« 若い世代中心のオールスター 〜AS1・2戦の雑感〜 | トップページ | 「いきなり内」で後半戦勝利 L1−4M »

2013年7月22日 (月)

オールスターなのに益田に試練

オールスター第3戦の雑感。

☆西野がようやく初登板!2回を打者8人、2安打無失点は立派でしょう!残念ながら投球はダイジェストでしか観ていませんが、1イニング目の二死1・3塁でバレンティンをカーブで打ちとったのは見事でしたね。先の記事でも書きましたが、ストレート勝負しなきゃいけない、というのは不文律でもなんでもない。「その投手の持ち味」を発揮するのがオールスターだと思っていますので、西野は思い切りよい腕のふりと、そこから繰り出されるストレート、フォーク、カーブのコンビネーションが出せればOKです。ナイスピッチでした。

☆これも初登板となった益田は伊藤にキャッチャーフライを落球され、あげくの果てに当てられたボテボテの当たりが内野安打になるわ(でも寺内には嬉しい、「らしい」ヒットでしたね)、やっと2アウトまでこぎつけたら中田のあまりにも気の抜けたプレーで平凡すぎるレフトフライを落球されるわでさんざんでした。公式戦から審判なり味方なりに足を引っ張られることが多かった益田、オールスターでも試練に見舞われる。無失点に抑えて良かったです。勝利投手になったのはご褒美でしょうね。

☆特に初出場となった鈴木大地、西野は疲れも溜まっている中での出場でキツイものはあったと思いますが、ここでしか得られなかったものが沢山あった筈。いち野球選手としてさらに活躍する為の糧になれば良いですね。

☆今日は福島での開催、震災に絡んだテーマで臨んだ一戦の筈なのに4失策ですか・・・ちょっと恥ずかしいですね。やはり3試合もやることに選手の気の緩みはないですか?オールスターのステイタスが落ちている気がします。ふさわしいパフォーマンスを見せてくれた選手ももちろんいましたけど、全体としての密度の薄さは否めない・・・”お祭り”の意味を履き違えては欲しくありません。

☆ホームランが1本も出なかったのは60年振りとのこと。ホームランバッターも揃い、投手は力勝負で挑み、ボールも去年までよりは飛ぶのにこういうこともあるんですね。

☆それでもそんな中強烈な印象を残したのはやはり大谷で、投打に見せたパフォーマンスは有無を言わせぬものがありました。今日もたった1度だけ回ってきた打席で同点タイムリーです。行ける所まで二刀流で行って欲しい。私なんかに言われるまでもないでしょうが、ファイターズにはくれぐれもしっかりしたケア、フォローをお願いします!

さて、公式戦再開ですね。いよいよペナントレースは面白くなってきます!12球団の選手たちのプレーに期待します。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

|

« 若い世代中心のオールスター 〜AS1・2戦の雑感〜 | トップページ | 「いきなり内」で後半戦勝利 L1−4M »

コメント

はじめまして!今日はエラー多いなあと思って見てましたが、益田投手よく抑えましたね。ますますファンになりました。闘志のある選手だな~と昨年も感心してましたが、今年は抑えにまわってもセーブ数トップはさすがです。
普段は他チームを応援してますが、ロッテは応援したい魅力的な選手がたくさんいますね。新人の西野投手も楽しみですし、角中選手、鈴木大地選手、根本選手、西野選手、荻野選手の活躍と成瀬投手の復活期待してます!今江選手も好きですけど。

後半戦は西武にやり返して首位争い含めてパ・リーグを面白くしてほしいですね。ひいきチーム共々応援しています。
ではでは失礼しました。

投稿: いちパ・リーグファン | 2013年7月23日 (火) 00時00分

オールスター戦はヒット1本1本に値段がついちゃうので、8回の益田のところは気の毒でした。翔さんちゃんとご飯奢ったげなさいよ。でもなんだか勝ち星転がり込んできたからまあ良し。
私もオールスター戦に興味を感じないひとりですが、第3戦の様子を見た限りでは可能性はまだあるのかなと思いました。
あれだけのレベルの選手が一堂に会することはほとんどないわけで、普段プロ野球が見られない地域の少年少女野球選手にはいいモチベーションになると思う。
彼らが野球を続け、将来の野球界を担ってゆく上で、オールスター戦が夢の舞台になることを願います。3試合なら3試合、地方巡業でいいんじゃないのかな。
残念だったのは現在上位にいるチームの選手があまり出てなかったこと。ファン投票は必須ですが、見え見えの組織票とかはどうなのか。個人的にはファン投票はファンがひとりだけ選手選んで投票すれば十分と思います。
さて明日から後半戦!
内が昇格するようですね。私が見た時にはストレートが全然高くて、心配になりましたがもう大丈夫なのかな?

投稿: てんとう虫 | 2013年7月23日 (火) 07時36分

BJさん、今晩は。昨日は、8回裏から映像を視られました。自分は珍しいかもしれませんが、レギュラー・シーズン以上に、パシフィックの応援に力が入りました。
その意味で、今江選手のライト邪飛の進塁打は非常に価値があったと思います!
パシフィックが勝って良かったです!本年は、オールスターの面白さを再認識できました。主に、大谷翔平選手のプレーによって。
「じぇじぇじぇ!」、“じぇ”が何個必要でしょうか。初戦の投手としての13球、凄かったですね。157キロを最高に全てが150キロ超え!1イニング全て150キロを越えた投球を自分は、初めて視ました。“剛球一直線”、「男どアホウ!甲子園」の藤村甲子園の世界ですね。
そして、野手としては、レーザー・ビームの凄さ。こちらは、「新巨人の星」で、昭和51年のオールスターでミスターの発案で古葉監督が飛雄馬をライトに起用し、“右投げ”が初披露されたシーンを想起しました。まるで、劇画の世界のプレーヤーです!
投打どちらもずば抜けてますね。だからこそ、自分は“1本”に絞って欲しいです。大谷翔平投手希望です!
あと現在一番注目しているのは、松井裕樹投手です!神奈川予選で2試合投げなくても、勝てる所も凄いチームだと思います。残り3試合。神奈川は強豪揃いです!個人的な気持ちは、「大甲子園」のドカベン最後の夏の神奈川大会白新との決勝で明訓応援団が最初に応援席に叫んだ言葉と一緒です。「全国のファンは、甲子園で山田を観たがっているのだ!その期待に応えるため今年も明訓が甲子園に絶対行く!」という事です!
その松井裕樹投手が、甲子園で全国制覇して、来年、プロでマリーンズのユニホーム姿を視られる事を個人的に願ってます!

投稿: エイトマンちから | 2013年7月23日 (火) 18時35分

>いちパ・リーグファンさん
初めまして、コメントありがとうございます。

他球団のファンの方から我がマリーンズの選手を「魅力的」と言っていただけるのは本当に嬉しいです!私もマリーンズのみならず、「プロ野球ファン」として、さらに「パ・リーグファン」としても他球団で好きな選手は沢山います。みんな怪我なく活躍して欲しいですし、白熱したペナントレースをこれからも期待しています。混戦、上等です!公式戦再開が楽しみです。

投稿: BJ | 2013年7月23日 (火) 22時59分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

中田の失策に関しては、ちゃーんと益田に謝ってんのかな、でもああいうタイプの選手は同級生という気安さもあって「わりぃ」くらいで済ませてる気もしたり・・と余計な事考えたりしました。・・・ちなみに私は中田は好きな選手です、念のため。
福島の、特に子どもたちにはトップレベルの選手たちのプレーが観られる機会はそうそうないでしょうからこういうのは良いですよね・・・だからこそしっかりしたプレーして欲しかったんですけれどね。
ファン投票、私としては全ポジションは投票したいかな?でも一人一回だけにしたいですよね。その辺は成熟してない日本社会だから無理だろうな・・・黙っててもみんな一回しか投票しないような国民性だったらとってもカッコ良いのですが。
内昇格ですか?まだ時期尚早じゃないのかなー、心配の方が先に立ちますね。

投稿: BJ | 2013年7月23日 (火) 23時06分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

エイトマンさんのように特定の応援している球団がない方はむしろオールスターの方が力が入って応援出来るかも知れませんね!
大谷のプレーはすごかったです。ほとんど大谷による大谷の為のオールスターだった、みたいな・・・は他の選手に失礼かな。
攻守で非凡すぎる存在感を発揮しました。二刀流の問題は本当に難しいですよねー。どっちかに絞れ、っていう声もわかりすぎるくらいわかります。悩ましい。でも、これだけのスケールの選手はいないのだから、誰も前例が無いことをやって欲しいという気持ちが私はとても強いんです。凄いことやって「じぇじぇじぇ!」を連発させて欲しい〜。
松井裕樹君、楽しみですね!あのスライダーは本当に凄い。桐光学園はもちろん元々強いですけれど、神奈川の中では絶対的な強さではありませんでした。それが今年は貫禄のようなものを感じます。松井君という突出した選手がいることで、他の選手全員のレベルが上った好例でしょうね。こういうチームはきっと甲子園に行くと思います。マリーンズのユニフォーム、似合いそうですね!

投稿: BJ | 2013年7月23日 (火) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/52563127

この記事へのトラックバック一覧です: オールスターなのに益田に試練:

« 若い世代中心のオールスター 〜AS1・2戦の雑感〜 | トップページ | 「いきなり内」で後半戦勝利 L1−4M »