« エース対決だからこそ、成瀬に踏ん張って欲しかった T3−1M | トップページ | ラミレス補強?とか統一球とか »

2013年6月 9日 (日)

甲子園の魔物を呼んだのは自分たちだった T4−3M

ああ、なんとも疲れる試合でした・・。
ニッカン式スコア

ワタシ的に一番の関心ごとは、大嶺の登板でした。結果、うん、及第点じゃないでしょうか?いや、及第点というかちゃーんと成長を見て取れましたよ!
初回、味方のエラー2つに足を引っ張られましたが、ここを1失点に踏ん張りました。その後もランナーは出すものの、無失点に抑えました。弱気の虫は顔を出しませんでしたし、なによりも先週の失敗を繰り返さないぞ、と必死にココロをコントロールしている様子が伺えました。なんか、それだけで嬉しいです、はい。甘いと言われるかも知れませんが、誰がなんと言おうと先週の失敗を糧にし、消化して血となり肉としたと思います。
4回表に代打を送られましたが、これは投球内容うんぬんではなく、勝負どころと見た伊東監督の「勝ちに行く采配」だったと思います。本当は投げさせたかったのではないでしょうか。
今日はスプリットの制球が悪く、江村も大変だっと思いますがよく頑張りました。ただ1つ、勝負所で外角の配球が多すぎます!これは前回もそうでした。マートンに対しては2打席目にやっと内角行きましたが、あまりにも外寄りの配球過ぎて簡単に対応されています。もっとリードに勇気を持って欲しい。ベンチ内でもずっと伊東監督のそばで英才教育を受けていますね。日々成長だ〜!

もうここでブログやめときたいところなのですが・・・チームに触れないわけには行きません。
まあ、今日もエラー連発、(角中は記録に残らないエラーもしでかしてますし)送りバントはしっかり決められず。追加点を奪えないまま、最終回に逆転サヨナラ弾というなんとも虚しさの残る敗戦となってしまいました。
無死1塁が続きましたが、伊東監督の連続の強攻策は、結果投ゴロゲッツーが重なってしまっただけということ。私は支持します。打者の技術というよりは運がなかったとしか言い様がない。しかしそこから後、6・8回のそれでは清田がしっかりと犠打を決められず。結果的にバスターでヒットもありましたけど、作戦としては本来のものではありませんでした。岡田も二度機会がありましたが、自らも生きようとするセーフティー気味のバントでどちらも失敗。相手を欺く意図もあったと思いますが、最大の目的は走者を進めることということを忘れてはいけません。サブローのタイムリー以外はどれもが得点に結びつかなかったのは、チームの戦術をやる時はやる、体現させるという事が選手達に出来なかったからではないでしょうか。今季、マリーンズは犠打の時は犠打として、きっちり決めてきた筈です。細かいところをおざなりにしては、チャンスも逃してしまいます。甲子園ではどーにも良い思い出がありませんが、今日は実は「甲子園の魔物」は自分たちが招き寄せているのではないかと思いました。リベンジはまた来年になってしまいます。もちろん、日本シリーズで果たせるのならばそれもアリですよ!

さて、手のひらを返すようですが、マリーンズ打線に「プロ」を観たのもまた事実でした。
対藤浪、1・2回は初顔合わせということもあって凡退していましたが、3回に下位打線が連打したのを皮切りに、打順ふた回り目からは狙い球を絞り、ファーストストライクを積極的に打ちに行って成功していましたね。もともとひと回り目は捨て、ふた回り目からが勝負と見ていましたが甘い球をそのまま見逃した打者は皆無で、それは見事な攻略でした。まあ、前述の事もあってなかなか点につながらなかったのですが。
藤浪はコントロールが良いだけに、意外と絞りやすい。シーズン全体を見ても、セの打者もそろそろ対応してきそうです。逆に言うとここからが藤浪の真価が問われる所。さすがに良い投手でした。これからの投球に注目です。

益田が打たれたことはもう仕方ありません。切り替えて、次に望んで欲しいです。苦しい期間が長く続いていますが、乗り越えられるはずです。ひとつだけ思うのは、きっとお母さん来ていたんだろうな・・・あれを目の前で観るのはつらかったでしょう。でもマリーンズファンはみんな益田の味方ですから、安心して欲しいです。

特に現地観戦組には辛い連戦となりました。交流戦優勝はかなり厳しいので、これから先はリーグ戦を見据えてマリーンズを観て行きたいです。交流戦後4試合、頑張って行きましょう。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

|

« エース対決だからこそ、成瀬に踏ん張って欲しかった T3−1M | トップページ | ラミレス補強?とか統一球とか »

コメント

そうですね。確かに大嶺は及第点だったと思いますが、あまりにも早い交代なので評価は少し難しいですね。何度も言うようですが江村のリード・構え・ミットの向け方があまりよくないと思うんですよ。だから唐川・成瀬の時は川本だったのではないかと推測しています。西野は元々コントロールもいいし、何よりずっと2軍で組んでいたはずなので何の苦にもならないのではないかと見ていますが、どう見てもコントロールピッチャーではない大嶺なのでもう一度川本と組ませるのも面白いと思っています。
試合の事は触れたくもないです。さすがにないと思っていましたが、今日で確信に変わりました去年の二の舞になるでしょうね。そのぐらい酷い試合でした。正に去年の酷い時と同じ攻守でチグハグしてましたし、何より監督の采配が一番チグハグだったと思いますよ。バントならバント。バスターならバスター。一球一球サインを変えていたら選手の負担にもなります。決められない選手にも問題はありますが打順も含めて監督の采配がぶれ過ぎでは?

投稿: 通りすがりのマリーンズファン | 2013年6月10日 (月) 02時09分

おはよーございます。昨日はまたショッキングな負けになりましたが、長いシーズンこういう試合は避けられません。反省すべき点は改善して、切り替えて次の試合に望むしかない。現地のファンには申し訳ないですが、年に2試合超苦手な相手・球場で連敗したって事故の範疇、くらいに開き直るしかないかと。
負けが込んだのでベンチワークにも苦情が出ますが、今年は控え層の若い選手を底上げするのが手近な目標だったはず。江村なんか昨年まで二軍の試合も殆ど出てなかったことを思えば、できないことがあって当たり前。
益田が厳しい結果になりましたが、クローザーとして育成するうち必ずぶつかる関門、糧にしてほしい。逆転打打たれるなんて、リリーフに革命を起こした江夏さんだってよくありました。ベンチはこれきしで配置転換などしないでほしい(気分転換はともかく)。昨年の急落は抑え投手の配置転換もきっかけだったから、益田の将来のためにも腹くくってほしい。
2010年にクローザーを勤めたコバヒロさんに江夏さんが「クローザーは絶対1年間ベンチにおってほしい」と助言してました。「最後までベンチにおってくれたからよかった」と江夏さんは締めてましたが、益田にも聞かせてあげたい言

投稿: てんとう虫 | 2013年6月10日 (月) 09時16分

BJさん、今晩は。荻野貴司選手が出場しない試合は自分は、気合いが入りません!故に、BJさんが冒頭で書かれている心境でした。自分も。
試合時間が長すぎます!個人的な意見ですが、やはり3時間以内で決着して欲しいです。マリーンズは、エラーも多く、作戦が結果オーライになったケースも同様でしたね。唯、マリーンズ対晋太郎投手を考えると、自分もBJさんと同意見です。晋太郎投手は、本当に魅力がある投手です。
前日の失敗があったからと言って、荻野貴司選手の出場機会が無いのは本当に残念です!3割、打ってる訳ですからね。しかも、他の選手も結構エラーもしてますし・・・。
何も荻野貴司選手だけの責任では無いと思います。1日も早くレギュラーに復帰して欲しいです!
マリーンズの応援団は、「海のトリトン」を使用してましたね。自分も好きな曲なので、継続して使用して欲しいです!
それから、「Going!」で、亀梨和也さんのプロジェクトで成瀬投手のブルペンでの調整が視られました。スライダーの投球の軌道は、素晴らしいですね!亀梨さんのキャッチング技術も改めて凄いと思いました。また、マリーンズ企画を視たいです!

投稿: エイトマンちから | 2013年6月10日 (月) 18時52分

昨日も生観戦しました。地元で観られる貴重なロッテの試合でしたが、土曜に続き、いいえ、土曜より酷い試合となりました・・・

昨日は腹が立って腹が立って・・・落ち着くために書き込みを一日待ちましたが、まだ収まりません・・・おのれ・・・

せっかく大嶺兄が今年復活勝利し、一軍ローテーションで弱気の虫と戦いながら必死に投げているのに、野手どもは・・・
特に普通のレフトフライを捕れない角中・・・
打撃優先で使われていることはわかっていますが、普通のフライを捕れないのでは話になりません・・・
仮にもプロです。アマチュアの野手にも失礼です!
この1点が重くのしかかりましたね。普通のフライを普通に捕っていたら、4回表の代打交替はなかったでしょう・・・かわいそうに・・・

応援団のコールもおかしい。あの場面は野手のエラーばかり。エラーした野手にハッパをかけるコールにすべきでした。引き出しが少ない・・・

角中はこの後も、普通のレフト前ヒットを見事に後逸しました。このような醜態は、今まで背番号1がやらかしていたこと。影響を受けたのか?

打撃陣も、ヒット1本で大声援を受けて、活躍したと大きな勘違い!ヒットで出ては、併殺、凡退、残塁・・・
応援団もファンも勘違いしている・・・
きちんと実った時、点が入った時に、まとめてコールすれば良いのです。勘違いコールに付き合わされるファンの皆さんもお気の毒・・・

ちなみに私の後ろに、マリンの外野席上段の常連の人たちがいて、角中に「失点に結びつくエラーをしても、ヒット1本打ったら俺はお前をすべて許す・・・」と声援・・・呆れました・・・

これでは選手が、守備上手くなろうと考えるはずもない・・・

ヒットはよく出るものの、併殺でお掃除、その後またヒット、走者をためて凡退、残塁・・・
ストレスのたまる、ダラダラした長い試合でした。

遠征の皆様は、新幹線や飛行機の時間が迫ると、途中で席を立っていきました。
私の隣も千葉からの方。「飛行機は遅い便を取ってある」と話していたのに、「空港バスの乗り場がわからないから、早めに8回終了で帰る」と言い出しました。私が乗り場と時刻を調べて、「時間に余裕がありますよ。もうちょっと見ていけますよ」と話すと、「実は9回裏、益田が必ず逆転されるから見たくない。勝っている状態で出たい」と本音を教えてくれました。それなら正直に言えば良いのに・・・

私も、私の周りのファンの方々も、「これだけグダグダなら、直前の西武戦のように、マートンのサヨナラホームランだね。」と話していました。結果的に的中。
皆さん、試合をよく見ていて、先を見通せるんですね・・・(私も?)

そして、鳥谷が出塁、マートンが西武戦に続き、見事なサヨナラHR。打った瞬間にホームランとわかったので、カバンを手に持ち、着弾した瞬間に席を立って、大騒ぎする阪神ファンの横を通って出口へ向かいました。
背後から「ざまあみろロッテファン」というアホな声・・・相変わらず阪神ファンは・・・

マリンでお会いしている方々も来ていたけど、ご挨拶せずにそのまま帰りました・・・
外に出たとき、マリンのファンらしき人たちが「横浜と中日に4つ
勝てばいいんだよ!勝って当たり前だ!」と吠えていました。
ここにも勘違いファン・・・
選手たちも同じように、マリンで横浜と中日に憂さ晴らしするつもりでしょう・・・
横浜と中日に意地を見せてほしい、この勘違いしたファンと選手たちの頭を冷やしてほしい・・・

失礼しました(号泣)・・・

投稿: 大阪の一ファン | 2013年6月10日 (月) 22時26分

>通りすがりのマリーンズファンさん
コメントありがとうございます。

大嶺の3回交代はちょっと早すぎましたね。仕方ないですが、5回くらいは観たかったというのが正直な所です。江村の構えやミットの向け方は始終悪いとは思いませんが、状況により指摘されているような問題はありますね、確かに。川本との組み合わせも考慮の必要はありそうです。
試合は酷かったですが、そんなに私は悲観視していません・・・長いシーズン、こういうこともあるさーくらいの感じです。采配に関しては、バントやバスターにしても決められない選手がまず良くないよなーと。途中でバスターに切り替えたりしたのは、伊東監督意地でも素直にやらんな、と面白くさえありました(笑)
まだまだ残りシーズンは長いです。とりあえずはホームに戻りますし、また良い試合を観せてくれますよ!

投稿: BJ | 2013年6月10日 (月) 23時23分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

負け方としてはなかなかダメージありましたね〜、でもおっしゃるように長いシーズン、こういう試合もあります。たまたま甲子園で続いているだけかもしれませんし・・・まあ、選手はともかくファンとしては嫌あ〜なイメージは植えつけられてしまってますが・・・。
今年は、あまり采配にケチつけたくないと言う気持ちもあります。去年までさんざんケチつけたのでねー。昨日の二度の併殺は仕方ないと思いますし、犠打だってきちんと選手が決められなかった。それに、私は伊東監督の攻めは結構好きですよ。第一、犠打数リーグトップですからね、なんだかんだ言って。
益田はとにかくここを乗り越えてくれ、と祈るばかりです。ここで配置転換なんてもってのほか、守護神を任すのだったらいくつかの試合を落とすのは仕方ないです。それで得るものも多く大きいはずですよね。益田、なんとか一年間クローザーをまっとうしてほしいです。

投稿: BJ | 2013年6月10日 (月) 23時39分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

荻野貴司、出場しなかったのは残念ですね。ただ、前日に失敗したから、が理由ではないと思いますよ。清田らの状態を見据えてだと思いますし、休養の意味合いもあるかもしれません。(以前、落球した次の試合でスタメン起用ありましたし)
采配、作戦は難しいところですが、昨日は私はそんなに気になる采配はありませんでした。選手がちゃんと動かないと監督の采配も活きませんし(理想が先走りする采配はダメですが、昨日は普通の作戦でしたしね・・・)。
試合時間が長いのは閉口しますね・・・私も同じように3時間を切るくらいの方が内容も締まるでしょうし、好ましいです。あまりダラダラと長時間試合しているようでは、他のスポーツも盛んないま、そっぽ向かれてしまうという危機感すら私は抱いています。
Going!はまだ観ていないので、楽しみです。亀梨君、キャッチングしていたということですね?以前から亀梨君のチャレンジは観ていますが、なかなか、かなりのセンスですよ、本当に。さすが少年時代に代表に選ばれたことはありますね。

投稿: BJ | 2013年6月10日 (月) 23時52分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございます。

参戦、お疲れ様でした。心中お察しします。なかなか過激な(?)内容もありますが、実際に目の前であの試合を観たら無理もないですよね。
序盤の攻守のミスが、結果的に敗戦に繋がったとも言えるでしょう。初回の角中のエラーはさすがに大嶺が可哀想でした(でもその後を良く抑えました!大嶺に関してはアホみたいに前向きに考えます)。角中の守備力はマリンの外野でも底辺に属するのであまり期待は出来ませんが、まあ普通に守ってくれれば良いのですがね〜。まあ終わったことです、とにかく角中は必死に守備練習に励むしかないです。あの竹原だって、結構上手くなりましたもん(竹原のレベル内において、ですが)!角中だってもっと上手くなれるはず。
応援団は、甲子園だから海のトリトンやアフリカンシンフォニーをやったのでしょうしそれはそれで楽しいのですが、福島とか尾道とか地方球場名物にして欲しいのが本音です。完全タイガースファンに囲まれた状況だったので声で頑張って欲しかったのですが、「トリトン」の時は最初みんな声を合わせられなくて声が小さかった・・あの状況だからこそ、「いつもの応援」をして欲しかったなあー。
交流戦終盤の失速により、当然マリン残り4試合も楽観視出来ません。今までの交流戦もそんなパターンでしたからね。選手だけではなく、ファンもおごること無く応援したいものです。(相手チームファンに勝って当たり前なんて言われたら気分悪いじゃないですか)

投稿: BJ | 2013年6月11日 (火) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/51978342

この記事へのトラックバック一覧です: 甲子園の魔物を呼んだのは自分たちだった T4−3M:

« エース対決だからこそ、成瀬に踏ん張って欲しかった T3−1M | トップページ | ラミレス補強?とか統一球とか »