« 浦和マリーンズの投手事情はどうなっている? | トップページ | さすがに甘くない M1−7T »

2013年5月23日 (木)

よく粘った!ファン、選手ともにお疲れ様でした、の今季最長試合 M6−6T

良く追いつきました。延長12回までやったなら勝ちたかったけどそれは贅沢というものかな。
ニッカン式スコア

帰宅時はとっくに阿部ちゃん降板後でした。阿部ちゃんは眼を見張る球が無いので、期待は大きい反面、正直にいうと毎回登板の時は不安です。(この不安感は香月先発と似てるかな)1にも2にも制球命なのですが、今日の内容を考えるに恐らく球は上ずり、制球も甘かったのでしょう。ファームで出来ている投球が何故1軍で出来ない・・・。気がついたらもう高卒6年目です。いつまでもこのままじゃ永遠に2軍のエースになってしまう。素晴らしい投球が出来る事を知っているだけに、歯がゆさと悔しさがあります。次の先発は無いかも知れません。プロの世界、そんなにチャンスは無い。殻を破れ!

前を向いていたいので余り去年までとの比較はしたくないのだけど、去年までだったら、1−6となった時点でまずその試合は「終わり」でした。(その逆はしょうっちゅうやられるのに、なんでマリーンズは出来ないんだ、と悔しくてならなかった)それが今年は観ていて期待感があるのですよね。しかし本当に追いつくとは・・・前に井口に対して『「ありがとう」と思った事はほとんどない』、と書いたことがあるのですが、今日の働きは素晴らしかったです。まさに「ありがとう」でした。
試合展開としては、井口、今江連弾で3−6になったところで終わらず、同じイニングに川本のタイムリーで4−6まで行けたことが大きかったです。

結果論で言うのではなくて、井口と今江にソロを浴びて榎田を交代した時に何故??と思いました。和田監督焦りすぎじゃないの?と。この早すぎる交代で後ろの投手が前倒しになったことでタイガースからしたら追いつかれる要因を作ったのではないでしょうか。

それにしても西岡がいたり、久保がいたり、そして嬉しい嬉しい康介の姿をみられたり、マリーンズゆかりの選手がいるいる。康介はかなり好きな投手でトレードは悲しかっただけに、今の復活が嬉しいです。怒られるかも知れませんが、康介が好投してくれて良かった〜。

その西岡、最初の打席でライトスタンドに一礼。昔から、西岡のやること言うことにやや芝居がかった匂いを少しですがどうしても感じてしまうのですが、それでもこの一礼は良かったなあ。ネットのコメントなんかを見てると、「西岡にブーイング」とか悪意を持つコメントがあることがショックでした。あんな仕打ちされてマリーンズに戻れる訳ないじゃん。どれだけの心の傷となったことか。だから、タイガースを引っ張っている今の姿は嬉しいのです。もちろん、マリーンズでせめてもう2年はやってくれ!とメジャー挑戦した当時は思いましたけどね。

話が試合からそれました。8回の伊志嶺の美技、これは大きかった。あそこで抜けていたら2点が入ったでしょうし、試合は決まっていたでしょう。今日の試合を演出したファインプレーでした。

なんとなくマリーンズがやってくれそうな気配で迎えた9回、先頭の根元の3塁ファールフライを新井良太が捕れなかった時に、その気配はますます濃厚に。根元が2塁打で出た時にそれはほぼ確信に近いものになりました。それにしても根元派手に1塁回った時にコケましたね〜、大丈夫かな?(11回裏の今江の走塁も大丈夫?)久保が打たれてしまったのは複雑ですが、仕方ない・・・マリーンズは負けるわけには行きません。

9回に追いついた時点で、タイガースとマリーンズの残っている投手を考えた時に「もらった!」と思ったのですが、甘かった。なんせ、筒井が良かったです。てかこんな良い投手だったっけ?と。この好投が誤算でした。タイガースからすると今日のヒーローは紛れもなく筒井でしょう。

延長11回表、2死1・2塁から新井良太のヒットで2走の鳥谷を回したのも助かりましたね。荻野の送球はややそれましたが、アウトにしてくれて良かった・・・あれで生還されたらちょっと情けない。コーチャーの吉竹は守備走塁はそつないイメージだっただけに意外でした。

それにしても、解説の小宮山も呆れていましたが球審のストライクボールのジャッジの不安定さには閉口しました。多少ゾーンに「ええ?」と思うことがあっても、その試合の中で一定なら良いのですが、バラバラだと観ていてつらい・・・選手たちはもっとつらい、というかやりにくいでしょう。一番呆れたのは大地の死球の時。最初はジャッジしなかったのに、大地がアピールしたら当たった手を見てから、デッドボールの判定。これはそりゃー和田監督も怒ります。選手のアピールで判定したらダメでしょ。死球じゃないと判断したのならそのまま、変えるのならばせめて他の審判呼んで判断仰いでからにするとか・・。審判だって人間だしミスはしょうがないですが、一定じゃなかったり、こういうスマートではない判定はダメでしょう。
(ちなみに工藤球審、父親はあのタイガースの工藤一彦だって??ええー。息子がもうこんなにデカいのかあーとしみじみ。しかも高校時代は久保の控えの投手だったって。・・でも、こういう「ゆかり」がある審判が「ゆかり」のある球団や選手の判定するのってどうなのだろう?・・・良くも悪くも、判定が有利にならないかとか逆に不利にしないか、とかいらぬ憶測を呼ぶのは無駄なことだと思う。本人は関係なく必死にジャッジしてるだろうし、もったいない。・・・これとは別に、高校時代の仲間、超えられなかったライバルがプロの世界で投げるのを球審としてジャッジする気持ちってどんなんだろ、といろいろと想像をたくましくしてしまった)

しかし、マリンで5時間超えは観戦している方には大変だったでしょうね。帰れなくなった人も沢山いるはず。特に遠征組も多いだろうレフトスタンドが最後まで(正確には12回表終了時まで)埋まっていたのは大したものです。タイガースファンも、マリーンズファンもお疲れ様でした!

明日は唐川とメッセンジャー。メッセンジャーを打てるイメージはさっぱりありませんが、今日の引き分けを無駄にしないためにも明日は勝ちたいですね。まずは唐川の好投を願い、打線の援護があれば・・・とさらに願います。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

|

« 浦和マリーンズの投手事情はどうなっている? | トップページ | さすがに甘くない M1−7T »

コメント

阿部ちゃん今夜は結果出せませんでした。どうするのかな?浦和で古谷がずっといい感じなんで次は変えてくるのか?あるいはもう一度トライアルがあるのか?個人的には阿部ちゃんがファームでやることはもうないなあと思うんで、長い目で見てやって~
しかしその阿部ちゃんの負けを消しちゃったマリーンズのチームワークがすごい。勝ちきれなかったのは残念ですが負けと負けないのでは大違い。リリーフのピッチャーもけっこう打たれピンチを作りましたが、それを救う伊志嶺や荻野の超美技!そして井口様のホームラン!
マリーンズ、交流戦ホームラン1位らしいですが(爆)
何があった?

さてこういう試合を引き分けたので、明日こそ勝たないと!唐川が阪神戦に登板したのっていつ以来だっけ?

浦和ではようやく角中が試運転してるようです。
空白の5番DHを任されてくれないかな~

投稿: てんとう虫 | 2013年5月23日 (木) 02時48分

両チームの選手・首脳陣および観戦されたファンの皆様、お疲れ様です。
阿部投手はぴりっとしませんでしたが、リリーフ陣がよく踏ん張りました。同点ホームランの井口選手はじめ野手陣も5点差をよく追いついてくれました。伊志嶺選手のスライディングキャッチ、清田選手・荻野貴司選手のバックホームなど好守でも盛り立ててくれました。まさに総力戦ですね。

今回もゾーンの一定しない審判に当たったんですね…。BJさんのおっしゃるように、各審判の個人差はあるでしょうが、せめてその試合中は統一して、微妙な時は協議の結果と判定の根拠をわかりやすく説明していただきたい。
審判がゆかりのある球団や選手を判定するのは要らぬ憶測を呼びますが、その試合担当の全審判が両チームの選手・首脳陣と、アマチュア時代の経歴が所属も年次もまったくかぶらないというのは難しいでしょうね。

M&Mも出てきましたが、益田投手は復調してきたようですね。松永投手は荻野選手に助けられましたね。まだまだ多くの壁にぶつかると思いますが、彼らが5年後くらいに、
松「新人の時に神宮で逆転満塁サヨナラ被弾してしもたんや。その前の日に『自分が最後を締めてもいい』なんて言うたのに、立場なかったわ~」
益「最後の重圧がわからはったやろ」
松「身に染みたわ。でも新人であれを食らったんは俺で史上5人目らしいで。厳しい場面を任される即戦力の証ってことやろか」
益「うわ、ふてぶてしい」
松「2人ともそれぞれに壁にぶつかってきたけど、今もエムエムしく方程式やってるしな」
益「2次やのうて3次方程式な。みなみさんもいてはるし」
なんてことを悩める後輩に言えるくらいに2人がなっていることを願っています(最後の“3次方程式”は私の願望です)。

投稿: ぷりな | 2013年5月23日 (木) 13時38分

BJさん、今晩は。自分は、昨日は荻野貴司選手の11回表のレーザー・ビームのシーンが1番良かったです!テレ朝の「やじうまテレビ!」のスポーツコーナーでもその場面がありました。
また、清田選手のレーザー・ビームと伊志嶺選手の鳥谷選手の打球の好捕も良かったです!伊志嶺選手のショート・ゴロでの全力疾走も凄かったです。
タイガース戦は、集客力があるので良いですね。本日も荻野貴司選手の活躍とマリーンズの好ゲームを期待します!

投稿: エイトマンちから | 2013年5月23日 (木) 18時19分

よく負けなかったですね。阿部はちょっと厳しかったですね。まあ審判のジャッジもあれですが、それを差し引いても・・・という内容でしたね。特にせっかく2死2、3塁からの当たり。あれはピッチャーゴロでチェンジだと思ったらセンター前へ抜けていき2点、その後ランナーを溜めてスリーランですからあれを取れていたらまた違った流れになっていたと思いました。
西岡剛・・・帰ってきましたね。確かに快く思わない人もいるとは思いますが自分は好きな選手でしたよ。ややポカが多かったりしましたがスター性がありました。もし彼が去年いたら優勝はどうか分かりませんが5位で終わる事はなかったのではないかと。でもそうすると今の大地の活躍がなかったのでは?とか井口ファーストもなかった?そうなるとお互いにとっても良かったのかな?と思っています。
うーん伊志嶺のプレイは素晴らしいのですが岡田ならイージーフライではなかったかな?と残岡の見過ぎで感覚が麻痺してますかね?

投稿: 通りすがりのマリーンズファン | 2013年5月23日 (木) 18時46分

マリンの阪神戦は、サンテレビがチバテレビの中継を流すので、マリーンズナイターが見れます。
昨日も試合開始から最後まで、5時間以上の完全中継。
チバテレビさん、ありがとうございます。

阿部ちゃんは、やはり投手ゴロとして捕れなかったことがKOの原因ですね・・・走者をためて、そのまま被弾・・・

解説の初芝さんも「昔の名投手は守備も巧かった。今は守備の巧い投手がほとんどいない」と嘆いておられました。

敗色濃厚の状況で、神宮の再現・・・
届かない反撃と思いきや、井口の同点弾・・・
ありがとう・・・

ただし、いつも書かれているように、マリーンズは、
一発野球は続かないですよね・・・
試合終了後、「よく追いついた」と監督・コーチ・選手はハイタッチ、ファンも・・・勝ったわけではないのに・・・
というわけで、本日は燃え尽き症候群ですね・・・

週末の横浜も昼間の花火大会かなあ・・・参戦しますが・・・

投稿: 大阪の一ファン | 2013年5月23日 (木) 21時52分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

阿部ちゃん、次の登板はどうなるのでしょうね。浦和で次を任せられる投手が入れば、なのですが今日抹消しなかったということはもう1回チャンスあるのかな?好きな投手なだけに、もっとしっかりやってくれよ〜う、という気持ちがあります。実力を発揮していない感がありますから・・・。
この試合はチームワークでカバーしましたね。攻守でフォロー出来たのは良かった。マリーンズのホームランが交流戦1位ですと?ご冗談を!という感じですね。でもソロばかりですよね(苦笑)
角中、無理はさせないようですね。その辺りの見極め、くれぐれも首脳陣は焦らないようにだけお願いします。

投稿: BJ | 2013年5月23日 (木) 22時24分

>ぷりなさん
コメントありがとうございます。

昨日は関わった人みんながお疲れ様でした(自宅観戦の私ですらかなり影響が・・)。打つだけではなく、守りでもり立ててくれたのは良かったです。
審判の判定は積年の問題ですが、バラバラだったり、何かコトが起きた時の対処はしっかりとわかりやすくして欲しいです。一言で言うと日本の審判の判定って説得力がないです。おまけに口ベタと来てますからね。おっしゃるように、試合する当該球団と審判の間に全く縁が無い人を当てるのは難しいでしょう。でも日本の審判て元選手が多すぎる気がします(アメリカのその辺りの数字欲しいです)。選手のセカンドキャリアの場としては、その仕事の公平性を考えると全く妥当性に欠けると個人的に思います。
M&Mの会話、妙にリアルですね(笑)2次ならぬ3次方程式に入る人も関西弁だ。この会話、標準語だとなんか小憎らしいんでしょうね、きっと。

投稿: BJ | 2013年5月23日 (木) 22時32分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

荻野貴司、意地の補殺でしたね。あれで生還されたらナメられすぎです。清田は、いつも肩のつよいところは見せるものの、形になってなかった(刺せてなかった)ので、昨日はやっと決まったか、と思いました。タイガース戦、集客力ありますけどマリーンズファン人数で負けてるような。声援は互角か勝ってますけれどね〜。なんいしろお客さんが多いのは良いことです。

投稿: BJ | 2013年5月23日 (木) 22時35分

>通りすがりのマリーンズファンさん
コメントありがとうございます。

阿部ちゃんは厳しかったなあー。もっとも投球見てませんが・・大体想像はつきます。あんな実力じゃないと思うんですが・・。
西岡、いろいろありましたし、マリーンズに残って欲しかったけど、アメリカから戻る時は別に必要ではないと思いました。大地が育ってましたし、ファームにだって翔太や高濱らがいますからね。でも「スター」らしい「スター」でしたね。地味なマリーンズの中で地味に埋没しなかったというか。
伊志嶺のフライ、確かに岡田ならイージー?と思わせるものがあります・・・って私乗っかり過ぎ。マリーンズファンさん、完全に岡田ジャンキーですね〜(笑)

投稿: BJ | 2013年5月23日 (木) 22時39分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございます。

昨日は、BS12やチバテレビが脱落していくなか、サンテレビは最後までの放送。野球好きおっさんみんなの味方、さすがの「おっサンテレビ」です。うひひ。
守備の上手い投手、確かに微妙かも知れません。我がマリーンズの投手も打球が当たったり手に当てたりとかいろいろありました。(仕方ないのももちろん沢山ありますが)浅尾みたいに軽快にさばく投手は観ていて気持ち良いです。
マリーンズに一発野球は似合いませんね。おっしゃるように今日は燃え尽き症候群か、大敗。井口もあまり良くなかったようです。横浜、選手たちリキんで振り回さなければ良いのですが!参戦、お疲れ様です。好試合を期待しましょう!

投稿: BJ | 2013年5月23日 (木) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/51736457

この記事へのトラックバック一覧です: よく粘った!ファン、選手ともにお疲れ様でした、の今季最長試合 M6−6T:

« 浦和マリーンズの投手事情はどうなっている? | トップページ | さすがに甘くない M1−7T »