« グラ株を更に上げる見事な完封劇 M5−0Bs | トップページ | 伊藤ちゃん復活!・・くらいしかネタがない(泣) F5−2M »

2012年9月25日 (火)

ナイスゲーム!勝てれば言う事なしだったのだけど F3−3M

試合としては良い試合でした。でも、勝てなかった・・・・。
ニッカン式スコア

終始ファイターズに先行を許す苦しい試合で、今までならずるずると引き離され、終盤にホフパワー弾や小谷野、二岡、鶴岡あたりのダメ押しタイムリーを浴びて負けてしまっていましたが、今日は良く追いつきました。
野手はみんなが役割を果たしたと思います。昨日に続く今江の好走塁もありましたし、岡田の3犠打、里崎、ホワイトセルの効果的な一発もあり。なんとか追い越して欲しかったですが、今のチーム状況でそれを望むのは酷かも知れません。

先発の大谷が3回降板は誤算でした。しかし、中郷が気迫の好投。3イニングス投げてしまったことでこのカードもう投げられない(・・・よね。明後日出てきたりするのかな)のが痛いですが、なんとも微妙ではあるけれど今日の所は仕方ないところか。残り2試合で、伊藤ちゃんに今季お試し初登板して貰いたいですね(本音は今季はずっとファームで調整して欲しかったのだけど・・・無理せずに)。益田も2イニング目は緊張感が少し抜けてしまったのかヒヤヒヤしましたが、南昌輝、薮田も含めみんな踏ん張りました。

試合としてはとても良い内容でしたし、ナイスゲーム!と言って終わらせたいのですが、残り10試合で追う立場のチームが引き分けでは厳しい言い方を言うと意味がないですね。まあ、ここが言ってみれば首位チームとBクラスチームの違いでしょうか。とは言え、私的にCS進出はもう望んでいないですし、試合だけを見ればやはりナイスゲームでした。

順位云々ではなく、今季全く勝てていないファイターズ相手ですし、一泡吹かせること、意地も含めて明日明後日と取って欲しいなあ。マリーンズファイティン!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

|

« グラ株を更に上げる見事な完封劇 M5−0Bs | トップページ | 伊藤ちゃん復活!・・くらいしかネタがない(泣) F5−2M »

コメント

BC特集です


アルビレックスBCは、力のある先発陣の「奮投」と投手力全体の底上げに成功したことが前後期制覇につながった。試合を通じて選手は経験を積み、力を伸ばしていった。後期は防御率、失点ともに前期より好成績を収めたことが成長の証しだ。


投手陣は先発の活躍が目覚ましかった。寺田、阿部、間曽の3本柱で全50勝の7割以上となる37勝をあげた。寺田と阿部は制球力がアップし、安定感があった。ともに昨季以上のイニングを投げ、防御率は1点以上良くなった。14勝の寺田は最多勝利投手となった。 高津兼任監督が「ずっと先発をやってもらおうと思っていた」という間曽は、後期から先発に回った。前期は、寺田、阿部頼みだったローテーションが安定し、投手陣の形が出来上がった。通期チーム防御率は2・84で福井に次ぐ2位だが、リーグトップだった昨季を上回る。後期だけ見れば2・5を切り、リーグ1位だ。先発だけでなく、中継ぎが成長したことも大きい。その中継ぎ陣が安定した力を発揮した背景には経験がある。中継ぎは登板する場面に応じた攻めが必要になる。高津兼任監督は、点差や走者の有無、イニングなど状況の異なるケースで起用した。苦手な場面やできること、できないことをあぶり出し、練習に生かした。勝つための試合の中で「次も勝つ」ための選手起用を行った。


こうした経験から羽豆、佐々木らと抑えのロバートが台頭した。佐々木は制球に苦しんだが、夏場は先発ローテーションを守り、失点が少なくなった羽豆は中継ぎとして重宝されるようになった。ロバートは10セーブを挙げた。


前期は失点が153あったが、後期は50以上減った。意識変化も大きく「失点した時、どうしたら次の失点を防げるのかを考えて欲しい」という監督の考えを実践し、力をつけた。前期終了時、投手陣に対して「打線を助けられるくらいに成長しなくてはいけない」と苦言を呈していた高津兼任監督は、後期優勝を決めると「よく成長してくれた」と努力をたたえた。

たぶん明日が最終連載だと思いますが個人的には強力打線よりも投手陣の踏ん張りが大きかった1年だと思います。出足は故障者続出投手陣でどうなる年になるのか心配でしたけどね

投稿: 佐藤 | 2012年9月26日 (水) 08時28分

タイムリー不足は深刻ですね。せっかく二発で追い付いたのだから、勝ちたかったですね。でも、終盤は打てず…

シーズン初めから引き分け狙いでハイタッチしてるから、終盤の勝たなければならない時期にも引き分け…
監督の意識を変えなければ、来季もまた同じ失速の繰り返しですね…

知人からチケットを二枚いただいたので、昨日に続いて京セラです。初回からデホのホームラン、さあどうなるか…

投稿: 大阪の一ファン | 2012年9月26日 (水) 18時41分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

続けての特集記事、ありがとうございます。なかなか記事で読むことがないので、面白いです。
佐藤さんのコメントからも、前半は「打のチーム」という印象ではあったのですが、後半は投手がしっかりして来ましたよね〜。寺田はもちろんですが、間曽、佐々木と後半から先発に回った投手の踏ん張りが大きかったですし、その判断をした高津の手腕でもあるのでしょう。こういう投手やりくりや新戦力の台頭、どこかの海沿いのNPBチームの監督に見習って欲しいですよ、本気で。
前半と後半の投手成績の差が興味深いですね。これで来季は打撃陣がシーズン当初の実力をさらに上げれば、より力を付けそうです。NPBに何人引き抜かれるかにもよるのかな〜。喜ばしいことだけど、戦力として考えると複雑ですね。

投稿: BJ | 2012年9月26日 (水) 23時26分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございます。

連日の京セラ参戦、お疲れ様です。いいですね〜素晴らしい野球好きっぷり!(笑)
この時期に引き分けではなんの意味もないのですが・・・大事な時期でも引き分け狙いする監督ですからね。こういう時に勝ちきれる訳がありません。来季も同じ事の繰り返しなのではないでしょうか、はぁ・・・。今から来年が憂鬱です。ファンにこういう思いをさせてくれるなよー!と大声で文句言いたい気分です。くそ。

投稿: BJ | 2012年9月26日 (水) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/47211563

この記事へのトラックバック一覧です: ナイスゲーム!勝てれば言う事なしだったのだけど F3−3M:

» 9/25、【F-M】21 継投での逃げ切りに失敗・・・ 延長10回引き分けで2位と1ゲーム差に・・・ [やっさん日記]
今日からは札幌ドームに千葉ロッテを迎えての3連戦。 まず最初の試合の先発は、北海道日本ハムが武田勝投手。千葉ロッテが大谷投手。 【1回表】 武田勝投手の立ち上がりは、先頭の岡田選手のセカンドへのゴロを西川選手が一塁へと悪送球してしまうも、次の清田選手の打席で岡田選手の盗塁を刺す。 この後は清田選手にはセンター前にヒットを打たれるも、根元選手はサードゴロ、ホワイトセル選手はファーストゴロと後続をしっ..... [続きを読む]

受信: 2012年9月26日 (水) 02時17分

« グラ株を更に上げる見事な完封劇 M5−0Bs | トップページ | 伊藤ちゃん復活!・・くらいしかネタがない(泣) F5−2M »