« またしても連敗ストッパー、西野 Bs0−1M | トップページ | 若手先発+江村で3連勝 Bs3−5M »

2013年5月 3日 (金)

藤岡の投球リズム 〜BaseballCenterのおっさんコンビの解説に頷く Bs2−6M

なかなか良い試合展開で連勝です。
ニッカン式スコア

今日は残業もありあまり試合は観られていません。ダイジェストと、FOXのBaseballCenterでの観戦となりました。
藤岡は6回を100球で降板。ボールに指を当てるアクシデントがあったものの、やはり球数の多さは変わらず・・・。この藤岡の投球について、BaseballCenterの今日の解説、吉井と新谷の二人がこんなことを言っていました。

吉井:緩急をもっと使って欲しい。(今日もカーブは使っていたが)意図していたものではなかったけれど。2回のイ・デホとの対戦は、1点リード、イニング先頭の対戦なのに変化球を駆使したいっぱいいっぱいの投球で、まるでピンチの様に投げている。
新谷:(2回のイ・デホの対戦に)こんな投球をしていたのではこの先先発としては厳しいと思う。
吉井・新谷:途中でマウンドの振る舞いが(良い方に)変った。
新谷:考えすぎるのではないか?速いテンポでどんどん投げた方が良いと思う。速いテンポに自分が追われるようではいけないが、もっと早く投げ込めば打者も準備しづらいはず。

正確な言葉ではないですが、概ねこんな感じ。全くもって同意です。藤岡の性格の良さ、優しさは勝負の世界でどうなのか入団前から危惧する声もありましたが、どうもその心配が当たってしまっている感がありますよね。私としても、大学の時のとんでもないすんばらしいストレートの軌道が頭に残っているだけに、どうにも物足りず、藤岡本来のポテンシャルが全然発揮出来ていない気がします。あまり考えすぎず、あまり縮こまらず、もっと大胆に行って欲しいです。出会い頭的に衝突して失点したりフェンスオーバーされても良いですから、細かい所の失敗よりも大局的に、最終的に相手をねじ伏せれば良い・・・。学生時代は藤岡と打者のレベルが違うので自信も持てていたのがプロでは縮こまっているように思えます。もっともっとワイルドに行って欲しいですね。
解説の二人、良い投手にリズムが悪い、遅い投手はほとんどいないとも言ってました。

番組内では東野のフォームにも触れていて、今季はコーチの助言から投球フォームに手を入れおとなしいフォームにしたエピソードが紹介されましたが、その結果として東野のピッチングから「グイグイくる荒々しさ」が失われているという話もありました。制球難と球威どちらを取るかというのは難しい問題ですが、確かに東野の投球フォームからは怖さがあまり感じられず、KOされてベンチで放心状態の東野の姿を見ると、(コーチが全て悪いという訳ではありませんが)周りが例え本人の為だと思っていても、やいのやいのあれやこれやいじった結果長所を消してしまう怖さを感じました。お客さんの前で実際に投げるのは選手、打たれて責任を背負い込むのも選手です(もちろん自分の事のようにとらえるコーチもいるでしょうけれど)。いろいろいじられて結果が出ないのは観ていてせつない・・・。大嶺のこれまでを想ってしまいました。

ともあれ、吉井新谷のトボけたおっさんコンビはなんとも言えず面白いですね。FOXのBaseballCenterは終わったばかりの試合についダラダラ〜と解説するのがウリですが、なかなか面白くて好きですね〜!私は明日からGW休みだから良いものの、普段の平日はあんまりゆっくり観てられないのが辛い所。

打線は角中に久々に当たりが戻り、ホワイトセルのタイムリーやらなんやらで賑やかに効果的に点を取りました。伊藤ちゃんの投球に不安が残りますが、試合全体としては良い試合でした。明日は唐川と海田という、タイプ違いのイケメン対決。Bsも3タテ阻止に必死に向かってくるでしょう。唐川の好投と打線の奮闘に期待します。

☆審判の事態収拾の不手際、特にマイクによる説明の下手さってのは昔から指摘されるところですが、今日はハットリくんのボーク後にカウントが間違っていた時にさんざん時間掛かった上に、いざマイク持って説明するときの第一声が「もしもし」だったのには失笑してしまいました。一所懸命やってるのはわかるからあまり言いたくはないけれど・・・。柿木園さんなんてもう大ベテランなのに。前から思うけど、審判は大勢の前でマイクもって説明する講習とかやったほうが良いんじゃなかろうか。(てかやってるよねぇ?)

    試  勝 敗 分  率 差
1 L 29 18 11 0 .621 -
2 M 28 15 13 0 .536 2.5
3 H 29 15 14 0 .517 3
4 F 28 13 15 0 .464 4.5
5 E 27 12 15 0 .444 5
6 Bs 27 11 16 0 .407 6

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。


|

« またしても連敗ストッパー、西野 Bs0−1M | トップページ | 若手先発+江村で3連勝 Bs3−5M »

コメント

自分もFOXで見ていました。吉井、新谷両氏の言う通りであれでは1年間とうしてローテーションは守れないでしょう。それとこれは自分が試合を見ていて思ったのは、外に逃げる球がないのが厳しいですね。打線は今日はうまくはまりましたが明日は左投手なのでまたオーダーをいじるのではないでしょうか?カウント確認でのあたふた感は失笑ものでしたね。プロの審判でもああいうことあるんですね。自分の聞き間違えだと思っていたのですが、本当にもしもしって言っていたんですね。現地の人達はもしもしと言われてどういう反応だったんですかね?

投稿: 通りすがりのマリーンズファンすがりのマリーンズファン | 2013年5月 3日 (金) 01時18分

危惧された先発陣も成瀬が戻り西野が台頭大嶺が復活(今日届いたTEAM26会報のインタビュー見ました?泣ける…)なんとなく整備されてきたので、あとは平成元年生まれ組の2人がしゃきっとせい、って感じなんだけど、明日投げる唐川はともかく藤岡大丈夫かなあ~。
今日は打者が頑張って勝てました。勝つことというか結果を出すこともきっかけのひとつになってくれると思いたい。たぶん藤岡は自分の欠点はわかってると思います。でもそれを矯正する手段が見つからないのと、欠点を気にするあまり長所を見失ってるのが、ネガティブな状況をよんでると思う。
井口さんの「二塁手論」に「長所を伸ばそう」って書いてあるんだけど、そういう方面でなんとかならないかなと思ったりします。藤岡選手、その身体能力だけ見てもとにかくポテンシャル高いし、将来どう少なく見積もっても日本代表、と思うわけで、周囲もいろいろ口出しするからな~
松永のふてぶてしいとことか唐川の良くも悪くも泰然としてるとことか伊藤ちゃんの売られたケンカは買う性格とか(なかなか調子あがらず心配だな~)真似してほしいものですが、性格変えるのも難しいだろうし、起用法など、思い切って環境変えるのも必要なんでしょうか…

投稿: てんとう虫 | 2013年5月 3日 (金) 03時00分

昨日の試合は途中から見たせいもあるかもですけど
(3回のバッター糸井選手の場面から)
むしろ6回1失点でいろいろ言われるところに
藤岡投手の凄さかなと
(もちろん内容が良くないのでしょうけど)
これがローテの4、5番手クラスなら
とりあえずナイスピッチングですからね。
(投球テンポもかつてマーフィー投手の時に
結果抑えてくれれば気にしないと書いてきましたのでね)

僕としてはこの前の西武ドームでのライオンズ戦以外では
先発の仕事(ゲームを作る仕事)はしている印象ですし
言われるほど悪いとは思いません。

これも大学時代の藤岡投手を見た方だと物足りないのかな
僕はアマチュア野球は
高校野球をテレビでちょこっと見るくらいで
大学時代の藤岡投手を知らないから
2年目の投手として先発時ほとんどゲームを作ってくれて
よくやってくれていると見てしまうのですけそね。

東野投手はBJさんの仰る通り一時の大嶺投手みたいな
制球難→フォームをいじる→長所が消える
今年からバファローズさんの投手コーチは西本さんか
・・・(個人的に)なるほどね

個人的には高卒のドラフト下位から
這い上がってきた選手には頑張っていただきたいので
東野投手には頑張ってほしいですけどね!

審判については僕も先日、とある出来事で
人前で説明する難しさを痛感したばかりで
講習を受けてもダメな人はダメなのですよね
僕と一緒だなと気持ちが分かってしまったばかりで(汗)

投稿: マットゥン | 2013年5月 3日 (金) 08時58分

BJさん、お早うございます。昨日は、岡田選手の盗塁があり、そのスチールが得点に繋がったようなので良かったです!藤岡投手の好投も嬉しかったです。井口選手の犠飛も。井口選手は、相変わらずバット・コントロールが流石ですね。
自分は、昨日は、ホークスとライオンズの試合を中盤から視てました。満塁での金子選手のスローイングは、残念でした。得点としては、良い試合でしたが、レベルが今一つでしたね。
それと、今年、これだけホームランが多いのに、ペーニャ選手にホームランが無いのは不思議です。昨日は、フェンス直撃の凄い打球がありましたが、なかなか打球が上がらないみたいですね。やはり、ホームランを打つ事は、難しいですね。本日もマリーンズを始め、好ゲームを期待します!

投稿: エイトマンちから | 2013年5月 3日 (金) 09時09分

田中雅 打つほうでも活躍し始めてありがたいです!が…2試合連続マルチの試合でヤクルトは連敗(^_^;)


またまたBCリーグネタですが富山に2001横浜ドラ1の秦裕二投手の入団が決まりました


このオフに台湾ウィンターリーグで4試合なげて結果残せなかったようですが富山は獲得したようです


しかしBCリーグは横浜在籍歴のある選手の再雇用の場になったなぁ


選手で5人 監督で2人


横浜の選手はBCリーグレベルってことか(笑)


NPB1軍実績者がどんどん入ってくるなか大塚晶則の話しはどうなったんだろう?


遅くとも4月にはと語っていたんだけど 新潟どころか独立リーグへの入団は消えたのかな?


BCリーグは今日から4連戦


各チーム4番目の先発の出来が勝敗をわけますね


新潟は今日 その4番目の投手が初先発です


首都2部桜美林大学で大活躍した左腕の登場


ここまで中継ぎで2試合4回1/3を4安打2失点してますが先発ってことと実戦慣れを見込んで期待です


同期の左腕が2試合各6イニングをなげて それぞれ3塁を踏ませないピッチングで2勝負けなしですので続いて欲しいです


投稿: 佐藤 | 2013年5月 3日 (金) 09時29分

おはようございます。関西で連勝するとは思いませんでした。嬉しいです。初回に角中、井口で先制し、藤岡の立ち上がりもよくて、乗っていけたと思います。序盤に上位打線で援護でき、藤岡も慌てずに投げられたと思います。角中の3塁打も大地に負けず、スピード感ありました。
点差が開いたため、中弛みしました…藤岡がロッティーノに被弾。リードしていたから展開に影響なかったものの、新ロッテキラーになるかも…
服部のボークも不用意でした。やらなくて済んだ点です…
後半を締めたのは大地の守備だと思います。7回裏無死12塁で併殺。9回裏、イデホとバルを討ち取りました。最後のダイビングキャッチはしびれました。
本日も参戦しています。頑張ってほしいものです。

投稿: 大阪の一ファン | 2013年5月 3日 (金) 11時38分

>通りすがりのマリーンズファンさん
コメントありがとうございます。

藤岡、去年からそうですが球数が多すぎるのですよね〜。その意味で一年通してローテ守るのは難しいと思います。確かに外に逃げる球はないですねぇースクリューとかシンカーもありですが・・現実的な話で言うと、ツーシーム、チェンジアップあたりなら習得は出来るのかな?でも内角をズバッと突けないと外のボールも活きないのでまずは内角クロスファイヤーをお願い!です。昨日ありましたね。
「もしもし」は私だけでなくネット上でも多くの人が触れてましたし言ったと思います。テンパるにも程がある・・・ここまで来ると可愛いですけど(苦笑)

投稿: BJ | 2013年5月 3日 (金) 11時54分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

おお、TEAM26の会報まだ読んでない!読まなきゃ〜。先発陣、とにかくなんとか整備されつつありますね。首脳陣と選手の努力ですねぇー夏場にまた崩れるかもですが、その頃カバー出来るように浦和の鴎達にはクチバシを研いでおいて欲しいです。
藤岡、頭良い選手ですし欠点は判っているのでしょうねぇ〜。理解することと修正することは別ですしね。おっしゃるようになんせポテンシャル高いですし、周りも口出しは増えるのでしょうね。松井秀喜とか唐川みたいに聞き流すくらいのふてぶてしさが欲しいです。良い所なんですけれどね、こういう性格も・・・諸刃の剣ですね。
環境を変える・・・まずありえない暴論なんですけど、抑えに近いセットアップとか任せるのはありかもですね。とにかくがむしゃらに投げる、そういう環境が良いのかなあと思ったりはします。実際にそれやったら「やめて!」って言いますけど(笑)やっぱり先発ですよね。

投稿: BJ | 2013年5月 3日 (金) 11時59分

>マットゥンさん
コメントありがとうございます。

おっしゃるように6回1失点でも言われてしまうところが藤岡の凄さであり、みんなの期待の大きさの現れだと思います。私も含めみんなは藤岡に対して文句ではなく期待ゆえの”小言”なんだよなぁーと思います。その潜在能力、素質だからこそ物足りないというか。まあただ、この先見据えた話としては今抑えていれば良いとも言えない・・・なんせこれから10年はチーム背負ってもらわないと困る選手ですし、それが出来ると思っていますので。みんないろいろ言うのは愛情だと思ってください。
東野のように高卒ドラフト下位の選手、特に東野は高校時代もドラフトにかかるかどうか微妙な存在だったようですし、私も応援しているのですよね〜。ですので・・・指導は難しいのだけど・・・ちょっと残念な状態ですね、今は。(蛇足ですが、西本コーチがマリーンズに来た時に、大嶺に対してまず言ったのが「ストレートの球威を取り戻す」ってことで、制球よりも球威、だったはずなのに・・・ってことです。でも内容観てると・・・うーん、でした)
審判のねぇ、説明ベタは・・普段選手相手なんであがっちゃうのは判るのですけど、審判には説明責任もありますからねえ。他の競技では審判の声拾ったり観客に説明したりって役割も増えて来ているので、野球もそろそろ変わって欲しいです。

投稿: BJ | 2013年5月 3日 (金) 12時10分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

昨日は盗塁がありました!岡田からしても最近はスタメン落ち多いですから、少ないチャンスでアピールしましたね。ひとくちに盗塁って言っても試合の中で盗塁出来る場面て意外と無いものですし、少ないチャンスでしっかり走って欲しいですね。
井口のバットコントロールは流石ですね〜難なく犠飛を打ちました。
ライオンズ金子は守備でミスありますけれど、ルーキーで外野もやって、って事考えるとショートという難しいポジションで良く頑張ってると思います。
ペーニャはどうしてしまったのでしょうね・・・ホームランて簡単そうに打ちますが大変なのでしょうね。あの王さんですら開幕前には「今年は1本も打てないんじゃないか」と不安になるとのことですし。ライバルチームですが、ペーニャの打棒復活も望みたいです。

投稿: BJ | 2013年5月 3日 (金) 12時15分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

雅彦頑張ってますね!川本も雅彦も必死さが伝わります、頑張って欲しいなあ。
元横浜の秦、智弁のですね。まだ頑張ってたんだなあ〜。BCリーグそんなに元横浜の選手多いのかあ・・・つまり横浜は素材は良い選手多いのに育てられず放出、ってことなんですかね。というか前からそういうイメージしかないかも。
大塚の話どうなんでしょうね。ネームバリューだけで獲得するには状態が悪過ぎるのかなあ?
新潟先発の左腕、初先発ですかー、若い「これからの投手」の先発は楽しみと不安といろいろですよね。頑張って欲しいですね、野球一流大出身ではない選手なら余計頑張って欲しいです。

投稿: BJ | 2013年5月 3日 (金) 12時22分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございます。

参戦、お疲れ様です。関東の私ですら関西での試合の相性の悪さは気になりますから、地元の人達はなおさらだったでしょうね。もう払拭するかのような連勝でした。もちろんまだまだ油断出来ませんが。
大地、攻守両面で活躍ですからねぇー観ていて本当に楽しいですね。初1軍のロッティーノにいきなり被弾するあたりマリーンズらしくて笑ってしまいました。新たなキラーの出現だけは避けたい・・・今日は抑えて欲しいです。今日も応援お願いします!

投稿: BJ | 2013年5月 3日 (金) 12時25分

藤岡投手は、この前書かせていただいた「テンパってしまい、我を失った状態」と「自分の特性がわかっておらず、自分の特徴からすると目指すべきでないものを目指している状態」という2つの状態の両方に当てはまっているように見えます。「斧のくせしてキャベツの千切り」「歯を折られたフグ」になりつつあるように見えてなりません。

こういう素直に受け入れてしまうタイプの他に、「この点に関しては取り入れると持ち味が損なわれるな」と察知する勘は持っていても、断る技術や度胸が足りないがために受け入れてしまう選手も少なくないと思います。「言いたいことが相手にはっきり伝わりつつ、カドを立てにくい言い方」と「カドを立てることを恐れない度胸」の両方を身に着けることは、プロの世界を渡るうえで不可欠なのかもしれません。学校教育の段階からそういうコミュニケーションスキルを教える場があるといいのですが…。

私の香月良太投手が先日炎上してしまい、即登録抹消されました。せっかくこの前の好救援で株が上がったのに~。東野投手とのトレードが決まった時、バファローズファンの意見は「香月が去るのは大いにマイナスだが、東野の獲得により相殺してプラスアルファが得られるだろう」というものが多かったのですが、2人ともぴりっとしません。じっくり調整して立て直してくれればと願っています。

投稿: ぷりな | 2013年5月 3日 (金) 12時28分

>ぷりなさん
コメントありがとうございます。

藤岡、なんでしょう人が良すぎるのでしょうかね。ぷりなさんおっしゃる「2つの特性」にハマってしまっていますよね〜。せっかく狼に生まれついたのに「俺は羊だ・・」と思っているフシもあるのか?
「カドを立てにくい言い方」「カドを立てることを恐れない度胸」、この2つは私昔から上手くなくて・・・でも最近は下手に安請け合いしたり意見を取り入れたりして結局損をしたり信頼を失うのが自分に帰ってくることが嫌になり、しかも結局自分と相手双方に良いことはない、ってことがやっと判ってきて、はっきりとモノを言えるように変わりつつあります。藤岡もそのへん強くなってほしいなー。

香月、炎上即抹消ですか・・・かのチームのかの監督、手腕はなかなかだと思いますがチーム事情もあってか失敗やミスに対して寛容ではないのですよね。そこが気になってます。貴重な中継ぎと先発のトレードって微妙ですが、今のところ・・win-winではないですよね。両選手の奮起に期待しましょう!

投稿: BJ | 2013年5月 4日 (土) 01時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/51467395

この記事へのトラックバック一覧です: 藤岡の投球リズム 〜BaseballCenterのおっさんコンビの解説に頷く Bs2−6M:

» <CLM>藤岡負傷降板するもチームは快勝 [つらつら日暮らし]
藤岡投手、大事なくて良かったです。 [続きを読む]

受信: 2013年5月 3日 (金) 07時35分

« またしても連敗ストッパー、西野 Bs0−1M | トップページ | 若手先発+江村で3連勝 Bs3−5M »