« チームを救う”次世代選手”達 L4−5M | トップページ | エースの投球、今江の笑顔 M5−2H »

2013年4月26日 (金)

夏の甲子園、休養日設定は大歓迎

久しぶりに高校野球のことを。

今年の夏の甲子園、準々決勝翌日に休養日を設ける事が決まりました。

夏の甲子園 準々決勝翌日は初の「休養日」 連戦なくし公平に(スポニチ)

夏の甲子園 準々決勝翌日は初の「休養日」 連戦なくし公平に
 第95回全国高校野球選手権大会(8月8日から15日間、甲子園)の運営委員会が25日、大阪市内で行われ、2003年から2日間に分けていた準々決勝を今大会から一日で4試合を行い、翌日に大会史上初の休養日を設けることも決めた。

 今回の決定は(1)全ての地方大会で休養日を導入(2)2連戦のチームと3連戦のチームが決勝を行うのは不公平、などが理由で、連戦は最大で「2」となる。主催者側は「夏の暑い中では疲労が蓄積する。なるべく公平な条件で準決勝、決勝を戦わせたいというのはこれまでもあった」と決定に至った経緯を説明。ただし、準々決勝までに天候不良などで3日以上の順延があった場合は休養日は設けない。

 今春センバツでは、準優勝した済美(愛媛)の2年生エース・安楽(あんらく)が、3回戦から5日間で4試合に登板するなど同大会で計772球を投じた。米メディアは「正気の沙汰ではない球数」と報じ、レンジャーズのダルビッシュも「学年別に球数制限とか…」と私見を述べていた。今回の決定に、済美の上甲正典監督は「投手にとってはその方がいい。体調面で楽になると思う」と歓迎した。

これは英断ですね。以前から言われていることではありますが、甲子園での「連投」はしないに越したことはありません。選手によってはビクともしないかも知れませんが、そんな選手は一握り・・・どう考えても18歳、場合によっては15歳だっている高校生に連投が良いわけがありません。メリットがあるとしたら辛い連投を経験して精神面がタフになることくらいで、その為に身体を犠牲にするのは本末転倒ですしそんな方法じゃなくったって精神を強くすることは出来る。

ただ注意したいのは、今回の規定を導入しても準々決勝の時点で2連投(組み合わせの仕方によっては3連投も)、1日空けて準決勝と決勝で2連投だってありえます。つまり5日間で4日投げることもある。これですら異常です。
記事中にあるように、今年の春のセンバツですらまだ2年生になったばかりの投手にとんでもない無理を強いる監督がいることが事実です。
・・・結局は監督の起用法が一番の問題なのは当たり前の話です。例え選手が希望したとしても、高校野球で甲子園の上まで昇りつめると狭い世界に入り込んでしまい、視野が極端に狭くなっている可能性が高く、後で冷静になってみれば後悔することもあるかも知れない。

単純に野球ファンからすると昔から「一番面白いのが準々決勝」と言われるように、一日で最高のチーム同士の試合が一日で4試合も観られるのも楽しみではあります。しかし、お客の期待が連投を強いるような事はあってはいけないとも思います。

勝利至上主義に陥らず、選手の事を第一に考えた甲子園大会であって欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

|

« チームを救う”次世代選手”達 L4−5M | トップページ | エースの投球、今江の笑顔 M5−2H »

コメント

興味深い話ですね!夏の甲子園大会の、選手(さらには応援団も含めて球場にいらっしゃる方々すべて)への体力面へのダメージを私は憂いてました。体力の限界までと言えば聞こえはいいですが、熱中症や日射病との戦いの中で運動するのは、もはやスポーツではないと思っています。昔々ならともかく、今は空調完備の室内型球場もたくさんあるしいっそ涼しい地域でやればと思ってるんですが。
とりあえず大会後半に休養日をもうけるのは解決策とは行かないまでも一歩前進ではあるでしょう。
ちなみにこの件に関しては、最新号の週刊ベースボール誌で小宮山さんが興味深い意見を述べられていて、ベンチ入りを25人にしてはどうかなどの案を述べています。
高校野球を教育の一環とするなら、主催者は安全な大会運営を目指してほしい。選手の側ももっと自分の身を守るための知識や手段を身につけてほしい。さらに見る側である私らオーディエンスも炎天下に起こりうる「事件」を美談と曲解してはいけないと思います。
今回の選抜大会の一件も議論のきっかけになったみたいですが、思惑はあれど海外のメディアに指摘されなければスルーされてたかもしれないと思うとぞっとします。

投稿: てんとう虫 | 2013年4月27日 (土) 07時22分

おはようございます。休養日の設定は良いと思います。そもそも、準々決勝を二日間に分けたのも、前か後に休養できるからという狙いだったはず。昔は休養日なし、準々決勝も1日でした。決勝まで進むと4連投もありました。スワローズの小川監督も、甲子園の連投で故障したと聞きました。
高校サッカーやラグビーは、大学や社会人の大会と並行して開催されるため、連戦を避ける日程になります。野球は甲子園を借りているため、あまり間をあけたくないのでしょう…プロの球場でなく、地方球場で行うなら、長く借りて休養日を増やせるかも…
ベンチ入り人数を増やすのはもちろん良いと思いますが、監督さんが勝ちにこだわり、エースを連投させれば意味がない。リトルリーグの連投禁止やWBCの球数制限のような取り決めをしないと従わないでしょう…

投稿: 大阪の一ファン | 2013年4月27日 (土) 10時04分

前記事のお返事の「能あるフグは牙を隠す」最高です!私の「幕張のトラフグ」に絡めて下さってありがとうございます。いつもネタや比喩ばかり仕込んですみません。シャチは獰猛である一方で、フォア・ザ・チーム精神に富む生き物だそうで、松永投手はBJさんのおっしゃるように本当はシャチ的な人物なのかもしれません。

高校野球の連投問題について、「頑張った選手は称えなくてはならないが、過度に賛美してしまうと無理をする・させる風潮を助長しかねない」とかねてから思っていました。日程に余裕を持たせるとか球数制限を設けるべきという意見が出ている一方で、球数制限は層の薄いチームの存続に関わる、余裕のある日程を組むと滞在費用が洒落にならず、遠隔地の公立高には厳しいといった問題もあります。
過密日程を避けて投手の負担を減らしつつ、上記の問題に対応する案として、私としては、いっそのこと東日本選手権と西日本選手権に分けてそれぞれを複数球場で行い、それぞれの優勝チームもしくは優勝・準優勝チームが甲子園で試合をすれば良いのではないかと思います。

高校生というのは、身長・体重は大人に近くても身体の内部はまだまだ成長途上です(香月良太投手が甲子園の準々決勝でまめを潰したアクシデントには、「腰骨の急激な発達に筋肉の発達が追いつかず臀部痛を発症。臀部の筋肉を発達させるために走り込みに多くの時間を取らざるを得ず、投げ込みが不足し、準々決勝でとうとう指が悲鳴を上げた」という背景があったそうです)。身体の自然な発育とアスリートとしての身体づくり、技術の鍛錬の3つを高いレベルで並立させることはただでさえ大変なのに、一人に頼らざるを得ない起用法、過密な日程…。有為な人材を疲弊させないための一歩として、今回の日程改善案には私も賛成です。

投稿: ぷりな | 2013年4月27日 (土) 11時49分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

夏の甲子園、冷静に考えると一年で一番厳しい環境下なんですよね。ただ、これだけ日本に定着してしまうと季節を変えてしまうのも難しい。おっしゃるように、選手だけでなく観客もなかなか厳しい(むかし直射日光がモロ当たりの甲子園観戦でかなり辛い思いをしました)。まるで忍耐大会です。
小宮山の意見は面白いですね。ベンチ入りメンバー、私も増やしても良いんじゃないかと思っています。今でも増えたのですけれどね・・主催側からすると選手数増えるとそれだけ費用がかさむので難しいのかも知れませんが。
一番思うのは、てんとう虫さんおっしゃるところの「美談」で、日本人はマスコミ含め問題の本質をすり替えることが多いです。痙攣しながらも投げ切ったとかが賞賛されるような風潮はおかしいと気が付かないと。観ている側もその「美談」に惑わされない判断力が必要ですね。

投稿: BJ | 2013年4月27日 (土) 19時20分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございます。

昔に較べると最近は少しずつ改善されて来ましたね。開催期間も少し伸びて、1日4試合が基本だったのも変わって来ました。それでも連投はどうしても発生します。小川監督もそうですし、沖縄水産→ダイエーホークスの大野倫のように高校で投手生命絶たれた選手もいますし(本人に悔いはないそうですが、ならそれで良いのか、とも思います)これは氷山の一角。
ただ、地方球場で行うのは私は反対です。球児は「全国大会に行きたい」のではなくて、「甲子園に行きたい」のですから。もともと甲子園は高校野球(正確には中等野球)の為の球場ですし、プロには最大限譲歩して欲しいです。
連投禁止(球数制限はどうしても馴染めないんです)のルールは必要かも知れませんね。

投稿: BJ | 2013年4月27日 (土) 19時25分

>ぷりなさん
コメントありがとうございます。

いえいえ、ぷりなさんの比喩はいつも視点がかなり面白いので楽しませて貰っています(本当)ちなみに松永に関しては「能あるフグは毒を隠す」でも良かったかも、と後で思いました(って「フグ」のとこは変わらんのかい)。シャチは獰猛というイメージが強いですが、頭もとても良い動物で生命力も強い。松永がブルペンに欠かせない存在になれば「おーい、ブルペンに松永はオルカ!」と常に頼られる投手になれそうです。
さて、高校野球ですが費用や私立公立の差ですとか本当にいろいろな問題が絡み、これが答えだ、というものは出ないでしょうね。頑張って最大公約数的な対処になるとは思いますが、素数探しの様にまだ知られざる公約数があるかも、と探すことは必要だと思います。
(ただ、大阪の一ファンさんの返信に書いたのですが甲子園以外の球場で開催することは私は反対です)
香月良太、甲子園でそんな事があったのですね・・・知らなかったです。しかし、例え潰れずプロ入りした選手ですらも何かしらのトラブルはやはりあったのではないか、と推測させられますね。今回の日程改善案は小さなことですが、これが大きな一歩へと続けば一番良いですね。

投稿: BJ | 2013年4月27日 (土) 19時36分

休養日設定、これはいいですね。

でも例えば延長引き分け再試合とか
(もっと言えば再々試合もある可能性はゼロでは無いので)
だと結局、連投になるのじゃないかとか思ったのですが
それならはっきりと連投禁止とかのが良い気がします。

球数制限もあってもいいのかなと
(BJさんの馴染めないの気持ちは分かります
僕も馴染めないですからね)
でも選手を守るためのルール作りならそのぐらいの
改革をする位が良いのかと僕は思いました。

投稿: マットゥン | 2013年4月27日 (土) 22時28分

>マットゥンさん
コメントありがとうございます。

休養日設定をしたところで、確かに再試合や雨天順延が先にあったりすると結局連戦になる可能性もあります。むしろ、「連投禁止」ルールをはっきり決めた方が確かに良いかも知れませんね。分かりやすいしすっきりします。
なんにせよ、選手を守るのであれば、球数制限も含めておっしゃるように思い切った改革があっても良いかも知れません。まあ、とにかくにも選手第一のルールであって欲しいですね。

投稿: BJ | 2013年4月27日 (土) 23時38分

BJさん、お早うございます。投手の連投は過酷ですよね。プロでは、現在のスターターの基本は“中6日”ですからね・・・。
捕手の運動量も凄いです!基本的に全試合出場という事を考慮すると、キャッチャーが1番大変かもしれませんね。あと、野球のレベルが上がる程、二遊間も動きますよね。自分の経験からすると、サードが1番、楽だと思います。

投稿: エイトマンちから | 2013年4月29日 (月) 09時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/51389356

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の甲子園、休養日設定は大歓迎:

« チームを救う”次世代選手”達 L4−5M | トップページ | エースの投球、今江の笑顔 M5−2H »