« 6連勝で交流戦首位、だけどしんどい M3−2G | トップページ | 西野好投で意地を見せた勝利!楽しい「えむらえむら」兄弟対決のオマケ付き M4−0S »

2013年6月 2日 (日)

連敗は止まるもの・・だけど M3−5S

連敗はいつかは止まります。・・が、なんかすっきりしない負け方。
ニッカン式スコア

先発の大嶺は・・・ああ、以前の大嶺に戻ったような投球でした。これだけストライクが入らないのではお話になりません。ミレッジに一発を打たれてからおかしくなりました・・・あんなソロホームランなんて気にしなくて良いのに。江村のリードもこれ以降やたら外、外となってしまい、ますますボールが外角に逸れるという悪循環。前回登板は出来が悪くてもこのバッテリーでしのいだのに、今日は踏ん張れませんでした。

試合後の大嶺のコメントは「走者を出したくない気持ちで、最初からコーナーを狙いすぎて慎重になりすぎてしまいました。」とのことで、コーナーを狙うなんて出来っこないのんだから狙わなくて良いのに・・・と言う思いと、せっかく「投手は打たれるもの」って良い意味で開き直れてたのになぁ・・・とちょっと悔しいです。
自身、勝ち星がついて来たことと、チームが連勝してるということで必要以上に責任感を感じてマウンドに上がってしまったのでしょう。気持ちはとてもわかるけど、今季何故自分が復活したか、をもう一度見つめて欲しいです。

技術面では、今日の大嶺は下半身があまり使えていない感じでした。元々左膝が割れるタイプなのですが、今日は完全に外に力が逃げていた感じ。これだと身体使えないし身体の開きも早くなるから制球は悪くなります。やっぱり疲れたまってるのかなー、もし今まで中6日を同じルーティンで過ごしていたとしたら、リズム、トレーニング方法、食事この辺りをどこか変えてみても良いかも知れません。

技術、メンタル面もまだまだです。でも、もちろん俺はずっと応援しますよ!人間、そうそうすぐ生まれ変われるものじゃない。次の登板でリベンジしてくれ!そして少しずつ前進してくれれば良い。

後ろの上野が頑張りました。中郷も。南、藤岡は微妙でしたが、まぁ今日は大嶺が負の流れを作ってしまったので・・・藤岡はちょっと勢いだけで投げすぎましたか。やはりプロは甘くないです。

打線も、すぐ追いつきはしたのですが試合全体に流れる嫌〜な雰囲気(これは大嶺が作ってしまったのだけど)を結局最後まで払拭出来ないまま終わってしまいました。8回のチャンスで点を取りたかったですね・・・逆転してたころは終盤こそ集中力を発揮していたのですが、ホームラン攻勢で連勝するうちに、「逆転のマリーンズ」を少し忘れてしまったのか。初対戦の投手相手にやや強引な引っ張りが目立ち、それは試合終了まで変ることはありませんでした。雑になってはいけんよー!比屋根や山田のバッティングは無理に引っ張らず、自分の力をわかった上でしっかりおっつけるバッティング出来ていました。この気持ちをマリーンズも忘れて欲しくありません。
ま、それでも代走伊志嶺が明らかに走るよ!と判っている場面でのラルーとの駆け引きとか、そこから盗塁→ボーク→犠牲フライで同点、とか見どころもあるにはありましたね。荻野の盗塁もありましたしね。清田がまた「不調の清田」になってしまったようです。一度こうなると長いからなあ・・・センター伊志嶺もありえますね。

なんか負けるにしても大量点で負けるとかの方が良かったかなー。なんか内容も重くてすっきりしない負け方でした。ともあれ、こういう時もあります!

明日は西野です、彼は良い意味でマイペースな感じもしますし、自分の投球が出来るでしょう。後は打線がこれまた初顔合わせの八木にどう対処するか。今日のように強引に振り回すようではまた得点はそうそう望めないでしょう。スワローズには大変失礼ながら、セの下位チームにこれ以上負ける(というか全敗)ことは許されません。明日は勝ちましょう!

☆過去何度か書いてきたことだけど、またしても外国人投手に対する”イビリ”ボークが発生。今日の3つとも日本人投手なら取らないでしょうね。もちろんラルーも一度取られた時点でとりあえず気をつけようよ、とは言えるんだけど来日初登板で平常心ではいられないだろうし、しみついた動作はすぐ改善出来るものでもないからなあ・・。なんかラルーが可哀想で仕方がなかった。

繰り返すけど、外国人とか、日本人投手でも海外野球経験してきた選手(多田野とか)に対するボークの嵐は島国根性まるだしな感じでみっともないです。「日本ではダメなんだよ、先にガツンとやっとけ」みたいなさあ。二段モーションの取る取らないも含めて、適用基準が一定じゃないのが本当に気に入らない。
こんなとこでガラパゴス審判化、”ガラパン”化してどーすんの、みっともない。今日の取るんなら日本人投手でもっとどんどん取りなよ。なんというか、セコいというかスケールが小さいと言うか。(怒)

ついでに言うと6回表、1死満塁での山田の見逃し三振はあれボールでしょ、どうみたって。コースは違うけどその前の飯原の時は取ってない。あれじゃ小川監督が怒るのも当たり前!この後もしマリーンズ勝っちゃったら、ボークの件も併せなんか嫌だな、とか思ってしまいましたし、そんなことを観ているファンに思わせる判定ってどうなんだろ。それとも私がおかしい?

★今日は旭川でなーんとナイターとのこと。最近は気象がおかしくて北海道もヘンに暑いけど、例年ならかなり寒いと思う。照明設備が完成したお披露目も兼ねてるみたいだけど、思い切ったことを・・・
★その旭川の試合でサトケンがプロ初本塁打とのこと!おめでとう!

■2013/6/2終了時のパ・リーグ順位
    試 勝  敗 分  率 差
1 M 51 31 19 1 .620 -
2 L 52 30 22 0 .577 2
3 E 50 28 22 0 .560 3
4 H 52 27 25 0 .519 5
5 Bs 50 24 25 1 .490 6.5
6 F 50 20 29 1 .408 10.5

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

|

« 6連勝で交流戦首位、だけどしんどい M3−2G | トップページ | 西野好投で意地を見せた勝利!楽しい「えむらえむら」兄弟対決のオマケ付き M4−0S »

コメント

大嶺については2回登板して1回勝つ、くらいのペースで成績出してくれたらいいやくらいに思ってます。今日は酷すぎた(爆)。でも何がよくなかったか自分でわかると思うので、切り替えて修正してほしい。次は多分甲子園で、藤浪と対決になると思います。今ウチで藤浪に対抗できる勢いあるのは大嶺くらいじゃないかと漠然とながら思ってますから。
打つほうもヘンにかまえちゃったかな?

まあ連勝はいつか止まるし、致し方ない。負けた翌日以降が大事。
先発が崩れたらこんなものです。益田松永登板しないですんだから良しとしなくては。

ちょっと冷えてきた打者もいるようなんで
打順入れ替えたりして対応してほしいかなと思います。あと福浦さん…DHはともかくもう少しあたりさわりない打順にしてあげたほうが…
時代作った人なんで今の不調は哀しい。いっそ調子戻すために時間あげるとかしてもいいのかな…
どこかで見たんですが、岡田の方が福浦やサブローより打率高いと指摘があって考えちゃいました。

投稿: てんとう虫 | 2013年6月 3日 (月) 00時20分

大嶺に関しては仕方ないですかね?四球連発で悪い大嶺が出ちゃいましたね。でも一つ擁護するなら江村のリードにも問題があったかなと思います。指摘されているとうり外一辺倒のリードでしたね。それでなくても外へ外へボールがいくのに外角に構えたら当然外へ外れます。どうせなら真ん中に構えておけばちょうどいいところにいったのではないかと。
まあ江村も今年が一軍で働くのが初めてなので仕方が無いですがずっとうまくいっていたものが通用しなくてそこまで頭が回らなかったのかなと思っています。これも勉強です。
大嶺の次の登板って多分甲子園での阪神戦ですよね?あの大観衆の前で?しかもほぼ阪神ファンの中?相手はおそらく藤波でしょう?それこそまた四球連発でメンタルが壊れないか心配です。でもここで勝てばもう一つ上にいけるのではないかと淡い期待をしています。
藤岡はそれまでの流れが悪すぎたので結果は仕方ないですが、どう見ても変わってないと思うんですよね。ランナーを出してセットになった後とか変化球で全然ストライクが取れないとか。腕の振りばかり気にしすぎてボールが真ん中に集まるし。先発に戻すにもランナーを出さないなんて事はまずありえないですし、変化球でカウントを整えられないとなるとまた厳しい展開が待っているような・・・
イビリボークとは素晴らしい言い方ですね。あれは酷いですよ。山田のストライクジャッジも。また愚痴になりますが結局審判がものをいわせてるのが嫌なんですよ。よく審判は絶対と言いますが誤審をしたら審判だって人間だから・・・って言ってる事矛盾してないですか?
人間だからミスはします。選手も監督・コーチだってミスします。でもそこから反省して努力します。(それが実らない時もありますが)審判はどうですかね?反省してるようにも努力してるようにも見えないのですが?自分達でも審判は絶対だからと甘えてないか?それこそメジャーの審判は誤審をしたら何試合か出場停止になりますよ。(誤審の酷さによって試合数が変わります。)それぐらい厳しい対処も必要では無いかと思っています。

投稿: 通りすがりのマリーンズファン | 2013年6月 3日 (月) 02時59分

3対3になった時はまた悪夢が頭をよぎりましたが とりあえず勝てて良かった ラルーはボークだけ気をつけたら 早いうちに1つは勝星つくかな?

今日は西野と八木か…八木が投げると打線の援護ないからなお てか西野って投手 誰?なんですが(^_^;)


アルビBC 今季全く良くない阿部拳斗が先発

結果…4回1/3 11安打5失点とまたまたノックアウト どうしちゃったのかなぁと思うんですが 個人的には今年はダメかもと感じるコメントを開幕日に新聞に載ってたのをみつけたんです

オフは阪神のキャンプにアルバイトとして約10日間参加し打撃投手を務めた「いい投手は多いが差はあまり感じなかった。でも その大きな壁を乗り越えないと」これを見て ちょっと甘く見てるかなぁ この考えが成績に出なきゃいいがと思ってましたが 早々ノックアウトが続いてる現状


試合は9回3対5で2死満塁から まさかの走者一掃タイムリーが出てサヨナラ勝ち


ホームゲームでしたので監督勝利インタビューがあるんですが 監督は采配ミスが多かったことを糧に頑張っていきたいと

いつも阿部に関しては早々と交代させてたけど今日は5回まで引っ張って傷を広げたり 拙攻続きでしたから監督も自覚してたかな?


期待の新外国人デニングですが5打席3打数1安打2四球 最後の打席は9回2アウトから四球 この四球で出塁がサヨナラのランナーになりましたから貴重な仕事をしました(ランナーは代走が送られた)


守備では右中間に抜けると思われた当たりをダイビングキャッチで好プレーを見せたとのこと


かなり魅せてくれる選手だなぁと…まずは1日1本 一日一善を目標にやってくれたらと思います


火曜日は巨人ファームと対戦か 勝ちを期待したいが各選手が活躍して巨人の目に止まるのも嫌だなぁ(笑)


投手は練習生外人と怪我で投げてない新人が出番あるかな? 怪我した新人くん この前 話をしたら いつでも登板できるので 上の判断待ちと言ってたので 投げるなら練習試合の「今でしょ」(笑)

投稿: 佐藤 | 2013年6月 3日 (月) 06時50分

BJさん、今晩は。そして、マットゥンさん、コメントどうも有り難うございました。
尚広選手と川本捕手のシーン。あのような迫力ある場面で一つの采配について議論が色々あるのも自分は野球の魅力の一つだと思います。ある意味、“高尚”なプレーでしたからね。
原監督なら絶対、仕掛けて来ます!あの場面は。むしろ、3球目まで待ったのが、自分は不思議でした。その翌日に「日刊スポーツ」にあった尚広選手のコメントを読むと、「3球目は、バッターが長野だったので変化球が来ると思った。マリーンズバッテリーの方が上だったという事です。いつも紙一重でやっているので。」というような事でした。グリーン・ライトだったんですかね。それであったら配球を読んでいた訳ですから本当に凄いランナーです。
本日もライオンズ戦で松本哲也選手が雄星投手にデット・ボールを受けた後、初球にスチール敢行。それが先制点に繋がりましたからね。ミスターから“スピード&チャージ”を継承し、それをよりレベル・アップしている原監督は凄いと思います!個人的にも自分は、原監督の采配が好きです。
昨日のマリーンズは、荻野貴司選手の盗塁を始め、4個のスチールがあった事は本当に嬉しかったです!特に、荻野貴司選手のこの一つは、タイトル争いに絡めば、後半戦、非常に効く一個だったと思います。昭和61年に屋舗要選手が48個でドラゴンズの平野選手と同数で初の盗塁王を取りました。シーズン終盤戦の2人の盗塁王争いは激烈でした。「屋舗選手はあの時、走っとけば良かったのに。」と思ったケースがシーズン序盤かなりありました。無駄と思われる盗塁を嫌う選手だったので・・・。どこで1個が生きるか分かりません。荻野貴司選手の犠飛も素晴らしかったと思います。
唯、前半戦のファー・ボールとボーク合戦はレベルが低いと思いました。井口選手とミレッジ選手のホームランは凄かったですけど。
あと、清田選手の送りバント失敗は残念でした。マリーンズが優勝するために、あのような場面は大事にして欲しいです!明日の荻野貴司選手の盗塁とマリーンズの好ゲームを期待します。

投稿: エイトマンちから | 2013年6月 3日 (月) 19時10分

土曜に続き昨日も生観戦しました。土曜日のように満員とはいかず、通常モードに戻りましたね(それでも2万人以上ですが)。

大嶺兄は初回に一発打たれて、江村と共にビビったようですね。まわりで観戦していた方々と「これで無失点のプレッシャーから解放されて良かったね」と話していたのですが…バッテリーの考え方は、我々と逆でした。「荒れてグダグダなのに無失点に抑えていたのが不思議、投手は打たれるもの」と割りきってほしかったです…

相手も序盤は(見せしめ)ボークでグダグダ。「相手もたいへんだなあ」と考えて、落ち着いてほしかったです。

このグダグダ感が打線にも影響しましたね。大嶺兄が先に立ち直れば、攻撃も少しはマシになったのでは。藤岡も残念でしたが、相手のT-山田(履正社でT-岡田の後輩のため、高校時代こう呼ばれていました)がよく打ちましたね。前進守備だったのが残念でした。

大嶺兄の次回の登板は、甲子園2戦目、藤浪くんとの対戦でしょう。高校時代と違って、ほとんどすべてが敵という異様な雰囲気の中で、メンタルが弱い大嶺兄が持つとは思えません・・・申し訳ございません・・・

生観戦する私としては、楽観視して公開処刑をくらうより、最悪の事態を考えておく方がショックが少ないです・・・
もちろん、まさかの好投なら素直に喜びます・・・

本日は優勢に進めているのかな。さすがに4タテは勘弁してほしいものです・・・

投稿: 大阪の一ファン | 2013年6月 3日 (月) 20時02分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

はい、大嶺にはそのくらいの気持ちでいたほうが楽かも知れませんね(苦笑)今年好投出来ていることをもっと自信として欲しいです。藤浪と対決ですよねえ、甲子園の先輩として良い投げあいをして欲しいです。
負けると、M&Mを温存出来るという特典がありますね。前向きに考えるしかありません。
福浦は最近スタメンではちょっと見てて寂しくなる時があります。そろそろ代打の切り札的な位置に収まるとよいのかな・・これは言いたくないのですけれどね。寂しい話ですし。
岡田の打率とサブロー福浦とのそれは較べるものではないでしょうねえ~チーム内での立ち位置も、打席での出来ることも違うし。でもここまでスタメンが無いとさすがにかわいそう・・というか、スタメンが観たいです。

投稿: BJ | 2013年6月 3日 (月) 21時01分

>通りすがりのマリーンズファンさん
コメントありがとうございます。

大嶺、戻っちゃいました・・が、今までと違って「RENEWAL大嶺」の姿を知っているので、そんなに悲観視しなくて済むのが嬉しいです。「次頑張れ」って言えますもん。江村は、あれだけ制球が悪いと苦労したと思いますが、それでもなんとか投手を導いて欲しいですね。今は難しいかもですが、そのうちに頼もしくなってくれるでしょう。
甲子園、大観衆、相手は超注目ルーキーの藤浪・・と確かに嫌な悪寒ですが、そこは先輩の意地を見せて欲しいです。やってくれるでしょう、ここで勝てばおっしゃるようにまた成長できると思います。それに、恐らく小さい時から野球のエリート教育を受けてきた藤浪に「村の手作り弁当」大嶺が勝てば気持ちよいです。
藤岡は、もう少し”待ち”ですかね!今は自分を取り戻している最中・・・(ファームでそれをもう少しやっても良かったかとは思いますが、今の一軍投手事情を考えると中継ぎとして助かる存在になりそうなのも事実)。
審判はですねえ、おっしゃるとおりで「向上」の為の努力とかどれだけしてるのだろう?アメリカのジム・エバンス学校留学の審判もいますけど、んじゃあ何故日本には審判学校がないのだ、と。平林審判が技術委員でいますから、その辺りのシステムを構築して欲しいし、常にジャッジを振り返って次につなげる努力をして欲しいです。もちろん、努力していないとは言いませんが、もっと出来ることがあるはず!

投稿: BJ | 2013年6月 3日 (月) 21時39分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

先ほど、やっとスワローズに勝ちました~(ほっ)さすがに全敗はちょっと、ね。畠山のサヨナラ満塁弾で流れがおかしくなっていたのをやっと戻した感じです。
ラルーは荒れ球も功を奏した感じですね。それなりに勝ち星は挙げそうですね。少なくとも先発陣の穴を埋める存在になりそうです。
阿部のそのコメント、ニュアンスがわかりませんが・・・確かにちょっと不安になる発言ですね。自分の力を過信しすぎるのと自信を持つのは違いますから・・・しかも打撃投手ですよね、春キャンプじゃ投手達もまだ仕上がってないでしょうし。
デニングはなかなか楽しそうですね。うーん、巨人に持ってかれるのは嫌ですが・・・あの球団は日本人はともかく、外国人はエージェントの言うなりに名前だけはある欠陥商品をはいはい言って獲得する球団なので大丈夫じゃないかと(笑)
新人君、NPB相手に投げるのも良い経験になるでしょうね。

投稿: BJ | 2013年6月 3日 (月) 21時47分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

川本と鈴木尚広のシーン、いろいろな意見が出るのは楽しいですね。あの場面での采配うんぬんを別にして、「プレーだけ」で言えば、とても見ごたえのあるプロの勝負でした。鈴木のコメントも鳥肌が立つような内容ですね。なんせ足だけでここまで巨大戦力の中で生き残る選手ですから、さすがの一言です。(ちなみに、私は鈴木尚広がファームの頃から、巨人ファンの友人が「は?誰?」というような状態の頃からのファンなんです。なのでずっとプレーぶりを見ていました)
原采配、一次政権の時は好きだったんですけどね・・・今は選手の見切りが早すぎてちょっと、と言う印象です。一次政権時はそれまで陽の目を見なかった選手たちを引き上げ、起用して結果出していましたし。それこそ鈴木はその典型です。不幸な解任劇もあって、今は結果を求められるので仕方ない部分はあるのでしょうけれど。
昨日の盗塁が多かったのは良かったですね。荻野貴の場合、1軍スタートが遅かったので今のうちに猛チャージをかけておかないと、です。上位争いをしている中で盗塁を伸ばすのは難しいと思いますが、それでも積みかさねていければ素晴らしいと思います。

投稿: BJ | 2013年6月 3日 (月) 21時57分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございます。

参戦、お疲れ様でした。ちょっとつらい試合でしたね。大嶺はミレッジの一発にあんなにびびることなかったのに~とちょっと悔しいです。江村も。「投手は打たれるもの」という自らの発言をもう一度反芻して欲しい!
甲子園での対藤浪との対決は確かに不安ですが、他の方の返信にも書いたのですが、その「完全アウェー」な中で、野球エリートンに雑草島の子の意地を見せて欲しい。開き直って欲しいですね。
今までが今までですので、ファンとしては「最悪の状態」を想定して見るのはアリでしょう(苦笑)良い意味で裏切って欲しいですね。
さて、T-山田は最近活躍するようになって嬉しいです。一年目はセンス溢れるプレーに感心して観ていたのですが、2年目がサッパリだったので・・・なんでも送球難でいろんなとこに悪影響が出ていたようですね。良く乗り越えて来たと思います。(同じ意味で輝きを見せていたオリの駿太も伸び悩んでいる・・・野球って難しい)
今日は勝ちましたね!さすがに全敗はまずいので、ほっとしました。

投稿: BJ | 2013年6月 3日 (月) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/51882805

この記事へのトラックバック一覧です: 連敗は止まるもの・・だけど M3−5S:

« 6連勝で交流戦首位、だけどしんどい M3−2G | トップページ | 西野好投で意地を見せた勝利!楽しい「えむらえむら」兄弟対決のオマケ付き M4−0S »