« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月29日 (月)

GWに寂しい試合 M1−4H

いやぁー、GWの24626人のお客さんの前で寂しい試合でした。
ニッカン式スコア

先発の吉見はリズムがひじょーに悪く、前回と同じような投球。BaseballCenterの吉井、本西は良く投げた、降板は早かったしもう1回チャンス与えてもと言っていましたが先週の投球観てるんかなあ?私的には4回終わったら交代だと思いましたし、実際そうなりましたがその判断は妥当だと思いました。伊東監督の発言にも「次は新しい人」とあったようですが、ファームでは阿部ちゃんが好投しましたし、今日後を継いだ上野は強い球を強い気持ちで投げていました。チームの今後を考えても吉見にもう一度はないかと思います。

打線は4番に座ったサブローがブレーキになってしまいました。体調もあるのか出たり出なかったりでいきなり4番とか結構厳しいと思いますし、ガッカリ感はもちろんありますが正直責める気はないのですが、まあベンチワークの問題かも知れず、かと言ってこういう状態にせざるを得ない(4番を固定出来ない)選手達の責任かも知れず・・・。
清田にやっと当たりが出、今江も猛打賞というのが明るい材料でしたか。

吉見と同じような出来の大隣を攻略出来ないまま迎えた8回には根元の言い訳無用なタイムリー悪送球まで飛び出し、完全に試合は決まり。沢山のお客さんの前でつまらない試合を見せてしまいました。せめて負けてもリズムが良いとか内容が良い試合だったらまだ良かったのですが・・・5回終了時で早くも2時間超え、ダラダラダラダラとした試合でしたから例えば今日初めて野球観たんですとか、久しぶりに来たよ、って言うお客さんは「もう来ない」と思ってしまうかも知れません。

・・・今日はグチグチグチですみませんが、もちろん野球なのでこういう試合もありますし、選手もワザとではないことは良く判っています。明日一日空きますから選手には切り替えて欲しいですし、私もとっとと切り替え、関西のマリーンズファンはもちろんファンを楽しませてくれる試合を期待します!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年4月28日 (日)

大嶺の好投にとにかく安堵 M0−3H

祐太の好投及ばず。

Dscf3731
ニッカン式スコア

楽しみでもあり、不安でもあった大嶺の登板。ここ何年かのマリーンズファンの大嶺に関する関心は確実に薄れていましたし(そもそも話題にする人が非常に少なくなった)、過去も信頼を失うような登板ばかりでしたから、今日の内容次第ではまたマリーンズファンを失望させてしまうのではないかと。とにかく大嶺推しの私ですら、一昨年の斎藤佑樹初登板となった時の札幌の投球が非常にトラウマとなっていました(今思い出しても辛いというかなんというか)。
去年の鴨川キャンプで投球を見た時に、それまでにない「美しい」フォームに手応えを感じたものの(その時の記事はこちら)、今季のファームでの登板はまだ観ていませんでしたし、どうしても不安感はありました。

ただ、昨日の記事で「「久しぶりの1軍なので、凄く楽しみ」」とのコメントを読み、ああ、前向きに1軍登板を捉えられるようになったんだなー、と感じ今日の登板はやってくれそうだ、と思うことが出来ました。やはり精神面の弱さっていうのが一番のネックだったと思うので。それは今日の振る舞いを観ていても落ち着きというか、大人になったんだなーと思うところも多々ありました。うーん、成長したな〜(しみじみ)

技術的には身体の芯がしっかり意識できていて(たぶん体幹を相当鍛えたんじゃなかろうか)、足を振り上げた時のバランスはとても良いですし、身体の捻りとそこからの体重移動もスムーズで、無駄なく力を球に伝える投球が出来るようになっていると思います。それによってストレートの質も向上し、同時にコントロールも安定したのではないでしょうか?

S0043674

また、試合後のコメントによると「今まではマウンドでフォームを気にしたりしていたけど、今は打者に集中し、余裕を持って投げることができている」とのことで、精神的にもやはり強くなったと思いますし、きっとしっくりくるフォームを手に入れたことで気持ちにも余裕が出て来たという好循環が起きているのでは、と思います。今日は残念でしたが、上記記事中では斎藤コーチの「内容は期待通りで120点。先発で投げてもらう」とのコメントもありましたし、チャンスを与えられれば結果はついてくると思います。
内容的にも四球をあっさり出すことが無くなったこと、ストレートの質の向上、ブレーキの効いたカーブ、みな良かったと思います。まだ1試合投げただけで早計だと笑われそうですが、大嶺を信じては裏切られて来たと感じたファンの方も、今日の投球ならきっとまた期待してくれるのではないでしょうか。

7回途中76球での降板はちょっと早いですが、やや疲れが見えて来ていましたし、同点でしたので仕方がないのかなと思います。リードしていたら続投だったのでは。ファームではもっと長い回も投げていますけれど、1軍の登板は疲れも全く違うでしょうし、なにより良いイメージを持ったまま降板させた首脳陣の親心な気がしています。

今は実家ですので、自宅に帰って録画を観るのが楽しみです!こんなこと言ってはいけないのでしょうが、今日はチームの敗戦よりも大嶺の好投が私的にはとても嬉しく。

マウンドを降りる大嶺に球場全体から大きな拍手!なぜだか私がとても嬉しかったり
Dscf3707

Dscf3709

***
大嶺の話ばかりになってしまいました。打線は武田を打てず。開幕直後は良くなかったものの、やはり良い投手ですしある程度は仕方がないのかな。7回のチャンスで1点でも取っておけば違った展開になったのかなーと思います。

5回、攻撃前に円陣を組むも・・・
Dscf3696

ハットリくんの投球は見事でした。中郷の投球が少し残念でしたが、前回登板(20日)から間が空いていたので、正直心配だったのですよね。間に投げるチャンスはあったと思いますし、登板間隔を空けさせ過ぎたここははっきり言ってベンチワークのミスかなーと思います。中郷を責めたくはありません。

ハットリくん、今日も自分の役割をしっかり果たしました
Dscf3711

サブローの守備はなんとも・・でしたが、チーム全体として見た時に守備に不安のある選手はもちろんいる訳で、今日は守備力よりもサブローの打撃力を選択したのですから、これも仕方ないかなと。ただ、サブローの昔の鉄壁守備を知っているので、今のサブローの守備は観ていて寂しいです・・・。

大地は攻守に今日も活躍でした。あまりにも大地のところに打球が飛んでいくので、これだけの守備機会あったら根元だったらどれかはセーフなりヒットなりにしちゃったんだろうなあ、と意地の悪いことも考えてしまったり(ごめん)。死球判定されず、抗議した後の打席でヒットを放ったのはカッコ良かったですね!このシーン、判定で監督も抗議した後、打席から離れた所で大地が集中しなおしていたんですよね。あ、しっかり切り替えしてるんだなーと感心すると同時に、精神的な強さを非常に感じました。こういう選手は強い・・・!8回満塁のチャンスで打てていたらヒーローでしたね。

ファウル判定に納得できずも・・・
Dscf3716

打席から離れ集中・・・
Dscf3717

見事にヒット! 塁上でガッツポーズ出ました
Dscf3718

満塁のチャンス 井口・ホワイトセルと立花コーチ
Dscf3723

しかし、7・8回と投げたレデズマは・・・点は取られなかったもののなんともリズムの悪い内容で、ここまで言ってしまっては言い過ぎかもしれませんが反撃のムードが白けてしまった、試合の流れを完全に切ってしまった感がありました。今日の内容だと、勝ち試合では怖くて使えませんね。

しかし、ゴールデンウィークに相応しい気持ちのよい天候で観戦するデーゲームは本当に気持ちが良いです。野球好きとしてはこれだけの人が「野球を観に来る」ってことそのものが嬉しいですし、とても幸せな時を過ごす事が出来ました。明日は勝ってカード勝ち越しと行きましょう!

***
GWの渋滞にやられ、埼玉から千葉までの道中大変でした。明日行かれる方は早め早めの行動が吉!です。また、今日は12時過ぎの時点で幕張メッセ駐車場に入る車が列をなしており、臨時駐車場の案内があったのでそちらに入れましたが入れやすく出しやすくでかなり良かったです。明日も恐らく臨時駐車場があるかと思いますので、最初からこちらを利用するのも手だと思います。(状況が違ってたらごめんなさい)
臨時駐車場はQVCマリン前の道路、県道15号線を船橋方面に走らせてすぐ左手(海を左に見ながら走って左)でした。GoogleMAP、上手く表示されるかな?参考になれば。


大きな地図で見る

今日はお客さんも沢山、活気がある球場は良いですね〜私ももっと行かないと・・・
Dscf3665

伊志嶺、暖かくなるにつれて調子が上がって来ました 凛々しい姿。
Dscf3726

ホークス球団旗にタカならぬカラスが・・・不吉どころか幸運の黒い鳥だったみたい
Dscf3729

ビジター、レフトスタンドにはホークスファンが沢山 駐車場で前の車は久留米ナンバーでしたし、遠征されてきた方も多いのでしょうね マリン楽しんでって下さい!
Dscf3727

■2013/4/28時点でのパリーグ順位
順位 チーム 試合 勝数 敗数 引分 勝率 勝差 得点 失点 本塁打 盗塁 打率 防御率
1 L 26 17  9 0 .654 -
2 M 25 13 12 0 .520 3.5
3 F 25 12 13 0 .480 4.5
4 H 26 12 14 0 .462 5
5 E 24 11 13 0 .458 5
6 Bs 24 10 14 0 .417 6

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

エースの投球、今江の笑顔 M5−2H

エースが踏ん張り、打線が援護してカード頭を取りました!
ニッカン式スコア

序盤の成瀬は不安定でコントロールも悪く、先制した後に1イニングずつ点を取られて追いつかれるなどちょっと不安でしたが、終わってみれば7回を2失点と文句の無い内容でした。成瀬に対しては期待値が高いせいか、私含めみんな不満を言いがちになるのですが、ちゃんと試合を作ってチームを勝利に導いているのですから十分な働きですよね。

打線は追いつかれた直後に今江の満塁走者一掃の3点2塁打で5点の援護をもたらしました。成瀬が持ち直したのはこの援護があったからこそ思い切って投球が出来たという面もあるでしょうし、今日ばっかりは打線がエースを助けることが出来たのかも知れません。それにしても今江のガッツポーズは珍しいですね、余程嬉しかったのでしょうね。もちろん不調なのは誰もが判っていることですが、こういうのは本人が味わう辛さっていうのはやっぱりファンが思うよりも何十倍も何百倍も大きいのでしょう。「作り笑顔はしていたけど久しぶりに心から笑えた」という今江のコメントには切ないものがあります。これで乗って来てくれれば良いのですが。前日、伊東監督の「お前は3球目までに勝負する打者だろう。もっと思い切っていけ!」という言葉に救われたそうです。こういう話は良いなぁー。

今江の2塁打が大きかったのは言うまでもありませんが、私としては初回根元が四球で出塁した後、打者大地でエンドランを仕掛け、無死1・3塁とチャンスを広げたこと、この攻撃が一番のポイントだったと思います。昔から私のブログにお付き合い頂いている方はよくご存知だと思いますが、私は初回にあっさり送りバントするのが大嫌いなもので・・・送りバント成功の確率とエンドラン成功の確率は前者の方が高いとは思いますけれど、私は後者に賭けたい。もちろんチーム状況や試合にかかる重要性などで送りバントすることは全く否定するものではありませんが、今日のような展開はやはり観ていて楽しいです。

投では成瀬ー松永ー益田の継投がピタリと決まりました。南は抹消になりましたし、8回を松永がしっかり務めてくれていることが大きいですね。
打では6安打と少なかったですが相手エラー絡みとは言え、5点を取れたのは効率が良かったです。ただ、今日は角中が途中交代となりました。今季初ですよね?レギュラー確定と思われた角中もやはり安泰ではない、という意識付けだとしたら、先日も書きましたが首脳陣は上手く演出していると思います。こういうのは歓迎です。

さて!明日は、いよいよ満を持して「俺の大嶺」登板です!待ってましたよ。まー、大多数のマリーンズファンはもはや大嶺には余り期待していなかったでしょうけれど(泣)明日は良い意味で裏切って欲しいです。もちろん私は不安感満載な部分もあるのですが、明日はやってくれると信じ、参戦します。頼むぞ、大嶺!!

*****
イースタン・リーグのG−M戦も夜にちゃっちゃっと観ました。阿部ちゃんのストレートの質が向上した気がする。緩急も効いてますし、序盤制球が甘い球は痛打されて2点を失いましたが、8回投げきりました。あとすこし、精度が増せば1軍の先発で頑張ってくれそうです。加藤も荻野貴司も元気でしたし、このあたりの顔も1軍で観たいですね。

■2013/4/27時点でのパリーグ順位
    試  勝 敗 分  率 差
1 L 25 16  9 0 .640 -
2 M 24 13 11 0 .542 2.5
3 E 23 11 12 0 .478 4
4 F 24 11 13 0 .458 4.5
5 H 25 11 14 0 .440 5
6 Bs 23 10 13 0 .435 5

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年4月26日 (金)

夏の甲子園、休養日設定は大歓迎

久しぶりに高校野球のことを。

今年の夏の甲子園、準々決勝翌日に休養日を設ける事が決まりました。

夏の甲子園 準々決勝翌日は初の「休養日」 連戦なくし公平に(スポニチ)

夏の甲子園 準々決勝翌日は初の「休養日」 連戦なくし公平に
 第95回全国高校野球選手権大会(8月8日から15日間、甲子園)の運営委員会が25日、大阪市内で行われ、2003年から2日間に分けていた準々決勝を今大会から一日で4試合を行い、翌日に大会史上初の休養日を設けることも決めた。

 今回の決定は(1)全ての地方大会で休養日を導入(2)2連戦のチームと3連戦のチームが決勝を行うのは不公平、などが理由で、連戦は最大で「2」となる。主催者側は「夏の暑い中では疲労が蓄積する。なるべく公平な条件で準決勝、決勝を戦わせたいというのはこれまでもあった」と決定に至った経緯を説明。ただし、準々決勝までに天候不良などで3日以上の順延があった場合は休養日は設けない。

 今春センバツでは、準優勝した済美(愛媛)の2年生エース・安楽(あんらく)が、3回戦から5日間で4試合に登板するなど同大会で計772球を投じた。米メディアは「正気の沙汰ではない球数」と報じ、レンジャーズのダルビッシュも「学年別に球数制限とか…」と私見を述べていた。今回の決定に、済美の上甲正典監督は「投手にとってはその方がいい。体調面で楽になると思う」と歓迎した。

これは英断ですね。以前から言われていることではありますが、甲子園での「連投」はしないに越したことはありません。選手によってはビクともしないかも知れませんが、そんな選手は一握り・・・どう考えても18歳、場合によっては15歳だっている高校生に連投が良いわけがありません。メリットがあるとしたら辛い連投を経験して精神面がタフになることくらいで、その為に身体を犠牲にするのは本末転倒ですしそんな方法じゃなくったって精神を強くすることは出来る。

ただ注意したいのは、今回の規定を導入しても準々決勝の時点で2連投(組み合わせの仕方によっては3連投も)、1日空けて準決勝と決勝で2連投だってありえます。つまり5日間で4日投げることもある。これですら異常です。
記事中にあるように、今年の春のセンバツですらまだ2年生になったばかりの投手にとんでもない無理を強いる監督がいることが事実です。
・・・結局は監督の起用法が一番の問題なのは当たり前の話です。例え選手が希望したとしても、高校野球で甲子園の上まで昇りつめると狭い世界に入り込んでしまい、視野が極端に狭くなっている可能性が高く、後で冷静になってみれば後悔することもあるかも知れない。

単純に野球ファンからすると昔から「一番面白いのが準々決勝」と言われるように、一日で最高のチーム同士の試合が一日で4試合も観られるのも楽しみではあります。しかし、お客の期待が連投を強いるような事はあってはいけないとも思います。

勝利至上主義に陥らず、選手の事を第一に考えた甲子園大会であって欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2013年4月25日 (木)

チームを救う”次世代選手”達 L4−5M

今日の勝ちは大きい!
ニッカン式スコア

残業しながらテキスト速報をチェックしている時はミス絡みの4失点に暗澹たる気持ちになりました。しかし良く追いつき、追い越しました。
一部報道でもあったように、とうとう根元をセカンドに回し、大地をショートに。大多数のマリーンズファンが去年から期待していた姿ですね〜。去年一年ショートを根元が守りきり、それなりに結果を出したことで、私としても今季「ショート根元」は当然と異存は無かったのですが、それでもやはり今年も観ていて根元のショートには限界を感じました。その意味では妥当な決断でした。昨日「戦う姿勢が見えない」と厳しい姿勢を示した金澤に代わりスタメン捕手川本を起用。打順も久しぶりにいじり、結果それが奏を功しました。
それにしても大地の活躍は本当に観ていて楽しいですね。知っていても、ダイジェストですらホームランのシーンは鳥肌が立ちました。小柄な選手がホームランを打つときの典型的なスイングで、技術点100点満点です(もっとも学生時代から長打力ありましたけど)。
唐川の投球は全く観ていないので触れませんが、どうやら粘り強く投げていたようですし、プロ初勝利の松永に眼が行ってしまいますが、ハットリ君がしっかり抑えて次の松永にバトンタッチしたのが地味ながらもポイント高かったと思います。荒れた試合の流れをハットリ君がしっかり止め、そこで松永が良い方向に加速させた、というような・・・。クローザの益田も含め、”次世代”を担う若手達が劣勢からひっくり返す原動力になったな、と頼もしいです。

逆転劇の影で今江の悪送球や(根元も反応せんかい〜)神戸の中継への適当な返球で無駄な進塁を許したこと、昨日今日と続けてのサインミス?らしきパスボールなど、まだまだ気になる部分は沢山あります。裏を返すと中堅どころの選手でも適当な野球をやっているとスタメンどころか1軍の地位すら危うい、そんな雰囲気も出て来ました。この緊張感は良い物だと思いますし、首脳陣は上手く「演出」していると思いますね。
清田は今日も元気がありませんでした。勘ぐるとひょっとしたら今日のスタメンは最終テストだったのかも、なんて思いもあり、次カードからは荻野貴司や加藤の昇格もあるかも知れませんね。今江、根元だってうかうかしてるとあっという間に世代交代です。下では翔太が非常に元気ですし、のんびりやってると危ういぞ!

それにしても今日の勝ちは良い勝ち方でしたし、勝つと負けるとでは大違いでした。この連敗がややもすると弛緩気味だったチームに良い意味での「喝」を与えるものとなるようであれば、無駄ではなくむしろ必要な「薬」だったのかも知れません。さあ、明後日からはマリンに戻ります。良い試合を期待しましょう!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年4月24日 (水)

そろそろ苦手意識がついてしまいそう L7−2M

うーん、今日の敗戦はなかなか痛い。
ニッカン式スコア

先発の藤岡がまさかのプロワースト7失点、3回2/3で降板。ほとんど投球は観られなかったので初回の投球のみ後で録画見直したのですが、そんなに悪いとは思わなかったのですけど・・・金澤のパスボールもあったみたいで(サインミス?ミットの出し方が逆だった)、何かこうバッテリーの呼吸とかリズムとかもあったんでしょうか。野上の投球が素晴らしかっただけに序盤の7失点で試合は決まってしまいました。藤岡にはとにかく次頼んだ、としか言いようがありません。今季も苦しんでいる感はありますねー、なかなか本来のパフォーマンスを発揮していない気がします。
上野、南はリベンジ登板。上野がまたいきなり四球を出したときはヤバイ、と思いましたがその後を良く凌ぎました。いてくれないと困る選手ですし、なんとか持ち直して欲しいですね。

打線ですが昨日に続き見事に湿気てしまった感じですね。とはいえ野上と言えば、の代名詞チェンジアップ、ストレートの制球ともに素晴らしかったです。今日の内容だと打てないのは仕方がないのかなー。今日は見事に投打のめぐり合わせが悪かったというか、なんかバランス取れていませんでした。
試合途中から早くも根元を引っ込めショートに大地がまわりました。緩慢な動きで内野安打にしたり、1,3塁からの重盗で金澤の送球をあっさりトンネル(ワンバン投げた金澤も金澤でしたが)などもありましたし、課題であるスローイングの不安は今季も変わらず露呈していましたから、さすがに伊東監督も堪忍袋の緒が切れたといったところでしょうか。試合途中の交代は過去1試合だけありましたけど、この時は試合終盤でしたしね。明日はまたスタメンだと思いますが、ひょっとしたら動きがあるかな、と注目です。

まー、今日はブログ書くにも正直困った試合内容でした・・・現地参戦された方もお疲れ様でした。
明日は唐川に踏ん張って貰って3タテ回避したいところ。せっかくの4連勝が水の泡となってしまいますし、何より明日負けると苦手意識がしみついちゃいそうです。涌井が相手ですが3勝してるとはいえ今季はそんなに内容は良くないので攻略必須です。
明日、また期待しましょう!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年4月23日 (火)

負けるべくして負けたか・・今日の良いとこ探しでも L8−0M

西野の好投むなしく、連勝は4で止まりました。

Dscf3661
ニッカン式スコア

健気に電車通勤した先発の西野(球団、タクシーくらい出さないもんかな)、7回を2失点と好投しましたが打線が援護出来ず初黒星です。西野はこれで3試合連続試合を作っています。現状では成瀬に次いで安定感がありますね〜。ただライオンズ打線が2回り目に入った時にかなりタイミングを合わされてきた感がありましたので、バッテリーを組んだ江村ともどもこれからの研究課題でしょうか。打線の援護は無かったのですが、過去2試合は22点取っていますから、今日は「こういうこともあるさ」で切り替えて欲しいです。

試合は見た目終盤まで投手戦でしたが、攻守に渡って随所に好調ライオンズとの差が出ました。ライオンズは好プレーが出ますが、マリーンズは守備、走塁ともにミスが出てしまい、この差がそのまま勝敗に結びついたのでしょう。南の先頭打者への四球に始まり、上野の悪夢の3連続四球(10球連続ストライクが入らないというのは論外です…次チャンスがあればリベンジして欲しい。井口の悪送球も当然こなさないといけないプレーでしたが、寒い中グラウンド突っ立って投手の独り相撲見させられた訳ですから、身体も動かないでしょう)で完全に試合は壊れましたが、試合全体を通してみても負けるべくして負けたと言ってよいのでしょう。

まー、現地で8回の悲劇を観てきたわけですが、こんな展開になったらもう笑うしかありませんし西野が好投したので良しとします。そんな訳で、私にはそんなにショックは無く、まぁそれでもこんな敗戦の時はつまらんので「マリーンズ良かった探し」でもしましょう。

◯西野が好投
◯大地が猛打賞(第一打席目も坂田に好捕されたので実質ヒット4本)
◯ワタシ的に一番気に入ったプレー。秋山のショートゴロを根元が悪送球!1塁ファールグランドに逸れたボールが転がりましたが、猛然とカバーリングに走って来た江村が掴んで素早く送球!2塁をうかがった秋山をアウトにしました。このプレー、眼の前で観ていたのですが、言っちゃ悪いけど「里崎だったら送球も出来ずに走られてたろうな〜」と思いました。当ブログ開設時から何度も言っていますが、里崎はとにかくカバーリングが遅い!というかロクにしない!里崎のここだけはホント嫌なんです。今日の江村の動きは対照的で、プロとして当たり前のプレーかも知れませんがカバーリングの大切さを改めて教えてくれました。
◯・・・・あれ、これくらいか?まあ、伊志嶺も岡田も代打神戸も1本放ったのでそのあたりも加えましょう。

明日に向け、とにかく今日の負けを引きずらない様にして欲しい、それだけが願いかな。明日勝ちましょう!

■2013/4/23時点でのパリーグ順位
    試  勝 敗 分  率 差
1 L 22 15  7 0 .682 -
2 M 21 11 10 0 .524 3.5
3 H 22 11 11 0 .500 4
4 Bs 21 10 11 0 .476 4.5
5 E 21  9 12 0 .429 5.5
6 F 21  8 13 0 .381 6.5

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年4月22日 (月)

GWの先発は?俺の大嶺先発はあるのか

明日からライオンズ3連戦、その後1日空いてGWが始まります。今までは9連戦など普通にありましたが、今年は3連戦+移動日の組み合わせが3回と比較的緩い日程となりました。あまりの連戦は選手にもキツイと思うので、このくらいが良いのかな?ただ毎年この時って「谷間」に若手のお試し登板があったりしてそれはそれで楽しみだったので、少し残念だったりします(勝手なこと言ってますね)。

しかし今は俊介が足に打球を当てたこともあり抹消、そうなると必然的にコマが足りません。
・・でですね、いよいよ「俺の大嶺」にチャンスがやってくるのではないかと思うわけですよ。この週末は吉見でした。しかしファームで好投しているのだから上で投げる機会を与えて欲しい、という痛切な願いもあります。なんせ斎藤佑樹デビュー戦、悪夢のホフパワー満塁弾以来1軍では観ていないですからね・・・大嶺推しの私でもあれはトラウマになっています。そろそろ払拭して欲しい。それに、去年秋季キャンプの投球を観て「来季は期待出来る!」と断言した手前そろそろ出てきてくれないと困る、という個人的事情もありますが。今日、浦和で1イニング投げたのは昨日の(たぶん)先発予定だったことが流れての調整も兼ねていたと思われますし、こんどこそ1軍お披露目がありそうな気がします。

で、大嶺が俊介枠に入るとして本当は吉見の分も誰か代わりが出てきて欲しいのですが、吉見の抹消が無かったこと、今日ゴンザレスは浦和でボロボロでしたし現状適任がいないこと、を考えると来週も吉見先発でしょうか。となると明日からGWにかけてのローテは西野−藤岡−唐川−成瀬−吉見ー大嶺でしょうか。大嶺の先発を心から希望するのですが、いかに。

さて、まずは明日からの好調ライオンズとの3連戦ですね。先発3試合目となる西野がそろそろ負けそうな気もしますが(出た、後ろ向き発言!でも過去2回は連敗中で今回は連勝中だとか、イースタンで何度もライオンズは対戦しているので情報豊富だろうこととか、がむしゃらにやってきたのが3戦目になって考えだしちゃうんじゃないとか、そういうマイナス面ばっか考える)、ここはラッキーボーイ西野に期待します。明日、残業などなければ参戦して来ます!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

つなぎの打線 > 一発攻勢で4連勝 M9−5E

マリーンズ、今季初の4連勝。
ニッカン式スコア

今日の先発は吉見でしたが、いつものノーコンと無駄な四球癖は変わらず。なんせボールがた・か・す・ぎ・る!捕手江村の配球は初球カーブが多かったですが、ことごとくその次のストレートの制球が悪く、これではカーブを要求している意味がありません。もちろんバッテリーてのは片方が悪いというものではないですし、投手の出来が悪かったら悪いなりに投手をリードしないといけないのも捕手の役目ではありますが、本来なら13年目の吉見が3年目の江村を引っ張るくらいじゃないと。”1軍半”の吉見にそこまで要求するのは無理なのかもしれないけれど、吉見の投球はいつも自分との戦いに終始してしまっている感があるんだよなあー。ファームで結果出してる大嶺使わないからだよ、なんて憎まれ口も叩きたくなります。
吉見は1000回投球だったそうで、この記念を飾ることは出来ませんでした。文句付けてしまいましたが、プロの世界で1000回投げるってことだけでも大したものですし、ここは素直に認めたい。今後はどうするのでしょうね、中後が抹消になっていますので左の中継ぎとしての起用も視野に入るのか、抹消か。

さて、攻撃の方はこのところ良い所で一本出る様になって来ました。このところの打順は4番と8番捕手の名前以外は固定されつつありますが、今のところ繋がりが出てきたようです(4番のみが日替わりって珍しいね)。特に今日は相手マギーに2発、ジョーンズにレフトスタンドの照明真下、”屋根”部分に当たるという正直感動してしまったくらいの超特大弾を打たれ(ここに当たるのってパスクチ以来?)、吉見の出来と併せてこりゃーどうなるかとも思いましたが、こつこつと「全員でつないだ」マリーンズが逆転、そして突き放しと理想的な攻撃でした。
一発の魅力、特に勝負を決める一発というのはとても効果的ですが、つないでつないでの攻撃というのも相手には嫌なものでしょうね。ふつうに確率で考えても、ここぞの場面で都合よく一発が出るそれよりもヒットのそれ方が当然高いですし。そもそもホームランの出にくいマリンを本拠地とするマリーンズ、やはりつなぎの打線は合理的ですしチームカラーでもありますよね。

そうそう・・・吉見の後を継いだ香月が今季初勝利(とお立ち台)を手にしました。登板直後、5回の投球は今までの1軍での香月の中で一番素晴らしい内容だったのではなかろうか。今までは主に先発でしたが、球に力はないしその割に結構高く浮くしで正直いつも怖かったのですが、今日の投球は低めに綺麗に制球され、しかもボールも動いていました。この投球ならファームでの好成績も納得!・・と思っていましたが2イング目になって球が浮き出し、1失点。これからの課題はこの辺りでしょうかね。香月の投げ位置としてはある程度のイニングを食うイニングイーターというところがメインだと思うので、今日の1イニング目の投球を複数イニングスで持続することが出来れば1軍で食っていけるのではないでしょうか。

これでイーグルスとの3連戦はすべて逆転勝ちという良い形となりました。明後日からは目下絶好調のライオンズ戦です。ライオンズの先発は牧田、野上、涌井でしょうか。涌井は3勝の割に内容は良くないですが、名前だけ見るとなかなか手こずりそうです。しかしマリーンズの西野、藤岡、唐川だって試合を作れる投手。がっぷり4つの、好試合を期待しましょう。私は初戦に行くつもりです。

☆今日も寒い中観戦された方、お疲れ様でした。大嶺先発ではなかった時点で観戦を回避した私ですが、9080人という観客数を見た時に選手、球団に対してちょっと申し訳ない気分になってしまった・・・。

■2013/4/21時点でのパリーグ順位
    試  勝 敗 分  率  差
1 L 21 14  7 0 .667 -
2 M 20 11  9 0 .550 2.5
3 Bs 20 10 10 0 .500 3.5
4 H 21 10 11 0 .476 4
5 F 20  8 12 0 .400 5.5
5 E 20  8 12 0 .400 5.5

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年4月20日 (土)

寒い雨中を耐えたマリーンズファンに3連勝のプレゼント M6−3E

俊介の乱調にもメゲず、今季初の3連勝。
ニッカン式スコア

今日は気温が3月並に下がり、しかも予報より早くずっと雨という観戦する方もプレーする方も辛い試合となりました。そんな中、先発の俊介はピリッとしないピッチング。まあここ数年の俊介らしいと言えばらしいのですが・・・俊介の場合ストライクゾーンに揃い過ぎても打たれやすいしボール先行でも苦しいしとバランスの難しい投手ですが、今日グッダグダだった割に1失点で凌げたのは適度にボールが荒れてたということなのでしょうか。伊東監督は「良くしのいだ」とそれなりの評価だったようですが、観てる方からするとえー、そうかなぁーと・・。打球が当たって不運の降板となりましたが、あのまま投げていたら試合を壊していたかも知れず・・・厳しい言い方ですが。後を受けた上野が良く投げたと思います。自責点1ついたけどこれは中後が悪い。なかなか俊介は信頼が得られませんねー。

むしろダックワースの方が遥かに出来は良くて、ストレートは高いものの変化球はすべて低めに制球されていました。マリーンズは序盤手こずりましたがそれも仕方ないかな。それでもダックワースに負けが付くのだから野球って難しいスポーツです。大地が3試合連続の3塁打と珍しい記録。(明日4試合連続となればリーグ新、プロ野球タイ記録らしい)今日の3塁打はバットが折れたおかげで牧田の前に落ちてくれました。でも振り切ったからこそのバット折れでしょう。今日の大地のバッティングの内容は余り良くありませんでしたが、それでもキーマンになる辺り、やはり”旬”ですね。7回の根元の勝ち越し打は四球の後の初球を上手く打ったものでしたし、今日の打線は7安打で6点と、2連続押し出しもあったとはいえ一時の残塁地獄からは抜けだした感があります。もっとも水物なんでまたどうなるかわからないけど。

最後は今江のエラーのおかげで中郷がリズムを崩しバタバタしましたが、益田とマギーの勝負はなかなか見応えがあるものでした。最後外角いっぱいに決まった146kmストレートは素晴らしかったです。南も一時の悪夢から抜け出す見事な3者連続三振、松永も今やセットアッパーとして欠かせぬ存在となって来ました。しかし中後は相変わらずで、この内容ならハットリくんの方が安心して観てられるな・・。

序盤のグダグダを観て、このまま負けたら寒い雨の中観戦しているマリーンズファンには苦行以外の何物でもないと思っていましたから、ほんと勝って良かった。イーグルスファンには辛い観戦でしたけど、マリーンズファンにはプレゼントとなった3連勝でした。

明日は大嶺とばかり思っていたので雨予報でも行く準備をしていたのですが、まさかの吉見閣下でした。うーん、吉見には悪いけど明日は行くのやめます・・・最近ヘタレなもので、雨の中マリンまではるばる行く勇気はない・・・楽しみにしていた戸田での浦和マリーンズも諦めかな。
明日、観戦に行かれる方は体調を崩さぬよう。明日も期待しましょう!

■2013/4/20時点でのパリーグ順位
    試  勝 敗 分  率 差
1 L 20 13 7 0 .650 -
2 M 19 10 9 0 .526 2.5
2 Bs 19 10 9 0 .526 2.5
4 H 20  9 11 0 .450 4
5 F 19  8 11 0 .421 4.5
5 E 19  8 11 0 .421 4.5

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2013年4月19日 (金)

エースの投球、若手の躍動 M3−1E

エースが投げ、次代を担う若手が打っての美しい勝利。
ニッカン式スコア

今日の”観戦”はダイジェストとFOXのBaseballCenter。
成瀬は8回を1失点と文句のない投球。テキスト速報だけを観ていると「押し出し」ってとこにおいおい何やってんだあ、と思いましたがそこで崩れず1点で抑えたのはさすがです。今季は先発のコマ数不足と追い打ちをかけるような先発投手の不調が目立っていましたが、成瀬の安定感はさすがの一言です。前回は左内転筋を痛めたとのことで不安がありましたが、8回まで投げられたということは大丈夫なのでしょう。(ただ、そんな状態で123球というのが少し心配です・・・心配しだすとキリがないけど)

攻撃では大地と伊志嶺コンビで同点打・勝ち越し打を演出!大地の存在感は大したもので、去年あれほどの存在感を誇った角中が目立ってないですもんね。このところ井口をファーストに追いやっている状態ですが、正直言うとその方が望みだったりします。今江や根元の調子によっては大地サード、ショートもあるのでしょうが、個人的には基本線としては今季はセカンドで行って欲しいです。
伊志嶺も暖かくなってきたせいか調子を上げて来ました(今日は寒かったけど)。センター岡田、レフト伊志嶺、ライト角中が現時点では固まった感があります。とは言え各選手調子の波はあるかと思いますし、清田や荻野貴、加藤・・・に神戸の出番だってもちろんまだまだあるでしょう。清田は代走で出たあと代打を送られるという少し寂しい出番となってしまいましたが、即盗塁を決めたようですしどんな形であれアピール出来るところでまずはアピールして欲しいです。競争しつつ、調子の良い選手を上手く回していけたら一番良い形なのかもしれません。
忘れちゃいけないのはパーフェクトに抑えられていた状態から2塁打で口火を切った今江でしょう。全くカヤの外だった屈辱を晴らした格好になりました。先制点を生み出したのはなにより今江のお陰でしょうね。

3−1と渋い試合でしたが、大地と伊志嶺の二人で奪った得点で勝ったというのがとても気持ちよく、美しい。これで勝率も5割に戻しました。
しかし明日負けると今日の勝利も半減です。まずは俊介に試合を作って欲しい。気温は明日も寒いようですが、熱い試合を期待しましょう。

■2013/4/19時点でのパリーグ順位
    試  勝 敗 分 率  差
1 L 19 13  6 0 .684 -
2 M 18  9  9 0 .500 3.5
2 Bs 18  9  9 0 .500 3.5
4 H 19  9 10 0 .474 4
5 E 18  8 10 0 .444 4.5
6 F 18  7 11 0 .389 5.5

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年4月18日 (木)

12安打2点→8安打5点で快勝 F1−5M

昨日の12安打2点が一転、8安打5点で快勝です。
ニッカン式スコア

昨日は見事なまでの残塁祭りでしたが、もう一歩、もう少し!という感覚はあったのでそんなに悲観してはいなかったのですが、今日はうってかわって効率が良い得点となりました。
今日はなんと福浦が4番。去年木佐貫と相性良かったっけ?と調べたら去年は4の0、ノーヒットでした(ちなみに唯一複数ヒット放ったのが今江の2本、ほかみんな0本か1本)。ということは調子の見極めで4番に据えたのでしょうか?それがハマりました。サブローの欠場は意外でしたが休養かな?

そしてスタメン起用の大地が猛打賞1打点!もはや大地をスタメンから外すという選択肢はありえません。去年の角中の出たてを思い出す活躍です。伊志嶺もヒットに3盗とアピール、久々スタメンの岡田も安打を放ちました。(惜しい当たりもありました。実質2本?)
しかし今江が良い当たりもあったものの4試合連続無安打と、相変わらずの不安定ぶり。最近ベンチスタートが多い清田はたった1回されど1回のチャンスで見逃しの三振・・・「打てない自分」に対して下向いちゃってる気がします。今江と清田は調子のムラとか、タイプがとても被ってみえて仕方がない。もっと積極的にガムシャラにやって欲しいです。

しかしまあ、チーム全体としては打線は活発になってきたのかな、と思います。パカパカ打てるようになるとまではさすがに思いませんが、上昇気配だとは思います。昨日の藤岡には気の毒な結果だけど、来週援護してもらいましょう。

唐川の投球は中盤以降しか観ていませんが、ストレートの質は良くなったのかな。細かい制球、ストライクゾーンの出し入れはまだまだな感はありますが、さすがの投球と言えばさすが。来週は更に良くなってくれそうです。松永は完全にプロの水に慣れた感がありますね。貴重な左腕となってくれています。

さて、明日は移動日試合で千葉。しかし移動日なしで北海道→千葉って日程、メチャクチャですよねえー。自分こんな出張あったらキツイもんなあ。パは北海道から福岡までちらばっていてこれが良いところなのですが、その分移動がキツイです。致し方ない面はあるのでしょうけど、もう少しなんとかならんものか。しかもこのところ暖かかったのが明日から週末に向け3月下旬並みの気温とか。プレーする方も観る方も大変です。

相手先発の則本にはプロ初勝利をプレゼントしてしまいました。明日はこの借りを返しましょう!

■2013/4/18時点のパリーグ順位
    試  勝 負 分
1 L 18 12 6 0 .667 -
2 Bs 17  9 8 0 .529 2.5
3 E 17  8 9 0 .471 3.5
3 M 17  8 9 0 .471 3.5
5 H 18  8 10 0 .444 4
6 F 17  7 10 0 .412 4.5

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2013年4月17日 (水)

あと、あともう少し足りない・・・ F3−2M

なかなか連勝出来ませんね〜。
ニッカン式スコア

今日は相手が左腕ということで右打者中心のオーダー。結果、吉川からは7安打2点とまぁまぁの効果でしたが、あくまでも「まぁまぁ」で、決定打を欠いてしまいました。今季はこんな感じで「もう一歩足りない!」打線の状態が続いていましたが、今日はまだ良かったほうなのかな。今までは「もう二歩、いや三歩足りない!」という状態でしたからね。最終的には12安打2点ですし、奮闘の藤岡に負けをつけてしまったので全くホメられたものではなかったのですが、それでも当たりは出て来たと言ってもまあ良いのかも知れない。

とはいえ昨日活躍の井口は案の定無安打、今江は2試合連続で完全にカヤの外と、本来なら計算出来るべき選手が計算出来ないところが監督の頭の痛いところでしょう。打線のつながりも含め、もう一歩、もう少し!という状態までは来ている気がします。何度もチャンスを潰してきての最終回、サブローと福浦のヒットはなかなか感動的ですらありました。(神戸と大地の代打の順番は逆でしょう!と思った)打線は水物とは言いますが、そろそろある程度粘性を帯びても良いのかなー。

先発の藤岡は7回3失点と責められません。前半の投球をさらっとだけ録画で観たのですが、球のキレは良かったと思います。低めにも制球されていましたし。ただストレートの球速が上がらないのがやはり不安ですね。ストレートがもっと速ければ、スライダーもカーブも活きてくると思うのだけど。

明日は唐川と苦手木佐貫。大地のスタメンは最低限かつ絶対的に希望です。外野を角中と後二人どうするのか見ものですが、伊志嶺と神戸になるのかな・・・。岡田の姿がスタメンにないと寂しいですね。
3カード連続勝ち越しがありませんので、明日は勝って気分よく千葉に戻りましょう!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2013年4月16日 (火)

連敗ストッパー西野、価値ある勝利 F3−11M

あんな酷い連敗したチームが快勝するんですから、野球って・・・いや、マリーンズってわかりません。
ニッカン式スコア

伊東監督、今日は大胆にオーダーを変えて来ました。休養で日曜に外れた井口をファーストで起用、大地がセカンドスタメンでサードに今江が入りました。サブローをレフト、センターが伊志嶺、DHにホワイトセル。結果的にこれが功を奏しました。

今日の井口は見事なまでの”春井口”。4安打の内容も良かったですね。これが明日も続けば良いのですが・・・私としては大地に今日もヒットが出たこと、伊志嶺の3安打がかなり嬉しかったのですが、岡田のスタメン落ちが少し残念ではあります。しかし清田もベンチとなっている今、「競争」という原理原則という意味では今の状態は悪いことではありません。こんな時でも一人カヤの外の今江はらしいというか、やはりムラがありますねえー。

代打神戸のホームランは、誰よりも何よりも本人に取って価値があるものだったでしょう。10球粘った上での11球目を見事に仕留めました。この粘りとフルカウントから放った一発は内容のあるものでした。荻野貴司や加藤がファームに控える激烈な外野競争を生き残る切っ掛けになるか。

先発の西野は期待に違わない投球。帰宅後の6回しか観ていないので内容は判りませんが、6回2/3を3失点と今のチーム状況を考えると充分すぎるくらいです。初回、ヒットと盗塁で無死2塁のピンチで陽岱鋼を牽制で仕留めたのが両チームに取って大きかったですね。
西野は前回仙台のプロ初先発でも3連敗を止めましたが、今日も2連敗で止めました。連敗ストッパーの誕生となるでしょうか。今日は打線にばかり眼が行きがちですが、私的に今日の試合のMVPは西野です。
前回、今回と2試合合計で打線は22点奪っています。他の試合に振り分けられないのがもどかしいですけど、西野の時にこれだけ援護しているっていうのは単純に嬉しい。西野が「ラッキーボーイ」的存在になってくれると良いですね。

とは言え、悲惨な敗戦の後に快勝ということは、その逆もまたあるということ。今季良くないとはいえ明日は吉川ですし、唐川だってまだまだ安心出来ません。締まった試合を期待しましょう!

☆中後、今日はなんとか仕事を果たす。右打者の方が投げやすいように見えたけど、これが左だと当てそうでダメ、とかの理由で無いことを祈る。左打者にも当てたら仕方ない、くらいで攻めて欲しい。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2013年4月15日 (月)

ひと通り対戦終了。明日から仕切り直し、前向きに行こう!

昨日の段階で、マリーンズはパリーグ5球団との対戦をひと通り終えました。
4/15時点でのパ順位詳細はこんな感じです。



























1位 ライオンズ 15 10 5 0 .667 - 129 52 38 5 13 .265 2.34
2位 バファローズ 14 8 6 0 .571 1.5 130 71 43 9 9 .280 2.51
3位 イーグルス 14 7 7 0 .500 1 130 60 65 8 3 .255 4.24
4位 ファイターズ 14 6 8 0 .429 1 130 44 63 13 8 .248 4.31
4位 マリーンズ 14 6 8 0 .429 0 130 46 71 5 6 .241 4.57
6位 ホークス 15 6 9 0 .400 0.5 129 54 47 15 10 .248 2.62

14、15試合消化時点の数字など対してアテにはなりませんが、チームの今時点での状態を表すには参考になるでしょう。
見事にチーム打率、チーム防御率はリーグワースト。本塁打も最少。盗塁数は6コでリーグ5位(下から2番目って言った方がいいか)。しかも角中がチームトップの3コ、岡田は未だ盗塁無し・・。どうしたんだこれは、という気持ちもありますけれど、むしろこれは首脳陣のセリフかも知れません。理想と現実、首脳陣の期待と選手の結果、ここのギャップに苦しんでるでしょうし、今はこのギャップを埋めるべく試行錯誤している状態でしょう。

チーム状態はなかなか上向いていませんが、それでもオーダーの組み換え、西野や江村に代表される若手や実績の無い選手の抜擢と、打つ手は打っている感はあります。後は選手がどれだけのパフォーマンスを発揮してくれるか、ですね。

投手はと言えば、先発はまだまだコマ不足、俊介の奮起とファームからの突き上げに期待しましょう。現状では大嶺がファームで好投を続けています。中継ぎはどんぐり状態ですが、中郷、松永に続く投手に出てきて欲しい。出てくる出てくる投手みんなが腕が縮こまっている気がします。言う方は気楽なもんで勝手ですし、言うは易し行うは難しなのは重々判っていますが、結果を恐れずまずは腕を振って欲しいですね。西野の様に。

捕手はそろそろ里崎が復帰間近でしょうか?内野手は井口、今江の状態に合わせて大地、細谷らを上手く回して欲しい。出来れば翔太、高濱らもそのうち呼んで欲しいものです。ファーストは福浦、ホワイトセル、サブロー(と細谷)といれば誰かしらは調子の良い選手がいそうです。
外野は清田の打棒にあっという間に陰りが見えますが、荻野貴、加藤とファームに控えています。一時角中岡田清田で固まりつつあった外野ですが、こちらも調子の良い選手の見極めがキモになりそうです。が、それでもセンター岡田は外して欲しくない気持ちはあります。

攻撃に関しては、頼れる1・2番を作ることが出来ていないことが、全体のまとまりを欠くというか、一本の「線」が見えてこない要因なのではないかと思っています。打線を1〜3、4〜6,7〜9に分けるとすると、まずは頭が決まらないと後ろも決まらない。
盗塁にしても、現状では走れる選手が塁に出て走れる状況になったら走る、みたいな行き当たりばったり的な状態にしかなっておらず、これでは相手にプレッシャーはかけられないでしょう。2010年の西岡ー荻野貴みたいな1・2番を作りあげて固定したい。結局「嫌らしい1番」がいない・・・となるとやはり荻野貴司の復活を望みたい!

4番を担う選手も見当たらず。大松が期待出来ない今、長打を期待するならホワイトセルを据えて辛抱するか、そうでなければ「繋ぎの4番」復活でしょうか。これはサブローでなくても構いません。清田でも角中でもこの役割をこなせる選手はいないものか?マリーンズのチームカラー的にも空中戦は似合ってませんし、ここは短距離砲でしつこく少しずつ攻めたいところ。

勝手な期待というか願いばかり書きましたが、明日からは他チームとの対戦も二回り目に突入です。一度仕切り直して、まずは明日からのカード勝ち越しを狙いたいですね!経験の浅い西野には酷な要求ですが、また連敗ストップ頼みます!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

近づく最下位の足音・・・ H9−2M

昨日の試合も辛かったけど、今日も辛い敗戦。
ニッカン式スコア

ゴンザレスなんぞ起用するからさぁーと憎まれ口を叩きたくなるような試合でした。わがままディッキー、もう先発で使うのか?と昨日書きましたが、結局4回降板。失点こそ2点でしたが、まー制球甘いわ苦し紛れに真ん中投げて痛打されるわ、挙句はラヘアに楽々盗塁許すわ、とロクでもない内容。あんまり選手を落とすようなことは言いたくないけど、ゴンザレスに対してなんの思い入れもないし、はっきり言って見たくありません。こんなんなら若手起用して炎上した方が精神的には良いです。個人的にそろそろ来るかな?と思っていた大嶺は今日もファームで好投しましたし、結果論て言われるかもしれないけどこれだったら今日は大嶺の方が納得出来た。・・・とは言え、首脳陣も本当は使いたくなかったのかも知れず。それだけ他の投手が情けない、信頼出来ないということの裏返し起用でもあったのでしょう。
しかしゴンザレス昇格にあわせ、荻野忠を抹消したので中継ぎのコマ数が足りなくなり、昨日4回2/3投げた上野を投入せざるを得ない苦しい内容となってしまいました。最近の内容から荻野忠の抹消は残念だけど仕方ないけど、代わりに中継ぎ補充出来ないとブルペンが疲弊するだけです。

しかし今日一番酷かったのは同点に追いついた直後にマウンドに登った中後でした。全くストライク入らず、何をしに来たのかわからないいきなりの2者連続四球。プロの投手がここまでストライク入らないのはそうそうあるもんじゃありません。言ってしまうと「プロレベル」ではありませんでした。去年の鮮烈なデビュー、その愛すべきキャラクターと、応援したい選手なだけに、今日は余計情けなかった。去年抹消前もこんなコントロールでしたし、このままではこの先プロでは厳しいよ!納得が行かなかったハットリくん抹消の代わりの投手がこれでは・・。中後の後を継いだ南もひたすら打たれましたが、完全に負の流れを背負い込んでしまった感じで、痛々しく可哀想なくらいでした。

まーでもこの2試合の敗戦は投手だけのせいではなく、フラフラの武田を攻略できず投手を援護出来なかった打線も打線です。休養の井口の代わりの大地は相変わらずの溌剌プレーを見せてくれていますが、「その他大勢」がどうにも・・・。投打に光るものが見えなかったこの2試合、観ていて辛い試合でした。初戦の成瀬の奮投がなんにもならなかった感すらして、そこが悲しい。現地で2試合とも観戦した現地組は沢山いたでしょうね・・・本当にお疲れ様でした。

これで気がつけば最下位ホークスと0.5差。次は6勝8敗で並ぶファイターズとです。ここは、先発が予想される西野ー藤岡−唐川の若い力に期待しましょう。打線は今度こそ援護を。
今日は文句ばかりになりましたがシーズン始まったばかりですし(始まったばかりでこの内容ってのもかなりマズいけど)、もちろん変わらず前向きにマリーンズを応援しますよ。この2試合の鬱憤を晴らすような試合を期待しましょう!

■2013/4/14時点でのパリーグ順位
    試  勝 敗 分 率  差
1 L 15 10 5 0 .667 -
2 Bs 14  8 6 0 .571 1.5
3 E 14  7 7 0 .500 2.5
4 F 14  6 8 0 .429 3.5
4 M 14  6 8 0 .429 3.5
6 H 15  6 9 0 .400 4

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

まぁこういうグダグダドタバタ試合もあるかぁ H8−2M

昨日の投手戦は締まっていたのですが、今日は対照的に両投手がグダグダでした。
ニッカン式スコア

俊介の出来は微妙と言えば微妙でしたが、やはり四球が絡む時の俊介は難しいですね。3回1死1塁からの今宮のバントを川本が悪送球したことは大きかったのですが、しかしその前に先頭の細川を四球で出したこと、これが大量失点のそもそもの原因かな、と。川本のプレーで流れが悪くなったのは事実ですしあそこはしっかり処理しなくてはいけない所ではありますけど、川本は移籍後から慣れない環境で頑張ってますし責める気持ちはありません。
その後の打球も綺麗に打たれたものはそんなになく、だけどヒットになってしまう・・と不運と言えば不運でしたが、一度傾いた流れは不思議なものでどうにも止められない雰囲気でした。可哀想ではあるけど降板は仕方が無かったですね。打線は相変わらず援護が出来ませんでしたし、良かった所と言えば江村が代打初球を綺麗にセンター前に運んだ事くらいで、全体に残念な試合内容ではありました。

今日は録画を夜から観だしたのですが、途中で選手には申し訳ないけどすっ飛ばし気味で観戦を終わらせました。だって時間もったいないんだもん。山田の投球も相変わらずピリっとしないし、挙げ句の果てには長谷川のホームランはリプレー観るとフェンス上部に当たっててスタンドインしていないのに、ビデオ判定した結果ホームランになるし・・・どのリプレー観たんだろと、全てにおいてグダグダ感溢れる試合でした。まぁこういう試合が出てしまうのも野球、これは仕方ないのですが私にも貴重な土曜の夜です、他に有効利用したいと思います(観戦スタイル、今季はこのくらいのスタンスにしようかと)。選手たちも今日はもう切り替えて、明日リフレッシュして試合に望んでもらいましょう。
明日の先発はゴンザレス、もう投げさすのか・・と少し残念です。だってあんな勝手な事言ってるのに、ねぇ。すぐチャンス与えるなんてこと本心はして欲しくなかった。それに誰か抹消しないといけない訳ですし・・・。ファンとしたら背信行為ですが明日打ち込まれてしまえとか、いやいやあんなこと言ったんだから快適なドームの明日は完璧な投球見せるんだろーなーこらあ、と意地悪く思う私がいます。ああ、でもチームには勝って欲しいなあー。ゴンザレス早い回で降板、打線の奮起で勝つとかいいけど中継ぎが無駄に登板するのもアホらしい。悩ましい・・・

■2013/4/13時点のパリーグ順位表
順位 チーム 試合 勝数 敗数 引分 勝率 勝差 得点 失点 本塁打 盗塁 打率 防御率
1 L 14 9 5 0 .643 -
2 Bs 13 8 5 0 .615 0.5
3 E 13 7 6 0 .538 1.5
4 M 13 6 7 0 .462 2.5
5 F 13 5 8 0 .385 3.5
6 H 14 5 9 0 .357 4

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ベテランの存在が勝敗を分けた? H0−1M

成瀬の粘投でエース対決を制しました!
ニッカン式スコア

今日の観戦はダイジェストとFOXBASEBALLCENTER、プロ野球ニュース。摂津、成瀬の投球をちゃんと観られなかったのは心残りですが、両投手とも持ち味を発揮したようです。この二人の投げ合い、投手戦は必至・・・・となると、どちらが踏ん張りきれずに失点するか、がキモで、ここ数年勝負弱い所がある成瀬がやや不利か−−−と予想していました(出ました、後ろ向き予想)。しかし成瀬が7回を無失点と言うことなしのピッチング。苦しい戦いの続くマリーンズにあって、投手として出来うる最大限のことをしてくれました。特にホークスは昨日6点差を追いつき、サヨナラで勝ってますからその流れを抑えこんでくれたという意味でも1勝という数字以上の働きをしてくれたと言っても良いでしょう。7回途中に左内転筋を痛めたが志願の続投だったということで、これが少し心配です。シーズン序盤の無理は長いシーズン、ボディブローの様に効いて来ますから、大事にならないことを祈ります。
一方の摂津も8回10奪三振、1失点とこちらも見事。本当に良い投手だな〜と思います。両者の差を分けたのは、タイムリーを打った福浦の「ベテラン力」でしょうか。ホークスは小久保いないし松中抹消だし、福浦に相当する「頼れるベテラン」がいませんでしたもんね。

マリーンズのオーダーは右腕相手なのに岡田を外し、サブローがレフトに入り福浦もホワイトセルもスタメンという「攻撃型」でした(の割にあまり迫力ないけど・・・)。本音で言えば岡田も大地も外して欲しくは無かったけどここらはいろいろな試みの一つですから、これもありですね。
そういえば、GGが抹消、代わりに神戸が昇格でした。荻野貴司ではないところが意外ではありますが、大松は抹消中ですし左打者が欲しかったのでしょうね。伊藤ちゃんは残念な抹消でしたが、内容は良くなかったので仕方ないですね。早く「いつもの伊藤」な投球を見せられるようにフィジカル面を含めて整えて欲しいと切に願います。

今日の注目は8回、1点リードの場面で登板したのが南ではなく松永だったことでした。プロ野球ニュースでも言ってましたが、セットアッパーの整備を進めたいという首脳陣の意向でしょう。逆に言えば、それだけのものを持っているという判断でしょうから、松永にはこの信頼に応えて欲しいですね。
抑えで登場した益田はストレートの四球を出してしまったのは良くありませんが、抑えというポジションにまだまだ慣れていないでしょうし、これから克服してくれるでしょう。

さて、明日は俊介です。前回好投したにも関わらず、どこか信用出来ない怖さをどうしても感じてしまうのですが(しかもドームだし)今日の流れに乗っての好投を期待します。明日は久々の対先発左腕。オーダーをどうしてくるのか、これも楽しみでもあります。

これで、今季のマリーンズは気がつけば1点差試合が6試合中5勝となりました。イーグルス戦、ライオンズ戦で接戦を力負けしてますし、なーんかそういう雰囲気は感じないのですけれどね・・・それでも数字は客観的なものですし、意外とイメージよりも実は強いのかも、と数字が教えてくれていると考えることにします。

■2013/4/12時点でのパリーグ順位
    試 勝 負 分 率  差 
1 L 13 8 5 0 .615 -
2 E 12 7 5 0 .583 0.5
2 Bs 12 7 5 0 .583 0.5
4 M 12 6 6 0 .500 1.5
5 F 12 5 7 0 .417 2.5
6 H 13 4 9 0 .308 4

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年4月12日 (金)

競り負けは悔しい・・。 ファームでは翔太がアピール M1−4L

2日続けての競り負け、先発見殺し。
ニッカン式スコア

唐川の投球は6回からしか観ていませんのではっきり言えませんが、Yahooでの投球内容をざっと見る限りストレートの球速は130km前半、そして変化球がやたら多かったので、球質そのものは前回と一緒だったのでしょう。コントロールと配球で何とか勝負したと見え、良い状態からはまだまだなのかなと思いました。川本がリードで頑張ったのでしょうね。それでも7回途中2失点と好投した唐川を、昨日の藤岡に引き続き打線が援護できませんでした。もちろん涌井はまがりなりにもライオンズのエース格ですので打ち崩すのも簡単ではないでしょうが、もうちょっと打者には意地を見せて欲しいです。伊東監督からしたら一番気合が入りそうなライオンズ戦で2日続けての”力負け”ですから、心中穏やかではないでしょう。まだまだ試行錯誤は続く・・。
そんな中でも大地の元気さはやはり楽しみであり、それに刺激されたか代打今江の意地を見せた?ヒットとゲッツー阻止の上手いスライディングもあり。最終的にはショートに大地が入り根元が外れるという新布陣もありました。伊東監督の前ではレギュラーも安定したレギュラーではないとの事でしょうし、これからのやりくり、手腕に期待したいですね。

*****
さて、唐川の投球を録画で見なおそうかどうしようかと思ったのですが、まずは”大谷効果”で急遽中継が決まったFOXのイースタンを観る事にしました。今年は私にしては異例のことに、いまだ浦和マリーンズを観ていないのです。やっと観られた若鴎達、やっぱり楽しいや。
1番加藤はキャンプ時の映像などでは線が細いなーと思っていたのですが、今日はそれほどには感じませんでした。その立ち姿、プレーから伝わってくる雰囲気の良さは去年の大地と似たものもあり、将来は間違いなく1軍で張れる存在になりそうです。好調の荻野貴司はバットを今までより長く持つようになりましたね。早く1軍で観たい!(そうなると誰が落ちるかが問題・・・)神戸はいつの間にか身につけるグッズが黄色になり、そんなんで目立つよりプレーで目立ってくれ、と未だに扁桃炎でそうそうないチャンスを棒に振ったことを怒っている私(苦笑)がいます。晃多は去年くらいから本当に守備が上手くなった!高濱はあまりアピール出来ませんでしたが、浦和は若手が花盛り。塀内や早坂、工藤の影がすっかり薄くなってしまっていますね。そして私の期待の星、翔太が2本の2塁打に、タイミングを外されながらもバットの先でレフトポールまで持っていった見事なホームランでアピール!伊東監督は今日の試合は観ていたのかな?翔太は怪我で去年の秋季キャンプ参加出来ずアピール出来ませんでしたから、今日のが良いアピールになったら良いな〜。翔太、晃多、高濱の3人は今年こそ、1軍で観たい。晃多と高濱の二遊間とか1軍のそれよりもワクワクしますもん。高濱は去年好調時にもっと上で使って欲しかったなーと今更ながら残念です。

木村は腕の振りが全然で結果は出たものの、私的には物足りない!キャンプで評判が良くて、ストレートも速くなったと言っていたのに、オープン戦、そしてこの日と観て去年までと変わらんなーと思いました。もっともっと強く腕を振って欲しいです。もったいない!
一番「まずい・・・」と思ったのは内で、1投目を観てあまりの「緩い」腕の振りにかなりビックリしました。解説の立川も言っていましたが、下半身が使えていないし・・・まるで別人です。たぶんフィジカル面でまだまだなのでしょう。この分では調子が上がるのは夏くらいになってしまうのでは。内の不在は痛いです。体調面だけなら良いんですけど、怪我の怖さが出てしまっているとかだとしたらもっとまずい。早くいつもの内に戻って欲しいです。

「ファイターズの」大谷にも触れないといけませんね。今日の投球を見る限りはバラバラでまだまだ1軍での先発レベルではないと感じたものの、硬いと見えた初回から一転、2回には急に腕が振れるようになりました。しなやかな腕の振り、身体能力はやはり素晴らしいものがあります。ダルレベル(つまり日本・・・いや世界トップレベル)にはなれる投手だと思います。ファイターズにはくれぐれも上手く育てて欲しいと改めて感じました。

*****
★ホークスの東浜、プロ初先発で満塁弾を浴びる。私が4年間「恋焦がれていた」投手。まだまだ実力はこんなもんじゃないですよ!
★そのホークス、6点差を追いつき、サヨナラで勝利しました。おお、これで乗ってくるんじゃないかな!と思ったのもつかの間、明日からマリーンズと対戦ということに気がついた(苦笑)

■2013/4/11時点でのパリーグ順位
    試 勝 負 分 率  差
1 L 12 8 4 0 .667 -
2 E 11 6 5 0 .545 1.5
2 Bs 11 6 5 0 .545 1.5
4 F 11 5 6 0 .455 2.5
4 M 11 5 6 0 .455 2.5
6 H 12 4 8 0 .333 4

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月10日 (水)

藤岡、涙を次に繋げよう! M1−4L

藤岡の好投むなしく、敗戦。
ニッカン式スコア

今日も残業で帰宅時は試合が終わっていましたが、藤岡の投球シーンを中心にちゃちゃちゃっと録画を観直しました。
昨日頑張った吉見が抹消、代わりに中後が昇格。思ったより早い復帰は嬉しいです。キャンプでもとうとうブルペン入りしなかったことが相当心配だったので・・・今日はワンポイントで結果を出しましたね。
さて、藤岡ですが今日はとにかく低め低めに制球されていて、安心出来る投球だったと思います。8回、ランナーを残して降板するときに涙を浮かべていましたが、四球を出して交代を招いてしまった自分、相手投手よりも早く降板した自分に対する悔しさだと私は思っています。プロとして涙を見せることはいろいろな意見があると思いますが、なに、この涙を次に繋げれば良いんです!それが出来ればこの涙も良いかな、と思います。(涙と言えば上野。流した涙をまだまだ無駄にしたままだぞ〜!)前回登板、途中から開き直って腕が振れたことが今回の好投に繋がったのでしょう。次の試合も期待が持てますね。

昨日は岡田の美技がありましたが、今日は対照的に角中のスローインミスあり、井口と清田の”お見合い”ありと細かいミスが目立ちました。当ブログを立ち上げてから何度も言っていますが、マリーンズの外野は伝統的にカットまでしっかり球を返せません。今日の角中のプレーはいただけませんでした(井口も止めて欲しかったよ)。その後にホームへ良い送球をしてランナーを刺しましたが、本来は無かった筈のプレーです。”お見合い”に関してはまぁ井口の追い方も半端ですが、あそこは清田が主導権を握らないと。これから長いシーズン、こういうプレーは早めに潰して欲しいですね。

しかし今日も川本のプレーが目立ちました。金子を1塁で刺したプレー、角中のバックホームを受け、がっちり走者をブロックしたプレー(しかもこの後平然としていたのがカッコ良かった)。ベンチで投手に声をかける様子も頼もしいですし、ほんと良く来てくれたなぁーと思います。トレードは「お互いに環境を変えるため」とありましたが、川本は試合に出られる喜びがプレーにあらわれてますね。里崎の復帰も間近とは思いますが、今のままなら川本のプレーを観ていたい。(里崎の存在感はとても大きなものがありますけれど)。

また、鈴木大地も相変わらずのハツラツさを見せてくれ、観ていて本当に楽しいです。大学のチームメイト藤岡の尻をバンッと叩くシーンは、この二人を持って「世代交代」を感じました。

投手戦を競り負けるのは悔しい負け方ですが、希望が持てるシーンも多々あり、見どころも沢山あった試合でした(満塁のチャンスでGGに古巣相手の一本が出ていたら面白かったのですが!)。明日は唐川と涌井、同タイプの楽しみな対決。唐川はうかうかしていると藤岡・大地・中後・益田に追い越されちゃいますよ!ナイスピッチを期待します。

■2013/4/10時点でのパリーグ順位
    試 勝 敗 分 率 差
1 E 9 6 3 0 .667 -
2 L 10 6 4 0 .600 0.5
3 M 9 5 4 0 .556 1
3 Bs 9 5 4 0 .556 1
5 F 9 3 6 0 .333 3
6 H 10 3 7 0 .300 3.5

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

この組み合わせでも勝てた(超失礼) M3−2L

たーいへん失礼ながら、試合前は正直勝てるとは思っていませんでした。
ニッカン式スコア

今日は残業でかなり遅くなりましたので、帰宅後にダイジェストのみの観戦。
試合前は、好調ライオンズ相手でしかも先発は牧田、こちらはどちらかというと「先発が足りなくなって」消去法的先発の吉見。正直厳しいかなあと思っていました。

もっとも、今季吉見は中継ぎで好投していますし、過去先発でも眼を見張る投球をしたり(んでいきなり崩れたり)はしますので、吉見がとにかく踏ん張ってくれれば、そして打線はなんとしてでも先制して逃げ切りなら勝てるかも!とは思っていましたけれど・・・牧田の暴投というラッキーな先制をしたのに、四球絡みですぐ追いつかれるという「いかにも吉見」な展開にやはりダメか・・・と。
しかし良く踏ん張りましたね。6回途中にピンチを作って降板は形は良くないですけれど、ダイジェスト観てたらとにかく強い風で、この中投げるのはしんどかったろう、とむしろ良く投げてくれたのだなあと感じました。むろん後を継いだ中郷が抑えたのが非常に大きかったですけれど。
吉見はまた先発のチャンスがあるでしょうね。西野じゃないですけれど、チャンスはしっかり掴んで欲しいです。そうそうチャンスはあるものじゃない。

岡田の美技も観ました!岡田のプレーでいつも思うのは、打球が落下していく様子と、その時の岡田がいる地点とをみると普通はまず取れないってところにいるんだよなぁー、でも気がついたらスルスル〜と落下地点まで追いついているんだよなぁ〜と。今季は左腕相手の1試合以外は全部センター岡田で固定してくれていることを非常に私の中では評価しているのですが、今日の守備なんかは攻撃換算で2,3点奪うに等しいプレーだったと思います。スタメン起用している伊東監督のファインプレーでもあるなあと。(次に相手先発が左腕だったらどうするのかも気になるところです)

マリーンズの攻撃は全然観ていないのでコメントは控えますが、角中の猛打賞は素直に嬉しいですし、初回暴投の1点とは言え先頭の根元がいきなりの長打を放ったのが先制に繋がったとも言えるでしょう。少ないチャンスを活かしたと言っても良い・・・・のかな・・・・良いのだ!という事にします。
開幕から得点が相手のミスによるものが多いのをどう捉えるかですが、これも「得点の才能」と前向きに考えちゃうことにします。

好調ライオンズを迎えての初戦、例え相手のミスがらみであっても接戦を取ったのは大きいですよね。相手へのダメージもあったでしょうし。明日先発の野上に関しては、得意のチェンジアップがマリンの風で有利に働く気もしますし、明日も点を取るのは厳しいかも知れず、やはり藤岡頼みとなります。まあ、余計なことは考えずに思い切り腕を振って欲しいですね。明日、なんとかカード勝ち越しを決めちゃいたいですね!

■2013/4/9現在のパリーグ順位
    試 勝 負 分 率  差
1 E  9 6 3 0 .667 -
2 L 10 6 4 0 .600 0.5
3 M  9 5 4 0 .556 0.5
3 Bs  9 5 4 0 .556 0
5 F  9 3 6 0 .333 2
6 H 10 3 7 0 .300 0.5

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年4月 8日 (月)

チームには小さな1勝だけど、西野にはとても大きな1勝 E2−11M

西野、スライド登板をものともせず素晴らしい投球でプロ初勝利!マリーンズの連敗を3で止め、さらに同一カード3連敗も阻止しました。
ニッカン式スコア

帰宅時はすでに6回でしたが、西野の投球をどうしてもちゃんと観たくて試合終了後に西野の投球を録画で見直しました。
大げさな言い方をすれば、今日の登板に西野のこれからの野球人生がかかっていたかも知れません。ここで情けない投球をすると、次の先発のチャンスは無かったかも。いや、1軍の座だって危うかったかも。昨日も書きましたように、西野の「強い気持ち」に期待はしていましたけど、逆にその気持が強すぎて力み過ぎるんじゃないかとの思いもありました。しかし今日は期待以上の投球を見せてくれました。
ストレートは低めに制球され、フォークも相変わらず良い所から落ちます。何より腕がとても振れていましたね!その為にスライダーも効果的に打者のタイミングを狂わせました。走者を出してからは、やはりやや制球が甘くなる傾向は感じられましたが、「大ケガ」するようなものではなかったです。この辺りは気持ち的な部分も影響しているでしょうし、これから投げて行くにしたがって克服されるものでしょう。
育成で4年間も過ごすという、恐らく私達が想像するよりもきっと、先が見えず辛かったに違いない”プロ生活”。そんな闇の中を頑張って来た苦労が今日やっと報われました。手放しで祝福したいと思います。西野も自信を掴めたのではないでしょうか?マリーンズには小さな1勝かも知れませんが西野にとってみればとても大きな1勝。もちろんこれでやっとプロ野球選手としてはまだ第一歩を踏みだしただけですし、体力の落ちる時期は棒球になりやすい球質・投球スタイルだとも思うだけに、まだまだ課題はあると思いますが、これからの西野に期待したいです。

川本のリードも良く、特にヒットを打たれた嶋の次の打席で内角を続けさせる強気のリードは頼もしかったですし、それに答えた西野のハートと球も素晴らしかった。また、1塁ランナーを刺そうとする姿も今日に限らず観られ、これは伊東監督になってからのサインプレーの賜物であって川本だけではないのかも知れませんが、しっかりとマリーンズの要の役割をしてくれています。雅彦との捕手同士のトレードにちょっと疑問ではあったのですが、良い補強をしたなぁと今更ながら感心しました。

打線にも触れないといけませんね。何と言ってもホワイトセルの3発は凄かったですね。特に4点目を叩きだした2ランは効果抜群で、ここで試合の主導権を握ることが出来ました。先だってのファイターズ戦、中田の勝ち越しホームランで流れを持っていかれたように、4番の1発は実に効果的です。ああ、このままホワイトセルが「とても怖い4番」になってくれたりなんかしたらなぁ・・・と少し夢想してしまいました。・・・夢かも知れませんが・・・。角中のライナー弾も凄かったですし、先制の大地のタイムリーも良かった。大勝したからという訳ではなく、試合運びとしては文句なしのナイスゲームでした。

さて、明日は吉見閣下と牧田のマッチアップ。今ノッているライオンズ相手だけに心配の方が先に立ちますが、吉見もハマると素晴らしい投球を展開したりしますので、なんとか先取点を奪い、逃げ切りと行きたいところです。移動日なしで仙台→千葉と選手は大変ですが、良い試合を期待します。

☆伊藤ちゃんの元気のなさがちょっと心配。球威、制球ともに元気なし。やはり勤続疲労が響いているのか・・・。

■2013/4/8時点でのパリーグ順位
    試 勝 負 分 率 差
1 L 9 6 3 0 .667 -
2 E 8 5 3 0 .625 0.5
3 M 8 4 4 0 .500 1.5
3 Bs 8 4 4 0 .500 1.5
5 F 8 3 5 0 .375 2.5
6 H 9 3 6 0 .333 3

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2013年4月 7日 (日)

角中の珍ヒット(笑)による先制も・・雨天中止 E0(降雨コールド)1M

まさか、今日は強行するとは思っていなかったのですが、びっくりの強行。
この日を楽しみにしているファンの方もいるでしょうし、雨天中止って難しい問題だとは思いますが。選手の怪我も嫌だし、美馬や西野は投げた訳ですし、選手としては正直メリットはないですよね・・。
ニッカン式スコア

さて、今日プロ初先発の西野ですが、なかなかの投球でした。開幕第2戦の投球で不安を覚えた方も結構多いみたいですが、ファームの登板やオープン戦の内容からすると、この時の投球は明らかに緊張していたと見えましたし、本来の力を出してくれれば・・・と余り不安視はしていませんでした。今日はストレートも低めに制球されていましたし、フォークも良いところから落ち、この投球ならばちゃんと試合を作ってくれそうです。時折甘い球があったのと、走者が出てからの投球が課題でしょうか。
そして明日予備日(この時期で即予備日開催ってあまり記憶に無いです)の予告先発は「西野」とのことで、うわあ、チーム事情とはいえ厳しいことするなあー!と驚いたのですが、ほかならぬ西野本人の(スライド登板の打診を受けての)「いけると思ったので。(チャンスを)逃したくない」という頼もしい発言。うん、良いですね!こういうの。西野からしたらチャンスですし必死ですよね。この強い気持ちがあれば、明日はやってくれる!と思いました。今日は開催か中止かわからない中での登板、しかも雨中で2回26球投げて明日スライド、と条件としてはかなりキツイと思いますが好投してチャンスを掴んで欲しいです。心から応援するぞ!

攻撃陣では攻守に精彩を欠いていた今江を外し、来ました大地スタメン!今日チャンスでいきなりの併殺は皮肉でしたが、記録は消えたしまた明日スタメンであれば開き直ってノビノビプレーして欲しいですね。
また、今日は世にも珍しい角中の珍ヒットがありました。高々と一塁方向に打ち上げたフライをファースト小斎とセカンド藤田が猛然と追うも打球を見失い?一本間のファウルゾーンにボテッと落ちました。・・・が、恐らくバックスピンがかかっていた打球はそのままインフィールド内へ戻る様に弾んでコロコロ・・・一塁に進んでいた角中には「投手内野安打」が記録され、3塁走者の川本はすでにホームイン、マリーンズ先制!「ああいうヒットは人生で初めてです。1打席目は打った瞬間ヒットと思った当たりがアウト。この打席はアウトと思った当たりがヒット。これが野球なんですかね」との角中のコメントがありましたけど、私もこんなん観たの初めてです。幻の先制、幻の内野安打となりましたが、角中、川本がしっかり走っていたからこその珍事。基本て大事ですね。

試合中止後は雨中パフォーマンスを見せる銀次がホームに滑りこむのに合わせて出て行った江村がブロック!その後は江村がダイヤモンドを走り、その後にはGGも続き、最後に「千葉のために LOVEマリーンズ」と書かれたタオルをかざす。このへんはかなり笑わせて貰いました。野球選手のこういう明るいとこって良いなぁー。さらにクラッチとクラッチーナの可愛いスライディングもあり、その意味ではお客さんは楽しめたでしょう。実際現地で頑張って辛い思いしながら観戦した後にこういうのがあるとファンとしては気持ちが全然違いますよね。ささやかなプレゼントでした。

明日試合ということで7連戦となり監督からすると先発のやりくりが頭痛いところです。日曜の西野登板も恐らくないでしょうし。しかし今日の雨中止で仕切り直しとなってくれれば。いきなりの同一カード3連敗はなんとしてでも避けて欲しいです。明日も期待しましょう!
    試 勝 負   率  差
1 E 7 5 2 0 .714 -
2 L 9 6 3 0 .667 0
3 Bs 8 4 4 0  .500 1.5
4 M 7 3 4 0 .429 2.0
5 F 8 3 5 0 .375 2.5
6 H 9 3 6 0 .333 3.0

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月 6日 (土)

競り負け、ちょっと残念な敗戦でした E3−2M

俊介の好投実らず、3連敗。
ニッカン式スコア

「強いチーム」の条件として、「連敗をしないこと」というのが個人的にありまして、ある意味連勝よりも大事だと思っているのですが、今日の敗戦で3連敗となってしまいました。うーん、2連敗で止めて欲しかったなあ。記事タイトルに「残念」と書いたのは、今日の試合展開は両チームともに似たような内容だったのに、最後に競り負けた感があったからです。負ける感じはあっても、勝てる感じはあまり無かった・・・。勝ち越されたイニングはジョーンズの当たりそこねが内野安打になったことが発端で不運な面もありましたし、勝ちがマリーンズに転がってもおかしくは無かったかもですが、全体的に押されていた感覚がありました。

打線は観ていてさほど苦労するとは感じなかったダックワースに苦しみました。とはいえ球に角度がありますし、実際のところ打席に立つと見た目よりも打ちにくいのでしょうね。それに制球が良かったですしね。目を見張る球は無いけど、まとまった良い投手なのだと思います。まあ、ある程度打てないのは時期的な事もあるし仕方ないのかなあ〜と思いますが、最後に代打で出て昨日に続きヒットを飛ばした大地のバッティングを観ていると、スタメンを張ったメンバーよりもはるかにたくましく、やはりスタメンで使って欲しいという気持ちと同時にスタメンはもちょっと意地見せてくれよう、とも思ってしまいます。両チームの打線を観ていると明らかにマリーンズ打線は振れていないかな。

前回急に崩れて心配された俊介は、ダメな時の特徴である制球の悪さが今日は無く好投しました。ただ真芯で捉えられた打球も多く、もうちょっと緩急を使って欲しいところです。ただ、俊介と初めて組んだ川本との相性は良かったようですし、これからもっともっと俊介の良さを引き出して活かしてくれるでしょう。

まあ、負けはしましたがシーズンは始まったばかり、悲観しているわけでは全くありません。でも明日も負けて4連敗になると、順位とか成績そのものよりも選手達の中に「今年もダメか」という思いとか、「負けグセ」とかそういう負の部分が芽生えてしまうのがちょっと怖いですね。そのためにも明日はプロ初先発となった西野の踏ん張りと、打線に目覚めて貰って勝つしかありませんが、天候が心配です。先発のやりくりを考えると中止だとプラス面は多いですが、西野の初先発を流したくないなぁ・・・確かオープン戦での初先発も雨で流れたと思います。まさか、新たな雨男の誕生ではないでしょうねぇー。

次の試合に期待しましょう!

★イーグルスの高堀が良い投手のようだと去年から気になっていて、今日やっとちゃんと観れました。Bsの平野に似たフォームから投げ込まれるストレートは勢いがあって力強いしスライダーのキレも抜群だし、7回をピシャリと抑えられたときはうわあ、やっかいな投手がまた出てきた!と思ったのですが8回先頭根元に四球を出してから急に崩れました。メンタルがまだあまり強くないのかな?とても良い投手だと思うだけに、高堀の成長ぶりがこれから気になります。

そうそう・・・今季から記事に簡単なパリーグ順位を載せることにしました。というのも、後で振り返るときに特定の日にちや試合数時点での勝敗や順位が判らなくて困る事が過去多かったからです。とは言え、めんどくさいとき、時間がない時は多分はしょります。

■2013/04/06時点でのパリーグ順位
    試 勝 敗 分  率  差
1 L 8 6 2 0 .750 -
2 E 7 5 2 0 .714 0.5
3 M 7 3 4 0 .429 2
3 Bs 7 3 4 0 .429 0
5 H 8 3 5 0 .375 0.5
6 F 7 2 5 0 .286 0.5

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

投手陣のちょっと気になる所 E17−5M

昨日、「明日に繋がる」って書いたのに・・・・ああ。
ニッカン式スコア

いやはや、見事な負けっぷりでした。今日は残業だったためテキスト速報を追いながらでしたが、途中でさすがにもう試合は諦めました。大敗はあまり残らないともいいますけれど、さすがに打たれすぎかな。しかも投手全員が満遍なく点を取られてしまいました。
開幕してから投手陣に関して気になることはとにかく「全般に球が高い」ということ。今日は打たれたシーン打たれたシーンが、投手は違うのに同じリプレーを観ているようでした。これが一時の事であれば良いのですが、例えば下半身が弱いなどが理由だとそうそう立て直しが効くとも思えず、この先かなり困った事になります。これで、まだ6試合ではありますがチーム防御率は脅威の5.49となりました。これからどう形を作っていくか、首脳陣の手腕が問われるところです。ただし、もちろんプレーするのは選手ですから結局は個人個人に頑張ってもらうしかないのですけれど。

さて、帰宅時はとっくに試合終了していましたが、イーグルスのルーキー則本の投球が観たかったのでちゃっちゃっと少しだけ録画を観ました。則本、良いですね!何と言ってもストレートに伸びがありますし、スライダーのキレも良い。それに思ったよりもコントロールが良いという印象を受けました。楽しみな投手がまた出て来ましたね〜。皮肉なことにマリーンズ投手陣の高めに行く棒球とは対象的に、キレのある高目ストレートがかなり効果的でした。少し気になるのは身体の開きがちょっと早い上にさらに腕が遠くから出てくるので、肩に負担がかかりそうということ。慣れないプロ生活でもありますし、しばらくすると調子が落ちるかもしれません。最低限故障だけは気をつけて欲しいですね。

攻撃では、オーダーをいじって来ました。貧打と言っても良いマリーンズ打線、こういう試みは大歓迎です。井口の4番をいつ外すのか注目していましたが、開幕から3カード目での降格は少し予想より速かったです。大松の抹消と合わせ、”聖域”を作らず柔軟に対処してくれそうで、厳しいようですがこのくらい思い切ってくれたほうが今後に期待が持てます。それにしても井口の身体の重そうなのは気になりますね。セカンドスタメンは結構厳しいのではなかろうか・・・今は大地スタメンの方が結果は出る気がします。

ま、いろいろとありますが、良くも悪くもまだ6試合。伊東監督としてもまだ手探り状態は続いているでしょう。出来ることは最大限やってみて、少しずつ「2013年度版・マリーンズ」を形作ってくれれば良いと、大敗にも気持ちはめげず、気長に楽しみながら観て行きたいと思います。

★嶋のホームラン、今季から新設されたEウイング部分に飛び込む。去年までならフェンス直撃くらいで大谷も不運と言えば不運だけど、しょうがないですね。狭くするのは時代に逆行している気も少しはするけど、こういうのも”球場の個性”ってことで、これはアリかな。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

見応えあった最終回の攻撃 〜ついでにFOXの「Baseball Center」の話〜 M5−8F

今日は唐川の出来が本来とは程遠く、試合を作れず。連勝はなりませんでした。
ニッカン式スコア

唐川の調整不足はやはり否めません。ストレートに力(というかキレ)がないし、全般に高かったですね。病み上がりでもあり、急ピッチ調整はわかっていましたから一昨日の雨中止で内心唐川の先発を一度飛ばして欲しいとの思いがあったのですが、成瀬とゴンザレスの抹消で苦しい投手事情から今日の登板となったと思います。次の登板までに修正出来るのかと言ったら結構難しい印象も受け、一軍で調整するよりは一度抹消の方が良くないかと思うのですがどうでしょうか?週末は雨中止になる試合ありそうな気配で先発が浮きそうですし、先発要員としても西野、大嶺、上野あたりがいますし吉見閣下だってありえますし。
しかしながら、唐川は毎年ローテから離脱することで、今年こそ、と期待していたのに2013年シーズン最初の試合に結局調整が間に合わなかったことにかなり残念な気持ちがあります。いい加減「ガラスのエース」を脱却して貰わないと・・・・誰もが認める才能があるだけに、歯がゆいですね。「絶対的エース・唐川」が観られるのはいつの日か・・・・。

打線はやはり苦手木佐貫を打てず。2点取られた後に、フィルダースチョイス2つなど相手に助けられながらもすぐ追いついたことに期待したのですが、突き放されてしまいました。試合の流れ上は陽の満塁弾で試合は決まった感がありますが、実際のところ中田に打たれた勝ち越し弾、こっちの方がダメージ大きかった気がします。それくらい4番の一発って存在感ありますし、中田もいよいよ4番らしくなってきたということなのでしょう。

それでも、最終回の反撃は楽しいものでした。いわゆる「マリーンズ名物追いつけない程度の反撃」と揶揄されるようなものではなく、使い古された言葉ですが「明日に繋がる反撃」だったと思います。江村のプロ初ヒットは良かったですし(やった!)大地のタイムリーも良かった。細谷の粘った四球も価値があるものでした。最後の福浦は残念でしたが、観ていて楽しい攻撃でした。(オープン戦で武田久から放った本塁打、とっといて今日だったらなぁ〜と思ってしまった)

さて、明日からイーグルス戦です。注目のルーキー開幕投手則本と大谷のマッチアップ。則本の投球は非常に楽しみですね。大谷は試合を作ってくれるでしょう。このカード、勝ち越しと行きましょう!

☆今日もFOXで試合終了後に間髪入れず放送される「Baseball Center」の話を。
2回、ホワイトセルが鶴岡のタッチをかいくぐってホームインしたシーン、5回に放送されるハイライトを帰宅後に観た私は「あれ?3フィートライン超えてるやろ〜」と思ったのですが判定はセーフでした。栗山監督も抗議に出ていたようですが、これについて仁志がわかりやすく解説しています。
要は「タッチされそうになって逃げて3フィートを超えた場合はアウトになるが、この場合はタッチされそうになっていないのでセーフ」とのこと。ホワイトセルが回り込んだときは確かに鶴岡はまだタッチに行っていません。公認野球規則を紐解いてみると、

7.08次の場合、走者はアウトとなる
(a)(1)走者が野手の触球を避けて、《走者のベースライン(走路)》から三フィート以上離れて走った場合。

とあります。確かに『触球を避けて』と書いてあるので、ホワイトセルのはセーフですね。うーん、勉強になった。この番組、生馬アイザックというなんとも不思議なキャラのレポーターの存在と合わせて、なかなか面白いです。”ナルシスト”義田貴士のしゃべりだけが気に障るのだけど。なんとかスルーするしかないか。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2013年4月 3日 (水)

こういう勝ち方もいいね M4−3F

今日は帰宅したら、南が8回表二死三塁のピンチでアブレイユを三振に斬って取るシーンでした。バッテリーのガッツポーズ、カッコいいですね。
仕事中に経過をチェックして、3回に3失点したときは去年の「悪い時の藤岡」を思い出し、今日は苦しいかな〜と思ったのですが、その裏に逆転とは・・・「面白い試合やってるやん!」と。
今までのマリーンズだと、ここで同点どまりだったじゃなかったですか?逆転出来た所に今季のチームへの期待感もあがろうというもの(まだ開幕4試合だけどさ)。

まあしかし、テキスト速報を追いながらも2回の細谷、川本、伊志嶺の「右飛」「右飛」「右飛」という文字に、「ああ、右におっつけてるのかな」と吉川攻略にほのかな期待を持ったのも事実です。強引に引っ張りに行かなかったのは立花コーチ、幸一、監督ら首脳陣の選手に対する意識付けがしっかりしているのだろうと思い、まだまだいけるかなと思いました。

もっとも、逆転した3回以外は6回に1安打しただけという事をどう捉えるかですが、相手チームにこういう風にやられるととても悔しかったりしますし、特に他の対戦でもファイターズがこんな勝ち方をしているのを見たりすると「強いな」と感じますから、「こんな勝ち方も良いね」と素直に思います。要は、ワンチャンスをものにしたということ。

まあ、中継後のFOX番組(初めてみたけどなかなか面白い。アメリカンスタイル?司会の義田貴士だけが昔からどうにも苦手なんだけど)でも触れられていたように角中のランナーコーチ無視の暴走(結果はセーフ)もあったようですし、ファイターズの中継プレーの乱れで根元が帰れなかったり、と細かいところのツメがまだまだ甘いようです。これから140試合戦っていく訳ですから、こういう小さなプレーの積み重ねが最後には大きな差となるかと思いますので、今のうちに潰しておきたい所ですね。

藤岡は最後の3イニングは3人ずつ抑えましたし、今日の勝ちで乗って行って欲しいですね。マリーンズは先発が試合を作ってなんぼです。明日の唐川には今季こそ一年間やってもらわないと困りますから、この先に期待を持てるような投球を期待します。
ニッカン式スコア

★ファイターズのショートに大引がいるのはまだ慣れませんねー。
☆今日は左腕相手でセンターは岡田に代わり伊志嶺でした。伊東監督が単純に左右にこだわるとも思えませんから、今後のオーダーに注目したいですね。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2013年4月 2日 (火)

恵みの雨かな?

今日は残念ながら水入りとなってしまいました。観戦予定だった人には申し訳ないですし、シーズン始まって3試合しか消化していないのに早くもこんなことを言うのはナンですが、マリーンズには恵みの雨でしょうね。
ただでさえ開幕前、先発が足りなくなったところへ成瀬が抹消、俊介は投球が微妙、ディッキーは不調で抹消。唐川は病み上がりで急ピッチ調整、と慢心創痍の先発陣。さらに開幕1・2戦で中継ぎ陣総登場。先発の立て直し、中継ぎ陣の休養にはちょうど良いかもです。

中止が予想される中で、今後の先発は藤岡がスライド、唐川は一度飛ばして予定通り木曜に大谷、成瀬のところはファームから昇格or西野・・と思っていましたが、ディッキーが抹消になったことで1枚さらに減ってしまいました。
ですので、藤岡・唐川とマリンでのF戦、仙台に移動して大谷、俊介と来るのでしょう。日曜日をどうするかですが、個人的にはファームで好投している大嶺をお願いしたいものの、西野という話もあるようです。第2戦の西野登板は先発テストだろう、という事も前に書きましたし、それならそれで納得ではあります。唐川や俊介の状態で改めて大嶺昇格の判断があっても良いでしょうね。

イーグルスは今日も勝ち、乗っている感じです。金曜はルーキー開幕投手の則本でしょうか。観るのが楽しみな投手でもありますが、いきなり初物に抑えられる事のないよう攻撃陣には期待したいですね。

話が先走りました。まずは明日からのファイターズ戦です。苦手意識を払拭するためにも、良い試合、良い内容で勝ちましょう!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

2013年・開幕第1・2戦画像集

トラブルでアップ出来なかった開幕1・2戦の画像集です。
相も変わらず画像多くて重いかもです、ごめんなさい。
良かったらごらんください。


では第1戦から〜。

さあ、今年も野球の季節が始まりました もうちょっとすっきりした天気なら良かったのですが
Dscf3362

個人的には森脇采配が気になります とても好きな野球人なので・・・
Dscf3367

伊東監督、どんな野球を見せてくれるのか
Dscf3370

セレモニー 画像では見えませんがセンターの大きなフラッグは「翔破」 チーバくんもいたよ
Dscf3371

始球式は佐藤健くん
Dscf3380

糸井のバファローズ入りはいまだに理解出来ません
Dscf3385

1回裏攻撃前のコレオグラフィー(というらしい) 「CLM」?自分の位置からはよくわからんかった
Dscf3386

金子のフォーム、美しいなぁー
S0023436

竹原は堂々のスタメン5番
Dscf3392

福浦のファーストスタメンも嬉しい 福浦ファーストのおかげで救われた場面多数
Dscf3396

成瀬まさかのアクシデント 軽症で良かったし、勝って良かった
Dscf3404

急遽登板の中郷はよく投げました
Dscf3410

プロの第一歩を踏み出しました!
Dscf3415

伊藤ちゃんの復活も嬉し でも線が細くなった気がする・・・
Dscf3442_3

益田はすでに貫禄の投球でした
S0033452

「マリーンズの」川本は代走で初お披露目
Dscf3461

角中が決めた!
Dscf3466
S0043467
S0053473

選手の笑顔は良いですね〜!
Dscf3476

Dscf3477

こういうの嬉しいですね
Dscf3480

「してやったり」?
Dscf3482

ハットリくん、長かった初勝利!
Dscf3491

第2戦です。

大松の今シーズンはどうなるのか・・・
Dscf3497

捕手の争いも目が離せません
Dscf3498

伊志嶺の奮起にも期待
Dscf3500

大地のセカンドスタメンが観たい・・・とぼそっと言ってみる
Dscf3502

天に祈るのか・・・単に天気を心配しているのか・・・
Dscf3505

気合注入
Dscf3507

相変わらず変態的な俊介の腕
S0063511

すっかり頼れる存在に
Dscf3524

イ・デホのホームランは凄かった これぞホームラン、という弾道
Dscf3521

ベンチ内で後ろの選手が準備している様子を観るのが好きだったりします
Dscf3523
Dscf3529
Dscf3564
Dscf3565

内野手の個性ある構えも好きだったりします
Dscf3528

この迫力でチャージ掛けられたらバント怖いよなあー(この時は岡田がしっかり決めました)
Dscf3553

今江のグローブこんなに小さかったっけ?
Dscf3572

西のイニング間の投球練習を観ているのも面白かった 腕を強く振りながらもゆるーいカーブ投げてみたり強くストレート投げてみたり
Dscf3526

初登板・西野のこのなんとも言えない表情にほっこりしました
Dscf3530

1軍のマウンドで投げる!
S0073537

清水コーチが外野に指示を出すシーンがとても多く目立ちました
Dscf3544

でも見てない (ウソ)
Dscf3547

GGは初打席を見事ヒットで飾りました
Dscf3552

しかしホーム突入であえなくアウト
Dscf3554

なんとも・・・・・(笑)
Dscf3559

ハットリくん、荻野忠ともにナイスピッチ
Dscf3562

凱旋登板! この日は結果残念でしたが、第3戦は見事な投球でした
Dscf3590

熱燗でもクイッと行きたいねえー
Dscf3593

江村、プロ初出場! なのに叱られてるみたい
Dscf3595

サヨナラ機に盛り上がる
Dscf3598

福浦が決めた!
Dscf3600_2
Dscf3610
S0103604

試合後にグラウンドが解放されました
Dscf3620

こうやって見ると、やはりファウルゾーン広いな〜と改めて感じます
Dscf3631

以上です。長々と失礼しました。
選手の笑顔を見るのは良いですね!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »