« 伊藤ちゃん復活!・・くらいしかネタがない(泣) F5−2M | トップページ | サブローの今季初欠場に思うこと。 »

2012年9月28日 (金)

監督、もう諦めてくれないか F3−1M

首位を走り、明日から2位ライオンズとの直接対決を控えているチームにマリーンズはあっさり跳ね返されました。
ニッカン式スコア

今日は、今まで全試合スタメン出場を続けていたサブローが初の欠場。代わりに9番にファーストで大松が入りました。にしても9番大松って全くもって意味を為さないな。置く所がないから9番に起きました、というのが見え見えで怒りすら湧いてくる・・・大松は9番に置いてどうなる。結果を出せない大松にももちろん原因はあります。が、だったら9番ファースト高濱でも良いでしょう・・・何のために高濱はファームで内野全ポジションを守っているのか。
サブローに関しては思うことがあるのですが、それは明日にでも書きたいと思います。

試合ですが、今日も残業だったのでプロ野球ニュースしか観ていません。なので表層しかなぞれませんが・・・。
先発成瀬が初回に2失点してしまったのが痛いですね。別にホームラン打たれたとかはどうでもよくて、厳しい戦いになることが判っているファイターズに、初回にあっさり先制された、このことが大きかったと思います。ただでさえ苦手なファイターズにヨーイドンで先制されるのは厳しい。しかも昨日に続いての初回2失点。打撃陣は今日もチャンスに一本が出ませんでしたが、たった2点とは言え後ろに良い投手が控えている事が判っているファイターズ相手に追う展開になるのは苦しい。焦りの気持ちも出るでしょうし、あまり打撃陣を責める気にはなれません。
ただ、カード初戦に武田勝を相手に3点を追いついた事が生きなかった事が残念ではありますけれど。

これで、マリーンズの優勝は完全に無くなりました(むしろまだ可能性があった事に驚き)。
監督コメントに「クライマックスシリーズの可能性がゼロにならない限り、諦めない」とありましたが、本気なのかな。だとしたらやめてくれ・・・もちろん「諦めた」とは口が裂けても言えないのは理解していますが、口では表向きそう言いつつも来季を見据えた起用をして欲しい。
最初に挙げた高濱に象徴されるようにファームから若手を野手、投手含め昇格させて欲しいですし、一昨日3イニングス投げた中郷を今日は1回2/3投げさすなんてのは止めてくれ。吉見やハシケンは何のために1軍にいるのか。
はっきり言うと、「もう諦めてくれないか」というのが本音です。マリーンズファンの方には怒られるかも知れませんが、これが私の正直な思いです。

残りは8試合。今日の時点で借金は3。残り6勝2敗でないと5割すら届かないんですよ。これでCSですか?この成績でCSに出て何になりますか?そんなのもういいよ。そんなんでCSに出場することなんかより、若手に1軍を経験させてやってくれ。硬直化した采配をシーズン最後まで見せられるのはたまったものじゃありません。しかも来季も見せられる可能性が高いんだから。

それでも、選手たちはここまで頑張って来ました。あと少しでシーズンが終了です。最後まで全うして欲しい。マリーンズ、ファイティン!

☆それにしても、糸井のバッティングが凄みを増してきた。今までは恵まれた身体能力から放たれる打球にただただ凄いなあーなんて思ってたけど、最近はテクニックもついてきている。今日のホームラン、先週末ライオンズ戦で放ったホームラン、共に素晴らしいヒジの使い方、左手の被せ方。早くも稲葉の領域に近づいて来ています。本当に素晴らしい選手だと思う。その天然キャラも面白いし(笑)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

|

« 伊藤ちゃん復活!・・くらいしかネタがない(泣) F5−2M | トップページ | サブローの今季初欠場に思うこと。 »

コメント

もういいですよ今年もう終わりだし、ハイ来年来年!といいたいところだけど
昨年あれだけ負けが込んでも最後まで若手起用に頭が切り替わらなかったマリーンズですよ。
今季今のところほぼ5割の勝率ですから(四捨五入)、もう若手起用ってしないと思うんですよね~
今日の9番大松ってのは苦笑しますが
ある面彼も被害者ですよね…
浦和で今日は金澤が満塁ホームラン打ったようですが
それこそファーストあたりにコンバートして打撃を生かしたらどうかとか思うです。


あ、松山行かれそうですか?私も随分日程調整したんですがどうしても動けず…
ところでこの試合に出られる資格に照らし合わせると、阿部や香月は出られないみたいなんですよね…。先発どうなるのか?西野?藤岡は出ていいみたいなんで、一軍ほっといて松山で投げてくれないかな…。あと植松というセンも捨てがたいです。(今名前あげたあたりが来季以降ローテ背負ってくれたら…夢だ夢。)


いろいろありましたが東浜がプロ志望届を出すようですね。東芝入りとかきな臭い話あったし(そういうことしない子だと思いたい)。
マリーンズは東浜か藤浪かというカンジみたいだけど、東浜入ってくれたら藤岡が喜びますね(笑)

投稿: てんとう虫 | 2012年9月28日 (金) 02時53分

諦めたところで、若手にシフトするとも思えない・・・というもう諦めに似た境地、もあります。それでも、9番ファースト大松なんて未だにやるのは呆れました。本当に訳が分からないですよね・・。
それに中郷を中1日できっちり投げさせたのはもう本当に、です。お前中1日で投げてみろと言いたいですよね。諦めていない、私のせいじゃない、というポーズだけに伊藤、ロサ、大谷、そして中郷と、次々犠牲になっていきます。こんなチーム、ちょっとふざけていますね。もう、展望もないですね。来季もこの野球を見るのか・・。

ちなみに昨日酔っぱらってベッドをいつもの逆に寝て、見事に落ちてたんこぶが出来ました。ベッドから落ちるときって本当に時間がスローモーションになるんですね。気をつけます。

投稿: tomten | 2012年9月28日 (金) 10時27分

ハム相手なのに成瀬が初回から被弾で、一気に雰囲気が重くなりましたね。 ビジターエリアに悲しい着弾でした。 糸井は凄い・・・規則正しい生活から「優勝めざして爆発したい」と変化しました。その通りの爆発・・・

打線も予想通り多田野を打てず・・・

サブロー謎の欠場・・・スタメンを外すには理由が必要・・・契約縛りのため、不調は外す理由にならない・・・そのため肘痛ということに・・・代わりが大松???打線に開いた大穴はふさがる様子はありませんでした・・・

ようやく1点取ったのに、また被弾・・・稲葉も凄い・・・こちらの頼れるベテランは、まだまだ主力です。

成瀬の悔しい気持ちはわかりますが、降板させられて不服そうにしているのは良くないです・・・
気持ちは対戦する打者に向けてほしかったです・・・

今夜バスで移動し、明日も参戦です。日曜日は鎌ケ谷で2軍も見てくる予定です。

松山参戦ですか?私は3連休は1軍の消化試合(でも、いつもの迷采配)に行きます。

投稿: 大阪の一ファン | 2012年9月28日 (金) 20時55分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

ですよねー(笑)去年も、そして一昨年も采配の頑固、偏重っぷりは変わらずの監督ですから、もう若手起用ないですよねー。3年間我慢したけど、結局変わらない。だからもう支持できません・・。
大松も可哀想です。ある意味晒し者。監督の罪は重いです。
金沢満塁弾ですか・・確かに捕手として今季も飛躍出来ませんでしたし、コンバートを検討に入れても良いかもですね。
松山、まだ流動的です。なんせ先週に大型休暇を取ってしまったので(汗)ぼっちゃんスタジアムも観たいのでなんとか行きたいのですが。
東浜は昨日MAX152ということで少し安心しました。ヒジの不安さえなければ、前にも書きましたが私は東浜推しです。高校時代の完成度も藤浪より上ですよー!大谷の素質には揺らぎますが・・・。

投稿: BJ | 2012年9月28日 (金) 22時04分

>tomtenさん
コメントありがとうございます。

監督は諦めないのにファンは諦めた、というこの悲しい現実(泣)たぶん、シーズン終了まで采配は変わらないのでしょう。9番大松は滑稽以外の何物でもないですよね。
中郷の登板もなんでしょうね・・・開幕直後はあれ程信頼していなかったくせに。伊藤ちゃんは復活の兆しがありましたからまだ良いですが、この先の大谷、中郷、内らが心配です。おっしゃるように展望も何もない。来季もこの監督の采配を見せられるのはたまったもんじゃないですよ。なんで既に来季に希望を失わなければならないのか・・・フロントも大概にせい!
ベッドから落ちましたか(笑)私は小学校3年で初めてベッドになり、初日に落ちました。私もスローモーションでしたよ。あれから相当な歳月が流れたのに、落ちた瞬間はまだ覚えています。結婚式間近ですね、接待なんで仕方ないと思いますがお酒はほどほどに〜!(って避けられたら避けてますね)

投稿: BJ | 2012年9月28日 (金) 22時09分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございます。

ファイターズ相手にいきなり失点では苦しいです。しかも2試合続けてというのがさらに重い。今日ファイターズがライオンズに完勝しましたが、マリーンズがどれだけアシストしていることやら。
サブローの右肘痛は本当なんだろう、と私は思っていますが、代わりに9番大松ってバカにしていますよ(怒)なーんの思慮もない、愚かなオーダーでした。こんなんで勝てる訳ありません。
成瀬は初回、杉谷にヒット打たれて首捻っていましたね。こういう態度を出す時点でもう・・・ああ。
明日も参戦ですね、応援お願いします!ファームの鎌ヶ谷週末連戦は観に行くつもりだったのですが、外せない所用が入ってしまい、1軍2軍どちらも行けません(泣)ただ、台風が近づいています。帰宅の足に充分ご注意ください!
松山は、残り少ない1軍の試合にも行きたいのですが、行ければぼっちゃんスタジアム優先しちゃいますー。

投稿: BJ | 2012年9月28日 (金) 22時14分

昨年の最終戦についての記事のコメントとして、「監督は目的地に行くのにベストのルートしか頭に入れないタイプなのだろうか」というようなことを書きました。昨年および今年の状況を見ていると、最短ルートの交通機関が運転見合わせで遅れが1時間にも2時間にもなっているのにもかかわらず、「5時何分発の電車が遅れ1時間ということはそろそろ来るはず、2時間ということはそろそろ来るはず」とホームで待ち続けるタイプの人なのだろうなと。たとえ乗換回数が3回4回になっても別の路線使えばいいではないかと思うのですが。いや、そもそも鉄道網がどうなっているか把握していないのか?
もしこの状態のままCSに出場したら、選手たちはガビガビに疲弊しそうな気がします(涙)

前回のお返事についてですが、「同様の起用法で毎年いくら登板しても大丈夫な投手がいるのだから、潰れるのは本人の努力不足」などという考え方は、BJさんと同じく私も嫌ですね。そんな丈夫な投手は別格と言うか特殊、例外。「1つでも当てはまらないものがあれば、その記述は正しくない」という数学の判断推理みたいなものの考え方で、生身の人間の議論をするべきではないと思います。

選手を扱うときは、原則的として「その競技の選手として一般的な丈夫度である」という見方で扱うべきであり、一般的な丈夫度をその選手は上回っていると判断すればより強い負荷をかければよい。しかし、その選手が強い負荷でもいけるからといって、他の選手にまで同じ強度を求めるべきではない。あくまでその選手はその選手、他の選手は他の選手。
逆に、既往症や加齢のために丈夫度が下がっている場合は、負荷の強度に配慮する必要がある。「こいつなしでは昼も夜も明けないというには足らないが、いれば戦力になる」人材を有効に活用しなければならないと考えます。

投稿: ぷりな | 2012年9月28日 (金) 22時14分

>ぷりなさん
コメントありがとうございます。

目的地までのルート想定の上手い例え、去年書いて頂きましたね!覚えています(^^)
今回、更に上手い例えありがとうございます。とても的確で伝わりやすい!機会があったら私もリアル社会でこの比喩を使わせて頂いたりして。
現監督はよく言えば頑固、悪く言えば融通が利かない。”臨機応変”という言葉がもっともしっくり来ない人なのかもしれません。それは必ずしも悪いことではないし、場合によっては美徳なのかも知れませんけれど、3年間変わらずというのはもう石の上に乗っても意味がなかったということですから・・・ファンとしての無力感は半端ないです。おっしゃるように、このままでCSに出場なんぞしたら選手たちはもう疲れ果てるでしょうね。最後の最後、日本シリーズで誰もいなくなって皮肉にも若手沢山出て来たりして。

選手の酷使に関してですが、当たり前ですが人間ですから身体の強さも気持ちの強さも、頭の良さも悪さも判断力も全員に違いがあります。画一的な思考を当てはめることはどう考えても理不尽、不合理です。選手一人ひとりに合わせて最適な方法を採ることは当たり前ですし、例えそれが機械相手だって、機械の特徴に合わせて使用したりメンテナンスするのは自明の事。なのに野球選手となると同じような方法論を用いてしまおうとするのは一体何故?

首脳陣、特に監督に就く人達はどうしても年齢層が高くなりがちです。でも野球界もいろんな考え方が出てきていますし、マリーンズも若返りを図ってはいかがでしょうか?ジョニーや小宮山みたいに精神論も合理的理論も持ち合わせている、”新世代”の人物が現場復帰したらどうなるのか、とても興味があります。

投稿: BJ | 2012年9月28日 (金) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/47234709

この記事へのトラックバック一覧です: 監督、もう諦めてくれないか F3−1M:

» 9/27、【F-M】23 増井投手のホールド王が確定! 稲葉選手も13年連続2桁ホームランで、千葉ロッテに連勝! [やっさん日記]
千葉ロッテ3連戦の第3戦。 今日の試合は、北海道日本ハムが多田野投手。千葉ロッテが成瀬投手の先発。 【1回表】 多田野投手の立ち上がりは、岡田選手をセカンドゴロ、清田選手をライトフライ、根元選手をセンターフライで、まずは三者凡退での上々の立ち上がりとなった。 【1回裏】 成瀬投手に対する初回の攻撃は、先頭の陽選手は空振り三振で一死となってしまうも、次の杉谷選手がセンター前ヒットで出塁すると、こ..... [続きを読む]

受信: 2012年9月28日 (金) 02時19分

« 伊藤ちゃん復活!・・くらいしかネタがない(泣) F5−2M | トップページ | サブローの今季初欠場に思うこと。 »