« 連敗は止まるもの・・だけど M3−5S | トップページ | 大嶺祐太、成長の影にあるもの(コラム紹介) »

2013年6月 3日 (月)

西野好投で意地を見せた勝利!楽しい「えむらえむら」兄弟対決のオマケ付き M4−0S

全敗を免れた・・・ちょっとホッとする勝利です。
ニッカン式スコア

今日も西野らの投球をちゃんと観ることは出来ませんでしたが(最近こういうの多くてフラストレーションたまってます)、テキスト速報を追うだけでも素晴らしい投球だったことは伝わります。一番の強みはコントロールが良いことですよね。昨日の大嶺があっただけに(爆)今日はその安定感がより浮き彫りになりました。8回途中でランナーを出して降板しましたが、129球行ってましたし妥当ですね。今季の西野は連敗ストッパーとしての役割をしっかりと果たしてくれ、今日は連敗していた訳ではなかったのですが今日負けるとセ最下位のスワローズに全敗という面白くない結果に終わる所でしたので、連敗ストップと同じ価値があると言って良いでしょう。しかしこれで成瀬に並ぶ6勝目ですか・・・1敗なので西野だけで貯金5つ作ってくれています。開幕前には、ローテにいつか入ってくるかな、という期待はあったものの、ここまでやってくれるとは。メンタルの強さも頼もしいですね。

西野の後を受けた松永も久しぶりの登板でしたが踏ん張ってくれました。追加点を取られていたら、過去3試合のことがありますからちょっと嫌な雰囲気になっていたところでした。体調はもう大丈夫なのでしょうか。

9回はロサかな?と思ったのですが、益田で来ました。休養よりも、試合で投げて調整しろ、という親心なのだと思います。今日は点差もありましたから、あえてマウンドに送ったと。もちろん、益田の登板過多は心配ではあるのですが、何度か過去に書いてきたように私としては益田は休むよりも試合で投げて取り戻して欲しい、この壁を超えて欲しい・・・!!と思っています。なんでそう思うのか言葉にするのは難しいのですが・・・疲れはあるでしょうけど、「守護神」となるためには投げてセーブを挙げていく中で、投球を掴んで欲しいという気持ちがあるからかな?いわば守護神へ通過しなくてはならない門というか。なので、益田にはとにかく今の時期を乗り越えて欲しいです。

打線はクリーンナップで6安打です。今江の先制パンチは大きかった!やや重かった雰囲気を一気に軽くしてくれました。サブローは今日マルチ(三ゴロも良い当たりだった)でしたが、今日と明日が全く違う選手になる人なので次の試合ではまたわからんです。
右腕を負傷(金曜だったか、スライディングキャッチでヤケド?したシーンがありましたがあれかな?)した清田に変わってスタメンの伊志嶺がしっかりタイムリーを放ちました。もっとも、清田の調子が落ちてきたところだったので、実力で伊志嶺スタメンはあるかなと予想はしていましたが、こういうチャンスを掴むのは大事です。清田もおちおち休んでられない。

一方でひっそりと根元の当たりが止まっているのが気になりますね。規定打席到達・未達の違いがありますが、打率・出塁率ともに荻野貴司が上回っていますし、このままだと1番の座を明け渡さないといけないかもしれません。今は根元角中の1・2番の並びが悪くないので、すぐではないかも知れませんが・・。

そして、今日のオマケ的に楽しかったのが「えむらえむら」の兄弟対決でした。4−0という状況も、8回1死ランナー無しという状況も、2人の勝負にジャマは入らない、お膳立ては揃ったってな感じでした(大地が出塁したら江村に送りバントになったりするのだろうかとかいらない心配してた)。
中継のレポート情報では兄も弟も「意識していない」とのことでしたが、どう観てもM江村は打席に入るときにあふれる笑みを我慢してましたよねーえ。S江村も意地の全球ストレートでしたが、球は全部上ずるし意識していない訳ない(笑)結果、M江村が3−1から明らかなボール球に手を出しての遊ゴロとなりました。四球は嫌だったんだろなあー、すごいわかる。でもここは2人の勝負に徹することが出来る場面でしたし、楽しい対決だったのではないでしょうか?観ていても楽しかったです。プロ野球、こういう勝負があっても良い。
レフトスタンドのスワローズファンが、ライトスタンドの「えーむーら!」コールに合わせて応援していたのもまた楽しかったですね。
まー、しかし江村のご両親は幸せというか・・どんな思いでこの勝負を観ていたのでしょうね。

話は戻りますが、今日の勝ちは大きかったです。畠山にくらったサヨナラ逆転満塁弾でおかしくなってから、やっと戻した感じですね。交流戦優勝を狙う意味でも負けるわけにはいきませんでした。
選手たちも一息ついたでしょう。明日は移動日、まずは休養して明後日からのビジターに良い状態で望んで欲しいです。好試合、期待しましょう!

■2013/6/3終了時のパ・リーグ順位
    試  勝 敗 分  率 差
1 M 52 32 19 1 .627 -
2 E 51 29 22 0 .569 3
3 L 53 30 23 0 .566 3
4 H 53 28 25 0 .528 5
5 Bs 51 25 25 1 .500 6.5
6 F 51 21 29 1 .420 10.5

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

|

« 連敗は止まるもの・・だけど M3−5S | トップページ | 大嶺祐太、成長の影にあるもの(コラム紹介) »

コメント

西野投手が6勝目ですね。昨年の今頃からは想像もできないです。すぐにでも支配下昇格すべきとの呼び声は当時から高かったですが、ここまでやるとは思っていませんでした。今季のスタート時は、1シーズンかけてゆっくりと少しずつ上がっていくものだとばかり思っていました。
1軍には合格ラインぎりぎりの、試験でいう“可”の状態で上がる人もいれば、“良”で上がる人、“優”の状態にまで高められてから上がる人もいるんですね。私としては、「育てる」というのは1軍と2軍で意味合いが違い、1軍での「育てる」は「1軍の試合で必要な経験と判断力と度胸を養わせる」ことだと捉えています。それによって、可が良に、良が優になっていくのだろうなと(変わらない人もいますが)。これからも壁にぶつかると思いますが、経験を積んでさらに成長していってほしいです。

松永投手はリベンジを果たしましたね。神宮の時と同じ満塁の状態からの併殺で一打同点のピンチをしのぎました。映像を見た感じでは、彼は、失点しなくても調子の良くない時は顔がやや赤みを帯びて汗が多く、好調時は顔の赤みも少なく汗も引いているという印象があります。全試合見ているわけではないので確信は持てませんが。

“えむりんず”兄弟対決が実現しましたね。私自身が上の子であることもあって、兄弟対決となると、どうしても兄の方に肩入れしてしまいます。江村兄者、かわいい顔してるなあ。弟殿とは5歳違いだそうですが、年子くらい(つまり22歳くらい)に見えます。うちのM&Mの方が江村兄者より年下ですが、彼らの方が6、7歳くらい上に見える…。

投稿: ぷりな | 2013年6月 4日 (火) 01時02分

おはよーございます。休み前の試合は勝ってくれるとすがすがしいですね~、と勝手なことを言う…
西野がまた勝ちました~!しかし完投未遂は惜しい…
個々のボールが素晴らしいからバッターが当てられなくてどうしてもストライク3つ揃えないとアウトが取れないんだよね(笑)西野の次の課題は完投でしょう。
清田は腕をすりむいたところから雑菌が入って湿疹みたいなのできちゃって病院行ったってききました(泣)お大事に…

今日は休みなんで、これから浦和´s見てきます。最近負けが混んでる浦和´sですが、好調な選手を一軍に送り不調の選手が多くなれば致し方ないかと…
ファームの優勝が3年続くと黄金期がやってくるそうですが。

投稿: てんとう虫 | 2013年6月 4日 (火) 09時47分

昨日のヤクルトは完敗…しかし八木が投げると援護ないなぁ


下で調整中の松井淳が死球で左腕を骨折 今季絶望らしいのは痛いしヤクルトやばいなぁ


BC新潟 巨人ファームとの試合 8対3で逆転勝ち 一昨年から5連勝だと思います

先発は新人で日本文理卒の田村 1回5安打1奪三振3失点降板

最初から1イニングだったのかわかりませんがダメダメでしたね

ギャオスさん5月頭のラジオで 田村の素質は一級品だが自分を過信しすぎてる 練習して欲しいと言ってました 以前から私生活に問題ありと噂されており 性格的なものが素質を妨げてるのかもしれません 1年秋の内容は底知れぬ大物感ありましたから

大学に行けなかったのも私生活の問題があったのかもしれません 同期で一緒に甲子園で活躍した波多野投手は2年の時から東北福祉大に入ることが決まってたとアルビスタッフから聞いてます

さて打撃陣ですが育成2投手を問題にせず10安打 去年2番打者で打点王になった平野が2ランを打ちデニングも2安打(1ツーベース)1四球と結果を残しました

育成相手には打てた打撃陣ですが支配下3投手にはノーヒット デニングは支配下1人と対戦で四球でした

巨人以外とやると支配下相手でもそこそこ打つんですけど過去からも巨人の支配下は打てないんですよね まぁ それだけ巨人の支配下レベルが上ってことなんでしょうが

怪我で半年投げてない新人君は1イニングを1安打2四球と満塁にしますが三振で切り抜けました

病み上がりだけに1イニング投げられたことと無失点だったのが収穫でしょうね

練習生の外人は2イニング2安打無失点と一応結果は残したかな?

山口投手は藤村を空振り三振にとるなど1イニングを1死球3奪三振とアウト全部を三振で決めました

最終回はロバート 何故かロバートは巨人戦に弱いんです 今回も1イニング投げて2安打1四球1奪三振と満塁を作ってしまいました

さてそれなりの結果出した練習生をどうするのか? 枠は埋まってるので成績不振兼任コーチを選手解約のパターン?

投稿: 佐藤 | 2013年6月 4日 (火) 18時01分

BJさん、今晩は。昨日は、荻野貴司選手の3塁打が自分は嬉しかったです!盗塁があれば最高でしたが、チャンスその物が無かったですね。ファイターズの陽選手が盗塁を一つ増やしましたので、荻野貴司選手にチャージを駆けて欲しいです!
BJさんの本文にもありますが、根元選手の打率が落ちて来ました。かなり食傷気味のフレーズですが、荻野貴司選手のトップ・バッターは、“今でしょ!”という感じです。自分は!
明日からのマリーンズとカープとの試合は、自分は、“機動力対決”を期待します!

投稿: エイトマンちから | 2013年6月 4日 (火) 18時42分

>ぷりなさん
コメントありがとうございます。

西野が6勝目・・・見事の一言です。いまやエース”級”の働き。前のスカウト記事にありましたように、スカウトの見立てが正確だったということでしょう。育成はつきっきりで教えるというわけには行かないから頭の良さを評価したというくだり、けっこう衝撃的でしたよ。
ぷりなさんの言う、「可・良・優」で言うと、西野は可の状態が長かったのでしょうか。意外と早く、最初の先発でもう良に格上げした感がありますね。良と優の間はまた一段と差がありそうですが、いまのところ「優候補」筆頭ですね。間違いなく壁にぶつかるでしょう。でも西野ならば乗り越え、さらに高みに登れそうです。
松永の観察、合ってる気がします(爆)その意味では結構分かりやすいのかな?俊介みたいに・・・。まあ、松永の「強心臓」とか「ふてぶてしさ」は私はすべて「照れ隠し」だと思っているので・・メンタルはなかなかかわいいものを持っているのではないかと。そう考えると顔色判断は有効そうです。
野球選手の兄弟って、どうしても弟が兄にくっついて早くから野球する分、弟のほうが優れてたりしますよね。その意味で投手と捕手に別れたのは良かったのかも。兄は小柄ということもあり、確かに実年齢程の年齢差は感じません。弟がまだあどけなさが残る顔をしているのでまだ弟とわかりますが、3年もしたら弟の方が年上に見えるのでは・・・ちなみに私は二番目ですが、私の方が兄に見られたりします。決してフケ顔ではありません!兄が若すぎるのです(爆)

投稿: BJ | 2013年6月 4日 (火) 20時53分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

いやあ、休みの前は勝ってくれるに越したことはないですよ!それはファンだけでなく選手もでしょう。
西野、完投出来なかったのは惜しかったですね。でもコメントを読むと反省ばかりのようで、この先が頼もしいです。全てを卑下しているわけではなくて、修正すべきところを判っている系の発言ですよね。球数が増えるのは宿命的なところありますよね・・西野も本当はもっと打たせたいのだろうな。27三振で27アウトとるよりも、27球で27アウト取る方を好むタイプだと思うので。
浦和、今日は勝ち試合だったようですね!暑いくらいかもですが気持ちよかったでしょうね。しかしゴンザレスが入る余地が無くなって来てるのは嬉しい誤算です。負けが込むのは仕方ないでしょうね。それでも強いけど・・。

投稿: BJ | 2013年6月 4日 (火) 20時58分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

八木のムエンゴぶりは可哀想ですね・・・2011年の武田勝並にならんようにしないと。松井淳の骨折は痛いですね。本人も今年はブレイクの年にしたかったろうな・・。
田村、私生活に問題ありですか(苦笑)二枚看板がいても、学力以外の理由で片方は大学、片方は社会人とか、そういうパターンありますよね。自分の才能頼みの選手はプロ行っても大成しないからなあー、そのあたり本人がいつ気がつくかですね。
巨人の育成は数合わせ的な側面もあったと関係者が認めているくらいですし、レベルはやはり落ちるのかも知れません。やはり支配下から打ちたいですよね。
新人君投げたのですね!佐藤さん良かったですね。本人もまずは試合で投げることが出来たというところでほっとしたでしょう。野球選手は野球が出来てなんぼです。山口はノッて来たのかな!継続して頑張っているようで嬉しいです。
枠の問題、難しいですよねえ〜。無理に近いけど、極力理不尽な解雇などはない方向で調整して欲しいですね。独立リーグはシーズン途中のトレードとかあるのかな。

投稿: BJ | 2013年6月 4日 (火) 21時04分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

昨日の荻野貴の3塁打は「らしい」当たりで素晴らしかったですね!他の打席でポップフライ連発してしまったのは残念です。陽と盗塁は12個差ですよね〜、結構大きい差ですが残り90試合ちょい、まだまだチャージできますね。
根元、打席では球数多く投げさせたりファウルで粘ったり、と頑張ってはいるのですがね。このままでは1番陥落してしまいます。1番争い(勝手に争いにしてますが)も目を離せません。カープとの連戦、前回はカープが走りまくりましたからやり返したいです。機動力野球をみたいです。

投稿: BJ | 2013年6月 4日 (火) 21時08分

西野投手はまた好投しましたね。
昨年、二軍で投げているボールの質で
一番可能性を感じる投手が西野投手ではありましたが
ここまで勝つとはここまで抑えるとは

江村兄弟対決は良かったですね。
何か公式戦なのにオールスター気分で見ちゃいました。

アイザックレポートでは意識していないようでしたが
BJさんの仰る通り江村弟の打席向かう際の
あの笑みをこらえきれない表情と
兄の直球勝負にしても意識はあったのかなと
でもありますよね普通は

普段はあんなボール球打って…と言いますが
あの打席だけはOKです。
そんな打席があったっていいですよね

そろそろ荻野貴選手が1番でもいいかもしれませんね。

唯一、荻野貴選手が1番を打つ上で注文があるなら
ヤクルト2連戦でいずれも
初球のボール球に手を出してポップフライがあるのが

下位打線だとある意味、多少自由に打ってもらって
いいのですが1番だとこういうのは
少なくしてほしいかなと

サブロー選手が状態上がってきたかなと
そろそろベテラン勢にも活躍を
もっとも井口選手は今年は梅雨でも元気いっぱいですが

投稿: | 2013年6月 4日 (火) 21時33分

また名前忘れました
上のコメントは僕です(苦笑)

投稿: マットゥン | 2013年6月 4日 (火) 21時35分

ようやくヤクルト戦勝てましたね。負けた試合の後の登板に強い西野様々です。昨日も一発が効きました。今江は4番打ちたかったのですね。大地と伊志嶺もよく打ちました。ただ、点を取ると満足して、追加点を取らないのも、マリーンズ打線らしいですね。

8回の満塁のピンチで松永。神宮の悪夢がよぎりましたが、今回は抑えて良かったです…
西野が打たれ始めたところで松永と益田が準備したはずなので、4点差でも9回は益田を出したのでしょう。ロッテはブルペン陣の査定で、登板しなくても準備したことを評価するでしょうか?評価しているチームもありますがマリーンズは?もし準備だけでは評価しないならば登板させた方が良いかも…

松永と益田が準備しなくて良い展開を数試合ごとに作り出す…それができればなあ…

明日の阿部ちゃんも頑張ってほしいものです。

投稿: 大阪の一ファン | 2013年6月 4日 (火) 22時16分

西野が素晴らしい活躍ですね。一番安定感があります。松永もいい仕事をしましたし、益田も頑張っています。
打線もよく繋がりましたね。特に今江が止まらないですね。これからも4番目の打者として頑張ってほしいですね。
明日からの広島・阪神との4試合が交流戦の優勝に大きく影響してくるのでどれだけ勝てるかですね。

投稿: 通りすがりのマリーンズファン | 2013年6月 4日 (火) 23時16分

>マットゥンさん
コメントありがとうございます。

西野のこの安定感はなんでしょう。技術も精神もバランスが取れているのでしょうね。そのうちに壁にぶつかるとは思いますが、乗り越えてくれるはず。しかしここまでやってくれるとは、ですほんとに。
江村兄弟対決、オールスター気分て凄い判ります(笑)チームの勝敗と別のところでこういう対決が合っても良いですよね。江村弟があんなボール球打っちゃうのもまたアリですよねー。これもプロです!
荻野貴司が1番、これ理想ですが・・・気がかりはマットゥンさん言うところの初球ポップフライ。まぁ、1番にもいろいろあるし、西岡タイプと考えれば早い仕掛けでも良いですが、ボール球を凡打して相手投手を助けてはダメですよね。根元は最近落ちてますが、それでも打席の中で粘ったりしていますし。
サブロー、井口はまだやってくれそうです。ただ福浦が元気が無いのが寂しい・・・

投稿: BJ | 2013年6月 5日 (水) 00時13分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございます。

4戦全敗と1勝3敗じゃ全然違いますよね。西野はエース”級”の活躍です。このままならオールスターも見えてきた!今江は4番・・・まあ、本来は似合う筈なのですが・・・自分で自分の首を締めていた気がします。3番に入った時に「気持ちが違う」みたいなこと言っていたのは気にはなっていました・・・ノセるとほんとにノるタイプです(苦笑)
マリーンズ、ブルペンの査定どうなってるのでしょうね?今の時代、肩を作ったらちゃんと評価して欲しいですよね。現実的な話ですが、そうなれば選手たちのモチベーションも変わってくるでしょうし。おっしゃる通りで、M&Mを休ませる展開が数試合ごとに欲しいですね。負けるにしても最初から押されて点差開くとか・・・(それはそれでつまらんのですけど)

投稿: BJ | 2013年6月 5日 (水) 00時17分

>通りすがりのマリーンズファンさん
コメントありがとうございます。

いやあ、西野の安定感はなんでしょう。本当に素晴らしいの一言。さすがにここまでやってくれるとは思いませんでした。疲れも出るでしょうし、勝てない時が来るかも知れませんが、メンタル強いですし乗り越えてくれるでしょう。
今江もなんなんでしょう(笑)立場が人を作るってこういうことかぁーと実地に観ている感じ?
カープ、タイガースとの4試合。重要ですね〜!タイガースには勝ってないので、2勝したいところです!

投稿: BJ | 2013年6月 5日 (水) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/51896108

この記事へのトラックバック一覧です: 西野好投で意地を見せた勝利!楽しい「えむらえむら」兄弟対決のオマケ付き M4−0S:

« 連敗は止まるもの・・だけど M3−5S | トップページ | 大嶺祐太、成長の影にあるもの(コラム紹介) »