« 少しずつ梅雨明けに向かっているようです F3−7M | トップページ | ゴンザレスに「WHY」だよ、まったく M2−6H »

2013年7月14日 (日)

流れが来ないままの敗戦 F7−2M

やっぱり同一カード3連勝は難しい。
ニッカン式スコア

なんだか、流れがずっとファイターズのまま試合が進行して終わってしまった感がありました。仕事の後に結果を追っていく中では藤岡ダメだったかあ、と思いましたが帰宅してちょこちょこ観直してみると、(言い訳にはならないけど)球審の狭い、一定しないゾーンに泣かされた面もありましたし、初回の稲葉のタイムリーは大地が止められた打球でしたし、満塁弾へと繋がる前に同じく稲葉のショート内野安打は同じく大地がすぐ1塁送球すればアウトでチェンジになったのではないかと。
藤岡はストレートが格段良かった訳ではなく微妙な出来でしたが、取られた結果程の投球では無かった気がします。
ケッペルの神業背面キャッチもあり、どーにも流れはファイターズに行ったままでした。まあ、こういう試合もある。

後を継いだ大谷も良く頑張ったのですが、”大谷対決”で打たれたファイターズ大谷の本塁打・・・あれは凄かったですね。そこまで甘い球ではないと思います・・・アウトローと言っても良いボール、あれを弾丸でバックスクリーン左ですか!私は何度か書いているように二刀流賛成派ですが、いろいろな解説者などが言っているように、打者専念したら高卒一年目でどれだけの成績を残すのだろう、と思ってしまいました。ホームラン後の大引の打席が終わってもなお、球場には余韻が残っていました。こないだの”レーザービーム”もそうですが、一振り、ワンプレーで雰囲気を一変させるものを持っています。間違いなく、「スター」ですよね〜。凄いなあ。

さて、大谷は良く投げました。こういう大谷が戻ってきてくれたことはチームとして大きいです。8回を投げた香月もコントロールがとても良かったですし、これからそこそこ投げてくれそうです。

そうそう、田村が初打席&初マスクでした!観る限りでは堂々としていて、まさに「ミニ里崎」。金澤も青松も無かった高卒一年目での1軍出場、これからが楽しみです。昨日も書きましたが本人にはめちゃくちゃ大きな経験となるでしょう。個人的には田村はしばらくしたら内野手コンバートするのかなあ、とも思っていました。捕手として期待しましょう。

ああ、今日の負けは悔しいですよ・・・でも不思議と流れは相手チームのままでした。連敗中でしたし、カード勝ち越し出来ただけでも文句言ってはいけませんね。明日からマリンに戻っての3連戦、ここも勝ち越しと行きましょう!

☆何度か書いてきた、加藤のスタメンがやっときました。結果が出なかったのは残念!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

|

« 少しずつ梅雨明けに向かっているようです F3−7M | トップページ | ゴンザレスに「WHY」だよ、まったく M2−6H »

コメント

今日は用事があったので試合を観れなかったのですが・・・まあ観れなくてよかったです。藤岡はもう今年は先発で使う事はないでしょう。というより本来なら下に落とさないといけないと思うのですが、どうやらまだ中継ぎはやらせるようですが一体彼をどうしたいのか?全く分かりません。藤川球児もオリックス平野も最初は先発でしたが彼らはセットアッパーやクローザーが適任でした。藤岡は敗戦処理なのか?それともクローザーなのかは分かりませんが、今のところ先発では絶対にないという事です。
今日はやはり大谷翔平に尽きます。自分的には去年指名してほしかったんですよ。例えそれで外れたら仕方ないのですがすんなり獲られるとどうにかならなかったのか?と思ってしまいます。
その大谷ですが自分は二刀流は反対です。でもそれは他の方がいう無理だからではなく、彼のポテンシャルなら出来ると思っていますが、一流の成績は出せても超一流の成績は難しいと思います。特に投手の方にはもう影響が出ているのではないでしょうか?やはり投げ込みが足りないです。あれだけ真っ直ぐが速いのに空振りが取れないのはそういう事だと思います。しかしそれを克服する為に投手のトレーニングを増やせば、打者に影響が出てきてしまうと思うので(顔面骨折は投手練習中に打球が当たったので投手でなければあの怪我はなかったです。)これは難しいと思います。本人がいつかどちらかに決断するのではないかと思いますがそれまでは彼の好きなようにやらせてあげるのが一番だと思います。
うちの選手以外で唯一成長を見届けたい選手なのでどういう選手になるのか楽しみです。
後ようやく加藤がスタメンで出ましたね。でもなぜレフトなのか?そこはライトだと思うのですが何をもってライト角中なのか?藤岡の起用法共々理解が出来ないです。あまり選手の特徴が分かっていないのでしょうか?

投稿: 通りすがりのマリーンズファン | 2013年7月14日 (日) 23時26分

藤岡は…
打たれたりは結果論なんで、そこは客観的に受け止めてほしいですが。
将来どういう投手になりたいのか、ビジョンがあるのかどうか。こんなんで毎日楽しい?
私は藤岡のことを心底応援してるので
今日みたいなコメント見たくないんですよ
藤岡には毎日楽しくるんるん(←死語)と野球やってほしい!
適性がリリーフならそれでもいい、とにかく毎日が楽しくなるように取り組んでほしい。
ファンなんで、藤岡が楽しいなら負けでもいいんです。ああ歯がゆい~
でも早めに決着ついちゃったんで田村のお試しができて良かった。まだ十代なのになかなかプロっぽい性格で楽しみです。
大谷は浦和で投げてた時よりずいぶん安定してた様子、ちょっと安心。
ハムさんちの大谷君はすごいですね。二刀流論争ついでに、私は賛成でも反対でもなく傍観してますが…
二刀流やってメジャーの夢は叶うのかという点と、大谷のおかげで試合に出られない選手がいるチーム事情の方は注目してます…
今日はこういう試合にでしたが、次の対大谷はウチの服部みたいな左殺しのスペシャリストをぶつけては。(そのくらいの打者ですよね)
さて明日はゴンザレスか!なんだ投げられたんだ、今日先発して欲しかったなー

投稿: てんとう虫 | 2013年7月15日 (月) 00時59分

藤岡投手については、「5回か6回まで試合を壊さず投げてくれれば現段階ではよしとしよう」と思っていたのですが…。先発させたり中継ぎさせたりしたことが、身体的な調整にもメンタルの持っていき方にも混乱を生じさせているのでしょうか。私としては、先発と中継ぎは序列というより職能の違いだと思っています(なので“中継ぎ降格”という言葉が好きではありません)。「大学ビッグ3的なアマチュアの大物として入団した投手は、先発として使わなければならない」という不文律というか風潮のようなものがあるのでしょうか。

中継ぎとしてOJTで鍛えるならば、少なくとも今シーズン中は中継ぎ一本で起用してほしいです。できれば中程度の点差でリードしている場面・あるいは僅差ビハインドの場面を担ってくれると助かりますが、先発が早い回で降板した場合の第2先発でも。
やっぱり先発として育てるというならばできるだけ早く浦和に行かせて、走り込みと投げ込み・球種習得とメンタルトレーニングを積んでほしいです。しかし、できれば先発と中継ぎのどちらで育てるにしても、即浦和に行ってじっくりやらせてほしいんですけどね。指導者・起用者・本人とも腰と腹を据えてやらないと中途半端になってしまいそうです。
思えば、昨年の無茶な起用に応えた大谷投手のフレキシブルさと気持ちの強さってすごかったんだなあ…。

その大谷投手ですが、大谷対大谷対決がありましたね。「これでスポーツニュースに取り上げられるわ♪ でもうちのがあちらさんを抑えても、あちら側視点で『ここはあえなく凡退』で済まされそうね」と思っていましたが…。うびゃびゃびゃ~~~(涙)外角低めのキレのある球をあそこまで持っていきますか。しなやかに巻き込むように打ってましたね。二刀流については、私も通りすがりのマリーンズファンさんと同じ意見です。

投稿: ぷりな | 2013年7月15日 (月) 19時14分

>通りすがりのマリーンズファンさん
コメントありがとうございます。

藤岡、どう調整していったら良いのでしょうね・・私個人としては今季の先発はまだあるのかな、と思っていはいます。中継ぎで起用しているのは、力の配分とかペースを考えずにとにかく腕を振れ、という事だと思うのですよね。
大谷のポテンシャルは高校時代に一目観て「おおおお」となったのですが、打つ方はほとんど観てなかったのですよね。予想を上回る打撃センスです。二刀流に関しては、いけるとこまでは行って欲しいんだよなあ・・・そのうちどちらかに収束するのかな、とは思っていますが。
確かに例えば打者一本なら「超一流」への道を間違いなく歩むでしょうね。そこに投手が入り込むことによって阻害してしまう面は確かにあるでしょうね。球団としても「そのうち本人に決めさせる」というスタンスのようですね。
加藤のレフト、ライト角中は記事で触れ忘れましたが、私も同意です。何しろプロなので、そこには理由がある筈・・・それを知りたいですね、

投稿: BJ | 2013年7月15日 (月) 22時28分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

藤岡にはマウンドを楽しいで欲しい、ですか・・・なるほど。私が大嶺に抱く感情とかなり似通ったものがありますね。その歯がゆさ、ようくわかります(泣)頑張って笑顔を見せようというのは伝わってくるのですけれどね。今の状態を、後で笑うための辛い練習と取るか、本当に笑えないのか、でまた見方は変わりそうです。
大谷の二刀流に関して私が危惧していたのは、おっしゃるようにその分出られなくなる選手が出てしまうことです。最初は不協和音出るんじゃないか、と思いましたが、あの内容見せられると雑音は消えるでしょうね。プロなだけに、ファンよりも大谷の凄さを身に沁みて感じている筈です。おっしゃるように、対大谷にワンポイント起用しても良いくらいの存在感が出て来ました。
メジャーは今は本人は全く考えていないでしょうね。きっと余裕もないでしょうね〜。
ところで、ここでゴンか、と思いました。結果は・・アレですが、もうこの人に関しては触れたくもないってくらいの感情抱いちゃってます、私。

投稿: BJ | 2013年7月15日 (月) 22時34分

>ぷりなさん
コメントありがとうございます。

藤岡、そんなに内容は悪くなかったとは思うのですよね・・・紙一重で流れが変わってしまったと。中継ぎしたり先発したりって、私としてはそんなに混乱は無いのではないかと思っています。得るものの方が多いのではないかなとすら思ってますし。
「大学大物投手を先発として使う不文律」はどうなんでしょうね。入団前のイメージがあるので、どうしても期待してしまうのかも。かく言う私もその一人で、学生時代の投球からするとまず先発、って夢抱いちゃいますもん。後は無論適性でしょうが・・・今日投げた大場もそのパターンですよね。結局先発に戻る、先発させるという。
奇しくも、今日おっしゃるように「第二先発」としての登板がありましたね。藤岡の調整法はどういう方向性なのでしょうね。ただ、一度ファーム行って小谷コーチ始めの指導受けて、戻ってくるのが早かった。そこからは上で使われています。これって、たぶん「ファームでやることは何もない、1軍で得られる事しかない」という判断だと思うのですよね。その辺の「首脳陣の声」をぜひ聞いてみたいものです。
大谷対大谷対決、いくらなんでもこの結末かいと(泣)海坊主大谷の方はキャンプの頃「大谷と言えばファイターズになってしまった、悔しい」的発言をしていたのに加速させてどうする(苦笑)でも、相手が上でした。

投稿: BJ | 2013年7月15日 (月) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/52449633

この記事へのトラックバック一覧です: 流れが来ないままの敗戦 F7−2M:

« 少しずつ梅雨明けに向かっているようです F3−7M | トップページ | ゴンザレスに「WHY」だよ、まったく M2−6H »