« 嬉しいサヨナラも、西野に勝ちをつけてあげたかった M3−2H | トップページ | 成瀬の抹消に思うこと »

2013年6月30日 (日)

大地の精神的強さがもたらした大量援護 M11−3H

ホークスとの3連戦、勝ち越しました!
ニッカン式スコア

1勝1敗のタイで迎えたマリーンズ、先発のマウンドは大嶺。気が気じゃなかったです。大嶺の場合立ち上がりが一番肝心だと思いますが、大地と根元の連携ミスで先制された時は「勘弁してくれ・・」と思いました。直後に四球を出すあたり、典型的なダメな時の大嶺でしたから正直覚悟したのですが、その後を抑えたのが大きかった!吉村を三振に取ったスプリットは最高でした。
結局、ちょっとフワフワしながらも6回0/3を3失点。決して満足の行く内容ではなかったですが、なんとか及第点だったでしょうか。斎藤コーチの笑顔、降板後に声を掛けに行った伊東監督を観てもベンチの期待にはなんとか応えられたかなと思います。試合を作れたのが良かったですね。祐太はまさか満足してはいないと思いますが、次の登板はもうちょっと手応えを感じさせて欲しい。

打線は対帆足に、あえて左打者を並べる布陣。まあ並びは昨日と同じなのですが、さすがは帆足の元ボスです、伊東監督は「攻略法がある」とのことで、内容が気になるところですがその言葉通り攻略しました。プロの世界は厳しい!

大地が初回の自らのミスをしっかり取り返すところがなんといいますか、普通の選手と違うところです。普通なら力んで凡退したりするところですが。初打席をとても注目して観ていたのですが、追い込まれてから直前に見逃したギリギリの外角変化球と同じ球をしっかりバットを残しての巧打・・唸りました。デッドボールをファウル判定された直後にヒットを放ったり、以前からそのメンタルの強さは充分感じていましたが、今日改めて強く再確認しました。しかも終わってみれば4安打3打点ですからね!きっと性格的に最初のミスがあるから、4安打にも全く浮かれていないと思いますよ!
最初は足を引っ張ってしまったプレーでしたが、見事に大量点の「呼び水」となりました。チーム全員で奪った11得点はもちろんですが、大地の活躍はやはり見逃せません。
大学時代の監督が「指導者にさせたかったからプロは行って欲しく無かった」と言うほどのリーダータイプ。それだけに、今日のミスはしっかり潰して、明後日からまたハツラツプレーを見せて欲しいですし、見せてくれるでしょう!

これで長かった9連戦、5勝4敗で勝ち越しました。上出来でしょう。明後日からは舞台をKスタに移して、2位イーグルスとですね。がっぷり4つの試合で、そして勝ち越しましょう!

☆荻野貴司が見事な「ポップスター」ぶりを発揮。3連続捕邪飛って記憶にない・・・。回転で、「点」でボール上から強く叩くスタイルなだけに、ミクロの世界でボール中心の下を叩いてしまった時に上に上がるのでしょうね。ある意味仕方ないのかな、と個人的には思っています。紙一重の世界ではないかと。
☆八重山出身の同級生、大嶺と嘉弥真の投げ合いが実現するとは!過去ちょろちょろと触れた事がありますが、嘉弥真は野球が強いとはいえない八重山農林高校でも野手兼控え、全く無名の「ごくごく普通の高校球児」でした。大嶺祐太の存在はあまりにも大きく遠すぎて雲の上どころではない完全に別世界(と本人も言っていた)。その後、沖縄の超地元社会人野球クラブ「ビック開発ベースボールクラブ」に進み、そこで見出されJX-ENEOSに移籍、夢のプロ入りを掴みました。石垣島は大騒ぎでしょうね〜。

■2013/6/30終了時のパ・リーグ順位
    試  勝 敗 分 率  差
1 M 69 40 28 1 .588 -
2 E 68 38 30 0 .559 2
3 H 69 36 32 1 .529 4
4 L 70 35 34 1 .507 5.5
5 F 68 33 34 1 .493 6.5
6 Bs 68 31 35 2 .470 8

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

|

« 嬉しいサヨナラも、西野に勝ちをつけてあげたかった M3−2H | トップページ | 成瀬の抹消に思うこと »

コメント

大嶺は対ホークスについては絶対何かかかってます(笑)とはいえ、ひとつでもお得意様があればやって行けるのがこの世界。打撃が注目された試合展開でしたが、よく投げましたよ。
ところで大嶺→松永→南って同級生リレーだったのか(爆)
一番キャリアが長い大嶺が一番若く感じるのは何故。
帆足攻略も見事ですが、現役時代もとい高校時代から続く伊東vs秋山の駆け引きが面白いなあ。戦力は格段にあちらさんの方が上なのに伊東監督のしてやったり感が…

山場の9連戦を貯金ひとつ作って乗り切りました。6月は連敗もあったのにうまくまとめたなと思います。

ところで鎌ヶ谷では浦和sが斎藤を打ち込んだみたいですが
俊介さんも試合作ってたようですし。
天気に邪魔されてなかなか二軍見にいけなくてつまんないです(泣)

荻野の3連続捕邪飛(爆)自己犠牲の要求される1、2番で起用されるのは気の毒な感じもする。とりあえず打順は気にせずフルスイングしててほしいです(笑)

PS
「白球男子」でちらっと載った伊志嶺と大嶺の「石垣島vs宮古島」の言い合い、聞いてみた~い!

投稿: てんとう虫 | 2013年7月 1日 (月) 09時05分

BJさん、今晩は。荻野貴司選手の3打席連続“キャッチャー・フライ”は、ある意味、凄かったですね!ノックをやっても自分が1番難しいのは、キャッチャー・フライを打つ事です。この珍記録の最高は、何打席連続ですかね。「日刊スポーツ」には掲載されてませんでした。荻野貴司選手が、明日の初打席で連続記録を延ばしたらそれはそれで面白いです。ミスターもベースの踏み忘れ等、色々珍記録があります。荻野貴司選手も珍記録も似合う所がありますね。ミスター同様に、スーパー・スターになって欲しいです!現在は、3割打っている訳ですから、凡打の内容はどうでも良いと思います!
客観的に視て、現在、代役が存在しないのは、自分は、今井選手だと思います!昨年も書きましたが、マリーンズは、内野手の控えの選手が、失礼ですけど弱いと思います。ファーストは、色々な選手がいますが、4番とサードを失うと優勝は無理だと思います。昨日の今江選手は、足に張りが出ていたようなので心配です!離脱が無い事を祈ってます。
明日からの、ゴールデンイーグルス戦、マリーンズの好ゲームを期待します。

投稿: エイトマンちから | 2013年7月 1日 (月) 18時42分

まさかこんな楽な試合展開になるとは思っても見なかったですね。自分も正直大地のやらかしを見たときはこ甲子園の二の舞か・・・と思いましたがよく抑えました。2軍で何も出来ないうちに上がってきたのでどうなるかと心配で仕方なかったですが頑張った方ではないでしょうか?
でもここはあえて厳しく言いましょう。これではダメです。この試合展開なら完投しないと。もう3年ぶりに帰ってきた投手ではなく、一人のローテーションピッチャーとして見たらまだまだです。これで4勝目ですがここまで来ると最低10は勝ってもらわないと。
成瀬のところに誰を投げさせるのかまだ分かりませんが、大嶺はこのまま日曜日なのだと思いますが彼にとって来週も当然大切ですが、自分的には再来週のゲームが一番大切です。
そんな中里崎が骨折・・・多分金曜のラヘアのタックルが原因だと思いますが上がって早々の離脱しかも川本を落としたばかり。ちょっとお粗末ですね・・・今の野球では使わなくてもキャッチャー三人制にしないといけないです。こういう事があるのだから。(でもこれどうするのでしょうか?)

投稿: 通りすがりのマリーンズファン | 2013年7月 1日 (月) 19時57分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

大嶺のホークスへの相性は最初だけだったのですけどねえ・・・。どうなってるのか。ああそうか、大嶺、松永、南は同級生なのですね。何気にマリーンズのマー君世代も頑張ってますな〜。地味だけど・・。
伊東監督のコメントはどこまでブラフなんでしょうね。元ライオンズ黄金世代選手はやっぱり面白いです。
俊介、そろそろ復帰しそうな感じがしますね。私なんか今季は記録的にファーム行けていないですよー(泣)
白球男子、週ベ、マリーンズマガジン、全て読みましたよ!(週ベは結局買った)大嶺兄弟、興味深いなあー翔太がここらで考え改めてまじめに取り組むのって、サブローとか古いけど谷繁の例を思い出しますね。これは期待出来ますよ!
石垣VS宮古、私も聞いてみたい〜(笑)

投稿: BJ | 2013年7月 1日 (月) 22時44分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

あはは、確かに3打席連続キャッチャーフライは凄いです。たぶん、これって記録じゃないですかねえ・・・記憶に無いですもん。どうせなら記録作って欲しいですね。これは公式記録には絶対ならないでしょうが(笑)荻野貴司にはもっと目立って欲しいですし。
4番に座ってからの、”今の”今江は確かに代役はいないかも。それまでは正直、大地サードなり、高濱なり翔太なり抜擢してくれ!(細谷ごめん)と思っていました。今の存在感は大したものですね。でもきっとFA行使するのだろうな・・・。足の張りはもう一ヶ月くらい続いていますよね。良くやってくれていると思います!

投稿: BJ | 2013年7月 1日 (月) 22時49分

>通りすがりのマリーンズファンさん
コメントありがとうございます。

初回はもうダメやあー!と思ってしまいました。大量点援護も大きかったけど、それなりに頑張ったと思います。
私も同じく、あえて厳しく言いたい。これではダメですよね。完投はともかく、せめて7回、いや8回は投げ切って欲しかったです。ローテに残るにはもっともっと安定感を保たないとですよね。ああ、二桁勝利したら楽しいなあ〜!
里崎の骨折、今日はニュース全くチェックしていなかったので通りすがりさんのコメントみてビックリしました!ラヘアのプレー、なんであんなぶつかりにいくのか・・・日本人ならするっと回りこんで、アウトになるどころかセーフでしょう。あの後の里崎、なんともなさげな顔しててカッコ良かったですよね。今季はずっとこんな感じで出たり出なかったりになってしまうのかな・・・肋骨はたぶん「何もしない治療」になるでしょう、復帰は早いはずです。それまで、まずは金澤昇格でしょうね。

投稿: BJ | 2013年7月 1日 (月) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/52251825

この記事へのトラックバック一覧です: 大地の精神的強さがもたらした大量援護 M11−3H:

« 嬉しいサヨナラも、西野に勝ちをつけてあげたかった M3−2H | トップページ | 成瀬の抹消に思うこと »