« さらば、ヨシヒコ・・・西本・金森コーチら退団へ | トップページ | 極めて私的に考えるマリーンズ選手各賞 〜投手編〜 »

2012年10月17日 (水)

「将来の夢はGM」サブローの意外な野望

少し前の話になりますが、一週間前の週刊ベースボールでサブローのインタビュー記事がありました。
その中で、去年のジャイアンツ移籍にまつわる複雑な心境などいろいろ語っていたのですが、印象に残った発言は「自分の甘さに気がついた」とかマリーンズへの復帰は「ロッテへの愛着に尽きる」などがありました。
しかし一番興味を引いたのは将来は「ロッテのGM(ゼネラル・マネージャー)になりたい」と語っていたこと。
監督になりたい、なら判るのですが、おお、そう来たか〜とかなり意外ながらもなんだか嬉しくなってしまいました。
記事によると好奇心のアンテナを多方面に伸ばしなかなか話題も豊富だそうで、ぬぼ〜っとした印象(失礼!)からすると意外な一面もあるようです。
GMを目指すにはそういういろいろな引き出しを用意しておくことは無駄にはならないでしょう。

それにしても、サブローのGMとはどういう形になるのか興味のあるところです。古くは我がマリーンズが広岡氏を日本球界初のGMに据えましたが、結局広岡氏の独断と先入観に基づいた選手編成に偏り、果ては現場介入までして失敗したという歴史があります。
近年ではオリックスブルーウェーブに中村勝広氏がGMとして就任(来年度から阪神タイガースのGMに就任)したり、北海道日本ハムファイターズは山田氏をGMとして据えていますし、横浜DeNAベイスターズが高田繁氏をGMとして招聘したりしていますね。

そもそもメジャーリーグでいうGMと日本でいうGMではニュアンスが少し違っていて、文字通り最高権力者として君臨するメジャーに較べて日本のは権限が曖昧・半端だったりします。このあたりの差がアスレティックスのビリー・ビーンのような名物GMを排出するメジャーと、GMがさして目立たない(必ずしも目立つ必要はありませんが)日本の違いに現れているかも知れません。
ただ、最近ではファイターズの山田氏がなかなかの手腕を発揮していますね。権限はどこまでかわかりませんが、本来の意味でのGMとしての機能を果たしていると言って良いかと思います。

さて、サブローGMです。果たしてどんなGMになるのか。どんなチーム作りをするのかかなり興味がありますね。まーこれもイメージですがセイバーメトリクス的な部分はあまり突き詰めない気はしますが・・・野手で言えば足が速いとか守備がうまいとか、左右に打ち分けるとか、意外と堅実&スピードのある選手を集めるような気がします。
もしくは自分と似ているタイプの選手とか「サブティーニ」みたいなイロモノばかり集めたりとか(苦笑)。

果たして実現するのかどうかわかりませんが、あれこれと想像してみるとなかなか楽しいですね。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

|

« さらば、ヨシヒコ・・・西本・金森コーチら退団へ | トップページ | 極めて私的に考えるマリーンズ選手各賞 〜投手編〜 »

コメント

興味深い記事ありがとうございます。マリーンズが急降下しだした夏以降私の愛読書はなんと「マネー・ボール」なんですよ(爆)何回読んでも勉強になります。チームの躍進にはGMもだけど優秀なアナリストの存在がチーム強化に必要、て印象を受ける話だと読むたび思いますが…。
昨冬の映画公開もありにわかに「GM」にスポットが当たってますね。
そうかサブローさんの目標はGMか~
実際に将来マリーンズのGMになったとして、どんな選手見つけてくるんでしょうね。けっこうシビアに勝てるチーム作りそう。
となると引退後はスカウトとかからキャリアスタートでしょうか。
個人的に渡辺俊介さんにフロントの仕事させてみたいんですよね。弁もたつので向いてると思います。さらには広く野球界、スポーツ界のために活躍する場があればいいなと思ってますが。

ところで
たしか今でてる週刊ポスト誌ですが、清水直行選手が引退する、みたいな記事がありまして
(マジだとすれば寂しすぎる内容だったんで)
ならばなんとか引退後のキャリアを再びマリーンズからはじめさせてあげられないのかと願ってます。
話変わってすみません。

投稿: てんとう虫 | 2012年10月18日 (木) 02時48分

BJさん、今晩は。サブロー選手と言えば、自分は、フジテレビの「知りたがり!」のMCである伊藤利尋アナウンサーを想起してしまいます。何か、その雰囲気がオーバー・ラップします。GM志望ですか。時代にあってますね。
以前、ミスターが浪人時代にジャイアンツのGMになるのではないかという噂も一部にありました。MLBの大ファンであるミスター。浪人中によくワールド・シリーズの解説もしてましたね。充電の一環として。ミスターは、第一次政権の時も、MLBを参考にした近代的な球団経営に興味を示していたようですね。
自分は、ミスターのユニホーム姿を絶対にもう一度視たかったので、この構想はこの時は成就しなくて良かったです。
唯、第二次政権を勇退した後は、終身名誉監督と共にミスターのGMとしての活躍も視たかったです!
話は変わりまして、昨日、ベイスターズの高田GMと中畑監督が、菅野投手に対してコメントを出しました。自分は、ベイスターズに菅野投手を25日のドラフトで指名して欲しいと思います。ドラマを期待します。
クライマックスシリーズのファイナル・ステージでは、ドラゴンズを応援してます。激闘が続いてますね。こちらも期待してます。また、よろしくお願い致します。

投稿: エイトマンちから | 2012年10月18日 (木) 19時03分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

コメントを読んで、いきなり笑ってしまいました。というのも、まさに今私も「マネー・ボール」を久しぶりに読み返していまして(笑)読みだしたタイミングもピタリ同じ、マリーンズが低空飛行に陥った夏以降・・・今はなかなか本読む時間が取れないので、寝る際に何ページかずつ読んでます。ちょうど昨晩、エピローグまで辿り着きました。なんか、同じ時期に同じような事を感じたのでしょうね〜。まさにおっしゃるとおり、GMだけでなく、しっかりサポートする優秀なアナリストの存在がとても大事なのでしょうね。今現在のマリーンズの編成はどういう構成なのか、誰がいるのかも含めて興味のあるところです。
サブローが実際GMになったとしたら、意外と厳しく選手を観るのではないかという気がとてもします。どういう方向を目指すのか、見てみたい気持ちは強いです。俊介はフロント向いてそうですね〜。広報なんかもいけそうです。良い意味でプロ野球選手の中では一般人の感覚を持った人という印象があります。
直行、引退なのですかね〜?入団した球団を最終的に出されても、引退後は戻る選手も多いですし、そのパターンも良し。何かしらのサポートはしたいところです。

投稿: BJ | 2012年10月18日 (木) 22時32分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

あはは、サブローと伊藤利尋アナですか、確かに雰囲気が被る所がありますね。伊藤氏の方が人はよさそうですが(笑)しかしサブローとGMというのは私の中では全く想起するものではなかったので、かなり驚きましたし、その意気は買いたいと思います。
長嶋さんはやはりユニフォームの方が似合いますよね。第一次政権は志なかばでしたし、やはり監督としてユニフォームを再度着られたのは良かったと思います。内容も良かったですしね。しかしミスターがGMになったらこれまたどんなチームづくりを目指すのでしょうね。(余談ですが、昔長嶋さんがマリーンズのキャンプに来た時、サブローを絶賛しましたね)
ベイスターズ、高田GMと中畑監督の菅野投手に対する発言、良かったと思います。ジャイアンツOBの二人が言った事にまた価値が在ると思います。こんな不自然なことはどんどん球界内部、現場も声を上げないといけません。「やった者勝ち」という風潮はやはり歪んだものの考えだと思います。

投稿: BJ | 2012年10月18日 (木) 22時40分

BJさん、今晩は。本日、サブロー選手は、TBSラジオのゲスト解説してましたね。
本日は、ドラゴンズの敗因は、自分は和田選手の打席にあったと思います。それぞれ、リードを許している状態でスリー・ノ―、ツー・ノ―から打って凡退したのは状況から考えてミスだったと思います。和田選手は、ファースト・ステージでも同様のケースがありました。
これが、ONや落合博満さんやバースさんなら同じ様な状況で強打に出ても問題無いと思いますが、“今年”の成績からすると送りバントでも良かったと思います。
ドラゴンズは、昨日まではミスが出ても、全員でカバー出来て最高でしたが、サブロー選手が解説で言っていたように流れが変わると嫌です。最も、ジャイアンツも自分は、2008年のメンバーと比較するとそんなに怖さは感じません。ガッツ選手やスンヨプ選手、そしてラミネス選手のクリーン・アップは脅威でしたね。
やっぱり、CS、日本シリーズは視ている立場でも非常に緊張します。自分は、CSよりパシフィックのプレー・オフの方が好きでした。2005年のマリーンズとホークスの時も、血圧が上がりました。
明日、ドラゴンズに勝って欲しいです!和田選手にも期待します。現在、一番期待が持てる“7番”、森野選手がキ―・マンだと思います!また、よろしくお願い致します。

投稿: エイトマンちから | 2012年10月20日 (土) 22時03分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

サブロー、解説ですか〜どんな喋りをするのだろう?非常に興味があります。GMに相応しいかどうかの判断の助けになるかも(笑)
和田の打席、ゲッツーの場面しか観ていないので何とも言えませんが、まぁ4番ですからね〜私は強攻で良かったとは思うかな?
CS、日本シリーズはやはり独特の緊張感がありますね。子供の時から、そのいつもと違う雰囲気が好きでした。まさに”ハレ”の空気です。ピシっとした、糸がピーンと張り詰めた様な緊張感が好きです。
ドラゴンズ、今日も負けてしまいましたね。こうなると巨人有利かな〜。先発はどうなるのでしょう?しかしファイターズとセのチームがどんな戦いをするのか、楽しみですね。

投稿: BJ | 2012年10月21日 (日) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/47491726

この記事へのトラックバック一覧です: 「将来の夢はGM」サブローの意外な野望:

« さらば、ヨシヒコ・・・西本・金森コーチら退団へ | トップページ | 極めて私的に考えるマリーンズ選手各賞 〜投手編〜 »