« 極めて私的に考えるマリーンズ選手各賞 〜野手編〜 | トップページ | 元マリーンズ戦士、野球をあきらめず »

2012年11月 3日 (土)

チャンスを掴め、藤谷!

いよいよ秋季キャンプが始まりました。
続々とコーチ陣も決まりつつありますが、完全にコーチングスタッフが出揃ってから伊東監督への期待も含めその辺りについて書くつもりでいます・・・が、なかなか発表になりませんね。

伊東監督に期待することの一つに、なんせ名捕手だっただけに里崎に次ぐ捕手を育てて欲しいということがあります。ここ何年も、実質「二番手捕手」がいない現状を打破して欲しいところ。早速なかなか楽しみな記事がありました。

ロッテが捕手改革へ 伊東塾開校(デイリー)

 ロッテの伊東勤監督が、捕手改革に乗り出す。

 秋季鴨川キャンプ3日目の3日、盗塁練習の際の捕手陣の送球に「思ったよりお粗末だった」とダメ出し。「捕手を集めて話をしてみたい」と“伊東塾”を開校し、捕手の心得を伝授する。

 時にワンバウンドし、時にそれる送球。簡単にセーフを許すシーンに、指揮官の表情は険しさの色を増した。「100%ランナーが走る想定での練習なのに刺せない」と渋い表情。さらに「練習のための練習になってる。スタッフミーティングでも注意する」とメニューにも注文を付けた。


まあ、楽しみと言うよりも・・・苦笑、という感じですが(汗)やはりマリーンズの捕手は強肩というイメージは無いだけに、納得のいく内容ではあります。(里崎の盗塁阻止率.307はリーグ1位の炭谷の.416に次いで2位と高い方ですが、横振りの投げ方が好きじゃないんだよなぁ〜)
指導は厳し過ぎるくらいで良いですから、マリーンズ捕手陣に改革を起こして欲しいですね。


そして一番興味を引いた記事が、これです。

伊東監督が逆輸入藤谷を1軍春キャンプに(ニッカン)

 ロッテ伊東勤監督(50)がプロ2年目で1軍未登板の藤谷を来春1軍キャンプに抜てきする可能性を示した。米国・南カリフォルニア大出身で異色の逆輸入右腕として入団。今季まで体力強化で体重は10キロ増で86キロとなり、最速149キロ。今秋フェニックスリーグで3戦3勝、防御率2・25と活躍し、今キャンプのブルペン投球で連日、伊東監督の目をくぎ付けにした。指揮官は「直球が手元で伸びるし、縦のカーブもいい。抑え候補とまで言わないが、何とか化けてほしい。春のキャンプで実戦で見たい」と期待を寄せた。


藤谷は、去年観た時にとても良い投球をしてくれて、かなり楽しみな存在になっていました。(その時のエントリーはこちら
上のニッカン記事中にあるように、ストレートがとにかく良く、だからこそより縦カーブも活きる。怪我がちでこのまま消えていってしまうような予感も抱いていただけに、失礼な言い方ながら予想外の台頭に非常に期待を抱いてしまいます。

他、気になる投手では育成の黒沢のボールが楽しい。今季終盤にやっと実力を発揮しだした植松もそうですし、どんどん「今まで1軍にいなかった存在」の投手達に出て来てもらいたいですね。

私自身は来週、もしくは再来週の週末に一度鴨川に行けそうです。天気に恵まれると良いのだけど。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

|

« 極めて私的に考えるマリーンズ選手各賞 〜野手編〜 | トップページ | 元マリーンズ戦士、野球をあきらめず »

コメント

やあ、早速鴨川キャンプいろんな話題飛んでますね。
いきなり藤谷が時の人になってるし(爆)
今まで見向きもされなかった選手ですからね…。熱心なマリーンズファンでも投球見たことある人はとても少なそうです。
しかし「抑え候補」は時期尚早だろう(爆)段階踏んでそれなりになってくれたら嬉しいです。私は藤谷を先発で見たい気もしますが、たぶん青山監督もそうなんだろうけど、あえて後ろでって、伊東監督の好みかしら?
捕手陣はそうとうしごかれそうですね~
ちなみに今日は盗塁を刺せなくてダメ出しみたいですが
ランナー役の選手が伊志嶺やオギタカだったんじゃないの?
と本当のところが知りたい(爆)
ともあれ伊東監督いわく「いじめ甲斐がある」「練習する体力をつけるのが先」…、やっぱり今までサボってたのか…
とがっかりした面もありますが
がんばらなくてこの程度で頑張ったらどんなにすごい結果が出るのか…わくわく…
負けずについてってほしいですね~

いよいよ西野が支配下登録されるそうで
早く一軍で見たいな~
たぶん斉藤明雄コーチのもろ好みだろうと思います。

鴨川、当分天気良さそうだし、いい練習ができそうです。

投稿: てんとう虫 | 2012年11月 4日 (日) 01時11分

やっぱり全体的に捕手のレベルは
厳しいようですね(汗)

この秋季キャンプで伊東監督の指導によって
雅彦選手でも小池選手でも江村選手など
正直、誰でもいいので出てきてほしいものです。

藤谷投手は僕はノーマークでしたが
さすがBJさん、もうすでに可能性に目を付けておりましたね。

いろんな選手にどんどんアピールして
新たな戦力でチーム力アップといってほしいものです!

投稿: マットゥン | 2012年11月 4日 (日) 10時51分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

話題があることは良いことですよね〜。藤谷がいきなり話題になるとは思っていませんでした。さすがに「抑え」はなんですけど、球の質は良いですし、将来的には適性あるかも知れません。先発と後ろ、どちらが良いのかなあ・・。
捕手陣に関しては、正直「今までサボってた」のはあるのかも(爆)もちろん本来の意味での「サボり」ではなくて、どこか弛緩していたというか、真面目にやっているんだけど意識の面で何かが足りないとか・・記事中で触れ忘れましたが、「練習のための練習になっている」という言葉に結構な重みを感じました。
西野支配下なのですか?さすがに育成で5年というのはないでしょうし、喜ばしいですね!一緒に候補だった鈴江がいないのは寂しいですが・・頑張って欲しいなあ。黒沢も面白い存在だと思うので同じく支配下目指し頑張って欲しいです。ああ、キャンプ観に行きたいです〜。

投稿: BJ | 2012年11月 5日 (月) 22時08分

>マットゥンさん
コメントありがとうございます。

伊東監督の目には現状の捕手陣は物足りないものだったのでしょう。第二捕手が育っていないのも実は無理がないことだったりして・・・悲しい話ですが(汗)
しかし、監督が伊東さんというのはこの面では期待出来ます。真っ先に思ったのは捕手陣の底上げ、でしたから。小池の台頭を観たいですが、ぶっちゃけ言うと私も誰でも良い、とにかく出てきて欲しいです。青松がダークホース的に出てきても楽しいぞ。
藤谷、楽しみですね!怪我で2年目立ってませんでしたから、このまま消えてしまうのか・・・と失礼ながら思っていたので、ファームでキレの良い投球を観たときは意外さもあり、なんだか楽しかったです。
いやあほんと、いろいろな選手にどんどん出てきて欲しいです。去年の記事に書いたこともあったのですが、1・2軍合同のキャンプはこういうメリットがあるので支持派なのです。(もっとも今回はコーチが決まらないとかマイナス面での理由もありましたが)

投稿: BJ | 2012年11月 5日 (月) 22時12分

新潟の来期プロ野球開催が確定しました


パ・リーグはなかったですね


ヤクルトも予想通りなかったです


改築終わる草薙球場に回されると思ってましたがやはり2試合草薙になりましたね


そして新潟のお隣り長野に1試合


松山は3連戦を実施。友好関係を築いてるからと初の試みをしちゃいましたね


燕市と提携して金儲けしてる新潟は何なんだろ(笑)


やっぱ燕市に球場ないのが痛いですよね


松山はキャンプで球場使って試合もそこで出来る


一方燕市は提携はしてるものの球場が燕市にはない為に試合するなら新潟市でやらなくてはならない


ぶっちゃけ燕市とは繋がってても新潟県や新潟市にはなんの縁もヤクルトにはないですもんね


だから毎年新潟市で試合する必要もない(苦笑


あとは巨人戦の観客が少なかったのも響いてるでしょうね


初日24863人…ぱっと見た目は入ってるほうですが土曜で新潟初のヤクルトと巨人の対決の割に入らなかったですからね


それに輪をかけて日曜は17966人ですからね


2年連続で主催するに至らないと判断したのでしょう


そんな新潟は来年2カード3試合組まれましたが3試合とも横浜と巨人の対決


これなんとかならないもんなんすかね?


去年福島でヤクルトと巨人がそれぞれ対戦相手に指名し3試合同カードが組まれてましたが


新潟はベイスが贔屓にしてるからなんとか毎年試合はありますがベイスが新潟で試合やらない時は今後試合0の年も出てきそうですね


まぁ松山なんかもヤクルトが試合やらなきゃ0の年が出てくるでしょうからどこの都道府県にも言えることですが

投稿: 佐藤 | 2012年11月 8日 (木) 17時03分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

ああ、来季の日程発表になったのですよね。いつもならすぐチェックするのに、最近は余裕なくてそれすらしていないです(涙)
草薙球場に持ってかれましたか〜、前に佐藤さん言ってましたもんね。
松山とスワローズは非常に良い関係ですもんね・・・松山に行って感じたのは、やはり「野球熱」がとても高いということ。特に初のオールスター開催にこぎつけるまではかなりのドラマがあったようで、その際に古田の果たした役割はとても大きかったようです。言わば、松山市にとって古田は恩人と言っても良いくらいの。
今のスワローズと松山の蜜月ぶりからすると、やはり近い将来に移転か、少なくとも準フランチャイズ化がありそうかも。
燕市は頑張ってるのに球場がないのは痛い・・・それでも縁を深めようと頑張っているのは、新球場建設を睨んでいたりとかそういうことはないのでしょうかね〜??
それでも地方が頑張るのは良いことだと思います。とにかく日本の野球界はNPBや独立リーグなども含め、もっともっと裾野を広げることをしないと。その意味では新潟はとても重要な役割を果たしそうです。さて、どうなるか・・・興味ありますね。

投稿: BJ | 2012年11月 9日 (金) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/47708428

この記事へのトラックバック一覧です: チャンスを掴め、藤谷!:

« 極めて私的に考えるマリーンズ選手各賞 〜野手編〜 | トップページ | 元マリーンズ戦士、野球をあきらめず »