« 東浜、獲得熱望。 〜ほかドラフトいろいろ | トップページ | 極めて私的に考えるマリーンズ選手各賞 〜野手編〜 »

2012年10月26日 (金)

マリーンズへようこそ! 〜2012年ドラフト会議〜

いやあ、藤浪の指名には驚きました。

2012年ドラフト会議が行われ、マリーンズは4人の選手を指名。まずは、ようこそ、千葉ロッテマリーンズへ!
東浜を熱望していた私としては指名に突っ込んでくれなかったのは残念であり、よりによってホークスに行ってしまったというのは、もう今からきりきり舞いさせられるマリーンズナインが目に浮かび、ショックではあります。高校の時に惚れて、4年間ずっとマリーンズのユニフォームを着ている東浜を夢見て来ただけにそこは心底残念ですが、マリーンズスカウト陣は信頼していますし、藤浪に行ったということは競合を避ける消極的戦略ではなかったですし、評価したいです。東浜に行かなかったのはヒジの状態と、大学時代の過度の投げ過ぎを嫌ったのでしょうかね。

では指名選手を見て行きましょう。

☆1位 松永昂大(高松商→関西国際大学→大阪ガス) 
堂々の1位指名となった大阪ガス・松永(私は「外れ1位」という言葉は使いたくありません。立派なドラ1です)観たことがないので判りませんが球速もあるみたいですし、先発、中継ぎ、万能型とも言うことでどの方向で起用するのか判りませんが楽しみですね。大学時代から注目でもあったようですし、なんせ益田の先輩にあたります。益田の活躍は刺激になっているでしょうから、一年目からやってくれるでしょう。担当スカウトは下敷領ということで、学生時代の松永を観に行って益田に目をつけたのかも、なんて想像すると楽しいです。

☆2位 川満寛弥(宮古総合実業→九州共立大学)
私が去年から気になっていたのがこの川満。沖縄好きの私は沖縄高校野球も毎年チェックしているのですが、宮古総合実業って失礼ながら弱小校のイメージ、もちろんこの投手も知りませんでした。しかし九州共立大学の監督がたまたま観た川満の「素材」に惚れ込み、強豪である九州共立大学に誘ったというのだから余程のものなのでしょう。全く無名からプロ注目投手へ、こういう選手好きですねえー。まさか2位で川満が獲れるなんて思ってもいませんでした。これで宮古島出身は伊志嶺に続いて二人目です。(ちなみに宮古島の高校を出た選手のプロ入りは初めて)アララガマ魂を見せてくれ!
投球は動画を少し観た事があるだけなのですが長い手足と、柔軟な身体の使い方は投手らしい投手で非常に楽しみです。

松永、川満とタイプの違う左腕二人を獲得出来たことはかなりの僥倖ですね。

☆3位 田村龍弘(光星学院)
田村も上手いこと獲れるとは思っていませんでした。ご存知パワフルな強打者ですが、個人的には北條よりもバッティングの内容は気に入っていたので、これまたウェルカム!です。捕手が欲しいと言っていた伊東監督の希望もありましたし、上手く行きましたが実際捕手として育てるのか、野手として育てるのかが気になりますね。捕手としての経験の浅さが逆に吸収力の強さとなってくれるのかどうなのか。しかしまずは捕手として育てて欲しいなあー。

非常に興味を惹かれるのは、マリーンズの指名順になった時点で、捕手ならば東海大の伏見寅威も酒田南の下妻も、早大の杉山も、西濃運輸の小豆畑も獲得出来たのに田村に行ったということ。捕手としてNo1評価なのか、打者としての潜在能力を買ったのかは判りませんが、今日最大のキモがここの判断にあったと感じています。ぜひ編成の話を聞きたい・・・。

☆4位 加藤翔平(春日部東→上武大)
失礼ながら、全く知りませんでした。しかも地元・埼玉出身ではないですか。大型のスイッチヒッターということ、また大学時には盗塁王も獲得。強肩というのも魅力です。打順も1番がメインながら最後は4番も務めたとのこと。松井稼頭央や西岡の様なタイプなのでしょうか?足のある選手はそれだけでも既に魅力ですから、どんな選手なのか、観てみるのが本当に楽しみです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

しかし、結局4人の指名となりました。うーん、高校生をもっと獲得して欲しかったな〜。今のマリーンズ、大卒入団より若いのが翔太、江村、そして田村とこの3人しかいません。投手、内野手、外野手、一人ずつは欲しかったです。チーム全体として、今現在高卒選手が少ないことが、この先影響が出ないか。
余談ですが、翔太、江村、田村とその年のドラフトで高校生がたった一人の指名なのですよね。高校生が、同い年がいない状態でプロでやっていくっていうのはこっちが思うよりもキツイのではないかと・・。まあプロはボランティアではないのでそこまで考えて獲得する必要はありませんが、なるべくなら「同級生」がいる状態でやらせてあげたいな〜と言うのもホンネです。精神的に全然違うのではと思う。カープで今村、堂林、庄司が競い合っているのなんかを観るとね。

そして、とうとう育成選手を指名しませんでした。一時熱心だったマリーンズからすると明らかな方向転換です。まぁ難しい問題で、獲得しても試合出場機会をロクに与えずクビにするくらいならそんな育成なんてやめちまえ!とも思っているのでこれは前向きに考えたいですね。

今年のドラフトも100点!としておきます。
ルーキー達の活躍が本当に楽しみです。そして今いる選手たちも負けずに頑張れ!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

|

« 東浜、獲得熱望。 〜ほかドラフトいろいろ | トップページ | 極めて私的に考えるマリーンズ選手各賞 〜野手編〜 »

コメント

最後まで1位指名が決まらず難しいドラフトでした。マリーンズは、正直にいちばん欲しい選手に入札したんだなあと思いました。クジは当たらなかったけど、私はそういうの好きだぞ。
しかしいよいよ下敷領スカウト枠が1位(笑)
選手としてはほとんど何も出来なかったけど、スカウトとしてはなかなかいい仕事してますね~。

結局4人の指名となり、これからどうやって選手枠を埋めていくのか気になります。
たぶんもう少し選手取りたかったんだろうけど、絶対数が足らない!
高校生はプロ志望届を提出させるようになって、プロが接触できる選手じたいが少なくなっちゃいました。
今年マリーンズは大量リリースしたので、このままだと来年は二軍が試合できなくなっちゃうなあ。トライアウトで選手発掘するのかトレードで対応するのか…
ちなみに4巡目指名の中村選手は、面白そうですね。一塁到達3秒8、50Mが5秒6ってマリーンズでいちばん速い?スイッチだしな~。また外野手…と思う向きはありますが、絶対数が不足してるのは事実なので、それはそれでいいかな。内野手は来年渡辺をとろう!
有力といわれた東浜を回避し藤浪を外したけど、マリーンズの内容としてはていねいな指名をしたなと思います。

投稿: てんとう虫 | 2012年10月26日 (金) 07時07分

1位指名の松永は良くわかりませんが名前は聞いたことあります(笑)


3位の田村はいきなりではなくても今後ロッテを代表する選手になれる素材ですね


ヤクルトは良いドラフトなのか悪いドラフトなのかわからないけどクジ運悪いなぁ


まぁ今回は小川監督が残りクジ引いただけなんですけどね


高津アルビはまさかの指名0


寺田投手だけでも獲得する球団が出ると思ってましたが…


特にヤクルトは8月に真中2軍監督が日刊ゲンダイの有料コラムにてアマにもプロに近いレベルの選手はたしかに居ます。中でもアルビBCの寺田哲也投手…と名指ししてただけに最低でも育成指名してくれると思ってましたが育成自体ヤクルトは指名0でした(苦笑)


今回BCリーグからは噂通り福井の森本投手が支配下指名され同じく福井の西川選手、群馬の八木捕手、信濃の原捕手の計4名が指名されました


四国リーグは支配下で香川の星野捕手がヤクルトにそして同じく香川の水口選手もどこかの球団に育成指名されました


遂に四国リーグよりBCリーグのほうが指名数上回る時が来たんだなぁと


なのに新潟からは指名なし 尚更驚きを隠せません


独立リーグからは捕手が3名指名されましたが今年の成績は新潟の平野捕手が盗塁意外全て上なんですがね


平野捕手は盗塁阻止数評価がマイナスだったのかも知れません。今季前半と今は、ばんばん盗塁刺してますが中盤は全く盗塁を刺すことができませんでした。盗塁刺せないと同時に打率も下がってたのでどこか怪我してたのかもしれませんけどね


ドラフトは残念でしたが独立リーグ日本一をかけアルビは2連勝中で王手をかけてます


初戦同様寺田投手が先発すると思いますが寺田の気持ちの切り替えが上手くできるかどうか


寺田はシーズン前、今年が最後のつもりでやると言ってたので来年は退くかも知れません


なんとか初戦で香川陣営を驚かせた内容を再び見せてほしいですが

投稿: 佐藤 | 2012年10月26日 (金) 07時48分

>てんとう虫さん

コメントありがとうございます。1位指名は最後まで悩んだのでしょうね。東浜と違って藤浪でしたが、昔は強豪を嫌って無難路線でいく事が多かったので、競合覚悟で指名した姿勢は私も好きです。
下敷領、頑張ってますよね。松本統括も見る眼は確かですし、マリーンズのスカウト陣、編成は信頼しています。
4人だけの指名は意外でした。西野、黒沢の支配下あるのかな。また、戦力外になった選手で獲得を考えている選手が何人かいるのかも知れません(格安になりますし・・・)。この先の戦略をどう描いているのかがみものですね。昔みたいに選手足りなくてスタメンに捕手4人とかになってしまうのは止めて欲しいですけれどね〜。
おっしゃるように、丁寧なドラフトというのがしっくり来ますね。なかなか良かったドラフトだったのではないでしょうか。

P.S.内野手の渡辺というのは?以前当ブログでも紹介させて頂いたJX-ENEOSの渡辺でしょうか。だとしたらかなり好きな選手です(^^)

投稿: BJ | 2012年10月26日 (金) 20時56分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

スワローズ、即戦力投手を多く指名出来ましたし、良いドラフトだったのではないでしょうかね?個性派投手が多くてなんだか面白そうです。
アルビBC、指名無かったですね・・・寺田も。
おっしゃるように四国ILよりもBCの方が指名が多かったというのは面白いです。それだけ野球の裾野が広がったということでしょうし、BCのレベルも上がったということなのでしょうね。捕手3名というのがかなり興味深いです。今はどこも捕手が人材難なんやな〜という感じ。
ところで独立リーグ日本一を賭けた戦い、見事に王手ですね。このまま3タテで決めてしまいましょう!

投稿: BJ | 2012年10月26日 (金) 21時05分

すみません連投になりまして…
先のコメントで書きました内野手の渡辺選手は、東海大甲府の2年生の渡辺選手のことなんです。来年は争奪戦かしらね…
さ来年はもちろん横浜高の高濱選手をとりたいものです(笑)

投稿: てんとう虫 | 2012年10月27日 (土) 11時22分

高津アルビ独立リーグ日本一を決めました!


6対0で寺田投手が完封勝ち


6安打1四球8奪三振でした


ドラフトから漏れた悔しさをここで晴らしたって感じかな?


こちらも指名されても良かったのではと思う平野捕手は2ベース・ヒット・3ラン・2ベースと文句のつけようがないバッティング


香川とのシリーズ、盗塁阻止も3回決めてますし(1回だけ許す)新潟のファンからすると来年もアルビのメンバーで居てくれると思うので心強いです


さて今後高津監督の去就を含め退団選手の発表があることでしょう


ちょっと寂しいですね

投稿: 佐藤 | 2012年10月27日 (土) 16時13分

松永投手は益田投手の大学の先輩で、手がけたのはどちらも下敷領スカウトですか!良い仕事してますね。投手としては実績を残せませんでしたが、スカウトとしては眼力も体力もプレゼン能力もあるのでしょうね。
松永投手には、後輩の益田投手とともに、関西国際大の比翼のセットアッパー(私としては、セット的に起用される左投手と右投手のことを、翼を1つずつ持ち一体となって飛ぶ2羽の鳥になぞらえてこう呼んでいます)と呼ばれるようになってほしいです。

無名高校から九州の強豪大学に進んだという川満投手の経歴は興味深いですね。全くの無名からプロに指名される選手へというのはロマンを掻き立てられます。それとともに、大学で揉まれる中で、「普段の調整や練習、試合においてやるべきこと・やってはいけないこと」を身に着けてきているのではないかと期待しています。“無名校出身の天才”を採る時にリスキーなのはその辺なんじゃないかなと思うので。プロで身に着けなければならないことは山ほどありますが、学ぶための土台ができていれば身に着けやすいのではないかと思います。九州共立大といえば、新垣投手や馬原投手などのようにホークスの息がかかった大学というイメージがあります。そういう大学の学生を指名したのはなんとなく痛快です。

投稿: ぷりな | 2012年10月27日 (土) 19時13分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

東海大甲府の渡辺選手ですか?残念な事に知らない・・・ひょっとして高橋周平にあこがれててバット貰ったって選手かなあ。争奪戦ということはそれだけの選手なのですね。高濱弟、欲しいですね!こちらも争奪戦だろうなあ。

投稿: BJ | 2012年10月28日 (日) 20時03分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

アルビ、独立リーグ日本一おめでとうございます!寺田投手、意地の完封ですね。というか凄いなあ・・・大車輪、大黒柱ですね。
平野捕手は準サイクルですかあ、最後の最後に良い試合しましたね。
高津監督、結果は最高のものとなりましたが・・・やはり去ってしまうのでしょうか?でも来年の仕事が決まってないと。
・・といいつつ、高津なら引く手あまたかな。去就を待ちましょう・・。

投稿: BJ | 2012年10月28日 (日) 20時06分

>ぷりなさん
コメントありがとうございます。

下敷領、頑張ってますよね。スカウトは誰でも務まることではないと思いますが、向いているのでしょうね。スカウトを勧めたフロントも勝利かな。さらっとお書きになってますが、「プレゼン能力」も確かに大事だ・・・。
ところで、「比翼のセットアッパー」という表現、良いですね!カッコいいや。一般的に使用されるようになっても良い言葉。今のところ、マリーンズは左の翼を担う投手がいません。服部でも木村でも古谷でも、来季こそ誰か出てきてくれないと困りますね。松永は先発、中継ぎ、どちらの起用になるのでしょうか。
川満のような高校時代は無名という投手(離島で無名というと、今季ホークスに加入した嘉弥真もそうです)って夢がありますよね〜。もちろん東浜のように高校時代から凄まじい能力を持った選手も魅力なのですが、ファンとしては感じる部分が違いますね。
有名高校で揉まれてきていない選手っていうのはどうしても経験値も少ないしして来た野球の質も違います。そのあたりが不安ではあるのですが(大嶺なんてそうだと思う)、川満は強豪大学で伸びた投手ですしね。自信を持ってプロに望んでほしいです。
九州共立大はほとんどホークスの独占ですよね。ぜひマリーンズでも結果を残して欲しい!

投稿: BJ | 2012年10月28日 (日) 20時15分

高津さん やはり退団です 地元新聞に退団と一面で出ました


正式発表はまだですけどね


やはり名のある人は複数年監督を勤めるのは難しいですね


群馬の壁を破って地区チャンピオンに輝いただけで自分の役目を果たしたと退団した橋上氏よりは独立リーグ日本一になって退団する高津さんのほうが納得の退団ではありますが


さて次の監督は誰か


去年、ヤクルト関係者にオファーを出しまくり断られまくれ高津監督就任になったので今年もヤクルト関係者にこだわるのなら監督選びは難航するでしょうね


てか現青木選手兼任打撃コーチが監督になりそうな悪い予感がしますが


コーチ、選手として橋上、高津野球を学んでますので


BCリーグ監督資格のNPB支配下登録経験者でもありますし


でも青木コーチは個人的に指導能力なしと思ってますけどね

投稿: 佐藤 | 2012年10月29日 (月) 07時35分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

やはり高津退団ですね。元から一年と決めていたのかな〜せっかく縁が出来たものでもあるし、優勝もしたのだから続けて欲しいとは個人的に思うのですが。やはりNPBとメジャーを経験した身としてはもっと華やかな所に立ちたいのでしょうか。
それでもこれだけの実績を残した投手が引退もせずBCリーグでやる、と決めた事自体はなかなか無いことですし、そのあたりはちゃんと汲み取ってあげたいですね。
次の監督、誰でしょうね・・・
マリーンズもいまだコーチ陣が決まっていません。この球団の姿勢、選手に影響あるなあー(汗)

投稿: BJ | 2012年10月29日 (月) 23時14分

オフもご苦労様です!

個人的にも今年のドラフトは良かったと思ってます。
一番の注目は田村ですね!
毎年.240そこそこの捕手がずっと正捕手では先がないと思います。
是非、伊東+中村の手腕に期待したいと思います

投稿: 悪魔 | 2012年10月30日 (火) 21時02分

>悪魔さん
コメントありがとうございます。

オフは更新頻度がどうしても減ってしまうのですが、ちょろちょろ更新しますので、良かったらお付き合いください。
田村を獲れるとは思っていなかったです。期待大ですよね。
仰るように、監督が名捕手・伊東という事で田村のみならず捕手陣の全体的な底上げを期待したいですし、そうなってくれないと困ります!!

投稿: BJ | 2012年10月30日 (火) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/47591187

この記事へのトラックバック一覧です: マリーンズへようこそ! 〜2012年ドラフト会議〜:

» マリーンズ・2012ドラフト指名選手 [いすみマリーンズ]
1位 松永 昂大 投手 大阪ガス(←関西国際大←高松商高) 2位 川満 寛弥 投 [続きを読む]

受信: 2012年10月27日 (土) 01時56分

« 東浜、獲得熱望。 〜ほかドラフトいろいろ | トップページ | 極めて私的に考えるマリーンズ選手各賞 〜野手編〜 »