« 浦和マリーンズ日本一!植松は無四球投球、塀内凱旋MVP | トップページ | グラのチームトップ勝ち星をアシスト出来ず M3−2E »

2012年10月 7日 (日)

藤岡好投も…残念な結末。露骨なタイトル争いも興ざめ L2ー1M

ああ、こんな結末になろうとは。
藤岡が自身「今季1番か2番」と言うほどの好投を披露するも、好事魔多し…左足がつるというアクシデントで途中降板。
ただ、考え方を変えると、それだけの投球が出来た時に足がつるということは、普段と違う筋肉の使い方をしたのかも知れず。ひょっとするとこれはヒントになるかも知れませんね。フェニックスに参加するのかわかりませんが、するならば今日の好投を活かして欲しいですね。

薮田の内容に関してはあえて触れませんが、来季のストッパーを真剣に考えないといけません。内か益田か荻野忠か、はたまた別の投手か…。

角中を
スタメンから外した事に伴い、清田が5番、荻野貴が2番に入ったことで初回、岡田出塁でまたバント采配に戻ってしまったのが残念です。結局これが監督のやりたい事なんだねーと再認識。

さて…恐らく反論の方が多い事を承知した上で書きますが。
角中の首位打者の為にスタメンを外し、一方で中島を敬遠攻めにしました。あーあ、またこう言う事が起きてしまった。
タイトルと言うものが選手にもたらすもの、影響と言うものはもう充分承知しています。みっともない行為の末に獲得したタイトルであっても記録からはわかりませんし、例えば20年後の野球ファンからしたらへえ、角中って選手が首位打者取ったんだ、みたいに事実だけが捉えられるでしょうね。
それにひょっとしたらタイトルを取れるチャンスがその選手にとってみたらたった一回しかないかも知れない。

それでも…重要性を充分わかっての発言ですが、こう言うのはどうしても納得いかないんですよね。チームみんなで後押しするというのならば、中島を投手が抑えれば良いだけの話。角中がヒットを打てば良いだけの話。
あんな投球させられる藤岡の気持ちやいかに?これもプロなんだよ、とルーキーには格好の勉強とはなったでしょうが…。ジャイアンツのルーキー上原が松井と本塁打争いをしている相手ペタジーニへの敬遠を指示されて流した涙を思い出します。
西武ドームでのこういうのと言えば、小坂と松井稼頭央の盗塁王争いで演じられた醜態(盗塁されない為にわざと牽制悪送球して進塁させようとした)も酷かったなあ…いつまでこういうのを
日本のプロ野球は続けるのでしょうね。
あ、念のため言いますが、私は角中にタイトルを獲って欲しいです、本当に。ルーキーの時から応援している選手ですし。

私が真面目過ぎるのでしょうか…思い起こせば、子供の時に観た、大洋長崎と首位打者争いをしていた中日田尾に対して繰り広げられた敬遠の嵐。子供心に、え、何このずるいの…と強烈に感じました。この経験が大きいのかも知れません。
でも、私がお金払って観に行ってたらやりきれなかったでしょうし、子供のなぜ?に困った親もいたかも知れません。

まあ、ただ言えるのは角中コメントにもあったように監督が泥を被り、悪者となりました。その親心だけは汲み取りたいけれど。
明日からライオンズの直接対決はありませんし、角中がまたスタメンで出てくれることを期待します。多分ないけど。今日、マリーンズが負けた事は皮肉でしたね。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

|

« 浦和マリーンズ日本一!植松は無四球投球、塀内凱旋MVP | トップページ | グラのチームトップ勝ち星をアシスト出来ず M3−2E »

コメント

BCリーグチャンピオン決定戦、新潟対福井(3先勝)の第1戦が行われました


新潟の先発は寺田哲也、福井は体罰で処分を受け後期から復活し福井の後期優勝と地区優勝に大きく貢献した藤井宏海


新潟と藤井は今季初対決でした


初回を3凡に抑えた寺田でしたが2回に連打などヒット3本で2点を奪われました。


その裏、新潟は1アウト満塁からNPB指名の可能性がある平野捕手が走者一掃2ベースを放ち逆転


4回、寺田は味方エラーと連打を浴びてノーアウト満塁のピンチを作りますがその後連続三振を含む3凡で絶体絶命を切り抜ける


結局寺田は7回を投げ抜きヒット6本、11奪三振無四死球2失点で勝利投手に


寺田のあとは土日連戦のあと1週間あいだがあく関係で先発予定のない間曽がリリーフ登場し1回を3凡


最終回はロバートが連打のあとワイルドピッチで1失点するも11対3で新潟が初戦を圧勝しました。


最近ロバートが安定感欠くのが不安なんですよねぇ…


今日は福井投手陣が5人出てきましたが藤井以外が四死球出しまくりと野手エラーで貰えたチャンスをしっかり得点にした新潟に軍配があがりました。


一方新潟の投手陣は無四死球でしたのでこの差は大きかったですね


日曜日は新潟、阿部拳斗、福井はBCリーグ代表曰わく今年BCで唯一支配下指名される可能性がある森本将太が先発


この森本の今季成績は10勝9敗の防御率.198


6月に森本の投球を観てますが初回に立ち上がり不安で2失点しましたがその後は「この投手打ち崩すのは無理」と思う投球を発揮され新潟が負けたのを覚えてます


新潟的にはその後の試合で、森本を攻略してますが短期決戦なだけに油断大敵には変わりません


さて2連勝で王手をかけて来週に繋ぐことができるか期待です

投稿: 佐藤 | 2012年10月 7日 (日) 01時27分

タイトル争いにまつわるある種の「計算」は今までもあったしこの先もあると思います。
私は欠場してタイトルをとることの是非は分からないです。最後まで試合に出続けて相手とも勝負してタイトルをとるのが理想でしょうが、じゃあ「きれいごと」を言ってタイトルとれなかった時のリスクはどうなんだろうと思うと、判断がつきません。
角中選手にはぜひタイトル取ってほしいです。取ればほとんど貰ってない契約金の分も年俸の査定に跳ね返るでしょう。全日本入りも見えてきますね。
それと薮田…
本人の不調とか年齢的な衰えとかもあるかもだけど
そもそもそういう選手がクローズやってることがリスキーなわけで…
さてどこまでも保守的な西村監督が今後抑えどうするのかは
来季のお楽しみになってきました~
今いるメンバーの中では益田がいちばん適性感じますし、実績なら荻野でしょう。内は故障がね~…
ちなみに「グラゼニ」を読んだら、週に1度しか投げないことにストレス感じる「投げたがりやさん」って人種がいるみたいで、そういう人は先発無理みたいです(笑)そのエピソード読んで「…コバヒロ…?」と思ったのは私だけ?…ですね多分。すみません。
あと3試合。それこそ何かアイデアあれば

投稿: てんとう虫 | 2012年10月 7日 (日) 08時00分

BJさん、お早うございます。自分は、先日も書きましたが、昨日、角中選手を出場させなかったマリーンズ・ベンチの判断を支持します。タイトルを取るという事は、落合博満さんが言っているように取った選手にしか解らないと思います。唯、中島選手が最終戦で4打数3安打以上なら逆転されますからまだ安心できませんね。
自分が、首位打者争いで最も印象に残っている年は昭和51年、1976年のドラゴンズの谷沢選手とジャイアンツの張本選手の“1毛”の争いです。残り2試合、ダブル・ヘッダーがあった谷沢選手。その第1試合、見事に5打数4安打で1毛差の逆転!当然、第2試合目は欠場。自分は、感動しました!本当に、最後に4安打も打った谷沢選手は凄いと思いました。あと、個人的にミスターの熱烈なファンなので、首位打者獲得回数が7回と6回のままで差がつかない方がいいと思っていた事もあります。
よく、“記憶のミスター、記録の王さん”と言いますが、“大学卒業”、そして“通算17年”という事で区切れば、ミスターの通算記録は物凄いと思います。シーズン“最多安打数”も17年の内で10回記録していますしね。また、首位打者6回も“右打者”最高記録です。
あと、記録という事で言えば、“終身打率3割”維持の壁が、ONの引退時期を決めましたね。王さんは、自著でそれを否定されてますが、自分はその要因が大きかったと思います。最近、選手寿命が伸びてますが、現在の40代の選手のパフォーマンス位でいいならONもまだまだやれたはずです!記録を色々と見ると面白いですね。また、よろしくお願い致します。

投稿: エイトマンちから | 2012年10月 7日 (日) 09時45分

昨日も生観戦しました。
入場して、ライト外野が空いていることに愕然・・・
以前に、外野席が混雑して懲りたので、内野自由席のチケットを買い、ライトポール寄りの椅子席で見ましたが、ライオンズファンがたくさんいました。

外野席に移動しようかと思ったのですが、応援団が最初から密集応援を指示しており、応じないと罵倒されるようなので、外野席への移動を断念しました。

岸は快投、藤岡も四球を出すものの無安打の快投、打者の早打ちが目立ち、試合が早く進みました。中島への敬遠については、私も勝負してほしかったです。角中は西武に勝負してもらったからこそ打率を上げることができたのですから。

角中が「監督が嫌われ役になってまで、タイトルを取らせようとしてくれるのは嬉しい」とコメントしたようですが、監督は、今まで何度も敗戦の責任を選手に押し付けて、自分に責任がないといい続けていたくせに、今になって選手にこんなことを言わせて、藤岡に嫌われ役を押し付けて、いい人になろうとしている・・・ますます監督に対して怒りを覚えました。汚い、心の底まで腐った奴です!(激怒)

打線は岸に対して好機なく、井口の「いまさらホームラン(失速前に打ってくれ!)」でようやく得点・・・
藤岡はおかわり君に打たれた時に足がつったようで交替・・・ かつてコバヒロが2007年ハムとのCSで足がつり、その後に癖になりました。
藤岡はオフにきちんと治し、攣り癖をつけないようにしてほしいものです。

なんとか継投でしのぎましたが、またまた益田の後に薮田・・・必敗クローザー登板・・・
3日の京セラDで、関西のファン(及び遠征の千葉ファン)の怒りをかったにもかかわらず、懲りずにまた・・・
昨日は、京セラDを上回る劇場でした。昨日の投球では、何点リードでも守れません。
関西では酷い劇場を繰り返し、関西のファンはすでに見切っていましたが、昨日は関東のファンにもしっかりと見ていただけたかと思います。怒っているのは関西のファンだけではありません。

試合後、また負けてバツが悪いのか、あるいはどうでもいいのか、1塁ベース付近でガムを噛みながら適当な挨拶・・・

ライトスタンドからは、物凄いブーイング。もちろん私も、声を限りに大きな声でブーイングしました。監督に対して・・・

ファンが怖いのか、顔を上げない選手もいたようです・・・そしてそそくさと逃げました・・・

他のファンブログでは、「挨拶に出てきた選手にブーイングするのはどうか?」というコメントもありましたが、ガムをクチャクチャ噛みながら、遠くから適当に挨拶している選手に「ありがとう」とは言いたくないです!挨拶の時ぐらいガムを出せ!

3日の京セラD、昨日の試合・・・全力で戦い、一つでも上に行きたいと監督は言っていたようですが、自分のエコヒイキの選手起用を貫き、チームを私物化し、そして同じクローザーで連敗・・・勝ちたいはずの監督が、自分のやりたい采配をふるい、年間勝率5割もなくなりました。そして、楽天との差も2ゲームに開きました。

監督さんは、まだまだひとつでも上に行きたいようですが(4位でもインセンティブあるのか?)5割以下では、ゲーム差なしは勝率の差で下回ります。そのため、本日と明日連勝し、ハム戦も勝たなければ4位には上がれません。

本当に勝ちたいならば、3日の京セラDは、延長戦で薮田を使わずに、中郷、南、伊藤の継投で行ったでしょうし、昨日は益田を2イニング行かせたでしょう。

同点やビハインドでは、益田を平気で2イニング行かせるのに、リードしていると薮田に替える・・・もうセーブ王のタイトルには届かないことはわかっているのに・・・

本日の試合から、また選手に対して「3連勝しないと4位に上がれない。結びの3番だ!」と、どアホなことを言い出すかもしれません・・・

本当に勝ちたいと思って必敗采配をしている監督は、いますぐ去ってほしいです。続投などもってのほかです。本日の報知1面に書かれた記事がガセネタでないことを願っています・・・

本日と明日も観戦し、外野から選手を応援しますが、西村ダンスを踊っているマリンのほとんどのファンも、いつまでも監督に騙され続けず、監督の狡さ、酷さに気づいてほしいものです。

投稿: 大阪の一ファン | 2012年10月 7日 (日) 14時36分

本当にこういうタイトルのための敬遠はやめてほしい
勝つための敬遠ならわかるが
タイトルのための敬遠は見てがっかりですね。

以前ローズとカブレラがホームラン王争いしていた時
カブレラに敬遠して
ローズが
「こんなことまでしてホームラン王を取りたくない」
見たいなこと言ってましたが
角中にもこういう風に言ってほしかった。

でも1番悪いと思うのは
それを指示したベンチ。
特に西村監督だと思います。

この監督は
以前、ホークス戦で遅延行為やってますし
ファンを軽視してると思います。

個人的にこの監督の解任は大歓迎です。

投稿: ほー君 | 2012年10月 7日 (日) 18時58分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

新潟BC、まずは初戦突破おめでとうございます!そして今日も取った様で、王手ですなぁー。
福井の藤井は復帰したのですね。体罰の件でちょっと私も醒めてしまったのですが…やはり実力的には中心選手なのだなぁー。
さて、良くある相手にチャンスがあるものの、モノに出来ない内に流れを手放す、という新潟からしたら美味しい内容だったのでしょうか。それでも地力があってこそそういう勝ち方ができるんじゃないでしょうかね!試合観てないのに勝手な事言ってますが…
ロバート、あんま不安定だと、途中契約の選手ですし来季契約が不安になりますね。イップス再発でさえなければ修正は出来そうですが。
明日、三連勝で決めまちゃいましょう!

投稿: BJ | 2012年10月 7日 (日) 20時28分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

タイトル争いにまつわる様々な駆け引き、思惑はなくならないでしょうね。なんでもメジャーを持ち出すのもどうかと思いますし完全にそうなのかはわかりませんが、メジャーではこういう事はないと言われている事が羨ましいです。
百歩譲って角中欠場は目をつぶるとしても、中島勝負して欲しかったです。もっとも、それで打たれて角中がタイトル逃すような事があれば藤岡が今度は責められるというジレンマ…難しい問題です。
理想論だけでは現実社会でやっていけないのもわかりますし、でもプロ野球ってお金取って見せるものなので…
今日出場させた事は評価したいですし、角中がマルチでも記録してくれれば良かったのですが、今日は純粋に打席に立てなかったのではないですかね…
さておき、去年の内の離脱から薮田がクローザーをお願いされる事になった訳で。その意味で二年間良く務めてくれました。益田は適性あるかと思いますが、ルーキーの年から酷使モード続くのは個人的に嫌です。ヤマテツとか出て来たら楽しいんですけどね。今季の内容から言えば中郷も候補入りでしょうね。

投稿: BJ | 2012年10月 7日 (日) 20時41分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

てんとう虫さんへの返信にも書いたのですが、角中欠場はまだ百歩譲るとしても、中島には勝負して欲しかったです。
谷沢氏のエピソードでした、私書こうと思って誰だったか忘れてしまったんです。こういうエピソードはかっこ良いですよね。角中にも期待したいけど、キャリアが違いますしね…ただ、矛盾している様ですがタイトルはやはり獲って欲しいです。仰るように、タイトルの有る無しはプロ野球選手にとってみればとても大きなことでしょう。角中のタイトル獲得はまず確定だと思いますが、今後に好影響を及ぼすものであって欲しいと心から願います。
記録は野球ならではの楽しみ方ですよね。角中にはこれからも沢山の記録を残して行って欲しいです。

投稿: BJ | 2012年10月 7日 (日) 21時08分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございます。

あんな結末の参戦、お疲れ様でした!ライト少なかったですか…あぁ、ファーム選手権なかったら参戦したところなのですが。
藤岡と岸の見応えある投手戦でしたが、敬遠は水を差しましたね。藤岡に浴びせられた罵声…良くも悪くもプロの世界を知ったでしょう。まぁ、藤岡には100%責任は無いので気にせずとっとと忘れて欲しいですね。足のつりに関しては私もコバヒロを思い出しました。クセにならないようにしっかりとしたケアをトレーナーさん、おねがいします。
最終戦での選手挨拶、なんであんな恐る恐るなのか。大事なのは気持ちですから、ガム噛みながらはいただけないです。リンデンのこと笑えません。
ブーイングはあまり気持ちの良いものではありませんが、余りの結末と、挨拶の態度に関してなのでしょうね。ライトスタンドの気持ちも良くわかるだけに辛いとこです。
さて、ここへ来て監督の続投白紙報道が出て来ました。歓迎です。西村さんにはフロントにでも収まって貰いましょう。来季はとにかく浦和とちゃんと連携を取れる人を望みます。

投稿: BJ | 2012年10月 7日 (日) 21時22分

>ほー君さん
コメントありがとうございます。ブログも拝見させて頂きました、野球好き!という方のブログは読んでいて楽しくなります。ちょくちょくのぞかせてもらいますね(^-^)

さて、昨日の敬遠に関しては戦術上全く必要ないものでした。監督の親心と言えば親心ですが、いつまでこういう古臭い日本プロ野球の悪しき伝統を続けるのでしょうね。触れていらっしゃる、ホークス戦の遅延行為にいたっては当時のマリーンズの順位を考えても言語道断…というか理解不能でした。
石頭な選手起用や全く足を絡められない采配、私は辟易していたので続投白紙報道が出たことに希望を抱いています。
来季はこんなことが無い…と信じたい。

投稿: BJ | 2012年10月 7日 (日) 21時33分

BC決戦次は土曜日に福井で試合なんですよ


新潟は間違いなく寺田が先発するでしょう


後がない福井は恐らく今日先発した森本が背水の陣で登板するのではないかと予想


今日、内容は森本含めた福井が明らかに勝ってましたが運が新潟に向いたかなぁって印象


森本は2アウト満塁から3点スリーベースを打たれましたが4度も併殺に打ち取るなど味のある投球内容


一方阿部はヒットは打たれるワイルドピッチは2回やるわボークは取られるでよく2失点に抑えたなぁと言った内容


そして昨日に続き間曽が2イニング投げましたが2イニング共にランナーを2人出す内容


最終回はノーアウトでランナー2人出したのでこれまたよく抑えたなぁと


間曽の場合 先発に身体が慣れてしまって連投が悪いほうに行ってしまったのかな?


打線はクリーンナップが3試合で.194の内容


これで良く勝ち抜けてるなぁと


前にも言ってますが安打製造機の稲葉が普通の選手になったままの状態ですし4番を打つ福岡がいつ打つのアテにならないし


後期中盤に急激に打率を上げた5番の荒井は勢い止まってしまったし…


でもまぁ3連敗はさすがにしないだろうと


去年もそう思ってたら初戦取ったあとに3連敗して終了しましたが(苦笑

投稿: 佐藤 | 2012年10月 7日 (日) 21時41分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

あれ、第3戦は一週間空くのですね(^^;
選手もやりにくくないかなあ?負けてるチームからすると立て直す良い期間でしょうけれど。となると、いくら新潟が2連勝しても、内容的に押されていたのであればちょっと不安材料ですし、一週間空くのは嫌ですね〜。
間曽は久しぶりのリリーフでとまどいはあったでしょうけれど、逆にこちらも再調整の機会は得られた、と。ロバートも立て直しができたら良いのですけれどね。でもおっしゃるように3連敗はさすがに・・・・しないでしょう、と言いたいけど、野球は恐ろしいので。
新潟がこの一週間でどれだけ気持ちを保ったまま、コンディションを最高に持っていけるかが鍵でしょうね!でも、次も勝ってあっさり決めて欲しいですね。

投稿: BJ | 2012年10月 8日 (月) 19時39分

久々のコメントさせていただきます。

 今年も1年終わりましたが、ライオンズファンとしては改めてこの日の試合が印象に残りました。
この日の敬遠、プロ野球の“通例”に倣えばあって当然の行為であることは明らかで、覚悟もありました。なので、千葉ロッテベンチに対する特別な不満もありません。(私も思い出した)長崎と田尾の昔から論争も変わらないですよね。
 ファンの一人としては、中島選手本人が跡を引かないコメントを発信してくれていることが救いであり誇りです。
 逆の立場だったらどう思ったか?という点でとても共感できたエントリーでした。何か応援していた選手のタイトル獲得を素直な心で喜べないような・・・、という具合に。

投稿: maddog31 | 2012年10月10日 (水) 08時03分

>maddog31さん
お久しぶりです、コメントありがとうございます。

まず、ライオンズ2位おめでとうございます。優勝逃したのにおめでとうとは変な言い方ですが、首位と最大11ゲーム差からの猛追は凄かったです。失礼ながら序盤崩壊気味だった先発・中継ぎ・抑えを完璧に立て直した渡辺采配、素晴らしかった。CSでの健闘をお祈りしています!
中島の敬遠劇は、仰るようにプロ球界の通例とすると当然だったかも知れません。けれど、やはり釈然としないものが残ります。けれど、私も中島のコメントに救われました。彼も同じプロで勝負する選手として、タイトルの重みはそれは良く判っているのでしょうね。ありがたかったです。来季、中島は再度メジャー挑戰するのかなあ?ショート・浅村も観たいのですが、やはり寂しいですね。

投稿: BJ | 2012年10月10日 (水) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/47338371

この記事へのトラックバック一覧です: 藤岡好投も…残念な結末。露骨なタイトル争いも興ざめ L2ー1M:

« 浦和マリーンズ日本一!植松は無四球投球、塀内凱旋MVP | トップページ | グラのチームトップ勝ち星をアシスト出来ず M3−2E »