« 加藤翔平、一流選手への登竜門をくぐる 〜フレッシュオールスター | トップページ | オールスターなのに益田に試練 »

2013年7月20日 (土)

若い世代中心のオールスター 〜AS1・2戦の雑感〜

最近、オールスターは興味ないと書きましたし、ちゃんと観た訳ではないけれど、せっかくなので1・2戦の雑感をぽつぽつ。

☆世代が大幅に若返る。特に「マー君世代」を中心に、ここより下の世代が充実して来ましたね。マー君を筆頭に身近に凄い「目標」がいることで、弟分のように下の世代が育って来ているということでしょう。
少し上にお兄さん的な存在で松田らがいて、次男坊がマー君世代、”保護者”(笑)で宮本や谷繁がいる。こういうバランスが面白いですね。

☆そのマー君は投球、ベンチでのふるまい、全てがもう日本プロ野球の中心選手という存在感が圧倒的ですね。「オールスターでは直球を投げなくてはならない」という風潮が私は好きではないのですが(だってストレートがウリじゃない投手の方が多いですもん。そういう投手は自らのスタイルをそのまま出すのがオールスターだと思う)そんな中、ブランコに対してスプリットをキメて三振に取ったのは良かったです。

☆私は昔のようなピリピリした勝負はそんなにオールスターに望んでいませんし、いつもの公式戦でも敵味方が笑顔で談笑している姿がむしろ好きだったりするのですが、今日の藤浪と中田の対決はやり過ぎだろう・・と思いました。2球スローボールを続けた訳ですが、昨日の三浦大輔のような「完成されたスローカーブ」というものではなくて、素人が投げるモノでした。1球ならまだしも、2球続けた時点で「おいおい・・」となり、中田が怒ったフリしてマウンドに向かった時点で「やり過ぎだろう」と。オールスターは「お祭り」かも知れませんが、「遊び」ではない。
藤浪が自分の意志でやったのではないことは明らかで、西岡、やり過ぎだろ・・・と思っていたら。初球は西岡の指示でしたが2球目は谷繁の指示ですと????うーん・・・「保護者」の指示なら仕方ないか。でも、楽しくやるにしても限度は超えて欲しくないなあ。藤浪は初球からガンガン行きたかったでしょうね。

☆フレッシュオールスター(FAS)は若い、原石のような選手が多くてキラキラしているのですけれど、今回のオールスターも大谷・藤浪、千賀らFASに出てもおかしくない世代が多かったですね。しかしそのパフォーマンスは確かに1軍のオールスターのもの。メジャーに較べると日本のそれは必ずしも「一流」じゃない選手も多々出場しますが、そこはお国柄というか、日本のオールスターはこんな感じってことで良いのだろうなと思っています。まぁそれでも過去にも書きましたが、3戦は多いと思いますけれど。2戦目を東北に回して終わらせれば良いのになあ。

☆大谷、投手としてオール150km超、打者としても今日いきなりの2塁打。ノーステップでのレフトからの送球もありましたし、本当に観ていて楽しい選手です。回ってくる打席みんな観たい!と思わせる選手はなかなかいません。この先が本当に楽しみです。

☆今日は神宮開催なのに、セの先発が菅野でライアン小川が2番手だったのはどうして?小川に先発させるべきでは?????

☆我がマリーンズ、今江、大地、井口と活躍。全くもって地味なのがらしいですが(笑)。マリーンズの応援を他球団ファンが一緒に応援してくれるのは(その逆も)オールスターならではで、こういう光景は好きです。

☆明日は西野、益田が登場でしょうか!益田は順当ですが、今季開幕前に西野のオールスター出場を予見していた人は果たしていたでしょうかね?しかし出場に恥じない成績です、堂々と投げて来て欲しいですね!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。


|

« 加藤翔平、一流選手への登竜門をくぐる 〜フレッシュオールスター | トップページ | オールスターなのに益田に試練 »

コメント

ここ最近オールスター自体つまらないです。そもそも何故3試合もしなければいけないのか?もう1試合でいいと思っているので。メジャーは30球団もあるのに毎年1試合、日本は12球団しか無いのに3試合・・・どうでもいい事はメジャーからパクるくせにこういうところをパクらないとは。
確かにあの大阪桐蔭グループのおふざけはちょっと・・・それこそ1試合しかなかったらあんな事したのか?とは思って観ていました。
やはり大谷ほしかったです。特に投手大谷。全球150km/hオーバーってしかもMAX157km/h・・・羨ましいです。
後1試合つまらない試合があるというのも憂鬱ですが、選手には頑張ってもらいましょう。

投稿: 通りすがりのマリーンズファン | 2013年7月21日 (日) 00時43分

>通りすがりのマリーンズファンさん
コメントありがとうございます。

ここ最近のオールスターのつまらなさはどこから来ているのでしょうね。まず試合数が多すぎるということ、テレビ局の勘違いした盛り上げっぷり、そして何より選手たちの「遊び気分」というか、オールスターに出るステータスを感じられていない?というところでしょうか。試合数が1試合ならば貴重さは増すのでしょうね。
震災後、東北で開催することになったのはとても良いと思いますし、すぐ止めるようではいけません。東北の1試合だけにするのも良いかも知れません。球場の収容人員の問題もあり、確実に収入は減るので踏み切れないかも知れませんが。そもそも試合数減少の方向だったのに財政難が理由で3試合復活したのですよね。結局カネ目的だからつまらないのでしょうね。
大谷は凄いですよね〜。でもマリーンズに来ていたらどうなっていたのかという心配はあります(泣)

投稿: BJ | 2013年7月21日 (日) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/52535705

この記事へのトラックバック一覧です: 若い世代中心のオールスター 〜AS1・2戦の雑感〜:

« 加藤翔平、一流選手への登竜門をくぐる 〜フレッシュオールスター | トップページ | オールスターなのに益田に試練 »