« 少しの兆しは見えた M2−3F | トップページ | 久しぶりの総力戦も残念な引き分け M6−6F »

2012年9月13日 (木)

勝利の味は格別!・・それでも残る怒り M10−0F

勝利ってこんなに嬉しいものなんだな〜と久しぶりに噛み締めました。

Dscf2101
ニッカン式スコア

球場に着いたのが19:20くらいで、既に8点入ってました(驚)。今まで到着までに点が入っていた事は多々ありますが、8点というのはさすがにありません。到着したらもう点がパッタリ入らなくて得点シーンは観られないんじゃないか・・・なーんて思いましたが。

しかしながら、今日は試合前に届いた高濱抹消の知らせが本当に腹立たしく、もうやりきれない思いでいっぱいでした。怪我の可能性もなしではないけど、元気なのに落としたとしたら・・・1軍でのスタメン2打席+代打1打席だけで一体何を判断したというのだ?守備だって頑張っていたじゃないか。もし明日のファームに出場していたら怪我ではないということですから、そうなったら本当に来季の西村政権は心の底からごめんです。一部報道ではその実力と違う部分で来季続投かなんてどこまでホントでどこまでウソか怪しい記事がありましたが、もう冗談じゃないです。続投なんてなったら、エカ政権末期よりもっともっと絶望感がありますよ。

せっかく勝ったのにつまらない話で申し訳ないです。

**********

今日、(3連戦の2戦目という良く分からないタイミングで)清田が昇格しました。これはもちろん文句なしです。即スタメン起用で見事に結果を出しましたね!(高濱はそれが出来なかったからだ、と言ってはいけない。高濱のスタメンたった2打席ではなんにもならない)
清田は今江タイプなのか、考えすぎるとダメな子な気がします。今日は純粋に良い意味で考えすぎずに望めたのではないでしょうか。チームを勢いづけるに十分の活躍でした。

根元が3番に入りましたが、これは密かに向いているんじゃ、とかねて思っていました。ある意味、「現状では」一つの理想形かも知れません。根元の1番はやはり無理がありますし、制約の多い2番も少し勿体無い感じです。いつまで続くのかは判りませんが、井口、サブローが不安定な今根元3番という選択肢は使えると思います。角中は5番の方が向いていると思いますし。

その井口とサブローが共にホームラン、と結果を出すのだからわからないもので・・・特に井口は休養した次の試合で活躍するイメージがあります。やっぱり「井口の正しい使い方」をちゃーんと守れば良いんじゃ?もっとも、この二人のホームランは風が無かったからでしょうね。逆に言うと日頃いかにホームラン性の打球が戻されているか、とも言えるかも知れません。ホワイトセルの2試合連続のホームランも見事でした。本当にパワーあるなあ・・・。マリーンズがホームラン4発というのは珍しいですよね。

さて、大谷を触れないわけにはいきません。6回96球無失点というのは中3日という条件も考えると文句なしです。何故今日が晋吾、明日大谷じゃなかったのだ、という理由のわからない”謎”は残りますが・・・文句も言わず黙々と頑張ってくれています。一言で言うと「健気」。また中継ぎの便利屋に戻してしまうのですかね・・・。それにしてもこのオフ、契約は弾んでもらいたいものです。

10点は取ったものの、今日は相手を0点に抑えて欲しかったので、後を継いだ中郷、ハシケン、薮田も良くやってくれました。(8点差で中郷・・・南昌輝がいるのに・・・ああ、もう何も言うまい)ハンパに点を与えてしまうのは今日の勝敗には影響ありませんが、明日に繋がってしまいますしね。

そんなこんなで試合としては文句なしの快勝でした。各選手たちが「自分の出来ること」をしっかりとしてくれたからこその勝利だったと思います。
本当に勝つというのは嬉しいものでした。これで不調から抜けた、と甘いことは思いませんが、明日は晋吾ですし、試合は作ってくれるはず。先発転向した谷元もずっと良い内容ですが、明日は接戦を制してくれると理想なのですがね・・・贅沢言っても仕方ありませんが、それでも明日勝利して欲しいです。

高濱の無念を思いながら・・・・南竜介も悔しいだろうな・・・・明日をまた待ちましょう。マリーンズファイティン!

では、今日の画像です。最後の所、少しだけです。

9回2アウト、連敗脱出目前!
Dscf2086

勝った〜〜!
Dscf2087

Dscf2088

Dscf2090

Dscf2091

Dscf2092

Dscf2097

今日のバンザイ
Dscf2104


★L4−3Bs
★H5−3E

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

|

« 少しの兆しは見えた M2−3F | トップページ | 久しぶりの総力戦も残念な引き分け M6−6F »

コメント

高濱は単なる降格らしく、浦和で練習してたそうです。チャンス殆どなく降格、も怒り心頭ですが、そもそもなんであんなタイミングで昇格さしたのか謎。上げるなら夏の内でしたよ。
納得いか~ん!


まあとにかく連敗止まりました。
爽快だなあ。


清田が大当たりでした~
だから言ったじゃん私が
と手前ミソですが(爆)
昨日までのお通夜ムードを吹き飛ばすには
「さ~ホームラン賞5万円とってくるか~」
とベンチから出てくる清田選手
(マジらしいです。このエピソードは井口さんがバラした)
の存在不可欠。
浦和で干されてたおかげで金森コーチに再び打撃を習え、パワーアップして戻ってきました!まあ南もだけど、浦和で結果出してる選手たちはそれなりに好調だと、そろそろ西村監督も気づいていい頃です。
就任3年目にもなって、いちども浦和球場に試合見にこないなんて
やっぱりそれなんか違いますよ。

旬が過ぎないうちに伊志嶺や細谷も一軍に戻してほしい。イースタン首位独走(そして一軍低迷)なんて馬鹿馬鹿しいです。

まあ連敗はお約束の大勝で止まりましたが
明日からまた負けが込むとかはなしでお願いしたいです。明日は私も参戦します!

投稿: てんとう虫 | 2012年9月13日 (木) 01時04分

高濱選手は本当に残念ですね。
1試合のスタメンの2打席と代打の1打席
3打席のチャンスだけでは
さすがに納得出来ませんよ
逆にケガの心配はありますが

清田選手は良い形で復帰となりましたね。
これを継続してスタメン、レギュラー獲得に期待したいです。

根元選手は1番限界説を書いている人間としては
3番根元選手は一つの形ではあります。
(もう少し得点圏打率が高ければ
より推奨したいのですが)

大谷投手はこの試合では大量点に守られたとはいえ
6回無失点ですからね
どんな役割でも
仕事をきっちりこなす
素晴らしい投手ですね。
4勝5敗という数字だけでは分からない
貢献をしている投手ですよ、大谷投手は

投稿: マットゥン | 2012年9月13日 (木) 05時43分

現地参戦で連敗脱出おめでとうございます。
思いがけない大勝ですね。清田ひとりでこんなに変わるものでしょうか・・・

ただ、落としたのが高濱・・・落とすべき選手たちが他にいますよね(123ダーの人々!!!)。
「下で試合に出た方が良い」ならば、まとめて落とすべき。やはり愛人枠が多く、小さな輪、少ない戦力で戦っています。

多田野は清田の2塁打で、ペースが狂ったのでしょうか。初回に抑えられたら、そのまま重たい雰囲気が続いたはずなので、大きい一打でした。

力の落ちる投手が出てきて点が入り出すと、みんな打ちまくる「便乗打線」ですね・・・
サブロー、大量点の後での一発は間が悪い。序盤で打ってほしい・・・

大勝の翌日に沈黙するのは何度もあったので、今回は3点は取ってほしいものです・・・

投稿: 大阪の一ファン | 2012年9月13日 (木) 18時39分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

高濱、浦和で練習とのてんとう虫さん情報に怒り、ファームスタメンに名前も発見して呆れました。おっしゃるようにそもそも昇格も遅いし、高濱に関しては昇格時期も降格も気に入りません。断固現監督の続投反対です。
さて、連敗止まりましたね!清田がもたらしたものはとても大きかったですねー。紹介いただいたエピソードもらしいというか、こういうタイプの選手は絶対に必要ですね。しかし監督は浦和をどう思い捉えているのでしょうね。別チーム扱い?ファームを観るのは親子ゲームの時だけ・・・ほんとおかしいですよね。
さて、てんとう虫さん今観戦中ですね~なかなかある意味「面白い」試合ですね(汗)引き分けではなく、勝たないと意味がないぞ!!応援お願いします!

投稿: BJ | 2012年9月13日 (木) 21時26分

>マットゥンさん
コメントありがとうございます。

高濱、怪我ではなかったですね・・(その可能性も精一杯譲歩して考えたんですけど)。なんなんでしょうね、理解に苦しみます。タイガースにいたほうが彼の為にも良かったなんてことには絶対なって欲しくないです。
清田は最高の形で復帰しましたね。このまま暴れてくれると大きな刺激になりますね。根元の3番も昨日しました。
大谷は本当に頑張ってくれています。おっしゃるように数字だけでは分からない貢献度です。更改では「正当に」評価して欲しいです。

投稿: BJ | 2012年9月13日 (木) 21時30分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございました。

昨日は頑張って参戦してよかったです。なんとなく勝つかな?と思っていましたが、ここまでの大勝とは・・・そしてここまで清田が暴れてくれるとは。
しかし落ちたのが高濱・・・本当に納得がいきません。選手起用の偏重ぶり、いや偏愛ぶりはなんなのでしょうね。3年我慢しましたけど、もう限界です。
「便乗打線」ですか、うまいこと言いますね(笑)それでも昨日の流れるような点の取り方は気持ちよかったですね。今日も頑張ってますね、勝利を掴め!

投稿: BJ | 2012年9月13日 (木) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/47052904

この記事へのトラックバック一覧です: 勝利の味は格別!・・それでも残る怒り M10−0F:

« 少しの兆しは見えた M2−3F | トップページ | 久しぶりの総力戦も残念な引き分け M6−6F »