席に立たせてほしいかな。
木村が好投して優秀選手賞、きっかけにならないかなあ。今季全然パッとしなくて、有資格者とはいえ、なんでFASに出られたのか謎でした(個人的には出すなら新人の松永だと思ってた)。地元ではいまだに有名な選手なんですね。昨年は中郷が今季は服部が台頭したことを木村は他人ごとに考えないでほしいです。服部が「任された仕事を全うすることにやりがいを感じる」と言ってましたが、同じD1位入団として木村も頑張って

投稿: てんとう虫 | 2013年7月19日 (金) 07時30分

>通りすがりのマリーンズファンさん
コメントありがとうございます。

加藤の「持ちっぷり」も相当なもんだと思いますねー。1軍で結果が出ないーのは使われ方にもよるかな・・・競争の世界だし、甘いとは思いますが彼の場合はスタメンで起用しないと良さが出ない気がします。まあ、それは他の選手もですが、例えば清田なら代打とかイメージできますね。加藤のこの先としてはスリム糸井、スピード糸井はありですね。
東浜はずっと恋していましたよ、ほんと。大学進学は残念だったのですが、なら4年後は絶対マリーンズに来い!と願ってましたし、実際マリーンズも東浜一本を早くから公言してましたしね。(松永が嫌とかそういう問題ではないです)
高校時に輝いた選手はそのままプロ行って欲しいと強く思います。斉藤祐樹や東浜は頭も良いですから大学、という選択肢があったのでしょう。実際東浜は教員免許も取得しましたし、これは大学にいかないと・・。
斉藤祐樹が高校時にプロ志望だったら確かにマリーンズは獲得に動き、結果大嶺はホークスということになったでしょうね。それはそれで寂しいです。もう、おっしゃるとおりです、これで良かった、と思わせて欲しい、大嶺!!!

投稿: BJ | 2013年7月19日 (金) 21時20分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

マリーンズの編成、方針転換ですか!?大学生投手への評価、実に興味深いですね~。もともとマリーンズって高卒投手か社会人投手というのが鉄板でしたよね。その方向で投手王国はそれなりに築けてはいました。
加藤はもってますよ~。私的には野村謙二郎タイプ?と思ったりもしています。加藤の昇格を希望はしましたが、おっしゃるようにベンチで地蔵化するんなら今年はファームでとにかく数多く試合に出て欲しいですね。
木村、これをきっかけにしてくれればよいのですが・・古谷しかり、みんなポテンシャルは持っているはず。きっかけは何でもいい、一人でも多くの選手が1軍の舞台で活躍して欲しいな~と、そう思います。

投稿: BJ | 2013年7月19日 (金) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/52509696

この記事へのトラックバック一覧です: 加藤翔平、一流選手への登竜門をくぐる 〜フレッシュオールスター:

« 古谷の脱力 M7−3H | トップページ | 若い世代中心のオールスター 〜AS1・2戦の雑感〜 »