« エース登板、5点差つけて・・・負けた M5−10H | トップページ | 大地の精神的強さがもたらした大量援護 M11−3H »

2013年6月30日 (日)

嬉しいサヨナラも、西野に勝ちをつけてあげたかった M3−2H

西野に勝ちをつけたかったよ。
ニッカン式スコア

攻撃陣がチャンスを逃しまくり、必要以上にもつれた試合はサヨナラで決着がつきました。
でも、なんかこうすっきりしない疲れた勝利でした。序盤メッロメロのパディーヤに対し、1・2回で4安打を放ち2四死球を貰いながらわずか1点。その後は親切にもパディーヤを立ち直らせ、全て三者凡退という人の良さ。7回の勝ち越し機も逸し、8回にようやっと角中がタイムリーを放ちますが、9回は今江が中学高校レベルの情けないエラー(何が情けないってファンブルして慌てて間に合わないセカンドに投げた、その判断)で完全に益田の足を引っ張る。最後はなんとか勝ちましたけど、まあしんどいしんどい。

西野も毎回ランナーを出す投球でリズムが悪かったということもあるかも知れませんが、今日はかなり暑かった中、8回1失点ですからね。湿度が高い中での最初は強い日差しもありましたから、相当グラウンドレベルでは暑かった筈です。調子が悪いなりに充分すぎるほど試合を作った西野に勝ちが付かないとは神様も意地悪なことをします。もとい、神様のせいではない・・・野手も意地の悪いことをします。

ボヤいても仕方ないので前向きな事を考えると、西野は調子が悪い中でこれだけ投げた、ということはまた大きな経験となったでしょう。順調に頼れる先発投手への道を歩んでいるようで、頼もしいですね。今回は残念ですが、好投しても勝てない時がある、これも投手です。今日はナイスピッチでした。

それでも、サヨナラは単純に嬉しかったですよ。岡田の出塁は大きかったですし、根元の必死の繋ぎがとても活きました。サブローはあの場面、代打で出てきて、この日に初めてみる初球を一振りで決めるっていうのもなかなか出来ない。
選手、ファン、みんなの笑顔は良いものです!

明日はまさかの大嶺です。うー、球場行きたい・・・でもやらなきゃならないこともあるし。ファームで登板していないし(雨天中止の時に先発だったとコメントいただいたので、試合途中ノーゲームで数イニングは投げたということなのでしょうか)予想外でした。早い先発復帰となりましたが、しっかりと結果出して欲しいです。古谷、グラも戻ってますし、チャンスは少ないぞ!

☆8回1点を奪いなおも2死2・3塁で江村に代打が出なかった。どう考えても1点のリード以上あった方が良いはずですが、これは江村にこの試合任せたぞ!という意志表示なのかな、と思いました。もっとも、井口のところで福浦起用が無ければ福浦だったのかな。里崎の状態が良くないとか・・?江村は藤岡打ち込まれの時に監督の怒りを買った後でしたから、必死だったでしょう。良くぞ不調西野を引っ張りましたね。
☆とうとう、1番荻野貴司来ました!!これを待っていました。いきなりの2安打は嬉しかったな・・・でも絶対に決めるべき場面で送りバント出来なかったのはいけませんね。ここまで相当こだわってきた1番根元をとうとう変更したのですから、監督としてもかなりの覚悟なのでしょう。しばらくは変えないでしょうし、荻野貴司も結果を出して応えて欲しいですね。

今日はほとんど撮らないつもりでカメラをしまっていました。やっぱり撮りながらだと集中出来ないところがあるので・・・。
それでも少しだけ載せておきます・・というかサヨナラのところがほとんどです。ピントが甘い画像多いのですが、選手の表情が良いので載せちゃいます。

とうとう来た、荻野貴司1番!
Dscf4061

益田がきっちり締めての試合終了を本当に祈っていたのですが・・
Dscf4063

今江〜!!
Dscf4065

今季は大地のこういう姿が目立ちます やはりリーダーの器ですね
Dscf4067

歓喜!
Dscf4072
Dscf4073
Dscf4074
Dscf4075
Dscf4076
Dscf4077
Dscf4078
Dscf4079
Dscf4080
Dscf4081

今日は強い日差しが出たり小雨パラついたり妙な天気でした
Dscf4070

Dscf4088

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

|

« エース登板、5点差つけて・・・負けた M5−10H | トップページ | 大地の精神的強さがもたらした大量援護 M11−3H »

コメント

お疲れ様です!両軍合わせて21本のヒットにもかかわらず3-2(爆)。でも攻撃陣頑張ったですよ。ホークス自慢のリリーフから2度の決勝点(角中のは未遂になったが)。
サブローの時は塁埋めて今江勝負か(でゴリ君汚名挽回の機会?)と思ったらそのまま勝負に来て、最近好調のサブ様をなめるな!と初球で決めました!
私今季参戦サヨナラ勝ち4回目です。スゴくない?

試合前に成瀬の登録抹消、体調不良と書いたプレスもあるが故障名目の調整ですよね。不調だろうが何だろうが成瀬不在は痛い。しかしよく監督が思い切って調整の時間をあげましたよね。
体調戻して調子も戻してあの凄い成瀬を再び見たい。待ってるよー
不調の選手にはとかく風当たり強いもの。西野の働きが凄いので余計成瀬に批判が集中するのでしょうが、今までどれほど私たちファンに感動をくれたか分からない選手なんです。そこ忘れちゃいけないと思います。
試合後ジンさんが野外ステージでサブローコール。「チャンスにゲッツーとかもあるけど(中略)巨人から戻ってきてくれた時の気持ち思い出して」って言ってました。同感。成瀬のことも含め、応援って何だろうと深く考えた1日になりました。
psエース代役は西野でなく唐川に。

投稿: てんとう虫 | 2013年6月30日 (日) 02時36分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

参戦お疲れ様でした!ヒット数の割に点も少なく、中盤までは長い試合でした。ホークスリリーフから得点、しかもファルと千賀って一番点取れないかなと思われる二人から幻含めての決勝点は良くやってくれましたね。
サヨナラの回数、私も一緒です!こういうのは記憶にないですねえー。それだけドラマチックなのか、最終回までの試合運びに難があるのか(爆)
成瀬の処遇は本当に思い切ったとおもいます。でも今はそれをやるべき時期なのかな、成瀬本人の為にも。
成瀬はなんせ地味なんで、他球団のエースのような華やかさは無いのですが、ここ何年も”唯一の存在”として、エースとして頑張ってくれていました。そこは忘れてはいけませんよねー。元気に戻ってきてくれる時を待ちましょう。
唐川と言えば・・・今の成瀬を招いたのは、ライバルという存在までに成長していない唐川のせいもあるんやぞー!と言いたい気分です(苦笑)

投稿: BJ | 2013年6月30日 (日) 08時20分

BJさん、お早うございます。昨日は、何より、荻野貴司選手のトップ起用が嬉しかったです!マルチ安打とレーザー・ビームは良かったです。犠飛や送りバントを求められる場面では残念でしたね。後者は、結果的に岡田選手の盗塁が成功して良かったです。
あと、初回は、盗塁を視たかったです。あの作戦を取るなら、寧ろ直ぐに送りバントの方が良いと思います。
岡田選手9番、荻野貴司選手、トップ・バッターは、非常に良いですね!岡田選手の“綺麗な”人工芝安打2本は、久し振りに視られた気がします。ミスターが、“地獄の伊東キャンプ”で“人工芝野球の先兵”として育てた松本選手に求めていた打球ですね。素晴らしかったです。唯、あのショート・ゴロは、アウトでしたよね。判定は正確にして欲しいです。
それから、ナイタ―のスワローズとジィアンツの試合は、凄い迫力を感じました。ライアン小川投手と澤村投手の投げ合いは素晴らしかったです。基本的に投手戦は好きではありませんが、あの気迫を見せられると感動するしかありません。スワローズが勝って良かったです。
また、金曜日の山井投手のノーヒット・ノーランにも緊張しました。山井投手は、9回表の自身の打席で手を抜かずに積極的に打ちに行った姿勢は素晴らしいと思いました。
本日もマリーンズの好ゲームを期待します。

投稿: エイトマンちから | 2013年6月30日 (日) 09時20分

観戦お疲れ様でした。凄い試合になってしまいましたね。1・2回での拙攻を見た時に昨日の嫌な流れが続いてるな・・・と思いましたがよく勝ちましたね。
ようやく荻野貴1番になりましたが・・・うーん何かが違う。初回にいきなり出塁し、2回には岡田とのエンドランで1・3塁になる。ここまでは完璧なのですが・・・何だ?何故走らない。そんなにクイックが上手い訳でも牽制が上手い訳でもないのに。
特に初回根元がバントの構えもしなかったという事は普通に打てという事だし、おそらく走れという事だと思いましたが結局フルカウントまでスタートすら切らず、しかもスタートしたと思ったら上手く行かず結局戻るというお粗末な展開に。逆に代走で出た伊志嶺はあっさりスタート、岡田も決してスタートは良くないですが盗塁しました。
要はスタートする勇気が荻野貴にはないというよりまた怪我するのが恐いので出来なくなっているのではないでしょうか?
大嶺がもう上がってくるとは・・・まだ何もしていないと思うのですが、しかも成瀬が抹消、グライシンガーもまだどうなるか分からない、古谷だってまた好投してくれるかも分からない。これで大嶺がダメだったらどうするのでしょうか?これは大嶺も心配ですがローテーション的にも心配です。

投稿: 通りすがりのマリーンズファン | 2013年6月30日 (日) 11時27分

西野投手に勝ちはつけたかったですね。
でも本当に状態が悪くても
ここまで好投してくれると
ローテーション1年目とは思えないです。

成瀬投手
他球団のエースを見渡しても
成瀬投手ほどローテーションを離脱しない投手って
本当にいなかったですので

理由はどうあれ再調整という事で
いつかは休む時期が来る、それが今だったのかなと
復活を待ちたいですね。

中郷投手も痛いですね
勝ちゲーム含めて貴重な存在でしたので
伊藤投手や南投手は今まだ信頼は難しいので
どうしてもそう感じます。

荻野貴選手の1番はそろそろかなと思いました。
根元選手が初球先頭の打者ホームランなど
積極的に打撃が最近目立ってきましたので
積極的に打つなら僕としては
根元選手が1番である理由はないので
荻野貴選手になるのはある意味、自然な事かなと

サブロー選手にとってとても大きなサヨナラヒットでした
批判も多い選手ではありますが
やっぱりそれ以上にファンを良い気持ちにさせてくれる選手ですね!

優勝経験豊富な
伊東監督が優勝するためにベテランの力が
欲しい状況が絶対にくる
福浦選手やサブロー選手、渡辺俊介投手の名前を出して
語っていたようですが
サブロー選手が復調してくれていますので
あとは福浦選手や俊介投手など
ベテラン選手にもこれから期待したいです。

投稿: マットゥン | 2013年6月30日 (日) 12時23分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

荻野貴司1番来ましたね!これで結果出なかったら、と心配しましたが先頭いきなりヒットで出塁して得点に繋げてくれました。残念な場面もありましたが、まあ試運転ということもあるし。初回は私も盗塁を観たかったですね。
9番岡田ー1番荻野の並びも楽しいものがありますね。しばらくはこれで行って欲しいなあー。
山井、とうとう「やり直し」ましたね。完全試合未遂から長かったですが、ノーヒットノーラン記録出来て良かったです。古谷もいつかは達成して欲しいなあ・・。

投稿: BJ | 2013年6月30日 (日) 22時57分

>通りすがりのマリーンズファンさん
コメントありがとうございます。

1・2回で1点しか取れなかった時点ではもう嫌な感じしかしなかったのですが、ホークス打線も西野を捉えてくれなかったので結果マリーンズが勝利するという事に・・・その分西野が頑張ったということですけれど。
私も積極的な盗塁が無かったことに「???」でした。そんなに走りにくそうではなかったけどなあ・・・ただ、言えるのは見た目と違って意外とクイック速いなあとは思いました。荻野も測れないまま終わってしまった感じでした。怪我が怖くてスタート出来ないということはないと思います。多分そんな状態だったら本人はユニフォームを脱ぐのではないでしょうか。まあ、この表現は極端ですが、少しでもそういう気配があったら首脳陣としても使わないと思いますし、そのへんは大丈夫だと思いますよ!
大嶺の昇格は、結局のところ投手事情でしょうね。ゴンザレスはなかなか信頼しないということでしょうし、シーズン最初の登板の内容と言い訳が恐らくこちらが思う以上に首脳陣の怒りを買っているのではないでしょうか?大嶺、今日はなんとか試合作ってくれてホッとしました・・。

投稿: BJ | 2013年6月30日 (日) 23時01分

>マットゥンさん
コメントありがとうございます。

西野、勝ちが付かなかったのは残念でしたが、悪いなりに好投、これが出来るのはとても凄いことだと思います。ローテ一年目、1軍も一年目ですもんね。頼もしい!
成瀬は復活をただ望むのみ・・・今まで突っ走って来ましたから、ここで一度立ち止まって見つめなおすのも良いでしょう。チームが首位にいる今、それが出来る首脳陣は勇気がいると思いますよ。エース投入して負けても責任問われないですし。
中郷は残念です。肩の違和感とか、そういうので無ければ良いのですが・・。中郷推しの私としては残念ですし、気になります。
荻野1番はやっときましたね。しばらくはこれで行って欲しいです。
サブローは良く打ちましたね。なんだかんだでマリーンズを象徴する選手だなあと改めて感じました。
おっしゃるように、これからベテランの力が必要になってきます。特に俊介!早く戻ってこ〜い!

投稿: BJ | 2013年6月30日 (日) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/52236222

この記事へのトラックバック一覧です: 嬉しいサヨナラも、西野に勝ちをつけてあげたかった M3−2H:

« エース登板、5点差つけて・・・負けた M5−10H | トップページ | 大地の精神的強さがもたらした大量援護 M11−3H »