« グラ今季初勝利、久しぶりの連勝 Bs4−8M | トップページ | 嬉しいサヨナラも、西野に勝ちをつけてあげたかった M3−2H »

2013年6月29日 (土)

エース登板、5点差つけて・・・負けた M5−10H

なんともはや。
ニッカン式スコア

5−0までテキスト速報で確認して、試合終了後のタイミングで速報みたら5−10。ホンの一瞬ああ、10点取って差を広げたんだ、って思ったのにすぐMとHが逆なのに気がついて唖然としました。
成瀬で5点差つけて、負けますか・・・。

まあー成瀬の被弾病はあまり気にしないと何度か書いて来ましたが、本多に3ランてのはちょっといけませんね。松田や内川ならまだ我慢しますが・・。中5日も言い訳になってしまいます。しかしまあ本当にどうしてしまったのか。自信失ってるのかな?技術面よりもメンタル面でケアして欲しいですねえー。
実際の所、大量点取られたのは後を継いだ投手ですし、リードしての5回降板は早すぎる感があるものの、内容に期待させるものがあれば続投させたはずで、きっとそれを感じさせない内容だったのでしょう。困ったものです・・・古谷が作った良い流れをブチ壊してしまいました。

打線はエラーがらみとはいえ摂津から5点ですからね・・あまりこれ以上は望めません。なにより失点の仕方が、野手を少しシラケさせてしまったのではないでしょうか。

カード頭でこれはかなり痛いですが、これも野球・・・こういう試合もあります。明日の西野にはまた負担と期待が大きくなりますが、悪く戻りなるつつある流れを食い止め、押し戻して欲しい。明日は参戦してくるつもりですが、疲れが溜まっているので果たして起きられるかどうかが最大の問題です。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

|

« グラ今季初勝利、久しぶりの連勝 Bs4−8M | トップページ | 嬉しいサヨナラも、西野に勝ちをつけてあげたかった M3−2H »

コメント

成瀬心配だなあ…。さすがにここに来ての急降下ぶり…、なんといっても柱の投手なんでどうしたものか。
責任感の強い選手なんでたぶんいろいろ考えて、いろいろ模索してるんでしょうが、なかなかうまく行きませんというところか。長い野球人生、うまくいかないシーズンというのは必ずありますから、今年がそうなのかもしれないけど、なんとか乗り越えてほしいです。ここ頑張ればあと10年一流選手でいられます、みたいな?
ついでに心配なのが藤岡、明らかに登板過多でしょう。月曜日先発して昨日、今日3イニング、ある意味成瀬より心配…
あまりにも次々浦和から投手が供給されてくるので、我々も何かと「小谷コーチに診てもらえ」が口癖になってますが、斉藤コーチも川崎コーチもいろんなことやってると思うんですよね~。彼らも小谷塾の卒業生ですし。
ところで、週刊ベースボールの大嶺のインタビュー、HPにアップされた西野の記事、それと「白球男子」誌に載った翔太の記事、ご覧になりましたか?
この辺読んだら試合結果より彼らの生き様に声援おくりたい。
嫌な試合になりましたが、明日また頑張れ!明日は私もマリンに行くぞ!
Marines Fightin'!

投稿: てんとう虫 | 2013年6月29日 (土) 02時42分

アルビ対楽天

アルビは楽天先発美馬から3点を先制しましたが結局8対6で逆転負け

先発寺田は公式戦の時より調子いいだろこれって内容でしたが3回の1イニングだけ乱れ3ランを浴びてしまいました

5回から新人左腕で前期6勝をあげた佐藤投手

2イニングを投げ その立ち上がりを攻められ連続安打から2ベースを打たれ失点

開幕戦で観た時は球速表示以上に球が早く感じましたが それを感じなかったのでヤバいかな?と思ったらやはり打たれてしまいました 試合終了後 本人に話を聞きましたが 調子悪かった 中継ぎは難しいですと…まぁ勉強になったことだし ある意味収穫でしょう

3番手は練習生投手スティーブン こちらは1イニングで3失点 まぁ練習生だし こちらも打たれて勉強になったかなと

その後 間曽 羽豆は無失点で切り抜けました

今回驚いたのは美馬をアルビの主力4人が完璧に捕らえていたこと

立ち上がり不安定や自軍ミスもありましたが美馬から3イニング3点は自信もって良いかなと

その後の投手からもヒットを打ち14安打したものの要所を締められ敗戦

一方楽天は出たランナーをきっちりホームに迎え入れてました

俺 期待の荒井勇介選手はバントと四球で得点に貢献しましたがノーヒット

最後の打席はヒット!と思ったがファーストがジャンプして好捕

試合後 本人と話しましたが 完璧に捕らえて感触も十分だったのですが…と

NPBとの試合はアピールする場なのにアピールできず悔しいですと本音を打ち明けてくれましたが

ヒットは出なかったけど得点に関係してくるバントとか しっかり選んでの四球とか1日1善出来てるし今日は運が悪かっただけ まだまだ先があるんだし運は取っておいてまた次だよ…と俺からは伝えておきました

最後に一昨年のヤクルトから今日のNPBの育成投手の投球を観て感じたこと 育成投手はコントロールが悪すぎる これだから育成なんだなぁと

投稿: 佐藤 | 2013年6月29日 (土) 06時54分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

成瀬どうしちゃったのでしょうね。私はメンタルだと思ってまして、本人コメントにもそうありましたが、伊東監督からは辛辣な言葉が。鼓舞する意味もあるでしょうけど、何しろ素晴らしい投手たちを受けてきた捕手ですから、成瀬がその言葉をどこまで真剣に受け止めるかでしょうね。おっしゃるように今頑張れば後10年は一流でいられるかどうかの境目なのかも知れません。
藤岡はとにかく腕振って投げさす、ということなのでしょうね。ここは私はあまり心配していないです。
週ベ、HPの西野記事、白球男子全て未チェックだあ!立◯読みも最近出来ていません。すぐチェックしなくては。
今日は参戦します!もう出発しないと結構時間がない(汗)

投稿: BJ | 2013年6月29日 (土) 11時09分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

アルビ、美馬から3点先制ですか、大したもんですね!自信持って良いでしょうね〜。正直、育成投手打ってもあまりアピールにはならないかもですし。逆に言うと、美馬もあんま良くないのかなー星野監督の下では伸びないタイプだったり(それ言っちゃあおしまいですが)。
寺田、そういう1イニングは投手には良くあること。そこ以外の内容が良かったのなら、自信持ってさらに頑張って欲しいですね。
荒井選手、本音でしょうね。でも内容がもし良かったなら、スカウトはしっかりそういうところ観ているとおもいますよ。
あ、まだ野呂選手のドキュメント観ていないや〜!

投稿: BJ | 2013年6月29日 (土) 11時14分

これはチームとしてはきついですが、ある意味大事な負けだったのかも知れません。要は成瀬はエース失格という事です。でなければいくら5回で100球近く投げ、3点取られたといえ普通は変えません。相手の摂津は結局完投ですから、余計にエースとしての格の差を見せつけられたと思います。
大嶺・藤岡に対してメンタルが弱いと言われますが彼らの場合はコントロールに難があるだけでそこが良くなれば(なるかどうかは難しいですが・・・)簡単に10勝以上は勝てます。彼らは逃げている訳ではなくむしろむきになってストライクを取りにいっているから余計ボールになっているのではないでしょうか?
でも成瀬は違います。それこそコントロールが武器の投手です。それがこういう結果になるのですから彼こそメンタルが弱いのではないでしょうか?後10年先の事よりももうすでに10年やっているのにこの程度の成績しか出せていない事のほうが重要だと思います。2007年以来一度も傑出した成績を出せないのに何も変えない・・・他のチームのエースは毎年何かを変えたり・テーマを持ってシーズンに臨むのですが。
いきなり西野がエースというのは無理ですが今日の結果次第では来シーズン以降を見据えてオールスター明けから西野を中心としたローテーションを組んだ方がいいかも知れません。
藤岡はこれでいいですかね?なんか違うような気がするのですが・・・
今日参戦されるのですね?楽しんできて下さい。

投稿: 通りすがりのマリーンズファン | 2013年6月29日 (土) 12時41分

>通りすがりのマリーンズファンさん
コメントありがとうございます。

成瀬に「ファーム調整」の引導を渡すにはちょうど良い機会かも知れませんね。「エース」という立場上、なかなか抹消もしにくいものです。

確かに2007年が最高(というかあまりにも残した結果が良すぎた)ですし、はっきり言うと物足りなさは感じているのですが、今までエースとして頑張って来てくれたのも事実。不調の原因はメンタル、フィジカル、テクニカルなのかわかりませんし、あるいは複合的な要素かも知れません。いちど見つめなおすには良い機会だと考えます。ここで何も得られない、得ようとしないならばそこまで止まりの選手なのかも知れません。
本人が一番悔しい筈。期待して、復活を待ちましょう!
藤岡はですねえ、これで良くはないですよね(苦笑)でも今季1軍に必要な戦力だと首脳陣は認識しているのでしょう。親心かな、と思っています。とにかく投げまくって吹っ切って欲しいです。

投稿: BJ | 2013年6月30日 (日) 01時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/52221899

この記事へのトラックバック一覧です: エース登板、5点差つけて・・・負けた M5−10H:

« グラ今季初勝利、久しぶりの連勝 Bs4−8M | トップページ | 嬉しいサヨナラも、西野に勝ちをつけてあげたかった M3−2H »