« 12安打2点→8安打5点で快勝 F1−5M | トップページ | 寒い雨中を耐えたマリーンズファンに3連勝のプレゼント M6−3E »

2013年4月19日 (金)

エースの投球、若手の躍動 M3−1E

エースが投げ、次代を担う若手が打っての美しい勝利。
ニッカン式スコア

今日の”観戦”はダイジェストとFOXのBaseballCenter。
成瀬は8回を1失点と文句のない投球。テキスト速報だけを観ていると「押し出し」ってとこにおいおい何やってんだあ、と思いましたがそこで崩れず1点で抑えたのはさすがです。今季は先発のコマ数不足と追い打ちをかけるような先発投手の不調が目立っていましたが、成瀬の安定感はさすがの一言です。前回は左内転筋を痛めたとのことで不安がありましたが、8回まで投げられたということは大丈夫なのでしょう。(ただ、そんな状態で123球というのが少し心配です・・・心配しだすとキリがないけど)

攻撃では大地と伊志嶺コンビで同点打・勝ち越し打を演出!大地の存在感は大したもので、去年あれほどの存在感を誇った角中が目立ってないですもんね。このところ井口をファーストに追いやっている状態ですが、正直言うとその方が望みだったりします。今江や根元の調子によっては大地サード、ショートもあるのでしょうが、個人的には基本線としては今季はセカンドで行って欲しいです。
伊志嶺も暖かくなってきたせいか調子を上げて来ました(今日は寒かったけど)。センター岡田、レフト伊志嶺、ライト角中が現時点では固まった感があります。とは言え各選手調子の波はあるかと思いますし、清田や荻野貴、加藤・・・に神戸の出番だってもちろんまだまだあるでしょう。清田は代走で出たあと代打を送られるという少し寂しい出番となってしまいましたが、即盗塁を決めたようですしどんな形であれアピール出来るところでまずはアピールして欲しいです。競争しつつ、調子の良い選手を上手く回していけたら一番良い形なのかもしれません。
忘れちゃいけないのはパーフェクトに抑えられていた状態から2塁打で口火を切った今江でしょう。全くカヤの外だった屈辱を晴らした格好になりました。先制点を生み出したのはなにより今江のお陰でしょうね。

3−1と渋い試合でしたが、大地と伊志嶺の二人で奪った得点で勝ったというのがとても気持ちよく、美しい。これで勝率も5割に戻しました。
しかし明日負けると今日の勝利も半減です。まずは俊介に試合を作って欲しい。気温は明日も寒いようですが、熱い試合を期待しましょう。

■2013/4/19時点でのパリーグ順位
    試  勝 敗 分 率  差
1 L 19 13  6 0 .684 -
2 M 18  9  9 0 .500 3.5
2 Bs 18  9  9 0 .500 3.5
4 H 19  9 10 0 .474 4
5 E 18  8 10 0 .444 4.5
6 F 18  7 11 0 .389 5.5

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

|

« 12安打2点→8安打5点で快勝 F1−5M | トップページ | 寒い雨中を耐えたマリーンズファンに3連勝のプレゼント M6−3E »

コメント

おはようございます。昨日も逆転した後から見たのですが、成瀬は、後半よかったですね。8回表、ジョーンズへの投球、外角低めの際どいコースをストライクにとってくれたら、それをあと2つ投げて三振。ジョーンズ困惑、星野さんプッツン。見事な制球でした。後で確認しましたが、ワンチャンスでの逆転も見事でした。大地と伊志嶺のコンビは、しばらく続けてほしいものです。
海浜幕張にいますが肌寒いですね。天気予報もよくないですし、仙台に続いて辛抱の観戦になりそうです…

投稿: 大阪の一ファン | 2013年4月20日 (土) 10時15分

成瀬投手の四球連発・押し出しというのは今までに見た記憶がありません。彼の談話にもありましたが、無理に抑え込もうとして痛打を食らうよりも、1点は仕方がないがそれ以上はやらないようにするための「前向きな四球」だったのであれば、「悪いなりの投球」ができているということなのかなと思います。彼はもともと理想主義的なところがあるように見受けられ、美しい試合を展開していたところを痛打される印象があるので、こういう勝ち方もアリだなと思います。

鈴木大地選手はここのところ活躍していますね~。投手への声掛けなども積極的に行っているようですし。たぶん彼は打撃が不調に陥ったとしても、相手と自分の立場の差にかかわらず、聞くべきは聞けて言うべきは言える、いわゆる「役割行動」のできるタイプなのではないかと推察しています。合唱曲『大地讃頌』の出だし「母なる大地のふところに」ではないですが、インタビューやファンブロガー諸氏の観戦・キャンプレポなどを読んだ印象では、鈴木選手には母性があるように感じられます。益田投手も母性を持ってそうです。同期の残り二人が「感受性の強い大きな子供」と「マイペースな大きな子供」なのでちょうど良いのかもしれません。

投稿: ぷりな | 2013年4月20日 (土) 11時15分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございます。

昨日は球審と成瀬の相性も良かったのでしょうか?星野退場になった判定はどちらともとれる感じでしたが、それだけ良いところに決まったというところなのでしょう。大地・伊志嶺コンビはしばらく続けるでしょうね。特に大地は相手が左投手であってもスタメン起用をお願いしたいところです。
さて、今日はかなり寒いと思います。明日はもっと天候良くないですし、くれぐれも風邪ひかれませんよう!

投稿: BJ | 2013年4月20日 (土) 11時41分

>ぷりなさん
コメントありがとうございます。

成瀬は理想主義的なところ感じますね。唐川も同じニオイがしますが、彼の場合は余白を持っててその部分で調整出来ている気がしますが、成瀬は割りと一途な感じ?インタビューも生真面目にやろうとして上手く言えなくていつも自分のほっぺた叩いているような気がします。この試合では少し余白が出来たのでしょうか?本面を邪魔しない余白はおおいに結構です。
大地に「母性」ですか、うーん、面白い(笑)でもそういわれると父性は感じないし、意外としっかりものの下町風お母さんかもしれません。(あんま裕福な感じはしない・・・他意はないです)「しっかりものの弟」キャラ的な感じもしますね。『大地讃頌』かあー懐かしい!マリーンズの『大地』にもなってくれそうです。うん、益田の母性もとても良くわかりますね。藤岡、中後は子供タイプですね。とーちゃん役がいないなあ・・・・つながりはないけど「家長」として福浦?あ、立花コーチもありか(笑)

投稿: BJ | 2013年4月20日 (土) 11時50分

アルビBC 山口祥吾投手 中継ぎ登板ながら公式初実戦で初勝利を上げました!


先発エース寺田がなんと大不調で3回途中4失点でノックアウト


開幕戦もあんまし良い印象なかったけど今日はかなり悪かったようです


打線は相手投手を5回に捕まえて1イニング6得点と逆転に成功


がその裏に2番手3番手が崩れ1イニング5失点


最悪な流れの中 4番手に山口投手が登場


2イニングを無安打2奪三振1四球と好リリーフ


そのすぐ後の攻撃で1イニング4得点をし9回にも2点を加え最後にノーアウト1・2塁でのピンチも無得点で試合終了となり山口投手初勝利になりました


今日はギャオス監督 説教するんだろうなぁという内容だったなと


今季3勝1敗ですが投手陣の四球が多すぎなのが監督の頭痛いところではないでしょうか?


打線は今日もビッグイニングを2度作ったし繋がったし昨日も1イニング6得点したし だいぶ感覚が戻ってきたかな?


因みに昨日の相手先発は去年までベイスターズに居て2年で3勝したブランドンでしたが ボコボコにしちゃいました


ボコボコというかブランドンの独り相撲だったかな?


明日は先週の先発でノックアウトくらった2番手エース阿部拳斗


相手先発は藤井宏海


苦戦しそうな相手ですがじっくり行けば攻略できるのではないかな?


投稿: 佐藤 | 2013年4月20日 (土) 18時40分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

おお、山口初勝利ですか!それはめでたい〜。おいしいとこどりだったかもしれませんが、みんな総崩れの中でしっかりしたピッチングしたらプレゼントがあった感じですね。でも立派に勝ち取った初勝利だったと思います!
打者はやはりだんだん感覚がよくなってきたのではないでしょうか。暖かくなってくれば更に打線の調子は上がりそうだけど、投手力を整備しないと苦しいかもですね。明日の相手先発は藤井宏海ですか〜。今どんなボール投げるんだろう。例の不祥事は別にして、観てみたいです。

投稿: BJ | 2013年4月20日 (土) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/51300341

この記事へのトラックバック一覧です: エースの投球、若手の躍動 M3−1E:

« 12安打2点→8安打5点で快勝 F1−5M | トップページ | 寒い雨中を耐えたマリーンズファンに3連勝のプレゼント M6−3E »