« 踏みとどまれ。 E8−1M | トップページ | 投手力の差を痛感・・・つまらん試合だった M5−9F »

2013年7月29日 (月)

まだまだ諦めない! E5−4M

益田の為にも今日は勝ちたかった・・・!
ニッカン式スコア

美馬からぽんぽんと4点を先制、西野が素晴らしい投球を続けてくれていた時点で「勝てる」とまで甘くはありませんが「勝ってくれる!」と思ったのですが。西野、野手、ともに今日は意地を見せてくれているのかなーと。
ただ、今のチーム状態ならば点は取れるだけ取って取り過ぎということはないのですが、5回に3四死球で満塁のチャンスを貰っておきながらも無得点に終わったのが痛かったです・・。裏を返せば宮川の投球が(内容は悪かったとしても、結果)素晴らしく、4イニングを0点に抑えたこと、抑えられたこと。この宮川の奮闘が続いている時点でどんどんどんどん嫌な予感は高まり、ついに現実のものとなってしまいました。松永やロサが打たれたのは仕方がないです。西野は疲労があるところでオールスター出場もあり、89球での交代は非常にデリケートな判断だったと思います。結果論かも知れませんが、せめて同点までは投げさせてやっても良かったかなーと思いました。今季、伊東監督の采配を観ていると先発の代え時は結構早いですよね。私の間隔よりもアウト1つ2つ、打者1人2人分くらいは早い・・・そういう采配なのだと思うので批判的な思いはありませんが、もう少し投げさせても・・という個人的な感情はあります。

まさかの(ネガティブな”正統派マリーンズファン”としては悪い予感はあったけど)3タテをくらい、しかも負ける内容はバリエーションに富んでの3連敗。これで首位イーグルスとのゲーム差は5。かなりまずい状態です。なんとか踏みとどまらないと!初戦、最悪な結果を演出してしまった益田の為にも、今日は何がなんでも勝って欲しかった。彼の地獄はずーーーっと続いている。

大松のレフトなんてかなり苦肉の策ではあります。首脳陣も精一杯い考えているのでしょう。ただ、選手の動き、パフォーマンスとかみ合わないということなのだと思います。手詰まり感もある最近、ならばファームから高濱なり翔太なり、晃多なりを昇格させるのもアリではないでしょうか?1軍の「悪い空気」に汚染されていない彼らの力を借りるのもひとつの方法だと思います。シーズン序盤、江村の必死さがチームに刺激をもたらしたように。

私はまだまだ諦めませんよ!だって去年のチームとは違うんだぜ!という思いがあるから。これは西村采配に三行半を突きつけた私の意地でもあります。まだまだ諦めない!マリーンズファイティン!

☆今日は熊谷までイースタン・リーグ浦和マリーンズと川崎ジャイアンツの試合に行って来ました。相当暑いだろうな、とかなりの覚悟を持って挑みましたので、適度に風や曇りもありメチャクチャ暑いという訳ではなかったです。
吉見は結果を出したものの制球悪く、相手打者に助けられた感があってのものでした。楽しみにしていた藤谷・中後は沈没・・・・投手は少し寂しい内容。
清田が右に「らしい」ホームラン含む2安打。加藤の打球は速い!翔太は相変わらずセンスを感じる(その一方でトンネルしでかすあたりがこれまた「らしい」です)。ホワイトセルは高めのボール球に手を出しすぎ、1軍では厳しいでしょうね。試合終了後、里崎がチームメートに拍手され握手もしていたので、昇格でしょうか?
今季は我ながら信じられないくらいファームに行けていませんが、やはり楽しかったです!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

|

« 踏みとどまれ。 E8−1M | トップページ | 投手力の差を痛感・・・つまらん試合だった M5−9F »

コメント

熊谷参戦お疲れ様でした。行きたかったな~。
一軍の試合はもう…
風水の専門家に占ってもらうとかしかないような(爆)。
…はともかく、疑うわけではないけどクセなりサインなり盗まれてるとか解読されてるとかも、気にしたほうが良さそうです。
それと対嶋選手の対策を徹底してほしい。チャンス作っても肝心なところであの配球にやられてるんですよね。
伊東監督は手をこまぬいてはいるようですが、笛吹けど踊らずな感あり。人事の問題なのか技術の問題なのか難しいところですが…
角中2番に異論反論が出てますが…
5番打たせたいけどブラゼル外せないでしょ…
スピードがあり小技もできる角中は使い勝手がいいんですよね。ジーターみたいにならないかなあ。ついでに根元欠席中はむしろ1番もありかなと。
2番については二軍から角か高濱上げてこよう!高濱は角中をそうとう意識して打撃に取り組んでますよね。長嶋コーチの影響?
(ちなみに翔太は今江そっくり(笑)←ぜひ井口さんを目指してほしい。)

里崎は一軍復帰みたいですが、二軍に落ちたままの成瀬や清田はどうするつもりなんだろ…成瀬まだ足痛いのかな?
あと、くどいようですが黒澤。
…もう7月終わっちゃうよー

投稿: てんとう虫 | 2013年7月29日 (月) 01時21分

加藤は元々2軍で活躍していますからそれほど心配はしていませんでしたが、そうですか清田が良かったですか!これは朗報です。
今の1軍の打線ではどうしても右の強打者がほしいので清田が戻って来てくれればこれほど頼もしい事はありません。(でもセンターはやめてほしいです。)
高濱が途中出場との事ですが、怪我か何かですか?心配です。
吉見でしたか・・・残念でしたね。恐らく大嶺が投げると思っていたのですが。大嶺はいましたか?ちゃんと小谷コーチ・川越コーチに教わっていたでしょうか?
あっそうそう遅れてしまいましたが現地観戦お疲れ様でした。
自分はもう諦めています。というより諦めて若手育成に手を付けた方がいいと思います。
そもそもその場しのぎの補強しかしてこなかったツケが回って来たのでしょう。このところ即戦力を期待して大卒選手ばかりですし、他のチームの使い回し格安外国人ばかり連れて来るし、(ブラゼルが応援歌同様カスティーヨになって来ています。)高卒で獲っても育てられない・・・その場しのぎが出来ても先を全く見ていません。それの繰り返しですからチームが強くならないのは当然だと思います。
せっかく高濱・角・翔太そして加藤と期待出来る若手がいるのですから、1軍で使わないと・・・1軍でしか味わえない物もあると思うので。(中田翔ほど育つかは分かりませんが、それでも去年ずっと4番を任せた結果が今年の成績ですから、使わない手は何処にも無いと思います。)


投稿: 通りすがりのマリーンズファン | 2013年7月29日 (月) 03時08分

BJさん、今晩は。昨日は日テレプラスで8割位、試合を視られました。荻野貴司選手、送りバントは確り決めて欲しかったです!後続の角中選手や井口選手がケアしてくれて助かりましたが、あれは良くないです。
自分が監督だったら、バントを確実に決められない選手は
起用したくありません。まして、荻野貴司選手のようなタイプの選手なら尚更です。あのケースでは、荻野貴司選手を交代させなかった伊東監督に感謝です。
一方で初回、荻野貴司選手は盗塁を決めました。勿論、嬉しかったです!今江選手のお蔭で得点にもなりましたしね。唯、仕掛けが遅かったと思います。角中選手の時にサインを出すべきです。美馬投手があれだけ遅いスライダーを投げていた訳ですし。また、4対0の時点で、ツー・アウトからファー・ボールで荻野貴司選手が出塁したシーンでも盗塁のサインを出して欲しかったです!
荻野貴司選手のライト線のツーー・ベースは良かったですね。あの高さのストレートは、強いですね。
まだ、5ゲーム差です。マリーンズの反撃はこれからです。荻野貴司選手の大活躍も期待します!

投稿: エイトマンちから | 2013年7月29日 (月) 18時32分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

熊谷、遠いですからね〜。私は埼玉県民なのでまだ行きやすいですが。地方球場の雰囲気、楽しさを堪能してきました。
うーん、Kスタはなんなんでしょうねえ。対イーグルスは5勝8敗なので、そんなに差があるわけではないのですけれどね。嶋には攻守でやられてますなー。苦手選手を作ってしまうと今後の為にも良くないです。
角中が5番だとしても、ブラゼルが6番、あるいは7番でも良いかとは思います。特に今は7〜9番が弱いですし。角中で攻撃的2番というのはわからないでもないのですが・・・(古い思考に絡められてるのかもですが)勿体無い気もします。ファイターズ時代の小笠原のような破壊的な2番になれるのならば良いですけれど、クリーンナップがさらに強力じゃないとやはり勿体無いのかなあーとも。
成瀬はまだ登板ありませんよね。これを機にとにかく身体からじっくりやるという想定なのでしょうね。いないのは痛いですが、せっかくエースを抹消したのですから、とことんまで鍛え直してから復帰して欲しいです。シーズンも大詰めになって復帰、大活躍!もかっこ良いですし。

投稿: BJ | 2013年7月29日 (月) 22時31分

>通りすがりのマリーンズファンさん
コメントありがとうございます。

清田はホームラン前の打席でやや詰まりながらも右中間を破る2塁打を放ったのdすが、次の打席で詰まった分を微調整して今度はスタンドまで運んだ感じでした。こういうことが出来るあたり、かなりのポテンシャルを感じます。2軍では打つんだよなあー。竹原かい〜。
高濱、2試合続けて途中出場だったのですが、試合前のシートは受けてましたので・・怪我だとしても大事を取っている程度なのかなあとは思います。大嶺の姿は確認出来ませんでした。遠いので「上がり」だったのかも。
このところのマリーンズの、ドラフト含めた補強戦略ってちょっと「目先」感が強い感じは受けますよね。もっとも藤岡や益田、大地や松永と即戦力としての補強という意味では成功しているのですけれど。チーム内を見渡しても一番若いのは田村、次が江村、次が翔太まで行ってしまうので、若い層が少ないのは事実です。
外国人は本当に「夢」がない補強ばかり。言葉は悪いけど「使い古し」外国人、グライシンガーが大当たりだったくらい。ブラゼルはまだわかりませんが。
最下位に沈んでも補強をしない、続いて5位なのに補強がない・・・フロントのやる気を疑わざるを得ない状況が続いています。
この辺りを下手に考えだすと果ては球団身売り話まで話が大きくなってしまうのでやめときますが、ここ数年の補強にはかなり不満はあります。今季ドラフトが注目ですね。

投稿: BJ | 2013年7月29日 (月) 22時38分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

荻野貴司、バント失敗があったのですか。荻野の生き残る道としてこういう小技も大事ですから、決める時は決めて欲しいですね。
このところ、盗塁が増えてきて喜ばしいですね。結局ベンチのサインなんでしょうか、どうなのでしょうか。仕掛けが遅いと指摘されてましたが、確かに今までも「なんで今仕掛けないのだろう?」というシーンが多々ありました。荻野貴司はグリーンライトであって欲しいのですが。
まだまだマリーンズの反撃と荻野貴司の躍動を期待しましょう!

投稿: BJ | 2013年7月29日 (月) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/52647150

この記事へのトラックバック一覧です: まだまだ諦めない! E5−4M:

« 踏みとどまれ。 E8−1M | トップページ | 投手力の差を痛感・・・つまらん試合だった M5−9F »