« GWに寂しい試合 M1−4H | トップページ | 藤岡の投球リズム 〜BaseballCenterのおっさんコンビの解説に頷く Bs2−6M »

2013年5月 1日 (水)

またしても連敗ストッパー、西野 Bs0−1M

投手戦は、楽しい。
ニッカン式スコア

プロ初先発となったBsのドラフト1位・松葉と今季先発ローテの座を勝ち取った育成出身・西野。対照的な経歴の二人ですが、どちらも素晴らしい投球でした。(西野はあんまり気にしていないかと思ったら、「同い年には負けたくない」って気持ちがあったんですね。そういう気持ちは大事!)
帰宅した時はもう終盤にさしかかろうかという時でしたので、二人の投球を観たくて終了後に録画を戻して解説も何も聞かず1球観ては早送り、1球観ては早送りでちゃっちゃっと観ました。それでも充分堪能。

二人とも何よりストライク先行なのが良いですね。それに腕の振りが良い!松葉のカーブは落差激しく、140km中盤のストレートとのコンビネーションは手こずりそうです。しかも初顔合わせではかなり厳しいのでは。初物、しかもルーキーに弱いマリーンズ打線とは言っても、今日は仕方ないのではないかと。6回無失点での降板は早すぎる気もしましたが、まずは1軍でしっかり投げてくれた、という事でお役御免だったのでしょうか?こないだの大嶺と同じく良いイメージのまま降板させるという監督の親心かも知れません。まとまったサウスポーの典型的な例の好投手でした。

一方の西野、今日はコントロールが素晴らしかったです。それに”嬉しい誤算”だったのが、江村の好リード!試合後の伊東監督のコメントにもありましたが100点満点。西野と言えば「フォーク」が決め球。これを序盤はほとんど使わず、フォークが頭にあったであろうBs打線を手球に取りました。そして白眉だったのが2巡目で、決め球の筈のフォークをカウント取るボールに使うなんて小憎らしいリードを!今日の西野はストレートに力があったので出来たリードかも知れませんが、完全にBs打線に的を絞らせませんでした。また、序盤に糸井とイ・デホに意識付けしておいたストレートが最後の松永・益田の快投に繋がりました。最初から最後まで会心のリードでしたね!今日は上手い酒飲めるだろうなあー。童顔だけど成人だもんね。

この二人、去年はイースタンリーグで泥にまみれていた筈。高卒2年目のキャッチャーと4年目にしていまだ育成の身の投手では、来年の想像なんてどこまで出来ていたか。それが今や1軍で見事な投球を披露し、堂々の連敗ストッパーです。野球選手の人生って劇的に変わるよなあーと今更ながら思わせる好投でした。なにより西野の3勝は全て連敗を止めています。ここを一番評価したいですね。

忘れちゃいけない、大地は今日も躍動。チャンスをしっかり活かして貴重な1点を叩きだしました。頼もしい・・・。相手投手の岸田4月20日以来の登板だったので、間があくセットアッパーはキツイんじゃないのか・・・と日曜の中郷を思い出しましたが、やはり失点してしまいました。中継ぎ、特に勝ちゲームで投げる投手は間が空くとなかなかつらいと思います。

ところで、抹消神戸の代わりに昇格した早坂はちょっとびっくりしました。が、根元の守備があの状態である今、内野の「手当て」は必要なので頷ける昇格ですね。実績がありますからファームの成績はあんま関係ないですし。本当はセカンドで考えると晃多とか高濱であって欲しかったですが(ごめん、塀内ではない・・)早坂は外野も守れるのが大きいですね。根元は後半下がり早坂が代走から守備固めとして入りましたが今度もこのような形になるのでしょう。

さ、明日は藤岡です。西野の投球に刺激されての好投を期待したいですね。打線は東野を攻略して、援護をお願いします!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

|

« GWに寂しい試合 M1−4H | トップページ | 藤岡の投球リズム 〜BaseballCenterのおっさんコンビの解説に頷く Bs2−6M »

コメント

西野は素晴らしかったですね。これだけ素晴らしい投球を続けると相手もマークしてくるでしょうし、そう簡単に勝たせてはくれないかも知れませんが今のままローテーションを守ってくれれば御の字でしょう。育成上がりの選手に過度の期待を押し付けてはかわいそうなので。しかしこれほど育成の選手が育ちますかね?いっその事育成の選手だけ獲った方が・・・それでは夢もへったくれもないですね。そう思わせないようにドラ1もしっかり育ててほしいものです。

投稿: 通りすがりのマリーンズファン | 2013年5月 2日 (木) 01時14分

西野ナイスピッチングでした!江村もだけど昨年まで浦和の控えだった選手たちです。FOXで前監督さんが西野の話突っ込まれてたけど、試合で投げてるの見たことあったのかな?
リリーフの松永益田も含め、かなり厳しいところ攻めてましたから、明日以降投げる投手はやりやすいはず。巡り合わせとはいえ、西野はカード緒戦を任されるので難しい試合も多いですが、器はエースになる素質ありますね。
松永もだけど、新人王レースに参戦してきました!
今日は私は鎌ヶ谷に行ってきました。早坂が昇格したので大松に代走が出せない…。てゆーか今浦和チームは試合こなせるギリギリの人数なんですね。ちなみに早坂の昇格はありだと思ってました。高濱翔太角になくて早坂にあるもの、スピード。
加藤がすごい!外野手ですがタイプ的に西岡なんですね。それこそ荻野清田伊志嶺になくて加藤にあるもの→左打ちができる(笑)いつでも一軍OKでしょう。
今日も加藤はホームランを打ちました。ライト大谷の頭上はるか、外野席後方ネットにライナーでぶつける超弩級…守備もいいとこ見せたし、先輩達うかうかしてられませんよ。
グライシンガーちょっと長めに投げました。もうちょいかかるな…それにしても浦和チーム強い…

投稿: てんとう虫 | 2013年5月 2日 (木) 01時24分

おはようございます。開幕後1ヶ月余り過ぎ、ようやく関西初戦。待ち遠しかったです。平日とはいえGW、レフト下段は昨日も混雑。レフトポール近く(内野自由扱い)で観戦しました。

西野と松葉、一軍1年目のフレッシュ対決は見ごたえありました。どちらも制球良く、走者は出ても還さない好投でした。試合開始時に、何故「待つわ」が流れているのか?と思いましたが、松葉の大体大時代の応援歌だったため、球団が流したそうです。私もこの曲好きだったので懐かしかったです(コッキーポップよ永遠に・・・)。

29日のマリンのライトスタンドは野次が酷くて騒がしかったですが、今回のレフトスタンドはかなり雰囲気が違いました。状態の良くないサブローを起用せず、バッテリーも野手もほとんど若手。そして両投手とも好投のため、チャンスを活かせなくても好意的に観ていたようです。「あ~」とため息は出るものの、「次、次!」というような前向きな感じだったと思います。

5回に江村の右飛で2塁走者細谷がタッチアップの構えだけ見せてすぐ戻りましたが、さすが糸井、3塁へレーザービーム。これには両チームのファンも拍手。良い雰囲気でした。

6回の今江のレフトへの大飛球は、スタンドに向かって飛んでくるように見えましたが、後でパ・リーグTVの映像を見ると、かなり高く上がっていたため失速したのですね。残念・・・

7回に左腕の松葉から右腕の岸田にかわり、流れも変わりました。不調の角中にポテンヒットが出て送り、チャンステーマ。ようやく本当のチャンスが来ました。そして大地が昨年に続き京セラDでタイムリー3塁打。4月の3試合連続に続き、またも打ちました。序盤に走者を3塁に置いて松葉に三振に打ち取られたけど、見事に取り返しました。

8回、快投していた西野から松永へリレー、ピンチを招き、手を合わせて祈りましたが・・・松永の強気にはいつも感心しています。

そして9回益田。私は心配性なので、ちょうど1年前の5月1日、薮田がイデホとバルにやられたことを思い出し、不安になりました。でも、益田と江村は強かった。イデホ、後藤、バルを見事に3凡。私の心配を打ち消してくれました。

若い選手、ヤングマリーンズの活躍で関西初戦を勝てました。嬉しいです。本日も明日も参戦します。ひきつづき頑張ってほしいです。

投稿: 大阪の一ファン | 2013年5月 2日 (木) 10時34分

BJさん、今晩は。自分は、昨日、角中選手の盗塁があって良かったです!
荻野貴司選手は、ファームで5打数1安打ですか。盗塁も決めたようですね。唯、ファームの試合で、個人的にはあまり盗塁して欲しくない所もあります。各チームのスピード・スターの選手達も言ってますが、盗塁はある意味、非常に危険なプレーですよね。負傷のリスクが大きい訳であります。荻野貴司選手にファームで大怪我して欲しくありません。早くバッティングの調子を上げて欲しいです。1軍でプレーを視たいです!
ブランコ選手は、相変わらず凄いですね。ホームラン、シーズン56本、打って欲しいです!

投稿: エイトマンちから | 2013年5月 2日 (木) 18時32分

>通りすがりのマリーンズファン
コメントありがとうございます。

西野の投球は文句なし!でした。おっしゃるように相手に研究されますし、疲れも出てくるでしょうからいつかは”壁”にぶつかるかも知れませんけれど、何とか一年通して頑張って欲しいです。育成、一時はたくさん抱えていましたがいまや規模縮小です。半端にやるよりはファイターズのようにむしろ無くすとかはっきりして欲しいですね。ドラフト上位組も頑張れ!

投稿: BJ | 2013年5月 2日 (木) 21時41分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

西村監督が解説やBaseballCenterで江村や西野を問われ答えているのを聞くたびに「あんた見てないやろ!」と私もツッコんでました(苦笑)
おっしゃるように昨日の攻めは厳しいところ行ってましたし、今日、明日に繋がるリードでもあったと思います。その意味でも江村ナイスリードでした。
鎌ヶ谷行かれたのですねーいいな~~私は30日に行こうかと思っていましたが悪天候でやめました(ヘタレ・・)浦和、いきなり選手層が・・・もともと投手が多いだけにバランスを欠いていますが・・・特に捕手大丈夫ですかね?まぁ里崎も一応いるけど。加藤、そんな豪快な一発打ち込みましたか~旬のうちに昇格して欲しいなあ。左(も)の外野手としてはポジションあるのですけれどね。浦和強いですね、結局今年のファーム選手権はどこになるのだろう?(気が早い)

投稿: BJ | 2013年5月 2日 (木) 21時48分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございます。

待ちに待った関西でしたね、参戦お疲れ様でした。レフト、黒い集団たくさんいましたね。
西野と松葉の投げあいは非常に見ごたえありました。「あみん」懐かしい!「まつば」と「まつわ」かけたのですかね、なんちゅうベッタベタな・・・(笑)
レフトスタンドのその雰囲気、それこそが善きマリーンズファンですよね。ちなみに糸井のレーザービーム、中継では走者が躊躇したシーンだけが映り、「糸井の送球映せやあ!」と叫んでしまいました。ディレクター分かってないなあーリアルタイムで映せなくてもせめてビデオで別角度映像欲しかったです。
今江の当たりはタイミングもポイントも悪くなかったのですがおっしゃるように上がりすぎました。惜しかったです。
松永は見事でしたね。そうか、薮田がやられた時ってちょうど一年前でしたか・・見事に忘れてました。抑えが安定してくれるとチームも安定しますね。関西の地で関西国際大出身投手が揃い踏みって素敵!(笑)

投稿: BJ | 2013年5月 2日 (木) 21時56分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

盗塁の危険性・・難しいところですよね。特に荻野貴の場合はどうしても不安がつきまといます。スライディングは改善されているとはいえ、夢中になるとどうしても近くで滑ってしまう気がします・・・でも野球選手として怖がっていては何も出来ませんし、悩ましいところですね。走らないと感覚は掴めませんしね。
ブランコ、凄い凄い。そろそろ、もうシーズン56本が出ても良い頃かと思います。記録がかかったあかつきには日本人投手にも堂々と勝負して欲しいです!

投稿: BJ | 2013年5月 2日 (木) 22時01分

西野投手3勝目ですね。終始強気のリードをした江村捕手も素晴らしい。2人とも昨秋まで浦和で泥にまみれていたのに、いまやすっかり1軍の水に慣れた感がありますね。江村捕手については、ブルペンでの投手の盛り立て方やキャッチングの音の響きの良さが印象に残っています。浦和に行った時に西野投手の登板をみたことはありませんでしたが、すぐにでも支配下に昇格させるべき投手との呼び声が高かったので楽しみでした。

打線は松葉投手に抑えられてしまいましたね。松葉投手が大学時代に頭角を現したのは、ライバル校のエースだった松永投手対策のための打撃投手として白羽の矢が立ち、打者陣を抑えたことで野手から投手に再転向したことがきっかけだそうで、もしかすると2人とも登板して「まつ・たかひろ対戦」、またの名を「松葉ガニ対トラフグ」対戦があるかもと期待していました。
松葉投手はキレのある球を投げていましたね。長い手足を生かしているように見えました。本家?の方は、ファンの方がドキドキしました。2死2、3塁となった時に私の脳裏には「先日エラーで失点した時と同じだ…」という思いがよぎってしまいました。その場面でリーグを代表する打者を三振、しびれました。2人とも面構えと愛嬌を兼ね備えた顔をしていますね。
楽天の則本投手とともに「たかひろ」リレー、またの名を「のり・カニ・フグ」リレーをオールスターでやってほしいものです。またネタに走ってしまった(汗)

投稿: ぷりな | 2013年5月 2日 (木) 23時00分

>ぷりなさん
コメントありがとうございます。

西野、江村と去年の今頃と今とで全く状況が違う・・私としても西野の1軍はありえるかもとは思っていましたが、江村に関しては今年もファームなんかな、と思っていたので嬉しい誤算(私の勝手な誤算)でした。小池の方が”推し”で、去年のキャンプで初めて江村の良さが判ったくらいでしたからね〜。

松葉のそんなエピソード、全く知りませんでした。こういう話、大好きです!教えてくださってありがとうございます。因縁あったのかぁー、野球の世界も広いようで狭くいろんな選手の間に様々なストーリーがあって面白い。松葉ガニ対トラフグ・・・・どっちも高級ですが、カニの方が見た目は上かも・・・・ノリは見た目では論外ですが、意外とこの3つの中ではノリが一番美味いかも知れません。「たかひろ」リレー、是非藤岡「たかひろ」も加えてあげてください。寿司ネタだとなんだろ・・その見事な足腰から寿司を置くゲタ?(っていうのか?)でしょうか。ゲタが無いと寿司置けません、不動の先発としてチームを支えて欲しいです(ちょっと苦しかった)

投稿: BJ | 2013年5月 2日 (木) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/51455143

この記事へのトラックバック一覧です: またしても連敗ストッパー、西野 Bs0−1M:

« GWに寂しい試合 M1−4H | トップページ | 藤岡の投球リズム 〜BaseballCenterのおっさんコンビの解説に頷く Bs2−6M »