« 藤岡の投球リズム 〜BaseballCenterのおっさんコンビの解説に頷く Bs2−6M | トップページ | ここへ来てエースの完投が飛び出す!(オマケ・浦和画像少々) H1−3M »

2013年5月 4日 (土)

若手先発+江村で3連勝 Bs3−5M

鬼門・関西で3連勝、今年はやってくれそうです。
ニッカン式スコア

唐川、海田ともにぴりっとしない立ち上がりで共に失点、とこの先どうなるかと思われた試合でしたが、思いの外両先発が踏ん張りました。唐川はとにかく制球が悪く、全体に高いし失点も味方が点を取った直後と形が悪いなか、よく8回途中3失点でしのいだなあーと。ひとえに江村の必死のリードでしょうね。江村のリードの特徴としてカーブを多く使います。近代プロ野球ではスライダー系全盛でカーブの影が薄くなってきていますが、最も歴史の古い変化球にして打者の目を惑わす効果も絶大なこの球を使わないテはないですよね。(里崎のリードで昔からずっと不満なのがカーブをほとんど使わないことでした)ま、今日はストレートの制球もあまりにも悪く、カーブを投げさせざるを得なかったとかカーブを多く投げさせる事で腕の振りの修正を狙ったこともあるのでしょう。いくつかはそのカーブを打たれましたが狙い打たれたというよりは打者の頭にカーブがあったので対応されたという感じで、これは言い方を変えればそれだけ打者に意識付けをさせられたということ。江村はここ最近スタメンマスクが続いていることで非常に貴重な経験を積んでいると思われ、その中での今日のリードですからこれからが本当に楽しみになってきますね。

この3連勝、カード頭で連敗を止めた西野の果たした役割はとても大きいと思います。藤岡、唐川には刺激になっているでしょうし、またカード通してスタメンマスクを被った江村の貢献も大きいです。この若いバッテリーで連勝出来たことが何より嬉しいです。

打線では”春井口”が絶好調、今日も貫禄の犠飛とホームラン。角中も当たりが出て来ましたね。また、松永のゲッツーが喉から手が出るほど欲しい場面でゲッツーを”ゲット”した1球、ここが今日のハイライトでした。益田も2者許しますが無失点は続いています。この関西国際大コンビが8・9回に控えているのはとても大きいですね。

一方、Bsはどうにも流れが悪く・・・今日の試合展開なんてどっちに転ぶかわからないような内容。逆転弾を放ったバルディリスが好機でゲッツーに倒れたり、昨日ピシャリと抑えた松本が打たれたりとダメージが大きい連敗だったでしょう・・・しかも判定まで不利に振れる事が多かったですし。去年のどこかのチームの負けパターンをそのまま観ているようで、Bsファンの心中お察しします。
また、前述の松本幸大が打たれてしまったのは今は敵チームながらかなり胸が締め付けられました。ベンチに戻った時の松本と海田のなんとも言えない表情がもう・・・負けゲームでは昨日完璧に抑えたのに、リードしていた場面で昨日抑えた根元角中に打たれてしまうというのもまた皮肉でした。負けゲームと勝ちゲームで同じパフォーマンスが出来ないのが松本幸大の今の実力、と言えば言えるのですが・・。

さて、明日からはもっか5連勝中とマリーンズと同じく調子に乗っているホークスとの対決です。地元で待ち構えているホークスに対しマリーンズは移動日無しと厳しいですが、今晩は中洲で英気を養ってもらって、成瀬には試合を作ってもらうのはもちろん打線には大場の早い攻略を望みます。

■2013/5/3時点でのパ・リーグ順位
1 L 30 18 12 0 .600 -
2 M 29 16 13 0 .552 1.5
3 H 30 16 14 0 .533 2
4 F 29 14 15 0 .483 3.5
5 E 28 12 16 0 .429 5
6 Bs 28 11 17 0 .393 6

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

|

« 藤岡の投球リズム 〜BaseballCenterのおっさんコンビの解説に頷く Bs2−6M | トップページ | ここへ来てエースの完投が飛び出す!(オマケ・浦和画像少々) H1−3M »

コメント

おはよーございます。昨日の試合、初回の唐川の立ち上がり考えるとまあどうなるのって感じでしたが、よく修正してきたと思います。ところで江村ですが、「投手が投げたいボールが一番」と考えるリード方針とカーブの多投とどう結びつくのかは興味深いですよね。唐川はどっちかというと自分で組み立てたい方だと思います。ああ見えてそうとう捕手の好き嫌いがあると…(笑)
3連戦を2連勝し3つめも勝つって大変で、相手も3連敗はすまいと必死になるし。でも攻撃陣がよく粘った。井口もホカホカですが、いよいよ「2番角中」が威力を発揮してきたようで面白い。
今日からは福岡でホークスと当たりますが、福岡の昨日の試合のとんでもなさは特筆もので、ライオンズの調子も落ち気味だしなかなか注目のカードになりましたね。
ライオンズといえば、昨日の西武ドーム…浦和´sの破壊力すごいなあ。でも浦和´sが安定して強いのって、守備がいいからですよね。一軍も頑張ってますが将来の選手供給源としてきちんと練習させ成果が出てるのは心強い。一軍で足らない右の中継ぎをなんとかしてほしいです。ハシケンや藤谷が調子良さそうだけど…。
南が全然投げてないけど故障?(個人的には先発をやらせたい人材。)

投稿: てんとう虫 | 2013年5月 4日 (土) 07時03分

おはようございます。まさか関西で3連勝できるとは思いませんでした。昨日は点を取って取られるたいへんな試合でした。
この日はキッズデーの企画で、BSフジのポンキッキの谷花音ちゃんがゲストで登場。番組で歌っている曲を歌い、グランドで子供たちが踊っていました。「猫ニャンニャンニャン、犬ワンワンワン…」ん?なんと私が高校生の頃に聴いていた、あのねのねのラジオ番組(大阪ローカル)のギャグを曲にしたもののカバー。いつの間に…初戦の「待つわ」に続いてツボにはまる音楽が流れました。でも、周りのロッテファンは千葉からの方々しかも若い、あのねのねのことを話しても全く解らない…
開始時にツボをつかれ、試合は点を取って取られる、たいへんな試合…3戦の中でも最もテンション上がり、疲れました。

バルに打たれた特大のアーチが印象に残りました。前日のロッティーノと合わせて、これから要注意…
試合後の二次会で、みんなで肩を組んで歌いました。でも遠征の方が多いので、関西版の歌詞を知らない…寂しかった…
しかし、関西と週末のマリンで熱い応援をしていた関西の団員の青年が、関西では「マリンズがほんまに好きやから〜」と歌ってくださいと呼び掛け、もう一度みんなで歌いました。嬉しかった…この青年は春に大学を卒業して関東に就職し、今季からマリンをホームとして活動しています。いつも盛り上げてくれる熱い方です。
私は福岡には行けませんが、チームもファンも頑張ってほしいものです。

投稿: 大阪の一ファン | 2013年5月 4日 (土) 10時17分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

唐川、なんだかんだでイニング投げてそれなりに抑えるのですからさすがというか、マリーンズファンが観てもある意味可愛げないというか(笑)
江村のリードの話、私も会報読みましたが投手の投げたいボールを投げさせつつも、全体を見据えつつ組み立てて構築していく、ってところがどれだけ出来るかが腕の見せ所というか江村の成長となるかどうかなのでしょうね。まだ若いから弟キャラですが、そのうち良い兄貴分的捕手になれるかも。
浦和、調子良いですねー、順調に野手が育ってるのは嬉しいけど、おっしゃるように右の中継ぎでしょうか。ハシケンでも藤谷でも、まずは一人出てきて欲しいですね。荻野忠がいないのも寂しいです。南は抹消が少しだけタイミング変な気がしたので、どこか悪くしたのでしょうか。個人的には藤谷の一軍デビューが観たいです。

投稿: BJ | 2013年5月 4日 (土) 10時33分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございます。

参戦、お疲れ様でした。まさかの…と書いたら選手に失礼ですが、3連勝嬉しいですね。試合展開的には勝った方からすると面白かったですが、疲れる試合でしたね。去年までだったらバルの逆転弾で終わってたでしょうね〜今年は最後まで目が離せない楽しさがありますね。
関西版の歌詞は私も知りませんでした。(というか応援の歌詞自体あまり知らなかったりします…汗)場所によってローカルな違いがあるのは面白いです。
ところであのねのね、もちろん知ってますよ(笑)「犬ワンワンワン…」がもともとラジオでのネタっていうのは知らなかったですが…懐かしいなー。

投稿: BJ | 2013年5月 4日 (土) 10時41分

昨日はオリックスに助けてもらいましたね。唐川もピリッとせず得点をもらった直後に失点と悪い流れでしたがよく逆転しました。今日からソフトバンク戦ですね。まずは大場を打ち崩せるかでしょうリリーフ陣は強力ですから。そう言う意味では昨日の初回に無死1、2塁で今江にバントでも良かったと思ったんですが。

投稿: 通りすがりのマリーンズファン | 2013年5月 4日 (土) 11時47分

1死1、3塁で併殺がほしい場面で、たった1球で併殺に打ち取った松永投手のピッチング、お見事でした。トラフグ様~。益田投手も開幕以来無失点が続いていますね。リリーフの連続無失点記録ってどのくらいなのでしょうか。いつかは止まるでしょうが、伸ばせるところまで伸ばしてほしいです。しかし、この2人は2日にいっぺんは出てきているペースなので、4点以上リードした試合が増えるように打線には頑張ってほしいです。

この3試合はバファローズの継投に助けられた感もありましたね。開幕以来リリーフ陣がぴりっとしない状況が続いているようです。香月投手が一手にまかなっていた分は、1人で埋められなければ複数名で埋めていくしかありません。特定の選手に偏る起用法により、その選手に過負荷をかけてしまうだけでなく、他の選手の調整や場数踏みの場を奪ってしまって層を厚くできなかったことが、長期低迷の要因なのだと思います。
岡田前監督は、2年目までは我慢して使うことと信賞必罰とのバランスがとれていたのですが、最終年の昨年は、それまでの2年間で信頼できると認定したメンバーを使いまくって勝ちに行こうとして、しばしば裏目に出る状態に陥りながらも、自分の見立てに固執しているように見えました。伊東監督にはその轍を踏まないでほしいと思います。

投稿: ぷりな | 2013年5月 4日 (土) 12時17分

>通りすがりのマリーンズファンさん
コメントありがとうございます。

Bsに助けられた面は大きかったですね(汗)でもマリーンズもプレッシャーを掛けた、という事にしておきましょう!唐川、普通の投手なら悪いまま崩れるのでしょうが、のらりくらりなんだかんだで抑える所がさすがというかなんというか。”優等生”らしい投球でした。
堅い野球で引き締める、という意味では初回今江にバントも賛成ですが、私個人としては初回にあっさりバントって好きじゃないのですよね〜。伊東監督はそれがあまりなくて、その面でも好感度大です。

投稿: BJ | 2013年5月 4日 (土) 23時09分

>ぷりなさん
コメントありがとうございます。

M&Mコンビ、好投が続いていますね。リリーフの無失点記録・・どのくらいなんでしょう?ストッパーで言えば大魔神佐々木や球児が脅威の防御率誇ってましたので、上にはかなり高い上がいるんじゃないかなあ?
このところ登板機会増えてますので、今日の試合結果になりますが成瀬がよく完投してくれました。
バファローズ、投手整備がままならない感じですね・・・香月放出が大きいよなあー。先発の手当と難しいところですが。(私、近藤がたいそうお気に入りなのですが、今どうしてるんだろう?)話は逸れますが、ファイターズも糸井と賢介の穴を埋められていません。方針転換としてはそれもありですが、柱を失ったらいくら壁立てかけても脆いですからねー。ある意味、マリーンズの放出も補強もしないのって理に適っていたりして。伊東監督には上手く選手を操縦して欲しいですね。

投稿: BJ | 2013年5月 4日 (土) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/51481418

この記事へのトラックバック一覧です: 若手先発+江村で3連勝 Bs3−5M:

« 藤岡の投球リズム 〜BaseballCenterのおっさんコンビの解説に頷く Bs2−6M | トップページ | ここへ来てエースの完投が飛び出す!(オマケ・浦和画像少々) H1−3M »