« 浦和マリーンズ、2年振りの優勝!ファーム選手権@松山・画像レポその2 〜試合編〜 | トップページ | 「将来の夢はGM」サブローの意外な野望 »

2012年10月15日 (月)

さらば、ヨシヒコ・・・西本・金森コーチら退団へ

来季の監督交代に伴い、コーチ陣はどうなるのかと思っていました。
とりわけ新監督には慶彦を!と思っていたのですが、伊東氏招聘のようですから正直、危ないな・・と思っていたらやはり契約更新しないとの記事が出てしまいました・・。

高橋、西本コーチら退団 ロッテ、契約更新せず(スポーツナビ、共同通信)

 ロッテは15日、高橋慶彦ヘッドコーチ(55)と西本聖投手コーチ(56)、井上祐二投手コーチ(49)、金森栄治2軍打撃コーチ(55)ら5人の2軍コーチに契約を更新しないと通告したと発表した。
 ロッテは西村徳文監督(52)が今季限りで事実上の解任となり、新監督には前西武監督の伊東勤氏(50)の就任が確実となっている。
 高橋コーチは広島などで通算1826安打を放ち、2004年からロッテで指導。西本コーチは巨人などで通算165勝を挙げ、投手陣から人望が厚かった。

慶彦にはまずその人望、そして自身の現役時代の経験、すなわち「機動力」鬼の様に練習をした(そして鬼のように遊んだ)という根性を持って、負け慣れたマリーンズに喝と活をいれるには最適だと思っていたのですが・・・。残念です。本人は広島カープの機関紙でのインタビューで「いつかカープに戻れたら良いね」と話していましたし、それはリップサービスもあるとは思うものの本心もあるでしょうし、何よりカープファンの間では未だにラブコールが強いことからも、勿体無い人材を逃してしまうなーとの思いです。もちろん私の願い通り監督になったとしても上手く行ったかは判りませんが、観てみたかったなーというのが正直な思いです。慶彦ならば他からも声がかかるでしょうし、それがなくても解説などの口はあるでしょうから、今後の活躍を願って止みません。

西本コーチは基本的に好きなタイプのコーチでした。就任早々、それまでのボビー時代の球数制限を無くし、投げ込みを指示したことには期待感もありました(それが実ったか・・というと微妙ではあります。大嶺のストレートを取り戻す!という方針には激しく同感だったものの、その結果あの3段モーションで登場してきた時は力が抜けました)。実際のところ、こういう部分てファンとしては評価しがたく、漏れ聞こえてくる良い話として吉見や俊介のプレートの位置を修正して投球が良くなったり、グライシンガーにカーブを指南して投球の幅が広がったり、阿部や香月、益田、ほかいろいろな投手にシュートを直伝したり・・・と私としてはなかなか貢献してくれたという思いもあります。
その一方で、大嶺や上野ら阿部らが軒並み球速が落ち、小さくまとまってきているという現実もありますし、何より1軍の特定の投手の酷使もあり、今季のリーグ防御率も4位(3.13はそんなに悪くない・・・けど今の投手有利の中では今ひとつなのかな)、詰め腹を切らされるのも仕方ない面はあるかも知れません。もっとも、ファームをみていたのは去年だけですし、その時も1軍の中継ぎ投手陣の酷使は変わりませんでしたから監督の方針が原則なのだろうとも思え、個人的な感想としてはこれまた残念の一言です。

金森コーチもその理論は興味深いですし、ホークス時代の井口や城島、カブレラ、ライオンズ時代の和田らが金森コーチによって飛躍的に向上したことからも特異な資質を持ったコーチと思えますが、裏を返せば金森コーチによって伸びた選手の名前が上記の名前くらいしか聞かないと言う事からも「合う選手、合わない選手」がやはりいるのかも知れません。大松はその典型とよく言われますけど・・・でも大松は金森コーチが来る前年にはもう成績落としてましたし、これまたよく判らない・・・。
ただ、清田の様に金森理論を実践し慕っている選手もいる訳ですから、西本コーチも含め選手たちがどう受け止めていたのかぜひ話を聞きたいところです。

井上コーチに関しては、申し訳ないけど在籍中にマリーンズの投手陣の成績がどんどん悪くなって行ったという思いしかなく、その割にひたすらコーチとして生き残っていることが長年の7不思議の一つでしたし、裏になにやら政治力すら臭いました。お疲れ様でした、の一言です。

記事の『金森栄治2軍打撃コーチ(55)ら5人の2軍コーチ』という表現がわかりにくいのですが、これからすると2軍から5人の契約をしないということでしょうか?だとすると、名前の無い青山2軍監督は残るとして、去年投手コーチになった川越、マリーンズ一筋の袴田の3人は残るのかな。とすれば退団は上川、成本、山森、大迫コーチということになるのでしょうか。うーん、山森コーチは外野の真髄をもっと注入して欲しかったので、残って欲しいのですが。

(22:45追記 ブログを更新した後に確認したら、球団公式で発表になっていたのですね。

 高橋慶彦ヘッドコーチ、西本聖投手コーチ、井上祐二ブルペン投手コーチ、成本年秀2軍投手コーチ、袴田英利2軍バッテリーコーチ、金森栄治2軍打撃コーチ、上川誠二2軍内野守備・走塁コーチ、山森雅文2軍外野守備・走塁コーチに、来季契約を更新しない旨を通知しましたので、お知らせします。

うわあ、袴田もか・・・これはかなり寂しいなあ・・・(泣)なんだかんだで閑職に追いやられてしまった感がありますね。そして、やはり山森コーチもですか・・・もったいない・・・・
2軍のコーチ陣はファームの試合の後に電車で一緒になったりしたこともあるし、寂しいなあ・・。

追記ここまで)

コーチの評価ってファンには本当に難しい・・・数字とか、起用とか、表に見える部分からしか判断のしようがありません。もっともっといろんなエピソードが欲しいです。どなたかお持ちでしたら教えてください。
詳細続報がとても気になります。しかし、コーチの入れ替えもこの世界では普通のこと・・・慶彦らの退団は本当に残念ですが、新コーチに期待する、としか今は言えません。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

|

« 浦和マリーンズ、2年振りの優勝!ファーム選手権@松山・画像レポその2 〜試合編〜 | トップページ | 「将来の夢はGM」サブローの意外な野望 »

コメント

また思い切って首脳陣変えますね!監督変えてコーチ変えて選手も変わるし、こりゃ結果出るのに2年はかかるわ~と覚悟決めました。
辞められる方々は今までありがとうございました。
ヨシヒココーチはどのみち辞めるつもりだったんだろうな。ま、あのオーナーがいる限り広島に戻ることは絶対ありません(当然野村監督と一緒にやる気もないと思う)…個人的には監督としてならヨシヒコより師匠の古葉さんを(笑)
新たな投手コーチは大物を招聘して頂きたい。私が望む点はふたつだけ、成瀬のメンタルをカバーしてほしいのと藤岡の一本立ち。それが出来るコーチなら誰でもいい(爆)突如マリーンズはPL閥になったらしいので尾花さんとか来てくれないかな…大野さんとか…
ま、惜しみつつも誰来るかなと楽しくはありますね。多少はOBの入閣とかないのかな。コミさんやジョニーの名前はいつもでるけど、大嶺再生のために帰ってきてほしいのはコバマサ…
あといっそ今後のために選手寿命晩年近いベテラン(サブロー、井口、里崎、俊介、福浦、小野…)は来季以降全員コーチ兼任で将来に備えてほしいです(本人たちのためにもチームのためにも)。

投稿: てんとう虫 | 2012年10月16日 (火) 02時43分

伊東さんに来てもらう流れになった時点で
予測は出来ましたがやっぱり大量の入れ替えですね。

西村監督が事実上の解任になった以上
ヘッドコーチの立場の慶彦さんも
同等のあるいはそれに近い責任は
避けられないと思いますのでやむ無しかな

他のコーチも僕の中では仕方ないかな
山森さんぐらいかな、惜しいのは

長年パリーグ優勝出来ていない
現実がある以上
逆にここまで変わるのは
僕の中では結構これは楽しみなのですが
もちろん良くなるという保証など
全くありませんが(汗)

投稿: マットゥン | 2012年10月16日 (火) 20時47分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

かなり顔ぶれが変わりますよね。意外と新鮮さが原動力で一年目は成績良かったりして。私的には尻すぼみが嫌ですね。
慶彦の残留の目はなかったでしょうし、本人も仰るように辞めるつもりだったでしょうね。松田オーナーは野球への情熱は凄いけど、人との関係の面で弊害も多い・・・。古葉さんは私も好きな監督だったので横浜の監督就任の時はかなり期待していたのですがダメでしたねえ・・・森氏もそうでしたし、最初の就任で成績残すと二回目は難しいのかな(その逆もありますね)。尾花コーチも魅力的です。大野氏も。
人事一掃は仕方ないですし、楽しいといえば楽しいですよね。どんなチームになるのか・・・。サブローや井口のコーチ兼任も妙案ですが、兼任はどうしてもどちらかに偏るでしょうから、立ち位置は現役選手で、公認アドバイザーみたいな立場でどうでしょうか?なんにせよ、選手にとってプラスになる首脳陣出会って欲しいです(無理矢理考えを押し付けたり、指導そっちのけで政治力発揮したりは勘弁です)。

投稿: BJ | 2012年10月16日 (火) 23時13分

>マットゥンさん
コメントありがとうございます。

ヘッドコーチの慶彦の責任も避けられないですよね・・なんかヘッドコーチから2軍監督やらされて、解雇の報が流れたと思ったら1軍ヘッドで返り咲き、とマリーンズフロントのドタバタにある意味振り回された感もあってなんとも勿体無いです。他のコーチも仕方ないですね。山森コーチはまたスカウトに戻ってくれるのならば納得もしますが・・。
首脳陣がこんなに変わるのは私も楽しみではあります。さて、どんな面々になるのか・・・てんとう虫さんへの返信にも書いたのですが、選手にとってプラスになるコーチであって欲しいですね。

投稿: BJ | 2012年10月16日 (火) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/47466296

この記事へのトラックバック一覧です: さらば、ヨシヒコ・・・西本・金森コーチら退団へ:

» コーチングスタッフ総入れ替えへ… [いすみマリーンズ]
球団公式サイトにつながらないので、 とりあえづ球団公式ツイッターより引用する。 [続きを読む]

受信: 2012年10月16日 (火) 00時24分

« 浦和マリーンズ、2年振りの優勝!ファーム選手権@松山・画像レポその2 〜試合編〜 | トップページ | 「将来の夢はGM」サブローの意外な野望 »