« 江村がヨタヨタ大嶺を救った YB1−4M | トップページ | ”大学No1サウスポー”藤岡の片鱗 D2−3M »

2013年5月27日 (月)

今江4番でどこまで行けるか!

今江が突如として4番に座ってから、打線は確実に”締まった”感がありますね。
その間のチーム勝敗は5勝4敗ではあるものの、ギリギリで負けた試合もありますし、数字以上に今江の存在感が増している気がします。

4番に座ってからの今江の成績(=マリーンズ4番の成績)は
9試合 打率.400(40打数16安打) 5本塁打 9打点 OPS1.204
というとんでもない成績。
(ほんとは今江以外の4番と較べたかったのだけど、ちょっと余裕が無かった)

今江には失礼だけど、誰もいなくて「消極的に選ばれた4番」って感じが正直したのですが、どうして立派な4番ぶり。
まぁもともとノリやすい選手なので、「4番」に気を良くしたのかも知れず。
もちろんセが相手なのでパほど研究されてないという理由もあるかもしれませんし、何と言っても好不調の波が激しい選手なので落ち始めた(ドツボにハマり始めた)時が怖いですが、それでも今の感じであれば今のまま今江4番に異論を挟む人はいないでしょうし、このままどこまで行けるのか見てみたい気がします。

前の記事で書きましたけど、今江入団時は「これで将来の4番が決まった!」とめちゃくちゃ期待して応援した選手(唯一持っている背番号ユニが今江)だったのですが、いつの間にか失望している私がいました。まさかこんな形で「夢の今江4番」が実現するとは・・・。正直狐につままれた感がまだあります。とても意地の悪い見方をすればこれで今江のFA市場ががぜん活況を帯びるかも知れず、それもモチベーションとなっているのかもしれません。

とはいえ、「マリーンズの4番」はずっと「欠けたピース」でした。今江が収まってくれればこれに勝るものはない。それに、今江の4番は観ていて楽しいですね。明日以降もどこまでやってくれるか、楽しみにしつつ、期待しましょう!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

|

« 江村がヨタヨタ大嶺を救った YB1−4M | トップページ | ”大学No1サウスポー”藤岡の片鱗 D2−3M »

コメント

BJさんのコメントに今江愛が溢れてますね。今江を4番置き続けるには本人の調子の維持も必須ですが前後の打者も大事かなと思っています。
責任感の物凄く強い選手ですので状態が悪くなり自分が打てなくなると責任を背負い込むはずなので少しでも楽に打たせる為にもやはり前後の打者も大事だと思っています。
明日はナゴヤドームですのでどういうバッティングをするのか見物ですね。

投稿: 通りすがりのマリーンズファン | 2013年5月28日 (火) 01時34分

今江4番、は今年のマリーンズの象徴「コンバート」の一環かなと感じてます。今までの首脳陣はOB主体で、選手のことをよく知っていた分、良くも悪くも先入観があった。ところが外部から監督を招聘し、主要なコーチも殆どマリーンズと縁もゆかりもない方となり、各選手に対して白紙で見られる分、びっくりするコンバートや抜擢が増えたと思います。それは各コーチが今まで相手チームの立場から見ていたマリーンズの印象かなとも感じます。
昨夜FOXが伊東監督のインタビュー流してましたが、興味深かった。一山いくらのみかんの例えも面白かったけど(笑)、知らない選手もたくさんいたから話をして、プレー以外の性格などを知り采配に生かしたい、という主旨の話が面白かったです。(こういう話引き出すFOXはレベル高いと思う)
今江選手、昨年は主将を任されましたが、結果は貯金15からの急降下で5位。言わないけど悔しかったはず。今年は主将の肩書きを外し、プレーで若くなったマリーンズを引っ張ってます。先頭に立つって言うのは簡単だけど、その気合いが発揮されるに適当な立場や役割ってあって、今江選手の場合は肩書きより4番を任されることなんでしょう。きちんと見ぬいた首脳陣の判断に拍手。

投稿: てんとう虫 | 2013年5月28日 (火) 12時43分

BJさん、今晩は。日経のスポーツ欄にも今江選手の4番についてクローズ・アップした記事が掲載されてました。
今江選手のコメントで、「この打順は、まず、状況に応じた打撃は求められないので。」というようなコメントがありました。要は、「好きに打てる!」という事ですよね。
何か、今江選手のようなタイプのプレーヤーに自分は、合っている打順のような気がします。
自分は、今江選手の打撃は、元ファイターズの古屋さんそして、“ミスターの恋人”と言われ、ミスターがその思いっ切りがいいスイングを凄く評価していた元ライオンズの大田卓司さんを加えて割ったような感じがします。古屋さんも2年目の昭和54年のシーズンの5月頃まで4割を打つ等、好調だったのでそのシーズンで4番を打った事もありました。
それから、4番になって急に調子を上げた選手としては、ファイターズが優勝した昭和56年のキャプテンだった柏原純一さんが印象深いです!大沢監督が、「主将の意地を期待する!」と言って、前期不振だった柏原純一さんを4番に固定してから、そのシーズン、初の3割を打ちましたからね。今江選手にも引き続き、期待します!
荻野貴司選手の盗塁もどんどん視たいです!マリーンズの好ゲームを期待します!

投稿: エイトマンちから | 2013年5月28日 (火) 18時43分

>通りすがりのマリーンズファンさん

コメントありがとうございます。

今江は好きですけど(特にあの笑顔)、今は荻野貴筆頭に伊志嶺や翔太、高濱らへの思い入れの方がすっかり強くなってしまいました。
確かに、前後を打つ打者によって変わるでしょうね〜今は井口が好調なので相手投手のマークも分散してますが、井口が調子落とすと一緒に下降するかも知れず。
今帰宅中なのですが、今日の今江はどんななんでしょうね。気になるー

投稿: BJ | 2013年5月28日 (火) 20時08分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

今年の新首脳陣が白紙で選手達を見ているとの観点、激しく同意です!まさにそれが今季選手達が躍動している一番の要因ではないかと。
その象徴としての「コンバート」、ひいては今江4番もそれだという視点とても面白いです。悪口じゃないですが、去年ならあり得なかったことですよね、きっと。
FOXの伊東監督インタビュー、さわりだけ見ました(録画をあとでちゃんとみます)てんとう虫さんがかかれた部分、捕手ならではの方法論ですよね。全選手とバッテリー組んでる気持ちなのでしょうね。
今江の4番はある意味立場が人を作る好例なのかも。これで乗っていければ、今江という野球選手の野球人生にとっても大きなことだと思います!

投稿: BJ | 2013年5月28日 (火) 20時20分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

今江のその発言はとても興味深いですね〜制限があると力発揮できない典型的なタイプなのかなと思えますし、またそうなんだろうなーという気がします。伸び伸びやった方が良いんだろうなぁー。
古屋や大田の例え面白いですね。特に柏原と大沢親分のエピソードは面白い!今江もそのような例になれれば楽しいです。
荻野貴、今日盗塁決めたようですね。伊志嶺も。今はリードされてますが、まだ2点差ですしひっくり返して欲しい!

投稿: BJ | 2013年5月28日 (火) 20時24分

管理人さんお疲れ様です。今日もブログの更新お疲れ様ですっ有り難うございます。お返事頂き有り難うございます!感謝ですっ。昨日土曜は返信コメント出来ず申し訳ありません。返そうとコメント書いてたんですが調子が戻らず途中で諦めて止めてしまいましたっすみません。管理人さんから頂いたお返事の中でどーぞ×2の所、見習わないとなぁと改めて感じさせられましたっ気付かせて下さり有り難うございます。自分がもっと心を広く手本となる様な人にならないとファンとして駄目ですねっですね。管理人さんも梅雨に入りましたので(ちなみに九州は昨日も雨今日は小雨)お体にはご自愛頂いてまたブログの更新楽しみにしています。

投稿: 九州マリン | 2013年6月 3日 (月) 02時07分

管理人さん続きで御免なさいm(__)m最後迄読んで頂けると光栄です。明日6/3のホームでのスターティングメンバーの願望は3パターン有りますがその内のまず1パターン目Aは⇒①番:荻野貴司君レフト②番:鈴木大地君ショート③番:根もっちゃん2塁④番:井口さんDH⑤番:今江さん3塁⑥番:角さんライト⑦番:福浦さん1塁⑧番:江村君捕手(8回から岳さんいないので川本さん)⑨番:伊志嶺君センター※伊志嶺君の⑨番と①番の荻野貴司君はWスチールをやってもらいたいのであえてここは繋げてますっすみません。2パターン目Bはっ⇒①番:荻野貴司君レフト②番:根もっちゃん2塁③番:井口さんDH④番:今江さん3塁⑤番:鈴木大地君ショート⑥番:伊志嶺君ライト⑦番:福浦さん1塁⑧番:江村君捕手(8回から岳さんいないので川本さん)⑨番:岡田幸文さんセンター。3パターン目Cはっ⇒①番:ライト伊志嶺君(3打席のみ残り1打席は角さんで)②番:レフト荻野貴司君③番:2塁根もっちゃん④番:DH井口さん⑤番:3塁今江さん⑥番:ショート鈴木大地君⑦番:1塁細谷圭さん⑧番:捕手江村君(8回から岳さんいないので川本さん)⑨番:センター岡さん。※①番と⑨番でWスチールを①番と②番でもWスチールを!。以上です。管理人さんのベストオーダー・スタメンは在りますか!?何パターンかございますかぁっ。

投稿: 九州マリン | 2013年6月 3日 (月) 04時19分

>九州マリンさん
コメントありがとうございます。

コメント、無理せずにお好きなペースで書いて下さいね。(ブログは逃げませんから・笑)梅雨は嫌ですね~。
九州マリンさんの願望オーダー、3番根元、9番伊志嶺→1番荻野貴が面白いです。伊志嶺と荻野が続くのは胸ワクします。
私の理想・・・は、現状に即した系でオーダーですと
1番右・伊志嶺、2番左・荻野貴、3番一・井口、4番三・今江、5番DH・角中、6番遊・大地、7番二・根元、8番捕・江村、9番中・岡田
ってのもあるかなと。根元がはんぱでもったいないし、右・左のバランスも悪いのですけどね。なんか、今年はオーダー組みにくいのですよねー、なぜか(笑)
本当は高濱や翔太、加藤に角晃多も入れたいところです。そっちが本当の理想オーダーです。

投稿: BJ | 2013年6月 3日 (月) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/51801493

この記事へのトラックバック一覧です: 今江4番でどこまで行けるか!:

« 江村がヨタヨタ大嶺を救った YB1−4M | トップページ | ”大学No1サウスポー”藤岡の片鱗 D2−3M »