« 藤岡のコメントに少し安心 M8−3Bs | トップページ | グラ株を更に上げる見事な完封劇 M5−0Bs »

2012年9月24日 (月)

グラの人生設計と来季契約

今日はマリン、もしくは西武第二にファームどちらかの観戦を予定していたのですが、残念ながらどちらも雨天中止となりました。旅行中にマリーンズ戦をきっちり観られないことにストレスを感じていたので観たかったのですが、それでも珍しく早めに中止決定が出てくれたのは助かりました。

先発のグライシンガーは明日にスライド。過去スライドは好投しているだけに、期待しましょう。
そのグライシンガーですが、来季契約の話が出て来ました。

早くも銭戦!?グライシンガー残留は大幅増要求必至(スポナビ)

 ロッテの中村家国球団社長は23日、セス・グライシンガー投手と来季の契約を前提に交渉を進めることを明らかにした。

 同社長は「安定して投げてもらっている。十分期待以上のものを出してくれている。基本線は(ロッテに)いて欲しい」と話した。

 グライシンガーは今季、史上2人目となる、外国人投手による3球団目の2ケタ勝利を達成するなど10勝8敗、防御率2・58の好成績(23日現在)。「チームメートもコーチもファンの方々もすばらしい。いい環境でできた。今の段階ではどうなるか分からないが、またここでプレーできたらうれしい」と話した。

 “相思相愛”だが、今季年俸3120万円のグライシンガー側からの大幅アップ要求は必至。中村社長は「当然上乗せを要求してくると思います。折り合えれば」と残留を目指して交渉を進めていく。

何しろ過去2億5千万を貰った事のある男です(どこぞの金満球団が出し過ぎだよ)。最低でも1億程度の要求はあるかも。今季の貢献度は開幕前の(私の)期待度の低さもあったので、予想を遥かに上回る素晴らしいものがありました。当然来季も必要な戦力ですが、あまりの要求ならば無理する必要はないし、出来る球団のおサイフでもないでしょう。ここは交渉の手腕を見守りたいですね。両者WIN-WINな結果を期待します。

そしてグライシンガー、将来の設計ビジョンもあるようです。なかなかおもしろい記事がありました。

ロッテ グライシンガーが明かした「結婚」と「新たなビジネス」(ゲンダイネット)

 17日の楽天戦で3年ぶりに2ケタ勝利を挙げたロッテのグライシンガー(37)。ここ2年、わずか1勝だった右腕によれば、復活の裏に一風変わった「集中法」と「将来の夢」があるという。
「集中法」とは今季から始めたある「試み」だ。
 通常、選手は移動の際、好みの音楽をiPodに入れて聴いているが、グライシンガーは音楽ではなく、「小説」を録音。それを聴きながら球場入りすることが多いという。特に本拠地球場での登板の際には、都内の自宅から球場までの約1時間、愛車の中でひたすら録音された小説を聴き、集中力を高めているのだ。
「『小説を聴く』というと、リラックスできないように思われるかもしれないが、オレは違う。音楽よりも小説を聴いて、いろいろと想像したほうが、脳が活性化するというか。しかも、小説を聴くというのは音楽とは違って集中もできる。最近では『ショーグン』『シャンタラム』という小説を聴いたかな。そうやって、気分を高めてきたんだ」(グライシンガー)
 もうひとつのモチベーションである将来の夢はズバリ「結婚」「子づくり」、そして「ビジネス」だ。現在、グライシンガーは独身貴族を謳歌(おうか)しているが、引退後に結婚、その後、子づくりに励みながら旅行業の会社を立ち上げる計画があるという。
「引退直後に現在付き合っている彼女と結婚して、パパになることはもう決めている。37歳にもなって結婚とか子づくりというのも恥ずかしいから、周囲にはあまり言わなかったんだ……(笑い)。その上で、セカンドライフとして旅行業をやりたいという気持ちも強い。家族を持てば、お金もかかるし、ビジネスを立ち上げるにしても資金が必要。そのために、今季は絶対に復調しなければならないと思っていた」
 普段は冷静沈着も、この時ばかりは顔を真っ赤にしたグライシンガー。
 目標を持つ男はやはり強い?

いやー、なかなかおもしろいです。資金の為に今季は絶対に復調、というのがまた外国人らしいですね。でもこれは全くおかしいことではありません。野球は「仕事」なのですから、「稼がなきゃ」という事は当然のこと。日本人はプロ野球ひとつとっても「情」を持ち込みますから違和感を持つ方もいるかも知れませんが、これは是非ではなくて完全に価値観ですよね。日本人プロ野球選手だって多かれ少なかれ同じ気持ちは絶対にあるはずですし、モチベーションがなんであれ野球で結果を残してくれるのであればファンとしてもなんの文句もありません。日本人はここまではっきり言わないだけじゃないかな。
それにしても、「小説を聴く」というのはかなり独特ですし(ところで「録音」とあるけど、誰が録音しているのだろう・・・・多分録音されたものを購入してるんだよね)、セカンドライフが「旅行業」というのはなんでそれなのか興味をそそられるところです。

ついでと言ってはなんですが、ホワイトセルは残留の方向のようですね。

ロッテがホワイトセルと残留交渉へ(スポナビ)

 ロッテの中村球団社長は23日、ジョシュ・ホワイトセル内野手に対して残留を前提とした交渉に入ることを表明した。

 ホワイトセルは開幕から出場10試合で2軍落ちしたが、7月中旬の復帰後は打率・354、8本塁打、36打点の活躍で低迷するチームの中で奮闘。8月には月間MVPにも選出された。「彼も期待以上。感謝しています。成果を出した人に期待するのは当然」と残留に向けた条件面での話し合いに入る。

今季波はあったものの、復帰後の活躍はまさに頼れる4番でした。当初、個人的には6,7番くらいが一番良いんじゃと思いましたが、なかなかの4番っぷりでした。なによりあの破壊的な長打力は魅力です。これまた、球団には上手い交渉をお願いしたいです。

ロサ、ペン、レデズマ、マシスは契約しないでしょうね。特にペンは好きなタイプだっただけに残念ですが・・。
今日は休日なのに野球がなくてつまらなかったです。明日からまた、マリーンズファイティン!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

|

« 藤岡のコメントに少し安心 M8−3Bs | トップページ | グラ株を更に上げる見事な完封劇 M5−0Bs »

コメント

グライシンガーさんなかなか興味深いヒトだ…引退したら結婚とか野球と関係ないビジネスとかって、欧米のヒトにありがちな価値観ですね。ベンゲル監督みたい~
来季契約については、落としどころは年齢的な面と考えます。たぶん他球団も契約するならいちばん気にすると思うので…。今季の数字を信じてお金積むのもありでしょうし、もし折り合いつかず移籍となれば、マリーンズ的には若手を抜擢するいい機会でもあります。
個人的には、マリーンズはあまりお金持ってないし、外国人選手の補強やドラフトもいいけど、トレードを主体に補強したほうがコストパフォーマンスがいいと思います。昨年はフロント総とっかえでそれどころではなかったので、今年はなんかありそうですね…
監督代えないとなると詰め腹切らされるのはコーチなのかなあ…。マリーンズ、コーチの顔ぶれは悪くないと思うけど…。余所からコーチ招聘するにせよ、折り合い悪きゃ一緒ですからね~。どうしても代えたいなら、小宮山、堀ら幹部候補とされたOBを呼び戻すくらいしてほしいですけどね…(あと藤田…)

投稿: てんとう虫 | 2012年9月24日 (月) 02時29分

グラちゃんの残留交渉、実に気になります。


個人的には今季活躍したけど超大幅アップを要求するほど活躍はしたかなぁ?と思いますが


新潟県高校野球3位決定戦


7対5で五泉高校が明訓を破りました


今大会 明訓を支えた1年生投手は温存って感じで最後2イニングだけ登場


1安打無失点でした


明訓の新監督は先発2番手以降の整備を課題にしてました


文理戦、五泉戦と点数は取り追い上げているだけに先発2番手以降の投手は確かに課題ですね


決勝は3位決定戦と同様に強い雨の中の決戦


文理は噂の1年生飯塚投手が先発


2連続2塁打を浴びて1失点したものの9回6安打9奪三振2四死球の内容


ニュースで投球シーンを観ましたが上半身が力強いフォームだなぁと


一冬越えて下半身も鍛えたら楽しみな投手ではあるなと


打線は16安打9得点でしたが県央工業が準決勝に続きエラー4をしたので点差が開いた感じが


高津さん火曜日深夜のすぽるとに出演しますので良かったら録画して感動の挨拶を観てください


因みにアルビは阿部で今日最終戦で明日はホンダと練習試合です

投稿: 佐藤 | 2012年9月24日 (月) 11時04分

昨日は、10時半頃に球場に着きましたが、外周の屋台も全く準備していなかった(=中の売店も準備していない)ので、開場前中止を確信しました。来場ポイントを付け、ライトゲートに並び、11時に中止決定。窓口で払い戻して、振替試合の購入列に並びました。
ずっと雨が降っていたため、球場へ向かわなかった人が多かったので、購入列もあまり長くなかったです。13時過ぎにチケット購入してから新幹線で帰りました。

グラは、未熟な野手陣に足を引っ張られ続けながら、よく耐えて頑張ってくれました。
だから、倍増はお願いしたいですね。サブローや井口の年俸が高いので(本音)、削ってグラにあげたい気持ちです・・・

スポニチの書き方は、球団社長の発言をグラの発言と間違えそうな紛らわしい書き方でした。
グラ自身の気持ちはフラットであると信じたいですね。
フロントも、誠意(金額の高さという意味でなく、球団が必要としているという気持ち)を示して交渉してほしいものです。

投稿: 大阪の一ファン | 2012年9月24日 (月) 18時16分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

グラ、なんか面白いですよね。“セス•ノート”と言い、先を考えた判断といい、根がマジメなんでしょう。投球スタイル的に年齢もそんなに影響なさそうなので、来年もまだやりそうですよね。球団には不毛な交渉ではなく、冷静に対処して欲しいです。
コーチの異動、入れ替えはありそうですね。多方面で現首脳陣のギクシャクさが取り上げられてますけど、あんま変わらない気がします。慶彦だけは放出なんてないようにお願いしたいです。
藤田の入閣はナイスアイデアですね。あの経験は貴重なものをもたらしてくれるでしょう。ボビーも当時のフロントもいないし、支障は無さそう。

投稿: BJ | 2012年9月24日 (月) 18時53分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

グラは数字こそやっとフタケタですけど、ほぼシーズン通して投げてくれてますし、成瀬についで先発としては功労者です。強気に交渉に出るでしょうね。
明訓は一年生温存、文理は先発完投ですか…体力の違いもあるから一概には較べられないけど経験を積む事を取るか将来を取るかの違いといったら言い過ぎでしょうか。とにかく壊さず大事に育てて欲しいですね。
アルビはもう最終戦ですか、早いなぁー。でも良いシーズンでしたね。後は日本一ですね!

投稿: BJ | 2012年9月24日 (月) 19時00分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございます。

土日参戦、お疲れ様でした。たまには早く帰阪してゆっくり休んでください…と言いたいとこですが、きっとでも試合あった方が良いのでしょうね。
グラは良く辛抱して投げてくれていると思います。数字以上の貢献度ですよね。マリーンズは残している数字の割に年俸高いよなぁーって選手多いと思います。適正な査定をお願いしたいです。
スポニチの見出しは少し悪意に似たようなものを感じました(なのでこっちの記事は取り上げませんでした)。グラとしてもあまり頻繁に環境が変わるとやりにくいでしょうし、お互いにHAPPYな交渉となって欲しいです。

投稿: BJ | 2012年9月24日 (月) 19時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/47188945

この記事へのトラックバック一覧です: グラの人生設計と来季契約:

« 藤岡のコメントに少し安心 M8−3Bs | トップページ | グラ株を更に上げる見事な完封劇 M5−0Bs »