« 祝・小池初出場!・・くらいしか見所が無かった H7−0M | トップページ | エコユニの悪夢・・ F2−1M »

2012年8月17日 (金)

オーダーの組み替えは大賛成 H3-2M

ああ、勝ち越しならず・・
ニッカン式スコア

昨日も試合を観た後、耐え切れずそのまま朝まで寝てしまいました。まぁフテ寝といえばフテ寝なのですが。
本来、日頃のコメント返しすら難しい職場環境でこっそりと更新です。なので簡単に。

昨日は1番に鈴木大地、2番に岡田を久しぶりにスタメン起用と今までにない布陣で来ました。井口がDHということで、まず井口DHありきの消極的大地スタメンだろうことが少し残念ですが(今日は左腕相手なのでまた1番荻野、2番根元に戻るのではないかと予想)、こういう試みは問答無用に賛成です。このところ見ていて判ったのは大地がそんなに足が速くないということで、それでも1番に持ってきたのは出塁を考えてのことなのでしょう。ヒット一本出ていればなおよかったのですが仕方ないでしょうね。四球を一つ選んでいますし。
それでも、2番岡田というのも、初回に大地凡退の後にセーフティーで出塁、すかさず盗塁を決めた攻撃には久しぶりに「これこれ、これだよ!」というスカッとしたものを覚えましたし、たとえ1番が凡退しても足の速い2番でリカバーできるというのは2年前の荻野貴を思い出させ、これはこれで良いよなあと思いました。

まあ昨日は打線も踏ん張れず押し切られて負けてしまったわけですが、こういうオーダーを見せてくれたので私的には良しとします。

早めに降板したドイルに比べ頑張って8回まで投げた晋吾に勝ちがつかなかったのは残念ですが、まぁー仕方ないのかなあとも。先週先発を飛ばして他の投手に負担かけてしまった分は最低限取り返したのかなと思っています。薮田の被弾に関しては仕方ないでしょう。里崎がつり球を要求して腰を浮かせた時は嫌な予感がして、実際投げた球も少しハンパな高さではありましたし、してはいけない投球ではあったのですが絶賛売出し中の柳田の勢いが勝ったという事でしょう。

前回に続いて代打を送られた今江の状態が不安ではあります。打撃不振の影響が守備にでも出ているのでしょうか。本来は試合に出続けて調子があがるのを待つのもテですが、考え出すと負のスパイラルにはまるタイプなだけに休養を兼ねて欠場するのもアリかなあとは思います。

さて、嫌な形でファイターズとのカードですが、相手チームが変わればまた雰囲気も変わりますし、最近のファイターズも勢いはありませんので今季の相性の悪さをふっとばしての良い試合がみたいなとそう思います。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

|

« 祝・小池初出場!・・くらいしか見所が無かった H7−0M | トップページ | エコユニの悪夢・・ F2−1M »

コメント

今江のエラーがなければ2対1だった・・
でも、8回益田、9回薮田になるから、追いつかれますね・・・

薮田は里崎と組んで、また「どやリード&どや投球」に戻ってしまいました。先週のマリン6連戦で、西武戦おかわりくん、オリ戦T-岡田に対して全球フォーク勝負で三振させたのに、里崎は、その真似をする気は全く無いようで、何度もサヨナラHRをくらいます・・・「学習」ということは、ロッテには無理・・・

オーダーの組みかえはよかったです。岡ちゃんの守備は重要です。外してほしくないです(本日もこの点が問題ですよね!)

ハム戦は辛い・・・でも土日参戦します・・・

投稿: 大阪の一ファン | 2012年8月17日 (金) 20時07分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございます。

エラーはつきものではありますが、勝負どころで出るとキツいですよね。このところ続いていますし・・・って今日もだあ(泣)
薮田はストレートでイケるとの判断だったのでしょうか。ただ、前のフォーク勝負は逆に私は怖かったので(トリッキーなプレーはあまり通用しないと思っているので)配球に関しては何もいいませんが、高目の誘い球が甘く入る怖さを思い知りました。
岡田の守備は外して欲しくないって思っているファンは多いと思うのに・・・なかなかファンの思いと一致しない采配をする監督ですね。

投稿: BJ | 2012年8月17日 (金) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/46721860

この記事へのトラックバック一覧です: オーダーの組み替えは大賛成 H3-2M:

« 祝・小池初出場!・・くらいしか見所が無かった H7−0M | トップページ | エコユニの悪夢・・ F2−1M »