« 見応えあった最終回の攻撃 〜ついでにFOXの「Baseball Center」の話〜 M5−8F | トップページ | 競り負け、ちょっと残念な敗戦でした E3−2M »

2013年4月 6日 (土)

投手陣のちょっと気になる所 E17−5M

昨日、「明日に繋がる」って書いたのに・・・・ああ。
ニッカン式スコア

いやはや、見事な負けっぷりでした。今日は残業だったためテキスト速報を追いながらでしたが、途中でさすがにもう試合は諦めました。大敗はあまり残らないともいいますけれど、さすがに打たれすぎかな。しかも投手全員が満遍なく点を取られてしまいました。
開幕してから投手陣に関して気になることはとにかく「全般に球が高い」ということ。今日は打たれたシーン打たれたシーンが、投手は違うのに同じリプレーを観ているようでした。これが一時の事であれば良いのですが、例えば下半身が弱いなどが理由だとそうそう立て直しが効くとも思えず、この先かなり困った事になります。これで、まだ6試合ではありますがチーム防御率は脅威の5.49となりました。これからどう形を作っていくか、首脳陣の手腕が問われるところです。ただし、もちろんプレーするのは選手ですから結局は個人個人に頑張ってもらうしかないのですけれど。

さて、帰宅時はとっくに試合終了していましたが、イーグルスのルーキー則本の投球が観たかったのでちゃっちゃっと少しだけ録画を観ました。則本、良いですね!何と言ってもストレートに伸びがありますし、スライダーのキレも良い。それに思ったよりもコントロールが良いという印象を受けました。楽しみな投手がまた出て来ましたね〜。皮肉なことにマリーンズ投手陣の高めに行く棒球とは対象的に、キレのある高目ストレートがかなり効果的でした。少し気になるのは身体の開きがちょっと早い上にさらに腕が遠くから出てくるので、肩に負担がかかりそうということ。慣れないプロ生活でもありますし、しばらくすると調子が落ちるかもしれません。最低限故障だけは気をつけて欲しいですね。

攻撃では、オーダーをいじって来ました。貧打と言っても良いマリーンズ打線、こういう試みは大歓迎です。井口の4番をいつ外すのか注目していましたが、開幕から3カード目での降格は少し予想より速かったです。大松の抹消と合わせ、”聖域”を作らず柔軟に対処してくれそうで、厳しいようですがこのくらい思い切ってくれたほうが今後に期待が持てます。それにしても井口の身体の重そうなのは気になりますね。セカンドスタメンは結構厳しいのではなかろうか・・・今は大地スタメンの方が結果は出る気がします。

ま、いろいろとありますが、良くも悪くもまだ6試合。伊東監督としてもまだ手探り状態は続いているでしょう。出来ることは最大限やってみて、少しずつ「2013年度版・マリーンズ」を形作ってくれれば良いと、大敗にも気持ちはめげず、気長に楽しみながら観て行きたいと思います。

★嶋のホームラン、今季から新設されたEウイング部分に飛び込む。去年までならフェンス直撃くらいで大谷も不運と言えば不運だけど、しょうがないですね。狭くするのは時代に逆行している気も少しはするけど、こういうのも”球場の個性”ってことで、これはアリかな。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています。クリックして頂けるとありがたき幸せ。

|

« 見応えあった最終回の攻撃 〜ついでにFOXの「Baseball Center」の話〜 M5−8F | トップページ | 競り負け、ちょっと残念な敗戦でした E3−2M »

コメント

おはようございます。昨夜は8時までパリーグTVで見て出発。夜行バスの中では携帯で速報チェック。重い気持ちで寝ました。仙台に着き、球場でテープを貼って開場待ち中です。
球が高いのは、下半身が弱くて浮くのか?低めでストライクを取るのがきつくて高め勝負なのか?どちらも当てはまりそう…
小谷さんに投手陣を全員チェックしてもらう必要ありそうですね。
宮城の外野フェンスが前進。ラッキーゾーンですね。マリーンズ守備には、内野にもラッキーゾーンがあるので相手に有利です(キッパリ)。時々レフトにも出現します…
伊東監督には、この最大の聖域を解消してほしいものです(切実)。

投稿: 大阪の一ファン | 2013年4月 6日 (土) 09時33分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございます。

無事、仙台到着ですね!良かったです。今日は試合出来そうでよかったですね。投手陣のコントロールの精度は気になります。シーズン始まったばかりなので杞憂であれば良いのですが、余りにも甘い球が多すぎますね。逆に今ファームにいる投手の方が小谷コーチの教えでこれから良くなったりして・・もちろん斉藤明夫や川崎がダメという訳ではないのですが。
マリーンズ内野陣のラッキーゾーン・・・(笑)いや、笑っている場合ではないですが・・・ま〜プライドもあるから難しいですが、キャンプでもファーストやってるんだし、去年までよりは抵抗感はないでしょうから、早めの「手当て」をお願いしたいですね。

投稿: BJ | 2013年4月 6日 (土) 11時55分

大谷・中郷両投手については、昨年の起用法の影響があるのではと思い、気持ちの上ではあまり責めたくはないです。しかし、所属選手の背景や来し方については、従来からのファンの方が新しく来た専門家よりも現時点では詳しいかもしれないけれど、選手を起用し評価を下すのは「新しく来た専門家」なのだから、彼らの起用に応えなくてはいけないのは事実。次は結果を出せるよう巻き返してほしいです。

伊藤投手については、滅多打ちにあった翌日に三者凡退に打ち取れる御仁なので心配いらないと思いつつ、それは離脱前の話であり、現在もそれが保たれているかは次投げてみないとわからないとも思います。

松永投手には、ドラ1左腕ということでファンからの「こいつもどうせ」的な視線と、「こいつこそはものになってほしい」という期待の両方が大きく掛かっているのではないかと思います。プレッシャーに負けずにがんばってほしいとともに、私としては一喜一憂しつつも長い目で見守りたい。と言いつつなんだかんだここで書いてしまうかもしれませんが(笑)

則本投手は6回まで投げ、松永投手は6回から投げたので、スコアボード的には「昂大対昂大」があったんですね。私のPCでは「昂大」という書き方は40個ほどの候補中最後に出てくるマイナーな書き方ですが、ルーキーに2人もいるとは。2人とも活躍して(今年ではなくても)オールスターに選ばれてリレーしてほしいです。間にバファローズの松葉貴大投手を挟めばさらに嬉しいです。ネタに走りました。すみません。

投稿: ぷりな | 2013年4月 6日 (土) 13時07分

>ぷりなさん
コメントありがとうございます。

大谷も中郷も残念でしたね。もちろん、私にも責める気持ちは全くありませんよ!人間ですから気温や疲れなど様々な要素が影響するでしょうし、また本来のパフォーマンスを発揮してくれるでしょう。伊藤ちゃんはなんだか線が細くなった気がして、そこがやや心配です。もちろん今までの勤続疲労もありますしね。登板数は全く違いますが、故障歴のある荻野忠も同じような心配はあります。開幕直後の中継ぎ陣の投球は素晴らしいものがありましたし、たまたまだと思いたいですね。
松永はキャラ的にも個性的で、最初は「なんだ?」みたいな気持ちもあったのですが(苦笑)なかなか面白い性格ですね。例えそれが「性格」でも人より違う部分ていうのはプロとして他の選手との違いを生み出す大事な要素だとも思うので、その意味でも期待したいです。
「昂大」対「昂大」はそうか、気が付かなかった!ちなみに私の使用しているGoogleIMEでは61番めに出て来ました。ネタで言うなら、さらに「松本幸大」なんかもリレーに挟んでくれたら良いですね(笑)

投稿: BJ | 2013年4月 6日 (土) 19時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/51112389

この記事へのトラックバック一覧です: 投手陣のちょっと気になる所 E17−5M:

« 見応えあった最終回の攻撃 〜ついでにFOXの「Baseball Center」の話〜 M5−8F | トップページ | 競り負け、ちょっと残念な敗戦でした E3−2M »